隅田川花火大会に行って来ました。

昼間はPhotoCafeプライベート教室だったので夕方にはちょっとだけ身体が空きました。
予定してた空白の時間でもないので、ちょっとだけ考えてから。隅田川花火大会に行ってきましたよ。

唐突に思い立ったのでおひとりさまです。
でも、なんとなく浴衣が着たくてさっくりと着て行きました。
なんか、先入観で。
一人で花火大会に行くのに浴衣って寂しく無いか?と、一瞬思ってしまった自分にびっくりして。

なんで寂しいか判らなくなったので着て行ってみました。笑
思えば誰かの為に着るわけでもないし。
着てみたら、なんだか楽しかったです。

そして、花火ですが。
隅田川花火大会って、すごい人出で有名なのですが初参戦です。
思い立ったのが16時過ぎで家を出たのが17時だったので浅草付近は早々に諦めて。
南千住の隅田川沿いに行ったのですが(南千住自体初めて降りました。笑)、なかなか良い席が取れて。

偶然にもスカイツリーと花火が良く見える位置。



いちおう、セオリーな感じで。笑

いや、今年初めてなのでセオリーも何も無いかもですけど。いわゆる花火写真です。
夕暮れ直後なので空が青くて綺麗です。

ちょっと遠いので、花火は小さめなのですが、これで50mm。
(NikonDXなのでフィルム換算75mmです)



久しぶりのズームレンズなので、色々撮ってみました。
月が高くて、とても綺麗です。

それでも、自分が撮りたい花火はこういうのじゃないので。

いつもの花火写真を必死に撮影開始。



ダリアのように空に花が咲きます。
真っ赤な花火。一瞬の動きに合わせてMFでピントを合わせる。
その一瞬は、ファインダの中が一番美しい。
ふんわり咲いて、一瞬で消える。
ファインダの中はこういう風には見えてないので、自分しか見れない光景です。



花火を撮る度に思うのは「鎮魂」です。
空に向けて打ち上げる花は、誰の為か。言わずもがな、でしょう。

地上から見上げるものではなく、これは、天上の人の為の、花。
少しでも、届けたくて、少しでも、見て欲しくて。

空に打ち上げた花が、咲きます。



或は、光に成って降り注ぎます。

花火は光そのものが花になったもの。

地上で見ている人と、天上から見下ろす人の間に、咲く花。
一瞬で消えてしまうからこそ、残したいと思う。

僕の眼で、僕の手で作り上げた花を、あなたにも、見せたい。




最後に。
艶やかな花火を。
(これは5枚合成です)

スカイツリーも、東京タワーも、どっちも好きです。
暗闇にぽつんと佇む姿は、どこか寂しげで。

寄り添ってあげたくなる気持ちは、たぶん。
自分自身が寄り添いたいから、なんだと思います。

7月も、もう終わりです。
1ヶ月以上悩んだので、そろそろ腹をくくり始めようと思いました。





にほんブログ村 



写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM