「忘れられた雨の国、リトアニア」写真集のお知らせ

こっちのBLOGの間隔がずいぶん空いてしまいました。

桐島はなんとか生きてます。笑

PhotoCafeで会う人には会えていて、割とあっちこっちに旅したりしていて。

twitterはほとんど毎日更新しているのでうかがえるかと思います。

 

 

 

 

今回は、写真集発売のお知らせ。

この前の冬に、リトアニア〜ラトビア〜エストニア〜フィンランドを旅してきました。

今までいろんな国や場所に行ったけれど、その中でもリトアニアは自分にとって特別で、今までにない感覚の国で。
なんと伝えてよいか分からないような場所です。

 

 

その、桐島が感じた感覚、蒼と蝋燭の色彩の世界、教会や石畳みの美しさ、大聖堂前のクリスマスマーケット、小さな黒猫、夜の音楽会、誰もいない修道院、一面の十字架の丘。

 

 

異国のはずなのに、どこか懐かしい、悲しさを包括した景色。

 

きらきらした世界ではないけれど、冬の湿度とじんわりした温かさと仄暗さが染み混んでくるような。
そんな、蒼い国のお話です。

 

 

BLOGの小さな写真ではなく、写真集の大きな紙面で、あなただけの手の中で見てほしくて作りました。

 

 

写真集を、こうして販売するのは初めてです。

 

 

この美しさと悲しさを、ぜひ、一人で夜に読んで頂きたい。
あたたかな飲み物とお気に入りのソファやブランケット、ベッドの中で。

 

 

ぼんやり、「忘れられた、雨の国」へ行ってください。

 

 

 

写真集は2冊組販売です。B5変形サイズとB6サイズ。どちらもフルカラーのオフセット印刷。
桐島から直接買うことも通販も可能です(送料分お値段違いますので注意)

 

発売は5/11です。この日はイベントに参加しますので通販はその後開始します。

 

<HPオープンしています>

 

 

 

HPはもちろんスマホに対応していますが、可能ならPCで見て頂きたい。
ふわっと浮かび上がる美しさと、ドキッとするあの感覚をイメージしてみました。

 

 

 

 

5月11日12日開催、東京蚤の市()にいつもお世話になっていいる英国アンティークショップ「MLPShop」さん()のお手伝いで参加しますので、ブースに置かせていただくことになりました!

 

こちらでは、一点ものの、アンティークの額に、プリントした写真を額装したものも販売予定です。
どんな額になるか、どんな写真になるか、どうぞお楽しみに。

 

 

 

 


LEON the CAT写真展レオングッズご紹介

写真展開催で記念にレオングッズを作って!とさくまくんにお願いしたらかなり本気のレオングッズが出来ましたので紹介させて頂きます♪
2月11日から東京キャットガーディアン大塚シェルターでの販売です。
中には一点ものやご紹介画像には無いものもありますのでどうぞお楽しみに〜。
 

王様レオンチャームホルダー(一点もの)
¥2,100
蝶ネクタイの大きなレオンと鍵と王冠に黒のタッセル!
王様をイメージして組み合わせてみました。
とっても豪華な雰囲気です!


パリのレオンチャームホルダー(一点もの)
¥2,100
蝶ネクタイの大きなレオンとエッフェル塔とカメラに金のタッセル!
パリジェンヌレオンをイメージしてセレクトしてみました。
オシャレな中にもレオンらしさを詰め込んでみました!



こちらは一点づつのみのアイテムです。


レオンフェイスピアス&イヤリング(片方1つでの販売です)
¥600
耳にレオン。表情は2種類。
是非一緒にお散歩に連れて行ってあげてください*

ピアスタイプのものとイヤリングタイプのものがあります。
左右セットの販売ではありません。
ちょこんと一匹、連れて行ってくださいな。

LEON the CATリボンチャームホルダー
¥1,600
展示タイトルが入ったリボンとスワロフスキーがついたレオンのチャームが豪華!
綺麗なロイヤルブルーのリボンが鮮やかです♪
王冠チャームは写真のもの以外にも種類があります。


レオンピンブローチ
¥1,200
ストールを留めたり帽子や鞄、ジャケットにもおすすめ。
シックな色なので何にでも似合います♪(桐島も愛用中!)
飾りビーズは綺麗な光沢のファイヤポリッシュを使用。
レオンの瞳の色と同じものをセレクトしました!


リボンつき乙女レオンストラップ
¥1,200
こだわりのとっておきリボンのレオン。
シルエットもとっても可愛い雰囲気です。
レオン写真にについているのはスワロフスキー。
飾りビーズは綺麗な光沢のファイヤポリッシュを使用。
レオンの瞳の色と同じものをセレクトしました!

桐島の手(大きめです…)とレオンと。
こんな感じのサイズ感です。


チャーム付きレオンブローチ
¥1,000
ぽってりした金属感が豪華なチャーム付きブローチ。
ゆらゆら揺れるモチーフが映えます。
写真はミモザとレオン。
春らしい雰囲気を一足先に運んでくれます*


こっそりレオンチャーム
¥600
どこでもちょこっとつけるだけで幸せ気分になれるチャームです。
背景が白いものとタータンチェックのものがあります。
飾りビーズは綺麗な光沢のファイヤポリッシュを使用。
レオンの瞳の色と同じものをセレクトしました!



全てのアイテムは専用台紙につけて販売致します。
売り上げの一部は東京キャットガーディアンの猫保護活動の為に寄付されます。
ポストカードも販売しておりますので、どうぞ手にとってみて下さい*


2015年2月2日(月)〜2月22日(日)
にゃーにゃーから、にゃーにゃーにゃーの日まで!

みなさまのお越しを心より楽しみにしております♪


 

2/22-22「ネコサツ!写真展」と「LEON the CAT写真展」同時開催決定!


ネコサツ!1周年記念企画としまして、2015年2月2日〜22日まで、大塚シェルターにて「ネコサツ!写真展」と「LEON the CAT写真展」を同時開催致します。
ネコサツ!写真展は昨年1年間に撮影したネコサツ!写真を参加者の皆様と一緒に展示する写真展です!「写真をシェルターに飾ってもいいよ!」という方はお一人さま2枚まで展示することが出来ます!
また、同時開催として写真家桐島ナオガ東京キャットガーディアンから昨年10月にお迎えした「レオン」の写真展を開催致します。11歳の大人の猫との暮らし始めの様子を写真とテキストにて展示します!どうぞお楽しみに!


2015年2月2日(月)〜2月22日(日)
にゃーにゃーから、にゃーにゃーにゃーの日まで!

開催: 2015年2月2日(月)〜22日(木)東京キャットガーディアン大塚シェルター内
内容:ネコサツ!1周年を記念する参加型写真展+桐島家のレオンの写真展
参加について:ネコサツ!に参加された写真であればどなたでも2枚まで無料で展示することが出来ます。
L版にプリントして大塚シェルターに持参するか、大塚シェルターにデータをメールで送付(xmas2011@tokyocatguardian.org)もしくはプリントをご持参または郵送ください。本日より展示期間中、写真の受け取りを受け付けますが、基本的にお写真をご返却することは出来ません。予めご了承ください。
展示は透明のウォールポケットに入れての展示です。メール送付の場合、ガーディアンのプリンターで出力しての展示です。お使いのモニターやカメラ液晶と全く同じにはなりません。(こだわり派の方はご自身でプリントをお勧めします♪)
(展示の際のお名前(ペンネームOK)を添えて頂ければ一緒に展示します)
また、展示して頂いた方のお名前をオリジナルネコサツ!名前バッチにして展示しますので、21日のネコサツ!で自分のお名前のバッチを使用し、そのままお持ち帰りする事が出来ます!(お名前はペンネームや好きな名前でOKです)
自分だけのネコサツ!バッチ、ぜひ貰ってください〜〜♪
 

あなたの写真が展示出来る。あなたの写真が猫を救う。
どうぞふるってご参加ください!

ご質問等ありましたら桐島ナオまでどうぞ!!
桐島もレオンの撮り下ろし写真や未公開写真やiPhone写真を多数公開致します♪テキスト展示や、初めて猫と暮らした様子、大人猫をお迎えすることについてなど、も展示します。
ガーディアンでの大人猫を検討するひとつのきっかけや、一例になれたら幸いです。
桐島レオン写真にて会場限定のポストカードを販売致します。売り上げの一部はガーディアン活動費として猫たちへ寄付させて頂きます。

みなさまどうぞお楽しみに〜♪

 

さくまあきみ個展『永遠の先の、永遠』閉幕致しました

さくまあきみ個展『永遠の先の、永遠』無事に閉幕となりました。
たくさんの方にご来場頂き、心より御礼申し上げます。
 

予想外のたくさんの方がご来場頂き、初日にさくまが対応しきれず(笑)急遽桐島も土曜日に終日在廊させて頂きました。
タイミングが合えばゆっくりお話しさせて頂いたのですが、一時的に来場者様が多い時間帯もありました。
桐島はただ、被写体として其処に存在していただけなのですが、作り上げてきた世界は二人のものなので。
少しお話しさせて頂いたり、挨拶をさせて頂いたり、懐かしい顔に逢えたりしてとても嬉しかったです。
 

また、会場n「庭師の部屋」に飾った薔薇が会期中に満開になり、また違った表情を見せてくれました。
薔薇の中に薔薇が咲いているような、ロゼッタ咲きの子がどうしても欲しくて。
深い紅色がとても綺麗な子です。
 

ゆっくりお茶を飲みながらお話し出来た生徒達もいて、なんだかのんびりしました。
こんなに自分自身が写っている写真を見たのは勿論初めてですが(笑)面白い体験でした。

今回は1年をかけて毎月撮影したものを半年かけて熟考し展示をしましたが。
普通であればもっと時間をかけても良いものだと、さくまと話をしました。
セッションとして、何をしたいか自分自身をしっかり見つめるきっかけにはなりましたが、やりたいことはまだまだあるし、きちんとした答えは、もっともっと先にあるよね。と。
 

莟で連れて来た我が家のカクテル氏も咲きました。本当に可愛いらしい。
周りの時計草の蔓はさくま家の子です。
会場にはあちこちにみどりさん。

ありがたい事に「次はいつですか?」とお声をいくつも頂きました。
さくま共々深く御礼申し上げます。
でも、もうしばらく先ずっと、やらないと思います。笑
開催目標は3、4年くらい先?と、笑いました。
 

 
最終日は桐島、庭師の格好で赤い薔薇を持って参上。笑
最終日ですもん。(いや庭師は普通の格好なので。。。)
とても楽しかったです!

また、永遠の先、の標本雑貨店にて10月中まで写真以外の創作物の展示通販をしているようです。
会場では薔薇関係の商品を購入してくださった方に庭師桐島のポストカードをプレゼントしていましたが、展示を見て頂いた方限定、とのことで。WEB購入の方には目録を同梱しているようです。
とても素晴らしい展示会場だったので、写真や構成は来場下さった皆様だけのもの、とのさくまの意向で展示会場写真も展示写真もWEBでの掲載は今後もありません。

ちなみに、twitter等でも人気だったファントムクォーツの一点ものリボンブレスは桐島が連れて帰りました。笑
それぞれ、思いを込めた作品が素敵な人の元へ旅立ったようです。
桐島の家の薔薇はあの人の家にいるのかと思うととても不思議です。

本日の写真も全てiPoneにて失礼しました。
会場写真や展示写真は、WEB公開しません。どうぞ実物を見た、あなたの心の中に。
いつまでも在りますよう。さくまあきみからの、言つてです。

桐島、さくま。今後共、おごる事無く、誠意を込めて一枚一枚に向かってゆきたいと思います。
またお見せ出来る世界を作れるよう、気持ちを引き締めて日々取り組んでゆきたいです。

ご来場、ご高覧、誠にありがとうございました。
 
被写体、桐島ナオ。
撮影、さくまあきみ。
------------------------------------------------------------------------
 
『永遠の先の、永遠。』
 
2014年9月23日-9月28日 open12:00-close19:00
何故か懐かしい風景、どこかで見た風景の中に
あなたと同じ気持ちはあるのでしょうか。

masuii R.D.R gallery  JR京浜東北線川口駅東口より徒歩6分

さくまあきみ公式WEB : ++HappyChildren++
------------------------------------------------------------------------

さくまあきみ個展『永遠の先の、永遠』開幕しました。

さくまあきみ個展『永遠の先の、永遠』、初日無事に閉幕致しました!
とてもたくさんの方にご来場頂き大変嬉しかったです!!
さくまの個展なのですが、全ての写真に桐島が写っている為…なんだか自分の半身のようでもあり。
被写体としてとても嬉しく、恥ずかしく、光栄な一日を過ごさせて頂きました。
 

本日の写真は全てiPhoneです。すみません。
きちんとした会場写真は撮影していますので、会期終了後に掲載致します。
展示写真と空間構成、全てが作品なのでネット画面ではなく実際に会場に来て頂いた方のお楽しみということで。
 

写真作品はもちろんですが、販売している薔薇の作品(アクセサリーやグッズ等)も大変好評で、初日に半分くらい売れてしまうという事態が。。。笑
さくま、追加生産出来るものはしているそうです。是非会場で写真作品と共にその世界観をお楽しみ頂けましたら光栄です。
 


薔薇の花は全てさくま自身がドライにしたもの。それを更に加工してアクセサリーや標本にしています。どれも世界に一つの一点もの。小さな世界にぎゅっと閉じ込めれた庭師の夢をお楽しみ頂けたら。
ちなみに、この手前の薔薇の瓶は桐島家の薔薇だったりします!!(そういうのもちょっと特別に嬉しい)
 

写真展がメインなのですが、感じて欲しいのは二次元だけじゃなくて、その世界観は視覚でもあり、聴覚でもあり、味覚でもあり、触覚でもあり、嗅覚でもある。
会場の音楽や香りにもこだわっています。
桐島が薔薇のファブリックスプレーを持参したらさくまも既に持参していたという。笑
何も言わなくても考える事は同じ、ね。笑
ちなみに、会場に余裕があり、ゲスト様にお時間が許す限り、薔薇とカミツレ草のハーブティーを桐島がお淹れしておりました。(完全なる執事奉公)
昼間の時間は少し暑かったので冷たいお茶でした。
そんなゆっくりした時間も楽しんで頂けたら幸いです。
 

薔薇の庭師の夢の部屋に飾ってあるアレンジメントは桐島オーダーのアレンジ作品。
薔薇の品種を指定し、市場で探して買い付けして頂き、薔薇の実と蔦をアーチにするデザインで作って頂きました。
ロゼッタ咲きの薔薇はあまり販売しているのを見かけないので、探して買い付けて頂いてしまいました!!
わがままを聞いて下さった青山フラワーマーケット@上野エキュート店のSTAFFさん、いつも大変お世話になっております。本当にありがとうございました!

本日から始まった展示、今週の日曜までです。
27日の土曜日は終日、28日の日曜日は16時過ぎから桐島ナオも在廊します。
さくまは終日全日程で在廊です。

どうぞ珠玉の作品たちと時間旅行の時間を。お楽しみください。
 
被写体、桐島ナオ。
撮影、さくまあきみ。
------------------------------------------------------------------------
 
『永遠の先の、永遠。』
 
2014年9月23日-9月28日 open12:00-close19:00
何故か懐かしい風景、どこかで見た風景の中に
あなたと同じ気持ちはあるのでしょうか。

masuii R.D.R gallery  JR京浜東北線川口駅東口より徒歩6分

さくまあきみ公式WEB : ++HappyChildren++
------------------------------------------------------------------------

桐島ナオ被写体による、さくまあきみ個展のお知らせ

2013年、1月から毎月被写体をしていました。
被写体自体は此処数年ずっと続けていたけれど、毎月。というのは初めて。
撮影者はさくまくん。
実はもう10年以上の付き合いになっていて。いつの間にか歳をとってしまったけど。
それでも、まだ、交わしたいものはあるし、お互い知らない世界がある。
そうして築き上げて来た10年以上の年月を、1年かけてもう一度構築し直す作業と。
2014年になってからは半年以上かけて、もう一度見直す、作業。
向き合う。と、いうこと。
撮る。と、いうこと。
きっと、どちらも同じだけの覚悟があり、被写体と撮影者にのしかかる。
その覚悟をお互いに受け止めて、突きつけ合って。
曝け出す事が出来るから、「写真」になるんだと思った。

人間を、撮ることは、怖い事です。
写真に、撮られることは、怖い事です。

だから、その先がある。
怖い、と思うからこそ、その先が見たい。

どんな世界を、僕たちが見て来たのか。
数日間だけ、お見せします。
被写体、桐島ナオ。
撮影、さくまあきみ。
------------------------------------------------------------------------
 
『永遠の先の、永遠。』
 
2014年9月23日-9月28日 open12:00-close19:00
何故か懐かしい風景、どこかで見た風景の中に
あなたと同じ気持ちはあるのでしょうか。

masuii R.D.R gallery  JR京浜東北線川口駅東口より徒歩6分

さくまあきみ公式WEB : ++HappyChildren++
------------------------------------------------------------------------
さくまくんは会期中ずっと在廊するようです!
桐島は初日の23日のみ終日います。
…しかし、桐島写真だけ、の展示なので…ちょっと…居づらさそうな予感が…(^^;;;)
とりあえず作品は全てさくまの手によるもの。展示構成なども全てさくまです。
桐島は、そこに存在していたのみ。
とても見応えのある世界観になりました。
ご高覧頂けたら幸いです。
お気に入りの写真はものすごくたくさんあるのですが、死神になったり司祭になったり色々面白かったです(※コスプレではありません^^;)
中でもこの「薔薇の庭師」シリーズはとても好き。2年同じ場所で撮影したシリーズです。
会場ではこの薔薇の庭師シリーズを実際の薔薇で作品化したアクセサリーなどもあるようです。
こちらもとても素敵な仕上がりになっていますので是非お楽しみにー!(というか欲しい!!)
 

4ever展示会「FineDay」

ジェシカのチーム4everの展示会でした。
skycloverのTOP写真にもなっていた撮影の写真の、ドレスたちの展示会!!
鎌倉KAYAギャラリーでの展示会だったのですが…桐島は仕事でお伺い出来ず…!!!
PhotoCafeでもアシスタントをしてくれているさくまくんに現地レポを頼みました!(^^)
なので、今回掲載の写真は全てさくまあきみ撮影です。
 

どんな展示だったか、どんな雰囲気だったのか。
一生懸命伝えてくれる写真たち。
 

 
パーティー会場のように立食スペースもあり、道行く人が楽しそうな声に誘われてふらっと入ってきたよ〜。
なんて、素敵な空気。

入り口は真っ赤な絨毯を敷こうと思っているんです!
と、ロケの時に聞いていたのでどんな風になったのかわくわくしていたのですが…うん!素敵だ〜〜。
 

それぞれのブースに、それぞれのドレス。
世界観はそれぞれ違う。みんな個性的。
やりたいことを共有する空間が、とても素敵。
 

あぁ、ジェシカの色彩だなぁ。って思った一枚。笑
なんか、見た瞬間に、ジェシカだ!って思いました。
 

桐島の写真も壁面展示してくれています。
それぞれの世界観。
トルソが着ているのと、人が着ているのでは全然イメージが違います。

服は、人が着るもの。
だから、人が着ていると、服が生きているみたいに動き出す。
 

日差しがあたたかな夕日だったよ。
影がかっこ良くてね、綺麗でついつい撮ってしまって。。。

なんて、話さなくても写真を見れば判る。笑

ドレスがお話をしているように見える。
 

ムーラムーラさんでお花を作って頂いて送らせて頂きました!
4人をイメージして。
ひとつの茎から4つの花が咲いている大きな百合をメインに。
色彩の邪魔にならないように、でも地味にならないようにアレンジメントをお願いしました。
その際にKAYAギャラリーのサイトも見て貰っています。
 

達成感のある笑顔。
本当にお疲れさまでした!!

「空間」を多角的に作り上げるというのは本当に本当に、大変なことです。
とっても素敵な展示になっている事が伝わってきました。

開催おめでとうございました!ほんとうに素敵でした。

さくまくん、撮影&お使いありがとう!!!
素敵な写真たちで見ていて嬉しくなってしまいましたよ。




※本日の写真は全てさくまあきみがRAW撮影したものを、桐島が現像しています。
現像方式により、オリジナルの写真とは若干異なるものがあります。ご了承ください。



 

『全てが 花 に、なる』無事に閉幕致しました



好香との二人展、花のみの写真展。
『全てが 花 に、なる』が7/4を以て無事に閉幕致しました。



遠方よりご来場いただきました皆さま、お忙しい中お時間を作って下さった皆さま、ご縁があり立ち寄って下さった皆さま。
フォトカノンさんのご縁でもみて頂いた方がたくさんいらっしゃいます。

心よりありがとうございます。
会場限定販売の写真誌も途中品切れになり、急遽増刷しました。

お手に取って下さり、ありがとうございます。
桐島の、心象のみで撮影した写真達。
見て頂くことを前提として撮影していない写真たちなので、余所行きの顔をしていません。
お見苦しい点がありましたら申し訳ありません。

この写真たちを見ていただく機会があるとは思いませんでした。
自分自身の底の部分に触れられるようで、不思議な感覚です。



これは、未発表BOOKの中の1枚。
結構昔に撮影したものです。

僕は、とある人を想って写真を撮っています。
たぶん、もう。死ぬまで逢わない人です。

その人と出逢えたから、表現することが出来ます。
自分の中に生まれる感情や、残っている記憶を、ひとつの形にしたいと思っています。
作品を、作る理由はそれだけです。

それは、誰の為かというと「ある人」ではなく、「自分」のためです。
自分のためだからこそ、表現することに意味があると思います。

それを「誰か」に見てもらうのは不思議な感覚になります。


僕の写真を、手に取って。光に透過してくださったみなさま。
本当にありがとうございました。

稚拙な感情、何処にも行けない記憶、自分だけのこと。

あなたに、何か、残りましたでしょうか。

そうであれば、少しだけ嬉しく思います。
そうではなくとも、あなたに触れて貰った僕が嬉しく思います。


ご来場、ご高覧、心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。


それと、好香、ありがとう。
あなたの花の写真が、だいすきです。


2013.07.04 桐島ナオ





 

無事閉幕致しました。ありがとうございます!




にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

『全てが 花 に、なる』展示会開催中です。

戸越銀座の写真屋さん+ギャラリー。フォトカノンさん。
おしゃれな写真屋さんですが、桐島のペンタコちゃんの現像プリントは全てこちらにお願いしております。信頼のラボです。




そして、先日21日より好香との二人展『全てが 花 に、なる』を開催しております。
本日は初めての在廊日です。




商店街の中の真っ白なハコ。
ともするとものすごい色の洪水の中で、見逃してしまいそうなピュアな空間。

少しだけ、呼吸が穏やかになるような。そんな気持良い場所です。




フォトカノンさんのBLOGでもご紹介して頂いているので、桐島は自分の展示について少しだけ。
展示意図や心理的なこと、好香については一つ前の記事で記載しておりますので、未読の方はお時間の許します限りお付き合い頂けると大変嬉しいです。



桐島の展示は「手で持って、自分の好きなように光にかざして、見る展示」です。
レントゲンシリーズは「透過」という手法で撮影しています。
透明写真なんですよね。光が透けて、少し透明に見える。

でも、目で見たものと「写真」になったものは少しだけ違う。
そして、「プリント」になったものは、光に透けないので、またちょっとイメージが違う。



だから、桐島が見た光景を、皆様にもそのまま見てもらおうと考えたのが、この「レントゲン」シリーズ。

真っ暗な部屋で真夜中に1人でぼんやりと花と向き合う空間と、時間。
ポジティブではなく、限りなくネガティブな感情。
ネガティブが、悪いとは思いません。
ポジティブになりたいとも思いません。
どっちも、そういうもの。 だから、そのまま撮りました。

好きに、見て頂けると嬉しいです。



あと。「好きに見れる」というには誰でも自分のペースと目線で見れるという事だと思います。
写真や絵画って額なんかに入ってても「触っちゃ駄目」なイメージがあります。

でも、アートって自分の目線で見ないと判らないこともあると思うんです。
だから、今回は「どうぞご自由に」というスタイル。
万が一落としたり倒れてしまってもアクリルなのでお怪我の心配はありませんので。
どうぞお時間の許す限りご覧ください。

自由に見れるという事は、小さなお客様にも見やすいかも…と、思っていたので、今日は実際にとっても楽しく真剣に見て頂けて本当に嬉しかったです。
レントゲンされたお花たちの種類を当ててくれたり、透過する事で見えるものもしっかり見て頂きました。ありがとうございます!



それと、会場では『graph.』の1〜3号と、展示写真のポストカード、レントゲン写真のブックも置いています。
レントゲンブックは使ったカメラの種類やお花の品種名なんかも書いてありますので、「これ何のお花??」と思ったら是非みてみてくださいね。



ちなみに表紙は本当に透ける透明なフィルムに印刷したものがついています。
全部で5種類の表紙があります。全部サイン入りです。

そのまま見ても良いし、このフィルムを光りにかざすとものすっごく綺麗なんです。
是非手にとってみてくださいね。



今日の在廊は早い時間はのんびりで、夕方にたくさんの方が来訪して頂いたのですが。
とってもタイミング良く違う時間帯に来て頂いたので、割とじっくりお話をさせて頂けたのではないかと思います。本当にありがとうございます。

桐島のスタジオのカメラマンの人達にも来て頂き。
好香の写真へのアドバイスとか。桐島とは全然違う意見を聞けたりして。
やっぱり、自分じゃない人の思考や言葉は斬新で。とっても素敵です。
同じ意見は「そっかぁ〜!」で、終わりだけど意外性のある意見は「ん!?どうして!?」ってなるから、理由を聞きたくなる。
そして、理由を聞いて更にもっと聞きたくなる。

自分ではない人の思考は基本的に全く違う箇所から槍が飛んで来るものだと身構えている桐島です。笑
どんどん槍でも石でも投げてください。笑
全部、持って帰ります。笑


在廊一日目、たくさんの方のご来訪とお土産を頂いてしまい本当にありがとうございました!
次回在廊日は30日14時頃からです。皆様のお越しを心よりお待ちしております。



 

ただ今開催中!




にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真


展示のお知らせ【全てが 花 に、なる。】6/21-7/3

※6/10の記事ですが本日より展示が始まる為、TOPに移動しております*



FBやここのバナー告知で見て下さっている方も多いかと思いますが、改めて紹介させて下さい。
桐島の敬愛する写真作家、好香との二人展示を致します。

期間は6/21〜7/3です。桐島在廊日など公式WEBに記載しておりますのでご覧ください。



好香は桐島が講師を勤めるPhotoCafe写真教室の生徒です。
もう4年くらい通ってくれています。合同展にも二回出展してくれました。

しかし、好香は桐島のことを、もっともっと前から見ててくれていて。
彼女は今社会人で、働きながらパタンナーとしての勉強もしているアーティストなのですが。
中学生の頃から、桐島の写真を見て下さっていたそうです。
初めて逢った時は大学生でした。

「キリさんを見て写真を知り、キリさんに出逢って写真が好きになりました。」

そう寄せてくれた文章が僕らの関係の全てです。
そして、僕は、

「初めて、他人の花の写真を見たいと思った」

と、寄せました。
好香の写真は力があります。それは指導して来た側としての意見でもあり、個人的にすごく惹かれる写真です。
でも、単純に、「先生と生徒の二人展」ではないんです。



僕は好香の写真に、個人的に惚れ込んでいます。
それは僕の技術を全て伝えたとしても、撮れない世界、憧れでもある世界。

桐島ナオは誰かと二人展などを開催したことはありません。
(グループ展など最近はご縁があり、出展していますが別物と考えています)
基本的に、「展示」は誰かと一緒に開催する意味が見いだせなくて。
ひとりで作り上げて、ひとりで完結する世界でした。

それでも、好香の創る世界を、もっと見てみたいと思ったのです。
彼女の写真をここでお見せする事は出来ません。
彼女はネット上に写真をアップすることもあまりありません。

どうぞ、じっくり向かい合ってください。
みるほどに、考え深い写真であると思います。



そして、桐島の展示。

掲載している蒼い写真たち。
ここ3、4年ずっと、真夜中に撮り溜めている「Röntgen」というシリーズです。
あまり、発表しないようにしていました。
大切で、自分自身すぎて、見せたくないと思っていました。

写真は、見せたく無いと思うものの方が多いです。
人に見せて完結するものは無いと思っています。

展示をするのは、自分自身への戒めであることが多いです。
特に、今回の展示は。すごく、プライベートな部分の写真です。



音の無い深夜。真っ暗な部屋で浮かび上がる人工の光に、透過された蒼い花たち。

この、蒼色は、桐島が写真を真面目に始めるきっかけになった色彩です。
夕闇前の、飲まれそうなミッドブルー。
静かに浸食してゆく色彩に、眸が蒼になります。

眠りにつくとき、思考に落ちるとき、絶望のふちにいるとき。

僕は水の底にいる錯覚に陥ります。
頭の後ろから片手で引っ張られて、とぷん、と沈む感覚。

ゆっくりと、くちから登る泡を眺めながら意識を無くす感覚。
その、ギリギリの境界線で見た、色彩。
それは、この蒼色でした。



何度巡っても、ここに戻ってきてしまう。
この、境界線の蒼。

僕には、必要な色彩なのだといつも思います。
絵を描いていた頃には決して使わなかった色彩。
写真だと、透明だから、見えてしまう色彩があります。

透過する色彩、透過する思考。
手のひらに取って、光にかざして、僕の思考、あなたの感情。
全部、Röntgenにしてみました。

写真を手に、取って頂けるような展示にします。
是非、実際に、この
Röntgenを触ってください。


短い期間ですが、皆様のお越しを心よりお待ちしております。




 

6月に写真展開催決定!




にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真




calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM