冬の終わりに。



モノに宿るのは作り手の想いと、所有者の想い。
憑くのは勝手な気持ちなんだけど、結局は時間が絡みついて解けないだけな気がする。
でも、そうゆうものを愛おしく思うし、流れ去るものが確かに在った証として、安心したいから大切にするのかもしれないね。
何年も季節を過ごしたこのコートは青森を思い出す。
青森の、あの雪原を纏うような錯覚を覚える。
いつだって救われるのは過去ばかりで。
気付いた時には過ぎ去り、もう終わっていることだから、向き合えるのかもしれないね。
「今」は、今であって。
自分は渦中にいるから、客観視しているかといえば、そう在りたいだけで。
たぶん、何も分かってない。
分かりたいわけじゃないのだけれど、大事にしたいものだから。向き合いたいと思う。
だから、写真を撮るのかもしれない。
写真を、撮るという行為は、より強く、脳に焼き付けるという行為だと思う。
写真という形に残るのは、そこに派生するおまけみたいなもの。意識の破片。
自分にとっては、シャッタを押す行為自体に意義があるようなもの。
強く、意識する。
強く、想う。
強く、記憶する。
気持ちを、自分に強く焼き付ける行為そのものが、写真を撮る、という事に近い気がする。


もう、春になってしまいますね。
大嫌いな春の、写真が撮りたくなります。





にほんブログ村 
写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM