緑と青のプログラム。@木桃いつな

台湾に、行きたいなぁ。と。
思っていたわけなんです。

で、そんなことを考えながら撮っていたらこんな雰囲気になった、のかも?




木桃さん。

前回髪の毛をアップにさせて頂いたので、今回もアレンジさせて貰いました。
三つ編みおだんごは、なんかアジアっぽい。




背景は、緑のカーテン。
撮影は、茨城県水戸市です。

意外に近かった。水戸。
車より電車が近い、かも。




蔓性植物が好きです。
配線プラグが意志を持っているようで、人工的にも有機的にも見える。
人体に、接続コネクタがあれば通信出来そう。



成長するというプログラムは、細胞の最後のひとつが死ぬまで続けられる。それは、生命を統治していると錯覚している脳とは別。
植物は脳などなくとも、考え、行動し、生きている。
それは、綿密かつ流動的に組まれたプログラミング。




生きる速度が違うのは、心臓の鼓動だなんて言う学者もあるけれど。
じゃぁ、一年草と多年草はどうなんだろう?

そもそも、「生きている」ってなんだろう?と考える。
種は「生きている」のか?
心は「生きている」のか?
脳は「生きている」のか?




アジアの国の夏は厳しいと思う。
ねっとりと絡む湿度に、高温。

それでも、緑が豊かに育つのなら、ちょっとは許せる。
この世界、この国が美しいと思うから。

明日に、君に、僕に、期待してしまう。




誰かに出会った時、その関係を繋ぎ止めるか考える。
何処かに行った時、また来たいと思えるか考える。

日々は断続的なものではなく、流動的なものだと思う。

日々を認識するために時間で区切り、月日で区切り、年度で区切る。

では、命も断続的なものではなく、流動的なものなのか?



ここに存在している僕。

僕の意思を理解してくれるひと。

僕の声に応えてくれるひと。

僕の愛に応えてくれるはな。

僕の行動に賛同してくれる、あなた。

「僕」は断続的なものではないのかもしれない。

DNAが螺旋を伴って継承されるだけが、継がれるものではないのかもしれない。
えんも、ゆかりもない人が、僕の意志を受け入れ、自分のものとして違う場所で生きている。




世界は、自分が考えるよりもずっと、繋がっているのかもしれない。

そんな風に、考えました。
そんな事を、朝顔のカーテンを見ながら思いました。

この日の水戸は雨が降りそうで、降らない。
けれど、とても気持ちの良い日でした。

木桃さん、ありがとうございました。




にほんブログ村 
写真ブログへ
登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM