光と言う名の、男。

チケットを頂いたのでmanRay展に行って来ましたよ。
ルーシー以来の国立新美術館。同じ部屋で見るmanRay。

前衛的写真のimageが強かった彼の作品ですが、有名な作品は殆どロスに移ってジュリエットと結婚してから。
ジュリエットは魅力的な被写体だったのでしょう。彼女を被写体にたくさんの作品を遺し、人物写真にのめり込んでゆくのが良く判りました。
先日のシャガール展しかり、今回も作家の作品を時系列の時代順に展示してあって。変化が見てとれるような展示方式でした。

チケットを頂かなかったら、見に行かなかったかもしれません。
manRayの代表的な作風は個性的であるとは思うものの、惹かれなかったのです。
技術や画一性のあるアイデンティティを作品にいくら投影しても、作品に対する感情や理念に共感もしくはそれ自体を感じる事が出来なくては惹かれる事は無いと思います。
manRayは独自の写真現像方式を編み出したり写真文化に研究熱心だとは思いましたが、ポップカルチャーに近い作風と実験的な作品は、僕の好みでは無かったのでした。

展示内容は前日にサイトを見て知りました。
彼が絵を描いていたこと。彫刻を創ること。チェスのデザインをしていたこと。詩を書いていたこと。
僕が知っているmanRayは後期の写真ばかりでした。
初期のドローイングや版画、彫刻作品は勿論初めて見て知りました。
manRayは自分の絵や作品を撮る為に写真を始めたそうです。

彼の本当に初期の作品は絵画や彫刻の写真が少しだけ。絵画自体の方が多かったです。
僕が惹かれたのは『論理が暗殺する』という作品。
フランス語で書かれた理念図みたいな言葉遊び。
ぐるぐると、眺めていました。
言葉、って不思議です。
imageを限定させるような振りをして、ホントウは誰にも判らない。
判断はあくまで個人の価値観の中に在って、ある意味普遍的側面を持ちながら絶対的な力は持たないもの。
でも。多くの人が欲しがる魔力はあると思います。実態など無いというのに、やけに欲しがる不思議なモノ。





そして。manRayだったか撮影者がいまいちわからなかった『モンパルナスのキキ』という写真。
不思議な笑みの女性のポートレイトです。
彼の作品だと気づいたのは作品の前に立ってから。

頬杖をついて悪戯っぽい目で見上げるキキ。
キキは偽名だそうですが、彼女の雰囲気にぴったり。
柔らかな輪郭の写真。信頼している距離感。
この頃のパリに居たmanRayの繊細な写真が特に綺麗でした。
若い、写真なんですけどね。笑
その若さが綺麗でした。
未来がない不安定さは、弱さには成らなくて。真っ直ぐに交わすものだけが全て。
この、写真が彼の世界の全て、でした。
裏がない。でも、表もない。
力在る写真というよりは、彼とキキの吐いた吐息のような作品でした。

同じ時期のマチルダみたいな少女の写真も素敵でした。
青さ、が時に美しく見える時もある。と、思いました。

成熟したアーティストの作品は説得力がありますが、未熟故の美しさが同居するアーティストもいます。
中原中也や、山田かまち、リバーフェニックスなどなど。
どんなジャンルでも、若くして開く才能はある。
その、先が見たくなるアーティストはいます。




manRayは晩年より初期の作品が好きでした。
逆の作家の方が多いのですが、たまにそういう人もいます。

同じ人間が創るものなのに、変わってゆくのは面白い事だと。
生きていれば変わらない事など無いのだと、思いました。
良い意味でも、悪い意味でも、生きるものは同じでは居られませんから。

ただ、『良い』か『悪い』かは、他人が勝手に判断して言いたい事を勝手に言えば良いと、思いました。笑

創り出す手は、創りたいものを、
創り続けるだけです、からね。


manRayの見た光と、僕が見る光。
同じベクトルで視る世界が在るような、そんな気がしました。

ぼんやりと見た世界。真暗な暗室に沈む自分の両手。

闇に視たのは、あの日のあなたで在って欲しい。
と、願うのは自由です。

いつまでも、自由なままです。


絵が、描きたくなった午後でした。







Mélange13ご期待ください!!



にほんブログ村 
写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM