京都散歩@京都御所の小道

Vesna!さんでのPhotoCafe3日間開催も無事に終わり、奈良のPhotoCafeまで2日間が空いたのでお散歩ピクニックに行ってきました!
大阪に住むARIAちゃんと一緒です。京都に来るよー。遊ぼうよー。と誘ったら来てくれました♪
(でも、桐島の仕事帰りに品川でお茶とかしているのでつい近所だと錯覚してしまう。。。)



お弁当を作ってピクニックは大好きです!!
サラダと生ハムとアボカドとオレンジと美味しいパンとビール♪
真昼間から飲んでもいいなんて…素敵すぎる。笑

凝ったお弁当のピクニックも素敵ですが…ご、ごめんなさい。
前日に結構早く落ちてしまい強制終了してしまいまして。。。

今度またきっちり仕込んだお弁当でピクニックしましょ〜ね〜。笑




そして。花よりなんとやら…ですが。
とりあえず、一通りランチタイムを楽しんだら花も堪能します!
京都御所は八重桜が満開ですー!!


さて。ここから一眼レフの写真。
(フィルムフレームのが一眼レフ。それ以外はiPhoneの写真です♪)

桜舞い散る午後に。
新しいカメラの初撮りをしました!!
久しぶりの中判!!手巻きの機械式カメラ!!ドイツ製!!カールツァイス!!と、三拍子そろったこの子はペンタコンくんといいます。

古いドイツのカメラ。ましかく写真が撮れますよー。


ペンタコくんに夢中になり、ずーーーーーっとカメラを持ってふらふらしておりました。笑
なんていうか。シャッター押さなくても、ファインダ見てるだけで、にやにやしちゃうんです。笑

そして、世界が。綺麗すぎて。
ぱらぱら雨が降ったりしたけれど。
それでも、傘が必要ってほどじゃなくて。いい感じのうす曇りで。


濃い目のピンク色の世界を、ぼんやり寝そべって堪能していました。
花の香りがあちこちからして。
風が吹けば、はらはらと花吹雪。

鮮やかな新緑の絨毯に、鮮やかなピンク色の敷物つき。

あー…なんて。
静かで、柔らかで。穏やかで。平和な昼間なんだろうか。。。

とか。思う平日の真昼間。笑
最高に贅沢な休日です。



桐島がひとりでカメラを持ってふらふらしてたり。
なんかにやにやしていても、さくまくんとARIAちゃんは全く感知しないでそれぞれ好きなことをしているのが嬉しかったり。笑

みんなでわいわい。も、もちろん嫌いじゃないけど。
一緒にいるのに、それぞれの時間がきちんと作れる友人はとても大切だと思うんです。

ずっと逢ってなかったのに、近況報告が要らないような。
きゃーきゃー。言わなくても、一緒に居れるような。
そんなのも、いいな。って、思うんです。


この、絨毯。

どっちが上だかわからなくなってしまいそうなピンク。
これは、木の上から撮っているのですが。

不思議な、錯覚です。

あ、短焦点レンズなので。桜に近いのはほとんどのぼってます。笑
(もちろん、丈夫そうな枝の幹だけですよ。良い子は無茶しちゃだめですよ)

だいぶ、にやにやして。
幸せ気分を満喫したところで。
御所の中をお散歩してみることにしました。



相当。気になる小道を発見。

なんだか、もう。御伽噺のような小道。

ここが京都だって忘れてしまいそうです(忘れてました。。。)


初夏の京都は本当に緑が綺麗で。
上下左右、どこを見ても透明で鮮やかな新緑ばかり。

雑草だろうけど。
小さな花も、とっても綺麗なんです。
柔らかな色彩が、とても優しくて、嬉しい。


かと思えば、魔女が出てきそうな大きな樹があったり。
一面の花畑があったり。

フェアリーティルの世界みたいです。
なんか、白いワンピースの女の子が出てきそうな。感じで。


でも、見上げると京都らしい新緑も。
葉の透け方が初夏ですね。
触ると、まだつるつるしてて柔らかな葉です。

風に揺れるのを見ているだけで、気持ちいい。

あ、まさに。この緑色と風の感じって。
今の『graph.』の「光零れる京都」じゃない?とか思ったり。笑
(graph.は桐島が出しているリトルプレス写真誌です♪→http://skyclover.hacca.jp/graph/


まっすぐ、生えている緑さん。

たぶん、雑草なんだろうけど。
そんなことは草には関係なくて。

整列している様がとてもかわいいくて。
丁寧に被写界深度を合わせてみた。


洋服を着た動物がひょっこり現れそうな小道。

地元の人がお散歩によく通っていました。
ペットのお散歩道にもなってたなぁ。

こんなところ、毎日お散歩出来たら幸せ。


こういうのを見ると、なんか無条件に嬉しくなってしまう。
切り株からの発芽。

生きているものは、何処からが「生きていて」何処からが「死んでいる」のか、わからなくなる時がある。

特に植物は種子という仮死状態で何万年も生きたりするし、植物人間とかいう単語もあるくらい。

なんとなく。それについては答えが出たけど。
生きている、って本当に不思議で、綺麗なものなんだなぁ、、、と。思う。


イチョウの樹の、花。

なんか、あまり見たことなくてまじまじと見てしまった。
イチョウってオスメスがあって、片方だけだと受粉しないんですよね。
これも、不思議だー。

以前、「今の時期何も無いですよ。何を撮るんですか?」と、言われた事がある。
逆に僕は、「何か季節限定の特別なモノが無いと撮れないんですか?」と、思ってしまう。

確かに桜は終わって(八重は咲いてたけどね)、薔薇はまだだし、紫陽花は遠い。
でも、緑は綺麗だし、太陽はきらきらだし、風は気持ちいいし。
こんなに素敵な気持ちを、撮るだけじゃだめなのかな?と、思うのです。

写真は被写体が無いと撮れない、って思うことが束縛になってるのかな。
モデルが居ないと絵が描けない人が居るのと同じく、被写体が無いと撮れないっていうのもわかるけど。

被写体は「見つける」ものでもあるけど、「作り出す」ものでもあるから。

何処にいても、いつでも、写真を撮ることは、出来るんだよね。


だから、その気持ちを「表現し易いもの」が、あなたが選ぶ被写体であり、撮影対象になるんだと思う。
それが、作品を撮る。ということになるんだと、思います。


とか、いいつつ。
ここは、「バッタガ原」という名前だそうで。笑

その名の通り、大量のバッタがいました。笑

昆虫大好き桐島は蝶やバッタなんかがたくさんいてとても楽しかったです。
久しぶりにこんなに虫を見たかも。



植物の名前も、そんなにものすごく詳しいわけではないので。
こういうちょっと面白い樹を見ても、どこのどちらさまなのか分からない。

だから、撮っておいてあとで調べたりする(調べなかったりもする)。

写真は記録であり、記憶であり、表現であり、表現でなかったりする。

だから、面白いんだなぁ。とか、思いつつ。


御所が終了です。


出町柳までてくてく歩いてお茶タイム。

なんかここのカフェはいつも満員のイメージなんだけど。
さすがの平日。空いてます。




メニューを悩む二人。笑

なんか、似てる。。。と、思った写真。




そのあと、桐島の希望で(まぁピクニックも桐島の希望ですが。。。)一乗寺の恵文社さんへ行って来ました。

京都に行ったら必ず行く本屋さんです。
普通の本屋にはあまりない本がたくさんあります。
特にちょっとサブカル的な書籍の種類はここのセレクトが結構好きです。

棚の並べ方がとても探しやすいし、次から次へ手に取りたくなってしまうのでずーーーーっと見ていられます。笑

ヴィレッチヴァンガードのナチュラル雑貨屋版(一部澁澤系)って感じでしょうか。



そして。帰宅ー。


雨が降って来たのでお部屋でのんびりです。

夕食を作り、お部屋でごろごろしつつ庭を眺めたり。
みんなで銭湯に行き、浴衣でごろごろしたり。笑

久しぶりによく歩いた日でした。
とても、綺麗な一日でした*






にほんブログ村 

写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM