蒼暮櫻。

PhotoCafeが終わって、チェロでも弾こうと思ってたのだけど、身体を動かしたくて隣駅まで歩いてきました。
大きなショッピングセンタがあるから卵を買おうと思って。。。笑

そして。
途中に、桜があるといいなぁ…とカメラを持って出かけたのですが。
そういえばありました。桜。路地の入り口に大きなのが。

かなり早歩きでサカナクションを聞きながら桜を発見したので。
ちょっと明るく撮れた最初の数枚。



昼間のようです。
実際にはもう日没過ぎているのでこんな感じ。



これは目で見た景色に結構近いです。もうちょっとだけ明るかったかな。

撮り始めた瞬間の数枚は気持ちまだが入り込んでないからノリで撮れるんだけど。
撮り始めると気持ちが入り込んで来て、「撮りたい」絵ではなくなります。

「撮りたい」ってちょっと違うな。
自分自身に撮らされている感覚にちょっと近いかも。
今、自分が置かれている状況、感覚、心理が「写真」になるだけ。

心象写真というのか、どうなのか。
気分というよりは、自分自身の記憶や価値観に囚われる感じです。



月が綺麗だったんだけど桜と一緒だと合成HDRしないと綺麗に写らないし50mm単だったので早々に諦め。
手を伸ばして、桜を撮る。

手が、日没後の蒼に染まっているのを見ながらファインダの中に集中してゆく。意識。



電線が譜面みたいに桜を呼んで。
曖昧な旋律がどこからか聴こえるよう。

蒼色のグラデーションが、インクを水に落としたようで。
とても痛い。



この道は歩いたことないけど、きっと此処を通って家に帰る人がいるんだなぁ、と。
当たり前の事をぼんやり考えてしまいました。

桜はどこか浮き足立った感じがします。
現実と、少しだけ乖離して。顔だけ知っている他人のふりをして、俯瞰しているよう。

ソメイヨシノには明るいイメージはありません。
ソメイヨシノ自体が無口な感じだからかな。容れ物のように美しいです。

「桜ってさ、不気味じゃない?葉っぱもなくて、花だけが狂気的に咲いて、それが延々と視界を埋め尽くしているなんて。ちょっとホラーだよね」

と、言っていたあの人の言葉を思い出しました。
その、ホラーな感じが。苦手ではあるんだけど、結局嫌いじゃないのかもしれない。

まだ、目を背ける勇気も、ないんです。





にほんブログ村 



写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真





関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM