カトリック弘前教会にて@PENTACONSix



教会を撮る事に何の意味があるのだろうと、たまに考える。
シャッターを押す事は祈りに近い感覚だと僕は考える。



透明な青。
灯りの消えた講堂。

白蛇がそそのかす。

おかしいなぁ。白蛇は神様の使いなのになぁ。なんて。

古い記憶を想い出す。
山で白蛇を捕まえたら怒られたことが。。。



カミサマが居るとしたら、それは個々の人間の心の中にいると思う。

カミサマというのは善悪や意志をジャッジメントする事自体だと思う。
それを自分自身で下す事が難しい状況にある人の中にカミサマはいると思う。

弱いとか、そういうことじゃなくて。
色んな、状況で、自分で下すことが出来ない人は居ると思う。



祈る事は、自分自身と向き合う事で。
顔をあげたら審判を受ける。

きっと、許して貰えるって、心のどこかで期待して顔をあげる。
もしくは、手を、声を、期待する。

何かに赦してもらうのは意外と難しいと、僕は思う。
自分自身を赦してしまう恐ろしさがある。
そんなことをしてしまったら、何もできなくなってしまいそうで恐ろしい。



痛みを抱えなければ衝動はなく、心を突き動かされることによって何かを創ろうという意欲が沸くと考えている。

それは、喜びであり、感動であり、幸せであり、恐怖であり、絶望でもある。
どの感情も「心が動く」という事にすぎない。
本質的には変わらないと思う。

赦しを得たら、心は穏やかになると想像する。
それは怖いことだと思う。

心が振り子のように揺れなければ、何かを創りたいと思えない。
平穏な心は何も生み出さない。

創る事に絶対的な意味を見出しているわけではないけれど。
生きていること自体が何かを創らなければ、意味はないと思ってる。



シャッターを切った後に、いつも僕は被写体を一瞬見続ける。
ファインダから目を離す前に、願う事がある。

カミサマ、どうか。
僕を赦さないでください。と。




にほんブログ村 



写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM