木桃いつな@白薄の意識

    


今朝の、東京の桜です。
朝の空気。凛とした色彩。

張りつめた温度と、何処か曖昧なままの意識。




木桃いつなさんを撮らせて頂きました。
今回は「白薄」が、テーマでした。

薄い、溶けてしまうような色彩。
白に融けてしまう前の、色彩の輪郭の最後のひとつ。

じりじりと、せめぎあう境界線。



春は、不安になります。
色々動き出さなくてはいけない気分にさせられます。

本当はまだ、冬にしがみついていたいのに。
春という理由だけで、走らされるような、そんな不安感。



それでも景色は色づき、花は香り、美しい色彩が在ります。
存在することが美しく、そこに理由なんかは無く。

己の意識に苛まれて、結局は春の所為にしたいだけ。
美しいものは、美しい。

感情なんか、ちっぽけだと。 思い知らされます。



見つめる先の、感情が何処へ向かっていようと。
それは、個人の意識。
見つめているのは、自分の意識。

向かい合おうとも、背中を向けようとも。
一生交わる事はないでしょう。

だから、他人である意味が生まれる。
それを、大切にしたいと。思うのです。



桜霞に攫われて。
意識も境界線も、白く白く白薄に塗り込めて。

きっと、透明水彩にみせかけたアクリル。
気がつけば色彩など塗り込められてしまって。 



最後のひとつ。
投げかけた目線が、刺さる。

木桃さんの、虚を突く意識がとても好きです。
恐怖とも近い、震える意識の共鳴。

柔らかいのは色彩だけで。
べたべたと塗り込めた春の意識。

#1でした。
桜は、まだまだ。咲き誇ります。

木桃さん、寒い中被写体ありがとうございました。






*新刊出ました*



にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM