谷川岳に登って来ましたよ!@のぼり。



PhotoCafeを通じて知り合ったDAIさん。咲真くんととっても仲良し。
一緒に旅行に行ったりよくお食事会をしてるようなのですが、登山好きのDAIさんに誘われて初めて山に行く事になったようです。
で、お声かけ貰ったので保護者として桐島もついて行きました。笑



行って来たのは群馬県と新潟県の県境にある山、谷川岳(http://p.tl/n5oR)です。
天神平スキー場の上の山、とか。新潟に行く時に通るながーいトンネルの上の山、とか。
そういう風に聞いた方が判り易いです。笑

下からも登れますが、とりあえず上までロープーウェイで行きますよ。
これで一気に1319mまで登ります!(谷川岳は1,977mです)
658mを登りますよ〜。
うーん。こう書くと結構いけそうな気がしますね。




下は晴れていたのに…あ、あれ??ってくらいの濃霧。
とりあえず、目の前は見えますがちょっと先は見えません。
DAIさんと相談しつつ、「とりあえず無理をしないで行ける所まで行きましょう!」と話して出発することにしました。



そんなわけで、先頭をDAIさん、次を咲真くん、最後を桐島がゆきます。
初登山!の咲真くん。
「ハイキング楽しみ〜♪」とDAIさんに笑いかけたら「ハイキングじゃないですよ★」って笑顔で返されてました。笑

若干、心配そうな顔をしつつ、入山!



雨がぱらついている森の中は霧で幻想的です。
木道が整備されている所が多いですが、斜面なので気を付けて進みます。



見上げるとこんな感じ。
うーん。綺麗ですね〜。でも、森が呻っているかのような風の音で結構怖い。
山鳴りっていうんですかね?恐ろしい音がします。

そんな中森の中の小道や階段を歩いていくと…
…現れました!



DAI「鎖場でぇ〜す★」

鎖場、くさりば、です。笑
そうなんです。谷川岳はこれがあるんですよね。
崖とか急な所に鎖があるんですよ。

超、嬉しそうなDAIさん。笑



DAIさん身軽です。
ひょいひょいと行きます。
咲真くんビビりながら鎖を辿ってゆきます。
(※右側は崖っぷりです)



渡り切り、とりあえず第1鎖場クリア!!笑
嬉しそうな咲真くん。DAIさん、もっと嬉しそう。



そして、階段を進み、さらなる崖が登場!笑
今度はロープを使って登ってゆきます。



DAIさん、常にこの笑顔。笑
咲真くん、ちょっと笑顔が無いです。笑

ここはちょっと急だったね。笑



上から見るとこんな感じだったのです。咲真くんが撮ってくれました。桐島です。
DAIさんから登山手袋をお借りしました!!ありがとうDAIさん!

そういえばこの辺はまだTシャツでした…。。。(頂上は寒くて上着着てたからなぁ)



そして、崖は度々現れます。

咲真「えーと、ここ、登るの?」
DAI「もちろんでぇす♡」

みたいに見えませんか?笑
(※実際にはそんな会話はしていません。笑)



咲真くん、腰が引けてます。笑
でも、一生懸命登ってます!(←親心)

桐島は筋力だけはあるので、結構こういう所大好きだったりします。
クライミングとか、棒登りとか、たのしぃ〜って登っちゃう系の猿なんで。。。笑




だんだんと顔に覇気が無くなってゆく咲真くん。笑
いや、名誉の為に書いておきますが、谷川岳は日本100名山に名前を連ねるくらいのガチな山で、遭難事故記録は日本のみならず世界のワースト記録としてギネス認定されているくらいの山だそうですよ!(ウィキ先生より)



まぁ、そんなわけで。
登っているとだんだん霧も薄くなって来ました。相変わらず下界は見えませんが雨は降らずにイケそうです。

和やかに喋っている二人だけ見ると微笑ましいんだけど背後の斜面が凄すぎる図。笑



で、その斜面を登ります!笑

頑張れ!咲真!!



ちなみにDAIさんも、こんなに荒れている谷川岳を登るのは初めてだそうです。笑

まぁ、でも、かんかん照りの灼熱登山も、ざーざー降りのぬかるみ登山も、嫌だよね…。



ちょっと霧がかかってます。(霧というか雲の中なんですけどね…)

DAIさんの楽しそうな顔と、咲真くんの眉毛の下がった顔の対比。笑



桐島も二人を撮影しつつ、ごりっと登っております!!
普段登山はしないので結構新鮮で楽しい〜。



登山道に樹がなくなってくると景色はこんな感じ。
下は真っ白。周りは岩肌。

ど、どこ歩くの?笑 って感じですよね。



そして、森が無くなってくる森林限界という高度を過ぎると更に風が強くなってきました。
休憩〜!っても、こんな感じ。笑

もはや強風でおかしくなってくる二人。笑



そろそろ終わりが見えてきたかな〜?…からが、長い。笑
こういう景色をいくつか見ます。
あれ〜?まだこの景色〜?…みたいな。



そして、唐突に視界が平坦に開けます!
草原なんです。

ものすごい強風と濃霧(むしろミストシャワー並みで髪が濡れる…)でまっすぐ立てないくらいなんですが、綺麗です。幻想的です。



みわたすと、こんな感じ。。。(iPhoneで撮った動画です〜)

この先はほんとに風が強くてカメラを出す事が出来ず。。。(^^;)
山頂に着きましたよー!!!



トマの耳到達ー!!三人で写ってるのはこれだけです!
カメラ置いてセルフで撮れるような風速じゃなかった!!(^^;)



なんか、強風感が伝わる写真。笑



咲真くん撮影。
これまた強風感満載。笑

山頂のこの場所まであきらめる人もたくさんいました。
ほんとの、ほんとの山頂はオキの耳と呼ばれるこの場所から稜線を歩いた場所にあるのですが…歩くのは危険!!と、判断。とりあえず記念撮影だけ!



の、つもりでしたが。DAIさんがここで咲真くんにお誕生日プレゼントを渡すというサプライズを!
良かったね〜〜。

松本美術館の草間さんのカップです。
ここまで持って来てくれてありがとう!と言うとDAIさんは「じゃ、わたし、持って下りるんで」と、またザックに入れてくれました。笑



山頂は強風のせいもあり、上着がないと寒くて死んでしまいそうなくらい。
思わず「さむーーい♡」と、ぶりっこしてみるDAIさんですが、隣で咲真くんが死にそうです。笑



なので、山小屋に避難&そこでお昼にしましょうねー。

山小屋はちょっと下ったところにある「肩の小屋」という所です。



長いので分けます!!

※下山編につづく!!!!





にほんブログ村 



写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM