「 鉱物Bar vol.5 『 玻 璃 』」 撮影にお伺いして来ました!

鉱物を見ながら、お酒を飲みませんか。
って、誘われたらものすごくときめく人は桐島の周りに多いはず。笑



「鉱物アソビ」、「鉱物見タテ図鑑著者のフジイキョウコさんの企画展示「鉱物bar」の展示撮影のお仕事に行ってまいりました。
イベント告知のお許しを仰せつかったのでBLOG掲載させて頂きます!笑

開催地は東京、西荻窪にあるGALLERY みずのそらさま。



宝石よりも、鉱物に惹かれるのは何故でしょう。
これを磨いたら世の中の女性はもっと喜ぶのかもしれないけれど、そのままの自然の造形自
体が美しいと思ってしまいます。
何よりも、これを「美味しそう」と思ってしまうのは間違えなく長野まゆみ氏の影響です
が。笑

氷コップに盛られた黄水晶(シトリンと読んでください。笑)に、瓶詰めされた蛍石。
ため息ものに、美しい、というか、可愛いらしい。



10年前に見ていたら自分はどう撮っただろう?とか、考えながら撮っていました。
(お仕事で納品する分は色調が違うのでここに載せているのは桐島eyeの色調です)
いや、撮らないで見ているだけかもしれないなぁ、とか。笑

鉱石を見ながら、とある人の事を思い出しました。
もう逢えないかもしれない人だけれど、僕にとってはとても、とても大切な人です。



先日個展にお伺いさせて頂いた涙ガラスさんの作品も。
鉱石用に改良されていて、感動。
台座の真ん中部分がすこしだけくぼんで安定しています。



こちらも、鉱石が入るように間口が広くなっているもの。
中には蛍石。

夜道を照らしてくれそう…とか想像。
誤って口を開けてしまうと飛んでいってしまうのです。笑



日本のものだけでなく、世界各国の鉱石たち。
中にはご自身がドイツで買い付けてきた希少なものも。

スペシャルな鉱石は静謐な硝子のドームにはいっているものもあります。



桐島はやはり、青色の石に目が行ってしまいます。笑

紫がかっていて、とても綺麗。
光の透過角度を考えて撮ってみました。



まさに羽のような玻璃。
スタイリングも全てフジイキョウコさまのものですが、とてもきっちりと作り込んでおられ
て素敵なのです。

この鉱石たちを見ながらお酒を…お酒って所がとても素敵ですね。
密やかな愉しみのようで、うきうきします。

メニューもこの展示の為に作られた特別なもの。
是非公式サイトをご覧ください。
(限定メニュー等は予約が必要だったりお席も電話予約がベターです!)



ギャラリーみずのそらさんはカフェ併設のギャラリーです。
お庭に水が張ってあって、たわわな葡萄の樹からの木漏れ日も、とても。綺麗。

きらきらと、床に落ちる光の雫を見ているだけでも幸せな気分になります。



作家さんものの小物なども多数展示販売しているので、是非に。

夏の夕暮れに。夜更けに。
「鉱物bar」、いかがですか?

8月の26日までの開催です!
(26日にもう一度お伺いしたいなぁ〜・・・)





にほんブログ村 



写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM