「なう」と打つその心は「ここ」にはいない。

とても、気になっている本屋さんがいくつかあります。
お伺いした事のある所もあり、これからお伺いするのを楽しみにさせて頂いている所あり。
本屋さん(特に個人経営の小さなお店か古本屋)巡りは大変楽しいものです。

その中でも、気になる本屋さんが「気流舎」さんです。

http://www.kiryuusha.com/

手作り系本屋さん。カフェもあるけど、冷蔵庫が壊れてるらしい。笑
丸窓が素敵。なんか頑固親父がいそう。素敵な音楽が流れているんだろうなぁ。などなど。
桐島的ツボを押しまくっております。チャラチャラしてなくて、はいりづらそうなのもいいですね。笑

そんな気流舎さんのBLOGにずっと、気になる記事があります。
何人かには、話を前にしたかもしれない。記事です。



『「なう」と打つその心は「ここ」にはいない。』
http://www.kiryuusha.com/blosxom.cgi/2010/02/13/
「気流舎BLOG Sat, 13 Feb 2010より抜粋」

今「●●なう」って流行ってますよね。それについて疑問を抱いてて。
ずっとこのBLOGの記事がありました。
仕事で実況をするのはともかく。その空間に今自分は存在しているはずなのに。
「なう。」と打った途端に、もう心は其処には存在していませんよ。
その「心」は何処に「在る」のでしょうかね?という、内容です。

ちょっと哲学的になってしまいますが、僕はこの内容に同意します。
心が在るべき所は確かに現実なのに、それさえ放棄してしまう。
何より、誰かと一緒に居るのならばその相手に失礼じゃないでしょうか?
だって、心が「此処に」無いんですもん。笑
気流舎さんでは「気流舎なう。禁止!」と、明記しているそうです。笑
せっかくいらして頂いたお客様の心、此処に「在って欲しい」ですから、ね。
顔の見えない相手よりも、目の前の友人や空気を大切にして欲しい、とも。読み取れます。

便利なものは便利なものとして活用してゆきたいと思うのですが、
何より大切な本質だけは、壊したくないですね。
それって、案外アナログ的で、懐疑的で、面倒くさくて、絶対的なもの、な。気がします。


と、いうわけで。2010年度PhotoCafe合同展に向けて合同展用の Twitterアカウント作成しました!笑
(急にライトな話題で申し訳ないです。笑)
公式サイトを7月までに立ち上げますので、立ち上げと同時に稼働します。
このアカウントでは参加者全員が合同展の色々を「つぶやく」アカウントです。
いろんな人のつぶやきが読めると思います♪

2010年度のPhotoCafe合同展参加者は桐島を含めて13名!
前回以上のヴォリュームと意欲を持って臨みますのでどうぞお楽しみに!
ちなみに、タイトルは「MelangeXIII」です。意味などはまた追ってお知らせしますね*

本日の写真は今読んでいる、本です。
何度も読む本もあり、借りている本もあり。
最近本を読めなくて、いかんなぁ。。。と、思っている次第でありまする。。。反省。








*新刊出ました!!*



にほんブログ村 
写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM