春のlandscape@桐島被写体

連続撮影の、桐島被写体です。 撮影は木桃いつなさん。 
『白薄の意識』撮影期間中に撮影して頂いたものの中から桜のものだけを抜粋。


 

早朝撮影の撮影時間は一回2時間。
実質撮影時間は1時間未満。
そのなかで、出来る事。
そのなかで、出来ない事。
たくさんあります。

この2枚は、そんな朝の写真。

桜という被写体、桐島という被写体。
それぞれ同じ光景に存在して、撮影者の世界で捕らえる。
不思議な感覚です。けれど、何処か安心する光景です。

終着点と出発点は同じであるように。
輪廻という言葉の意味をさぐるように。

何処まで行っても世界の端は見えないままで。
けれど、その不安さえ掴んでしまうような強さが、欲しい。




当たり前の事は、当たり前ではありません。
不条理な事は、不条理ではありません。

結局は同じ場所をぐるぐると巡っているのか。
それとも何処かへ遠ざかろうとするのか。

八重桜の鮮やかな萌葱色と白と、が。
朝に眩しすぎるくらいでした。

ちょっと、トラブルもありましたが。笑
寒い早朝。ありがとうございました。  



モノクロームじゃない、光景。
春の、桐島被写体。木桃いつな撮影。3回目、さいごです。

触れると、散ってしまうくらいの桜。
おおぶりな枝は、桐島がぶら下がっても平気なくらい。 
とにかく大きな桜が多く、剪定されていない場所なので。
桜の芳香に、意識がとろりとしてしまいそう。

今日はカラーです。
薄紅の色彩。柔らかな春の色彩。
温かな、午後です。快晴です。




自由に咲いている樹の花は本当に美しい。
人が手をかけた可憐さも綺麗なのだけれど。
そのものの、美しさというのはまた別です。

植物が、好きです。

人間よりも、好き。

美しく在るだけで、認められるもの。
それ以上の理由が、必要ではないもの。

生きている事、存在する事、それはこんなにも美しいのに。

肯定、否定、何にも成らない。

綺麗なもの。触れたいもの。抱きしめたいもの。
世界はこんなにも、美しく在る。

 






*新刊出ました*



にほんブログ村 
写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM