個展、開催中。

なんだか、色々ばたばたしてしまったような気がしますが。。。笑
なんとか形になり、今回も無事に開催の運びとなりました!

桐島ナオ6回目の個展、「何処でも無い、国の物語。」です。
展示会場風景を撮りましたので、とりあえず全景を。

展示スペースは店内左右の壁面なので、入って右側を咲真くん&だいさんの妖精さんに。 


  

額のインパクトがすごいです。笑
こんなコテコテの額、なかなか写真で使いませんよね・・・。笑
いつもなら、シンプルにしちゃう額装も、今回ばかりはコテコテに。

金ぴかです。



この二人は力がある被写体なので、額よりもインパクトがあります。笑
力があるってプラス方向とマイナス方向に分かれますが、この二人は相乗効果でWプラスな感じなんです。笑
閲覧者の、心に押し入って来る強さですね。



反対側の一面はちょっと広くて。
50枚、写真がずらーっと、並んでます。

1世界5枚×10世界。

全てでひとつの世界観になるように、構成してみました。
全体的に、こちらはマイナスの力の強い世界です。

あまり、マイナスすぎないように。
今回印画紙を染めたりして、力のバランスをとっています。

静謐な写真に動的(感情的)な要素(今回は手染めという手法)を加える事によってマイナスとプラスのバランスを測る。
という事をしてみました。 
 



シャッタを押した瞬間に、思考の世界は終わります。
印刷した時に、違う世界が動き出し。
文字をつけたら、また違う世界が増えて。
最終的に、展示することによって、閲覧者方のもとへ旅立ってゆく感覚です。

個展をすると、いつも思うのですが。自分の世界をこんなに客観的に眺め、「終わらせる」という事は本当に大切なんだと。思います。

終わらせる、というのは「断絶」ではなく。
「継続」であると。思います。 
 


自分が生きている間中は、嫌でも思考は蓄積され、繋がってゆきます。
自分が死したとしても、意思や生きた時間は誰かの記憶で繋がってゆきます。

「残したい」とは、思いません。
「遺したい」とも、思いません。

100年、200年という単位では風化して形さえ無くなってしまうものであっても、自分が生きている間中は意味を持つものだから。
だからこそ、自分にとって、価値の有る物で在りたい。
そう。願うように、なりました。 




さて。今回のグッズは若干控えめに作ってみました。笑
ポストカード9種類・Noネームタグ・透明欠片ストラップ3色・羽根付欠片キーホルダ2色です。

ポストカードは妖精ペア3種類・静かなる光景3種類・見つめる眸3種類。
勝手に名前つけてますが実際の商品には書いてません。笑
ほんとはセットで3種類×3枚を販売しようと思って選出したのですが、バラの方がいいかなぁ??
と、思いなおして1枚単位になったのでした。




それと、透明写真を使っていくつか作ってみました。
ひとつは、羽根付のキーホルダ。 

 

窓際やお部屋に飾って欲しくて。キーはフックのものにしました。
羽根は、今回のメインの写真の髪飾りと同じものを使っています。



透ける写真の欠片。
ウロコにも、はなびらにも、見える。
光りを受けて透明になるかけらたち。

ついている硝子玉とビーズも同系色で合わせました。
トンボ玉は手作りの一点ものが多いので、同じものはありません。

うーん。きらきら、綺麗。。。
こういったものが好きなので、ぼんやりと。眺めてしまいます。



赤もあります。
赤い透明は、なんだか。見ちゃいけないような気がしませんか?
赤って、高貴な色だと。思っています。
画材も赤って高い鉱物が多かったり、硝子も赤ってものすごく難しい色彩ですよね。
あ、魔よけも赤だなぁ。そういえば。
色彩って、やはり面白いです。

主に、人間が見ているだけの光の波長信号認識にすぎない、科学現象なのに。
その波長を意識として捕らえて、精神作用する、というのが不思議。
物理とか科学って、知れば知るほどに不思議が深まる気がするんです。
究極を突き詰めてしまえば、奇跡を認めるか認めないか、とかになってしまうのも好きです。笑



写真は、光学です。物理学の中の、光学という分野。
光の学問です。
光というものに関してのスペシャリストであり、その光を分析するのではなく。アートという形にする。
写真て、本当に不思議です。
物理学と、美術が同居しているわけですから。笑
仕組みを知れば知るほどに、好きになります。

あ。そうそう。今回の「何処でも無い国の物語。」になぞらえて作ったグッズがあります。
Noネームタグ。笑 Noアドレスでお願いします。



名前も、必要ない。 住所も、必要ない。

そんな、意味不明な旅行タグです。笑
うーん。意味無い気がしますが。中身入れ替えれば普通に使えます。笑

本当は、生きてゆく事自体に名前も何も。必要ないのかもしれません。
個人の人格を作るのは、名前でもなく、肩書きでもなく、外見でもなく、洋服でもない。
もっと、内側の本質的なことであると、信じたい。
そして、その内側は果てしない深い水底であり、他人はおろか自分さえ把握は出来ないような多面鏡の世界で。
僕は、被写体として向き合う人の、「ほんの一部の、とても綺麗な部分」を撮らせて頂いています。
それを、撮らせてくれる被写体の方には、改めて本当に感謝をささげたいです。



個展は本日より、27日(火)まで開催です。
どうぞお時間がございましたら、足を運んで頂けると。とっても、嬉しいです。
 

 










*もうすぐ最終刊です。*



にほんブログ村 
写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM