春の夜の、夢。



桜の開花宣言が出ると、胸につかえていたものがすっと、溶けて消えるような気がする。
春が苦手で、春がとても好きです。
苦手になるくらい、心に刺さります。好き、って事だと最近気がつきました。

写真は2009年の春の写真。
東京より、ちょっとだけ遅い春の群馬県、伊香保グリーン牧場。
ここで見た、コブシの花を急に思い出して写真を改めて見てみました。

綺麗なブルースカイに、真っ白に咲く花。
白木蓮とコブシの違いは「葉」です。
花と一緒に葉が出てくるのがコブシで、花だけ咲くのが木蓮。

 

そして、このコブシの樹が本当に大きくてびっくりするくらい。
視界全部が真っ白な花に覆われてしまうくらい。
もちろん、樹の下には真っ白なコブシの花びら。

あ、真っ白といっても少しだけ、茶に変色した柔らかで肉厚なあの、花。
咲いたばかりの花は透き通るほどに白く、生き物とは思えないくらいの妖艶な白。
すぐに茶になり、腐り、朽ちてゆく花。
クチナシの花と、良く似ていると思う。
みんな儚くて、強くて、美しくて、胸が詰まりそうになる。




天使に翅があるなら、こんな風に散ると思った。
羽ではなく、翅。虫の輝きの、翅。

思い切り、花の香りを吸い、柔らかな草原を抱きしめる。
そんな、春。

桜が咲いたら、すぐに薔薇の季節になる。薔薇が咲いたらすぐに紫陽花の季節になる。

でも。
今日の帰り道、偶然にも花屋で八重咲きの薔薇のようなクチナシを見つけてしまって…。
思わず抱えて連れて帰ってきてしまった 僕でした。笑

今夜は梔子の香りで眠ります。
夢に攫われないように、屋根裏には鳥籠を置いてあるから。
たぶん、大丈夫です。

それでは、おやすみなさい。






 PhotoCafeTravel!関西開催決定!参加者様募集中!

にほんブログ村 
写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)



関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM