「a bit like you and me...」横浜美術館 奈良美智展

奈良美智さんの個展(http://www.yaf.or.jp/yma/)に行って来ました。
久しぶりな気もしますが、去年の震災後の水戸の展示から1年ちょっとなのですね。
そう考えるとそれほどに間が空いていない気もしますが、何だかひどく遠くへ旅をしに来た気がしました。

普段、展示会などでは解説などはあまり読まないようにしているのですが。
奈良さんの場合は制作過程も見ている作品もあり、普段どんな想いで作っているのか、少しだけ拝見しているので。あえて読んでみました。

そうすると、また違った客観的な眼で見れるから。楽しいです。

今回のタイトルは「a bit like you and me...」。君や僕にちょっと似ている、という意味です。

前回の横浜美術館の展示が、初めて見た奈良さんの展示でした。
その時のタイトルが「I DON'T MIND, IF YOU FORGET ME.」。ぼくのこと、忘れたって構わないよ。という意味。

突き放した表現から、寄り添うような表現に変わっていったのも、とても気になります。
このタイトルの意味は、展示作品にも、寄り添っていると思います。



今回は2011年と2012年の作品だけ。震災後の作品だけ。
その前に2010年までの作品はレゾネが出て、ぜーーーーーんぶ収録されたから。
収録されていないこれらの子たちは、とても自由に見える。笑

全部「作家蔵」なのも、いい。だんぜん、いい。

あたしたち。まだ、誰のものでもないんだからね。
あたしたち。まだ、奈良さんのものなんだからね。

って、自慢げに其処にいるようで、誇らしく見える。
僕は、なんだかとても微笑ましく、嬉しい気持ちになる。



奈良美智さんは桐島が、ものすごく影響を受けている作家の一人です。
(あとは森博嗣氏と、ウォルト=ディズニーと、ジム=ヘンソンは確実。)
作風とかじゃなくて、なんというか、生き方とか、ものの見方とか、指針の持ち方とかです。

初めて見た奈良さんの作品はカンバスに筆の跡が残るナイフを持った子供の絵。
不適な笑みを浮かべた子に、ぎゅっと口をつぐんだ子。煙草を吸っている子に、銃を持った子。

ロックな絵を描く人だなぁ!と、思った。

それから奈良さんの絵をちらほら見かけたけど、あ、あの人の絵だ。
と、思うくらいだった。

それからしばらくして、大規模な展示があると聞いて行って来た。
それが、2001年の横浜美術館「I DON'T MIND, IF YOU FORGET ME.」展だった。


久しぶりに見た奈良さんの絵からはナイフも銃も消えていた。
眸を閉じて穏やかに佇む少女たちに、涙を流し続ける積み上げられた子供たち。

巨大な皿に丁寧に継ぎ剥ぎをされたカンバス布はガーゼを重ねたように痛々しくて優しかった。
じっと、見つめてくる子供たち。
問いかけられているのは、自分だ。

その展示から、僕は奈良美智さんの作品が気になって気になって、仕方無くなった。
彼の作品の行き先を知りたくなったのだ。

子供たちは何処へ行くのか。奈良さんは何を見るのか。


そのあと、グループ展や弘前のAtoZや金沢の展示などなど。大小さまざまな展示を見に行って来たけれど、今回の作品はまた変わったなぁ。と、思った。

作品と対峙したら泣いてしまうのではないか、と思ったけれど。
一瞬高ぶった感情は、作品と僕の距離に応じていつの間にか凪になる。
ミュートをかけたように、周りの音が消えて、世界は僕とカンバスだけになった。

作品から雄弁に語りかけてくるのは、重ねた色と時間と想いと感情と過去と未来。
奈良さんが見ているもの、この世の中の今の感情、僕自身の感覚。

全部、水の中に落としてしまって。
一緒に、それを、みているような感覚でした。

水戸部屋は、なんだか感傷的すぎて(BGMもね)ちょっと涙が出ましたが。
あの小さな水戸部屋にまた会えてとても嬉しかった。


今回の展示作品については、まだ具体的には書きません。
もう一度横浜には見に行きます。青森にも行きます。
11月発行の「graph.」の記事にもします。

自分自身を整理して、片付けて、きちんと座標を見つけてからもう一度対峙したい。

最後の写真は、展示を見た後に撮ったもの。

その時の、気持ちです。
そう在りたい、気持ちです。

横浜美術館の展示は9月まで開催しています。
関東近郊にお住まいの方。是非行ってみてください。

奈良美智さん、素敵な世界をありがとうございました







にほんブログ村 



写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM