初山陰紀行<松江看板犬と兎たち>@1日目その4

松江の城下町から宍道湖の夕日を見に移動しようと歩いているとなんだか白くて愛らしいものが視界に…!!
ん??と、いうか…さっきポスターで見たわんこ???



松江の観光大使犬ヘルナンデス・レオくんです!
なんていうか、もう。貫禄。笑

全く動じない。笑



6歳だそうですが、なんか風格さえ感じます。
スピッツ犬ってもっときゃんきゃんしたイメージだったけど、やっぱり性格もありますよね。笑
レオくんはしぶーい感じでした。笑
彼がコスプレして松江の観光名所に立っているポスターとかポストカードとかが可愛いんですよ〜。

しかし勤務中だからか全く構ってもらえない桐島…。ちょっと寂しい。

なので、ぽむぽむと触り心地を堪能させて頂いてレオくんに別れを告げ、宍道湖の湖畔にある県立美術館へ移動。
企画展で植田正治の写真があると書いてあったので見て来ました。
植田正治だけじゃなくて色んな作家が展示してあって、視点とセレクトがとても面白かったです。知っている作家さんもこうして並べていると違った面が見えるようで不思議です。
植田正治写真美術館にも行く予定なので、こっちも見ておきたかったのです。



そして、島根県立美術館といえば、この兎ではないでしょうか!
湖畔の散歩道にあって、誰でも入れる場所にいるのでなんだか和みスポットになっています。



前から見るとこんな感じ。
まさに兎が走ってくるみたいで可愛い!!!(><)

ん? って顔に見えてラブリーです。

この兎たち、たくさんいるのですが前から二番目の兎に触れると幸せになり、さらにシジミをお供えすると願いが叶うとか何とか…言われているのですが。
兎にシジミ????(^^;)

宍道湖の特産物がシジミだから、ということなのですが…二番目の兎の周りにだけシジミの殻が大量にあってちょっと笑えます。あと、撫でられすぎてテカテカしてる…。笑



夕日の名所として有名な宍道湖なので、日没時刻には結構な人が集まって来ました…が、この後雲が多くなって来てしまって沈む夕日は見えず。…うーん残念。

ちょっとだけ夕日っぽい感じなのですが、この写真の少し後に太陽が雲に隠れてしまいました。



なので、桐島は早々に諦めて美術館の夕日が見えるレストランで乾杯☆
このサイズのジョッキ、ちょうど良くて好きなのです。
ハートランドの生でした。



そして、特産と聞いたら食べたくなるじゃないですか。宍道湖のシジミ!
季節の野菜添えのパスタがあったので食べてみました!
なんか、味が濃くて美味しかったです。
お料理としても、とっても美味しかったので夕日が見えなくても幸せ気分。
(料理が来る前にぐっと飲んでしまったのでビールが寂しい姿に…^^;)

美味しくパスタを頂いて、松江駅までお散歩をしつつ戻りまして。
松江から米子まで移動。今日は米子に宿泊なのでした!
明日は米子駅の気になる路地の散策と、昼からARIAと合流です!

濃い1日でした〜〜〜!!!(^^;)
ご一読ありがとうございます!
旅記録は二日目に続きます〜。


 


桐島ナオが編集長リトルプレス写真誌「graph.」第3号発行!


にほんブログ村 



写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真


初山陰紀行<松江城と小泉八雲さん>@1日目その3

松江に移動した桐島を待っていたのは駅に居る武者。
一緒に写真撮れますよー!と愛想良く座っておりました。
あ、ここは観光地か!そうか。と、納得。
そして、ウワサの「島根県唯一のスタバ」の横を通過しましたよ!休日という事もあるかもしれませんが…お店の外までずらーっと行列でした…。笑



松江城は松江市を見下ろす高台にあって、ちょうど宍道湖の湾が見える位置にあります。
神社とかお城って大抵「いい木」がたくさんあるから嬉しい。
桐島は木が好きです。大きな植物は優しいから大好き。
相性のいい木にあうととっても嬉しい。
思わず駆け寄ってハグをしてしまう時もあって、たいてい不審者です。笑



天守閣を目指して登っていると素敵な白亜の洋館が見えてびっくり!
なんでも天皇陛下をお招きする為に作られたという興雲閣。
お城の敷地内なのでひときわ目立つ!隣は神社ですもん。笑



細かいところとか。すっごい素敵。
建築は松江の大工さんと言われてて不詳。
なんでも、西洋建築を見よう見まねで作ったとか。笑
なんか、それにしてはカッコイイんだよね。
あー…中が見たい…。。。。



白亜の洋館を覗きつつ、城壁をぐぐるとどーん!と、松江城!

あ、なんか意外とこじんまり。綺麗なお城。
千鳥城と言われているそうです。
珍しく天守閣まで登って中の戦国鎧とか巻物とか兜とかじっくり見てみたら面白かったです。
そういえばこの土地は備前長船の刀工がいたんだ!!と。思い出して。
刀身とかをまじまじと見ていました。
結構面白かったなぁ〜。と、そのままついでに、小泉八雲旧居を見に行きましたよ。



えーと。八雲さんちの画像だけカメラ違います。EOS5Dです(あとはEOSMです。)

八雲さんち、何も考えずに行きました。
で、玄関を入って南の部屋を見た瞬間、ふわっと風が吹き抜けて。
庭師の人が巻いている水に虹が出ていて。
歪んだ硝子の窓とか。磨き込まれた床とか。
低い天井とか。

もうもうもう。。。なんて、、、素敵なんだ!!と、ひとりぐるぐるしてしまった。



小泉八雲さんについて知っているのは外国人ということと、妖怪好きなことと、ちょっと変わった人なのかなー…ということ。だけでした。

家を見ればその人が判る、というのはホントでした。
僕は、この家に来て一瞬で八雲さんが大好きになってしまいました。笑



風が通り抜ける先に庭があって、どこを見ても緑が美しい。

こんな…素敵な家に住んでいたとは…と。超羨ましくなりましたよ。
畳の感触があまりに気持ち良くて、裸足でしばらくお宅探検していました。



純和風のお庭がこんなにも美しいと思った事は無くて。
抜け感とか、質感とか、温度とか、触れていないのに触れているような錯覚になる。
あぁ、ほんとうに。
ずーーーーっと、ここにいたい。 と、思ってしまった。笑



枯れそうな節穴。
組織のような節目。

零れる光が美しい。
ビリジアンにロイヤルブルーを溶かしこんで落としたみたい。

八雲さんはここで日本人女性と結婚生活をしたそうですが、後から調べたら1年くらいしか住んで無かったそうです。
勿体ないよー!!!!(><)

こんな家に住みたいな〜!と思った事は数あれど、「ここに住みたい!!」と思ったのは初めてです。
急ぎ足で巡るつもりが1時間以上ぼーっとしてしまった…。
雨の季節にお庭を一日中眺めていたいなぁ〜。。。


その4へ続きます〜。ここまで15時半くらい。
夕日を見に移動しますー!

 


桐島ナオが編集長リトルプレス写真誌「graph.」第3号発行!


にほんブログ村 



写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

初山陰紀行<出雲駅周り散策>@1日目その2

その1からの続きです。

朝イチで出雲大社を詣でたので、昼間の電車に合わせて散策をすることにしました。
なにせ電車もバスも時刻表は1時間に1本か2本…。特急に至っては2時間に1本。しかも日中だけ!笑
みんな車移動なんですよねー。
出雲大社の駐車場からずーーーっと見渡す限りまで渋滞でした。笑



参道にはいろいろ可愛いお店があって。
お土産屋さんもいろいろ。
桐島が気になったのは漢方茶のお店。看板は、薬局です。
干支や陰陽五行で占ってその人にあったお茶を処方してくれるとゆー。
女子が好きそうな感じですが。笑
入れて頂いたお茶がとっても美味しく、躰によさそうなので色々お話しを聞いてみました。
桐島の干支は「馬」、陰陽五行だと「癸」です。蟹座なので、水の宮がとても多い。
相性の良い花や石も全て青色。なんか縁があるのかもしれない。
(こういうのは良い結果だけ信じるタイプです。笑)



参道をてくてく歩いて炎天下。けっこうな距離に思える…。。。のですが、到着!
旧国鉄の「旧大社駅」。木造の豪奢な作り。飴色の建築!!

ここに銘仙や麻のシャツの紳士淑女が集まっていたと思うと…なんか、にやにやしてしまう。笑



廃駅なので、電車は来ません。
この駅の近くだけ線路が残っている状態なので、普通に線路に降りれます。
撮影はしませんでしたが、SL機関車が展示してありました。



この、影のクッキリ感。
日差しの強さがわかります?笑
皮膚が焦げる音がしそうな日差しでした。。。

一輪の花に触れる、影。



この旅はペンタコちゃんをメインに使って、サブカメラでEOSMくんを使っていました。
普段のデジタルの撮影はEOS5Dを使っていたのですが、さすがにかさばるのでペンタコちゃんをメイン機にする時のサブ機としてMくんをお迎えしたのでした。
仕事で使う事はないにしても、お散歩カメラ記録カメラとしては十分です。ほんとに綺麗。
(掲載している写真はEOSMのJPEG撮ったままリサイズのみです)
ペンタコちゃん。今回はどんな世界を写してくれているのかなぁ。わくわくです。



あまりに日差しが強いので、自分の影で撮影。じゃないと繊細なお花は全く色が出ません(^^;)
小さな雑草の花がとても好きで。
この旅では、本当に小さな生き物の声をたくさん聴きました。
大きな植物も素敵だけど、今は見落としてしまいそうな小さな花に呼ばれます。

ちょっと、心ががたがたで。整ってないんだけど。
その、がたがたしたままで旅に出ました。
今年はそれで、行こうと思っています。「きちんとしない」というルール。
でも、その「がたがたの自分」そのままを、「きちんと見つめる」というルール。
全部を片付けるのは時間をかけたり、気持ちを切り替えれば出来る事で。
そうじゃなくて、散らかったまま、心をあちこちに散らべたままで。
そのまま世界を俯瞰して、新しいものを見つめたい、と。
そんな風に、思うのです。

きっと、今まで片付けてしまって、見えなくなってしまっていたものも、見えるんじゃないかと。その中にもっと大切なものがあるんじゃないかと、思います。



桐島の旅荷物です。京都奈良のワークショップの道具は送っています。
黒いのがカメラバッグで、白いでかトートが着替えとか。サブバックに奈良さんトート。
しめて、7〜8キロくらい。
持つ事と体力自体は全然大丈夫なのですが、この日の夜にカメラバッグをかけていた方の肩がこぶし一個分くらい腫れ上がっていてビビりました…。。。orz
もうちょっと筋肉と体力をつけなくては…と思った桐島です(--;)
冬は服が厚いから大丈夫なんだけど、夏場は鎖骨が皮膚に刺さります…。涙



そして、朝から何も食べていない事に気づいたのでお店に入りました。
ほんとは出雲蕎麦とか食べてみたかったけど、軒並み並んでいたのでアッサリ諦め。
一畑電鉄の出雲大社駅のすぐ横のカフェ。普通のミルクレープとカフェラテに、こころ癒されました。



駅とカフェが続いているのですが、これまた駅が素敵。
カフェはちょっとだけリゾート感があるのですが、駅もクラシカル。
なんかオリエンタルな雰囲気です。



なんだろう。この教会みたいな雰囲気。
カラフルなんだけど、懐かしくて優しい。
明るすぎない空間。落ち着くんです。近代建築LOVE。

ひんやりしたのは石造りだからかな。触りたくなる建築でした。



出雲市駅に移動し、特急八雲で松江に行きます!!
駅にギリギリについたら駅員さんが「切符買わなくていいから、とりあえず乗っちゃって!」と。笑
え?切符買わなくていいの!!?と。とまどいつつ、乗車駅証明書を貰って乗車。
グラフちゃんに持たせました。笑)



特急八雲は…ほぼ貸切。笑

車掌さんがの〜んびりやってきて乗車券を見て料金を教えてくれたので、その場で支払い。
で、切符を貰って改札で渡します。

これを逃すと1時間以上無いからねぇ〜、とにこやかな車掌さん。

さてさて。松江に移動です!!ここまでが12時半くらいかなー?
その3へ続きます。

 


桐島ナオが編集長リトルプレス写真誌「graph.」第3号発行!


にほんブログ村 



写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

初山陰紀行<出雲大社>@1日目その1

GWは毎年関西へ出張PhotoCafeを兼ねて遠征をするのですが、今年は前半に山陰の撮影をしてきました。
メインはARIAの祖父母さんと畑の撮影なのですが、前日入りをするため+初めて行く場所なので一人で足を延ばして島根県は出雲大社に行って来ましたよ。



一の鳥居。
真っ白です。なんか新しくしたのかな?
出雲の鳥居は朱色じゃなくくて石造りの白か灰色か黒。
少しは赤もあるけど、派手じゃない赤。

そして、こんなに天気が良くなるとは…と、びっくりするぐらいの快晴!!!!笑

雲、出づる国。 という出雲なのに雲一つない!!(^^;)

…桐島、この日だけで相当日焼けしたと思われます。。。



出雲大社と言えば、これ!(…だと桐島は思っている)

でっっっっかいしめ縄。ほんとにでっかい。
比較に人を入れたかったのだけど、桐島を撮るにも観光客の方々が大勢いるので諦め。
えーと。なんか下に下がっている円錐の底辺円が2mくらいあった感じです。超でかい。
でも、すっごく綺麗に編まれています。

ひそかに「しめ縄にコインを放り投げて差す!!」というのを楽しみにしていたので(スタジオの山陽出身の子に聞いた)…すが、今は網が貼ってあってコインを差せないようになってました。ちぇー。



境内の中でなんか、一番感銘を受けたのがこの、おみくじ。
神社にはつきものの、おみくじですが。こんな風に結んでいるのを初めてみました。
真っ白。

だいたい「樹には結ばないでください」って書いてあって、結ぶための場所があったりするんだけど(その場所自体はちょっと奥にありました)、なんかここまで来ると迫力。。。



神より妖怪より化け物より怖いのは、人間の「念」です。
ここ数日旅中も友人の相談にのっていたのですが、改めてそう思いました。

そもそも神様は願いを「聞いてくれる」のであって、「叶えて」はくれない存在です。
その「誓い」の心意気を聞いてもらう場所なのでお願いしても叶えるのは自分ですもんね。

桐島は神仏論者でも宗教学者でも民俗学者でもないですが、大祖母の言伝は何よりも的を得ていると思っていて。今でも桐島の神仏観の基礎になっていると思います。

「念は自分に返って来るもの。幸せと喜びを願えば自分に返ってくる。
 人の不幸を念じても聞いているのは、化け物ばかり。神様はそんな事ぁ聞いちゃいない」



神様というのは自分の中にいる凪の存在であると思いたい。
全ては自分が決めたいと思っているからです。

そうじゃなくて、外側に神様がいる人は、外側にジャッジを求めているのかなぁ、と思う。
それは少しだけ、楽だと思うし救われるんだと思う。



菌類が生きている文様の石や、丁寧に組まれた組み木の屋根。
人の手が作ったものも、自然の造形も、僕は同じ目線で見ていたいと思う。

人も、自然の一部であると思うから。
人が作ったものも、自然の営みの一部であると、思いたい。

人工物、という言葉は好きじゃない。人も自然の一部。ただの動物の一種。
だからこそ、おごる事無く、感謝と共生の思いで居なきゃいけないんだと思う。



信仰、というのは本来はそういう所から来ているんじゃないかな。と思いました。
原始信仰というのは自然崇拝なのに、どこからか「人」になってしまった。
敬うべきは人ではなく、世界そのものであり、自分自身であり、愛する隣人なのに。
なんでか、そんな当たり前の事を忘れがちなんだなぁ。と。



今年は何だか大きな節目の年なのであちこち綺麗になったみたいです。
日差しが眩しすぎて何も見えませんでしたが(笑)写真には写ってました。よかった。笑
床が出来るのかな??



出雲大社の中で桐島が一番気持ちいい〜と思ったのは、この楓ちゃんの下。
真っ赤になってて一瞬季節を忘れます。
そして、花が咲いててとっても可愛い。

鮮やかな赤。零れるように降り注ぐ光の雫。
きらきらと、落ちては僕を撫でてゆく光が、本当に綺麗で。

誰もいない境内の端っこで、ひとり。
深呼吸をしていました。

初、山陰紀行。一日目朝9時くらいの出来事。
その2へ続きます。

あ、今日の写真は全てEOSMでした!ミラーレスは荷物が多い時に便利です(^^;)
ペンタコちゃんでも撮っているのでお楽しみにー。




桐島ナオが編集長リトルプレス写真誌「graph.」第3号発行!


にほんブログ村 



写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

雪の弘前散歩@雪の教会巡礼。

駅前の温泉つきホテルの窓からみた弘前駅の景色…。

右側に若干太陽。この位置に岩木山が見えます(見えてないけど)
で、目の前には真っ黒な雪雲!!Σ(−◇−;)
じりじりと、太陽を飲み込む雪雲ー…のーん。。。。凹



まぁ、そうは言っても仕方ないので、のんびり朝ご飯を食べてチェックアウトまで撮影準備などなど。
今日は弘前のあちこちを探検するので。(吹雪でもね…)



今日はフィルムを撮るぞー!!と、意気込んでいたのでフィルムをたくさん持って来ました。仕事だったらもっと撮るときはありますが、プライベートな写真ではあまりシャッターを押しません。
ペンタコちゃんは中判カメラなのでフィルムは120ブローニーという普通のフィルムよりも大きなものを使います。1本のフィルムで12枚撮影出来て、全部ましかくなのです。
ペンタコちゃんで撮影した写真はまた後日…。(そろそろペンタコカテゴリ作ろうかな…)

フィルムは色々難民しましたが(^^;)今はLOMOの100と400と800になりました。
また変えるかもしれないけど、なんかチープな発色が可愛いのです。
不安定なんだけど、現像はいつものフォトカノンさんにお任せしているので、全く不安はなし。信頼できるっていいですよね。フィルムやるには、自分で現像+プリントしないのであれば丸投げしても綺麗に仕上げてくれる人が不可欠!(笑)



てくてく歩いてJR弘前駅から土手町を通って弘前中央までやって来ました。
昇天教会!!晴れてるー!!
感動。。。。

前に来た時は補修工事でネットをかぶっててお顔が見えなかったんですが、年末のクリスマスのために一旦工事を中止したそうです。
なんでも100年近い歴史があるとか!!す、すごいなぁ…。



この景色が一番好きです。
冬の昇天教会。ほんとに綺麗で、おとぎ話の中みたい。

丁度いい感じに太陽を建物に入れられたので、逆光で神々しいです。笑



周りの薔薇も、真っ赤なローズヒップが成っていてとても綺麗。
この、真っ白な雪に、赤い実が、ほんとうに美しいのです。

ものすごく、寒いんだけど。笑
ため息をついてしまうくらい、美しい世界。



そして、そのままいつもの脇道を抜けて、吉井酒造倉庫までやって来ました!!
(このルートだと裏から入るのでホントは踏切を渡って正面からのがいいかも^^;)

ひろさきメモリアルドッグ!!!ゆきまみれー。

実は…このひろさき犬にたどり着くまでが大変でした…(^^;)
ケモノ道!?ってくらいの一人分の「歩いた跡」しかないのです。広大な公園という名の雪原に。笑



歩道しか除雪してないので当たり前っちゃー当たり前なんですけど。笑

グラフちゃん連れてきたので置いてみました。笑
この取材旅行はグラフちゃん公式twitterでも移動ごとに記録しています(^^;)



しかし間近で見ると迫力!!

どーん!

ひろさき犬も雪帽子で可愛いです(^^)



お隣の酒造倉庫も雪景色。
いつみてもここは、なんだか切なくなります。
あの日を想い出します。



線路を越える正面ルートはこんな感じです。
こんな風にひろさき犬が見えてきたら嬉しいですよね〜!

あれ、なーにー!? いぬー?!

って、車の中から可愛い声が聞こえそう。笑



踏切のすぐ横は弘前中央駅。2両編成のローカル線。
いいタイミングで駅にとまってました。
当たり前だけど、この雪でも普通に動きます。

東京は積雪5cmで大パニックだもんね(^^;)



降り出した雪は吹雪になったり、ちらちら舞ったり。
今年は弘前が青森市の2倍くらい積もってて異常なのよ!っておばちゃんが言ってました。
うん、、、た、たしかにこれは…大変かも(^^;)

写真は日本基督教団弘前教会。初めて行きました。
プロテスタント教会なので、内部はとってもあっさり。
見た目が洋館だからこそ、なんか変に期待してしまう。



もちろん、普通には素敵です。
普通には。って変な日本語ですね(^^;)

桐島は教会大好きで、お祈りもするし、聖書も読みますが。
キリスト教徒ではないのです。
教会という「場」と、「祈る」という行為がとても好きです。
カミサマは居るかいないか分からないです。
「いるよ」っていう人には、「いる」んだと思います。

「要る」と「居る」って、同じ意味なんだなぁ、って思うのです。



教会3個目。

実は近かったのに遠回りをして結構探してしまった、こちらの教会はカトリック弘前教会。
なんだか、長崎を想い出しました。デジャヴとは違うんだけど、なんでか、階段の上に建つ、あの教会を想い出しました。

でも、、、めっっっちゃ寒かったのでホントに。笑
結構、がたがたしてたかも。笑

室内に逃げ込んで室温は1℃。

あったかーい…と、思わず思ってしまう。笑

でも、そんなことより。
雪を落とすのも忘れて、体の震えも忘れて、見惚れてしまった、この教会。



ただいま、もどりました。

って、思わず言いたくなってしまう。
この、錯覚はなんだろう。

初めて来た場所なのに、なぜか懐かしいと感じる。
ゴシック様式のカトリック教会。



優しい顔のマリアさま。
とっても綺麗なマリアさまでした。

繊細な細工も、とても美しく。
柔らかな表情も、素敵。



ステンドグラスが印象的で、この木彫りの子たちも、とても愛らしくて。
傘を差さず吹雪の中歩いてきた僕はコートの雪を入口で払って、じっくり、ゆっくり居させていただきました。



振り替えるとこんな感じ。

美しいステンドグラスに囲まれた空間。
電気がついてなくて、ほの暗い空間は、とても静かで。とても穏やかで。
雪が降り積もる音さえ、聞こえてきそうでした。



天使の翼が綺麗だ、って思ったのは初めてかもしれない。
天使というか、サモトラケのニケの翼は美しいと思ったけど。
この子の翼が、とても綺麗だと、思いました。

この教会は、ペンタコちゃんでもたくさん撮ってて。
その写真がとても良いんです。
公開しますので、どうぞお楽しみに。
もちろん、このデジタル一眼レフ写真も、とてもお気に入り。

そして。温まらせてもらった僕は意を決して外へ。
そしたら吹雪は収まっていて。曇り空。

お?これはいけるかも!?と、市役所まで弘前城外堀を歩きます。



日が暮れて来たのではなく暗いんですよね。空が(^^;)
この時は丁度雪が止んでたので撮ってみました。
お城のお堀の周りです。
これが大きな道路なんですよね〜。もりっと、積雪…。。。
お堀も凍って、雪が積もってます。



お馴染みの、洋館カフェsalon de cafe Angeです。カジュアルフレンチ。
そういえばフレンチでした。。。。カレー食べてますけど。笑

お昼を食べ逃してしまったのですが16時でも軽いコースで食べれるこちらは重宝してます。
カレーも美味しいんですよ〜〜〜!もちろんお昼のランチコースがとにかく好きなのです。
大抵、弘前に来た時はこちらでご飯を食べてます(^^)
このカフェの2Fが桐島の大好きな木馬の子供部屋です。


そして。この弘前城から弘前駅まで戻らなくてはいけない…!!と、更に意を決して外に出たら…あ、あれ?また止んでる?(食べてる最中は吹雪でした)というナイスタイミング。

ゆっくりと、暮れてゆく弘前の町並みを眺めながら、遊歩道の凍り始めた雪を踏みしめながら。
帰宅の途につきました。

久しぶりの、ひとり青森。
思うところあり、ひとりでやってきましたが。
やっぱり、いろいろ考えられて、なんだかよかったです。
2006年に、ひとりで来た時の事を想い出しました。
あれから、7年。

早いというよりも、なんだか、遠かったなぁ。なんて。
ここ数年は、1年1年がとっても長く感じます。
歳を重ねるごとに、長くなります。
たまに、一瞬で過ぎてしまう事もあるけど。それでも、進んでも進んでも前に進めない夢の中みたいに、長い1年です。

だからこそ、ひとりで来れて良かった。
新年明けて。ひとりたび。いい時間でした。
やっぱり、冬の青森は素敵です。綺麗です。
寒いけど。笑 いいですよ。ほんとに綺麗すぎて、無になります。


みなさん。よかったら。青森、おすすめです。
graph.の第2号巻頭特集も、合わせてお楽しみいただけると嬉しいです。
桐島ナオの大好きな場所。 青森でした。



にほんブログ村 



写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

冬の青森県立美術館

青森県立美術館は、冬がいいよ。絶対冬には行って欲しい。

って、僕はいつも青森県美をオススメする時に言います。



晴れの青森県美!!着いた時感動して思わずパノラマ撮影してしまった。笑
ついた瞬間、快晴!青空の青森!!…って結構レアだそうです。

特に今年は雪が多い!!…と聞きましたが、一昨年のほうが多かったかなぁ〜。



エントランス。こんな感じで真っ白。
真っ白な青森県美に来るのは3回目です。
やっぱりここは、冬が綺麗なんです。

もちろん、それ以外の季節も、とっても、とっても綺麗で。
全く別の顔になってすっごく素敵なのですけど。けど!

冬の、青森県立美術館は、とにかく。一度は見て欲しい。



この日は取材を主としていて、この後館内に入ってインタビューとか撮影とかさせて頂いたので、それは近日中にまた別件で。。。
graph.WEBで公開しますね!お楽しみにー!
取材は県美主催の、「鑑賞ワークショップ「50歳から出会う奈良美智ワールド」」について!このイベントをどう、開催したのか。何を目的としていたのか、どうだったのか?
個人的に、ものすっっごく興味があったので、取材をさせて頂いたのです。

近代美術は「若者向け」。とりわけ奈良美智さんは「若者に支持されるアーティスト」というイメージなのは、なぜか。
そういう風潮の中、50歳以上の人に、何を、どう説明したのか??

って、興味わきませんか?僕はもう、お話を聞きたくて聞きたくて!(笑)

そんなわけで、graph.WEBをお楽しみに!!(^^)
来月中旬あたりにはUPしたいです!!



そんなわけで、とっぷり日が暮れて。
あおもり犬も雪の中ライトアップ。

夜間開館の日では無かったけれども、夕方の閉館間際あたりになるともう日が落ちてしまうので、こういう感じで見る事が出来ます(^^)
昼間の真っ白なお姿も可愛いけど、夜もライトアップで素敵です。



そして。。。。とっぷり日が暮れそうなギリギリ。
館内撮影に勤しんでいた…というのもありますが!

朝一快晴だったお空は桐島が館内に入るとすぐにブリザードに…!!!(^^;;)
なんとかペンタコちゃんで1本は撮りましたが…-10℃くらいだったのでカメラも僕も瀕死でした。笑
もうね、手が動かなくなるので…(手袋忘れた阿呆)
本日の写真はクレジットが入っているものがNikonD300で、あとはiPhoneです(^^;)



しかし、美術館のライトアップは素敵なのです。

青い木々が並ぶと…森になりますね。そう、青い森。青森なんですよ。

って教えてくれたのは10月に出逢ったスタッフのおじさま。
素敵ですよね。



じんわり、にじむような雪のかけら。
これは窓越しです。

ゆきの粒ひとつひとつに、じっくりとゆっくりと手でピントを合わせてゆく作業がとても好きです。
ゆっくり世界がとろけて、また合う。瞬間。

オートフォーカスではなく、マニュアルフォーカスの一眼レフの世界。
ライブビューでもいいけど、肉眼で、実物を見る楽しさってあります。

ふわ〜っと、絵が浮かび上がる感動。
真っ暗なファインダーの中の、青い世界。



日暮れが進んで、青い世界は藍色の世界に。
この写真、前来た時に撮影しようとしたら消灯しちゃったんですよね。笑

周りが暗くなったらもう閉館の時間だったので(^^;)
今回はぎりぎりで撮れました!(笑)このあと消灯!わーお。



雪降る中の青森県美は、スノードームの中に入ってしまったような美しさです。
雪の季節にしか見えない魔法。
雪が降っている時にしか見れない世界。

傘を差さずに(こっちの雪は濡れないので傘が要らないんですよ)ぼんやりと空を見上げて。
僕を中心に、くるくると降ってくる雪を、少しの間眺めていました。

青い森の、白い季節。
まだまだ、楽しめます。

今、青森県立美術館は常設展示+特別展示「寺山修司 dialogue ケネス・アンガー」を開催中!
常設展も、とーっても素敵なんです。ワンコインでこんな空間が楽しめるなんてなんて贅沢。
奈良美智さんはもちろん、桐島が大好きな工藤甲人さんや、シャガールを見れるなんてなんて素敵。寺山修司作品もきっと濃いんだろうなぁ〜。いいなぁ〜。

上記展示は3月10日まで開催しているもようです!!
冬の、青森。まだ、迷っていらっしゃる方が居たら是非。
また、行こうかな〜?と思っている方も、勿論是非。

graph.WEBもどうぞお楽しみに!!
1月末〆切りの青森県美超レアな「白い森ガールキーホルダー」を含む、読者さまプレゼントアンケートも実施中です★どうぞご応募くださーい♪




にほんブログ村 



写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

京都あっちこっち。

京都Vesna!さんでのgraph.企画展示も無事に撤収の日になりまして。
前日から京都にお泊まりしておりました*

此処最近はずっとお仕事で京都入りしていたので久しぶりのオフの京都!!(><)



お宿は毎度お馴染み錺屋さん♪自転車をかりていざ出陣☆
五条堀川から上がり、まず鴨川を渡って。川端通りをぐいーっと登ります。

四条は人が多いから白川に沿って裏道を登って川沿いをのんびり行きます。
お気に入りの桜並木。
そこの、いい感じのおうちの壁。
ちょうど住んでいる方がいらっしゃったので「撮ってもいいですか?」と聞くと「え?普通の鉢だけどいいの?」と笑顔でお許し頂きました(^^)

普通じゃないですよー。こんなに素敵なんだもん。
愛されている植物を撮るのが大好きです。
なんか、あったかくて。大好きなんです。



平安神宮の前を通って岡崎に通り抜け…ようとしたら公園でなんかやってるじゃないですか。ん?手作り市?!そ、それは寄らない手はないでしょ!!
と、ソッコーで寄り道。笑

雑貨屋さん。お花屋さん。アクセサリー屋さん。出張カフェ。珈琲屋さん。パン屋さん。。。色んなお店が出展していました。
ほんと、こういう出展形式のマーケットが好きです。
見ているだけでも楽しいし、あっちこっちのお店でつまみ食いしたくなります。笑



これ、すっごい素敵だったので撮らせて頂きました。
ぜんぶ、着色無しの、天然のジャム!!すてきー!!
顔彩絵の具を思い出しました。鉱物みたい。

しかも、超、美味しかったんです(><)
うー。思い出しただけでも幸せ。笑


そして。盛大に寄り道をして(笑)たどり着きたかったのは…田中美穂植物コーヒーショップさん。↑この写真はiPhoneです。

ブルータスの植物特集で知って、恵文社一乗寺店の植物プロデュースって聞いて興味を持って、去年の「東京蚤の市」でオブジェを実際に見てお店に行きたい!と思ったのでした。



お店はすっごく素敵で。無造作で。笑
どこかの植物が好きな研究者のお部屋に迷い込んだみたいなお店。
植物があっちこっちに住んでるんです。

なんか、ものすごく、人の手が入って。
そこで、行きている植物。



冬だったので、鉢植えやオブジェが多くて。
お目当ての蘭系とか苔玉みたいなのは無かったんですけど。
そういうのも、いいですよね。
時期じゃないんです。また、時期に来てくださいね。って。

とってもにこやかで素敵な田中美穂さんに色々教えて貰って小さな鉢植えを連れて帰りました(^^)



心はほっくほく。
…しかし身体は冷えきりました。笑

それもそのはず…1月の京都は極寒です。笑
そんな時はちょっと東まで足を伸ばして。坂を登って。



いい感じの古い洋館。実は有名な建築家の作品。
すっごいんですよ〜。なんか、お伽噺に出て来そうな雰囲気!



店内をパノラマで撮ってみました!(iPhoneです)

アナログレコードのBGM。木の大きなスピーカー。
壁一面のレコードの山!!



アンティークな洋館に迷い込んで。
あれ?ここって京都だっけ?って思ってしまう。「GOSPEL」さん。
ランチにお邪魔したのですが…スコーンセットがボリューミーで美味しい!
さっくさくなんです。うーん。感動!!



これもiPhoneでーす。
素敵な雰囲気なんです。なんていうか、流れている空気?
観光地が近いのですが、地元の方が多いです。
みんな、思い思いの時間を気ままに過ごしている感じのカフェ。

思わずのんびりしちゃいました(^^)



外から撮影した一枚。部屋の中にピントを合わせてます。
もう夕日。とってもいい感じに見えたので、その雰囲気のまま撮ってみました。
なんだか、童話の世界みたいだったんですよね。
日差しがきらきら、とっても綺麗でした。



そしてまたiPhone写真です♪
京都に来たら絶対寄る本屋さん。恵文社一乗寺店

途中ガケ書房にも寄って来ましたよ。

京都の本屋さん巡りはやっぱり恵文社さんは外せないのです。
こちらでは本はもちろんですが、桐島が大好きなTE HANDELさんの取り扱いがあるんです♪
久しぶりに新作が出ていて可愛い缶を買いましたよ〜。ふふ。。。

そして。。。早めに錺屋さんに帰ろう!とか言っていましたが…このあと京都ハンジローや京極通りやらに買い物に行ってしまった桐島でした。笑

うーん。久しぶりに京都を北へ東へ遊び回りました。笑
翌日は展示撤収でVesna!さんにお邪魔致しま〜す!♪






にほんブログ村 



写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

真冬の京都記録その2@紅葉の嵐山とサーカスコーヒーさんのこと。

Vesna!さんで開催している「青の森の、物語。」展の設営をしに来たら早く着いてしまったので目の前の公園で遊ぶさくまくんの図。笑



身長を伸ばす作戦!!…ですが胴体が伸びる罠です。
干されさくま。 なんかこの写真可愛いのでお気に入り。笑

そして無事に設営完了&撮影が出来て…せっかくなので!ということで。紅葉している嵐山に行ってまいりました!



THE ARASHIYAMA!!

とげつきょーです。うーん。人がいっぱい。笑
こんなに人が多い京都はなかなか無いです(いつも観光地行かないから…)
思えば…紅葉の嵐山に行ったのは…うーん。何年前だったかな??
2回目の紅葉の、京都。



ちょっと終わり気味だったので、鮮やかな紅葉に群がる人がすごかったです(^^;)
天龍寺境内で見た紅葉がほんとに綺麗で感動したのだけど…先週のほうが綺麗だったかなー。
タイミングって難し〜。



鮮やかっぽい紅葉とさくまと、グラフちゃん。
寒いので冬装備。耳が生えてます。



紅葉写真を、ペンタコちゃんで撮ったのでそっちも現像楽しみです。
撮影から写真を見るまで時間差があるのがやっぱいいなぁ〜と、思うんです。

フィルムって、自分を信じるしかないから。だから、いいのかも。
後悔したくなかったら、事前準備と練習しかないの。
だから、いいのかもしれない。僕は、優柔不断だから。笑



なんか、気になった木の実。
綺麗な緑の中に真っ赤な色彩が浮き上がってみえてとても印象的でした。
お堀があって近づけなかったのだけど、それが良かったかも。

離れてみたほうがいいこともあって。
適度な距離だからこそ、見えるものもあります。
たぶん、近づけたら。この構図では撮らなかったはず。

もともと撮影枚数は少なく、1つの被写体で1枚以上撮影することは少ないのですが、ペンタコちゃんに逢ってから、もっと少なくなりました。
だから、全部がお気に入りの写真。
確認したいのは、構図でも露出でもなく、自分自身の気持ちなんですよね。
確認の必要がないくらい、確固たる思いが必要なのかもしれない。



そして。日が暮れだした頃、移動してお野菜のお買いものをしてから、到着。
サーカスコーヒーさんです。

気になっていたコーヒー屋さん。
考え方とか、ワークショップのやりかたとか。
なんだか、良い感じなんです。



ホームページの印象そのままの可愛いらしい店内!!
日曜日はカフェがお休み、とのことで残念!!可愛いお店にくらくらです。

色使いとか。小さなもののセレクトが本当に素敵。
サーカス、って「集う」って意味なんだそう。
桐島はやっぱり、動物がいっぱいの「サーカス」を想い出してしまう。
でも、同じことなのかもしれないな。



しっかりパッキンのついた金属の茶筒コーヒー缶。
オリジナルのマークがとにかく可愛い。
肝心の珈琲のお味は…帰ってきてすぐに入れて飲んでみましたが!

「雑味」がない、とはこのことか〜!と、思う味。
喉や口の中にふわっと広がって、消えるんです。不思議!!
あと、香りがとにかく素晴らしい。
今まで「香ばしいにおい」だと思ってた珈琲のにおいは香ばしくなかったです。笑
それくらい、香ばしい匂いがします。そのまま食べたくなっちゃう。



それもそのはず。
豆は生豆から、こちらで焙煎しているそう。
しかも、少量で少しづつ焙煎しているんだそうです。

その機械が、また。かっこいいんですよ。
金属の塊!!一瞬薪ストーブみたいな感じ!
にぶい光がカッコイイ〜。



ちょうど1周年とのことで、限定の珈琲缶も可愛いかった!!(><)
自分でいれる珈琲も美味しいんですけど、珈琲は誰かに入れてもらったものが一番美味しいです。笑

サーカスコーヒーさま。
これからもお邪魔させていただきます!!

そんな、京都、冬のミニ旅でした!
京都での写真展「青い森の、物語。」は、現在開催中!2013年1月13日(日)まで。
最終日は夕方までの開催になりそうです。
Vesa!に桐島いますのでどうぞ宜しくお願いしまーす(^^)




にほんブログ村 



写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

真冬の京都記録その1@錺屋さんのこと。

桐島BLOGやtwitterやgraph.でも紹介しているのでご存知の方も多いかと思いますが!
「青の森の、物語。」展の設営の為に宿泊させて頂いたお宿はもちろん、錺屋さんでした〜。



実はこっそり楽しみにしていた、看板。。。
う、うるし塗り。。。そらこちゃんスゲェ!!!と、玄関前でがくがくしてました。笑
もー。そらこちゃんお誕生日だってんで。急いでVesna!さんでお買い物もしましたよ!
ほんとうにおめでとう!!



錺屋さんは何回か紹介しているので、BLOG内を検索するといくつか記事が出てきますが。
何度でも撮りたくなってしまうお宿なのですよ。
iPhoneで撮っても絵になります。磨き上げられた廊下が夜に映えて美しい〜!



錺屋さんは、いわゆる「町屋リノベーションゲストハウス」なのですが。
それだけで決めているわけじゃないんです。

スタッフさんのお人柄も、もちろん。ふっかふかのお布団も、もちろん。綺麗なお部屋や設備も、もちろん。そこかしこに輝く乙女な小物も、もちろん!なのですが。。。

ひそかに、というか。多大に楽しみにしているのが、「花」です。


大層な大仰な感じじゃないんです。
日常に、ふと、心が留まるお花。

そんなお花があちこちに、生けてあるんです。

桐島の家も、常にお花があるといいな、と思っています。
ほんっとに忙しいと出来ない事もあるけれど。
ご飯を食べるテーブル、パソコンの前、棚の上、キッチン、洗面所、など。

すごいお花じゃなくて、ベランダから手折ってきたような。小さな一輪でも。
とにかく、ふとしたところにお花があるのが、好きなんです。



錺屋さんは、あちこちにお花があります。
ふと、ね。話しかけてくるような雰囲気で。

優しいんです。
たぶん、そらこちゃんの気持ちを、花が伝えてくれるみたいで。



ふと、何処からか迷い込んだ緋色の桜の葉も綺麗に手入れをされた苔のお庭に映えてとても綺麗。

錺屋さんは空気がほんとに穏やかで、素敵な場所です。
京都に来たら、あっちこっち巡るのもとても楽しいのだけれど。
是非、錺屋さんでの一息も、いいですよ。
特に昼間の、のんびりした日差しで。レトロ可愛いキッチンでいれたカフェオレと。
近くの美味しいケーキ屋さんで買ってきたケーキを食べたりしている時なんか。

あれ。京都に暮らしてたっけ?(笑)って。
思わず思ってしまうくらい、幸せな気分になります。

冬でも、ぬくぬく。温かな毛布にくるまって、町屋暮らし体験。
1月にもまたお邪魔致します!!今から楽しみ〜。



にほんブログ村 



写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

青森取材キロク2。

青森には素敵なお店や場所がたくさんあります!
詳しくはgraph.で紹介させて頂くのですが…ちょっとだけご紹介!!

本日もiPhone写真でお届けします!



青森市にある大好きな「チャロ文具店」おしゃれだけど、みんな知ってる大好きな文具たち。
お店の雰囲気もさることながら!!店長さんが素敵…♪
みなさん是非是非こっそりチェックです。素敵眼鏡好きな方は特に。。。笑

チャロ文具店さんと同じビルに入っているお店とカフェも取材させて頂いております!!



こちらは王余魚沢倶楽部!ひょんなご縁から知り合い、ここを紹介して頂きまして。
ほんとーに、素敵な場所で感動。
ずーっと遊んでたくなります。笑
カフェもありますよー。奈良美智さんもうらやましがる王余魚沢カレーを食べてます♪



そして、青森駅には青い森鉄道のキャラクター、モーリーが♪
モーリー可愛いです。青い森鉄道のグラフィック全部が可愛い!!

木桃さん、撮影の為に愛用のヴァイオリンを持参しています。



弘前へも取材とロケにに行きましたよー!
もうお馴染みになった吉井酒造倉庫のメモリアルDOG。青空に映えて綺麗だなぁ。
久しぶりに公開があったそうなんだけど、行けず残念!
あの、レンガ倉庫のちょっと暗い廊下を想い出します。

懐かしい。

雨の平日、かすかに光が降り注ぐ廊下で。
ほこりが光に照らされて、きらきらしてて。

少し遠くから音楽と雨音が聞こえてきていました。
奈良さんの空間、というよりも、もっとなんというか漠然とした力を感じる空気で。
なんだか不思議だったなぁ。



そして。弘前ランチのお馴染みになりました。サロン・ド・カフェ・アンジュ
観光地の中、しかも洋館の一部がカフェサロンになっているんです。

お料理はカジュアルな創作フレンチ。
リーズナブルなんですけど、丁寧に作ってあってヴォリュームも丁度良くていい感じ。
ここの定番メニュ^ーの林檎の冷製スープがとっても好きです。
本日のおさかな料理がサーモンのクリームソース包みだったのですが、美味しすぎて二人で悶絶してました。笑



カフェの上の洋館。こんな感じです。
一般の方でも入場無料、撮影OK。
可愛いらしい感じのおうちです。宣教師館なんだけど、あったかい雰囲気です。
ここの子供部屋は何回も撮影しているので、桐島の写真で見たことがある人も多いかも。
今回の取材ではカフェは掲載しないので気になった方は是非〜。



ここは初めて入ったカフェ。いつも前を通りすぎてしまってたんだけど、気になって入店!
TEA&CO.COMPANYさん。なんか、東京にありそうな凛とした雰囲気のおみせ。
入口は紅茶屋さん?みたいな感じで雑貨もたくさんなんだけど、京都みたいに奥に長い作り。
で、珈琲とケーキを頂いたのですが…とっても美味しかったです!
パリッ!っとした雰囲気の店員さんがカッコ良かった。。。
で、一番ときめいたのが、店内にかぼちゃ!!!!かぼちゃ!!!

あちこちに芸術関連の書籍やポスターがありました。
うーん。なんか、居心地いいです。クラシカルでかっちりした雰囲気も素敵。
銀のトレイで出てくる珈琲はいい香り。

twitterで青森県美公式アカウントでこのBLOGを紹介して頂いた際に「青森県美で奈良美智展会期中限定オープンしているカフェ「PEACE PALACE」を手がけて頂いているお店なんですよ〜!」と教えて頂きました!



わわわ!!そうだったんですね〜!!びっくり!!

で。うわさの県美のカフェをちょこっと紹介!なんかテントがスナフキンを彷彿させて可愛い!
取材当日はレセプション会場になっていたカフェですが、撮影に入ってて行けなかったので最後の片づけの時にちょこっとだけお邪魔しました〜。
今度行く時には是非ゆっくりしたいなぁ〜!



弘前に戻って。。。
取材させて頂きました!全開5月に来た時に一目ぼれしたCafe TUBE LANEさんです!
もー。内装みただけで、やられました。
普通にアパレルショップ?と思うくらいのセンスの良さ。
いや、ハウススタジオ?ってくらいのインテリア。
ばっちり取材させて頂きましたよ〜!

椅子の一個一個まで素敵です。
あまりに素敵だったので椅子写真集が出来そうです。笑
graph.WEBで掲載しようと思ってますのでお楽しみに〜!

他にもたくさん取材させて頂いています!
ちら見はこれくらいで。。。

graph.第2号は入稿を完了していますので、刷り上がりを待つのみですー。
校正のハル。さん、大変なスケジュールの中本当にありがとうございました〜!!!

11月11日(日)のデザフェス(ブースはこちら!)でお会いしましょう(><)
お楽しみに〜!!
誰でも写真展!「my Favorite! Photo EX! 写真展」も、参加者さま募集中です!当日のお気軽参加もOKでーす♪



にほんブログ村 



写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM