木桃いつな@雨の庭と傍観者

雨の土曜日。
降り始めはいつだったか。もう、覚えてなくて。

いつの間にか、僕を包み染み込む雨。 




木桃さんを撮らせていただきました。



ヘッドドレスは桐島作。
紫陽花プリザーブドフラワーを、珈琲染めしたガーゼ布に手縫いで留めて。
花の王冠のよう。

見上げた空に雨雫。
芝生には消える音もビニル傘には鮮やかに響いて。*



世界は誰の為に存在するのか。

ヒトは結局は一人の物語の主人公でしかないと言う事実を、ぼんやりと考えます。
それは脳を誰かと共有することが出来ないのと同じこと。

誰かと生きても誰かの為になっても、ひとつとひとつが糸で繋がるだけで。
同一には成らないという、こと。

誰かの夢を共有した気になって、誰かの物語に入り込んだ気に成る錯覚もあるかもしれない。



けれど、それはひとつづつの物語の交錯にすぎない。
そして、その交錯さえも。見つめている眸が在る。

そんな、境界線上の住人。



干渉するという事は、残酷さでもあり。
干渉しないという事は、優しさでもある。

勿論、逆も在る。

降り注ぐ光は、僕を照らす為に存在しているわけではないけれど。
僕は、勝手に恩恵を受け。勝手に感謝をしている。

そうして個個が繋がることだけが、世界を構成しうる事実で在るけれど。
真実はまた、別の世界に、世界の数だけ存在しているね。



共有しているという錯覚もまた真実。
同じ意識にアクセスしているという、意識。

意識は自分の中にしか存在しないハズなのに。
事実と真実。は、別の世界の住人のようです。

それは、君と僕。あなたと彼のようで。
酷く美しい世界が存在しているように、見えました。

雨の中、ありがとうございます。
とても美しい雨の中でした。




*そろそろ新刊出ます*



にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM