8月の附箋@上野不忍池の古代蓮


4時半に起きて6時に上野駅。
2日連続になるとなんか、躰が慣れてきたような錯覚。笑

今日はhayanoさんと待ち合わせして蓮池です。



昨日よりも仄暗い蓮池。
もちろん手持ちなので、アンダー目に撮影。
蓮はどうも明るいimageが無いのでどうしてもこの色調になります。

スポットライトのように其処だけが照らされて、神々しくもある光景。

降り出した雨が、大きな蓮の葉に当たって、反響して空を音で埋めてゆきます。



雨自体に音はありません。
対象物に触れた時に反発運動をし、波動が生まれ空気を震わせて音が生まれる。

その、生まれた音は、音を吸い込む「雨」というものに、再び抱きしめられて還ってゆく。

静かな蓮池は、降り出した雨に、ばらばら、と。

雄弁な美しい音で包まれました。



どんなものでも、存在するものは組織情報というものを持っていて、その設計図通りに作られてゆきます。動物も植物も鉱物も、雨も、地球も、宇宙さえも、物質という概念からは離れられない。

その設計図は今、存在する命が作り出したわけではなく、「そうなっていった」もの。

この、目の前に生きている古代蓮は遺跡発掘の際に偶然発見された2000年前の蓮の種を発芽させて、増やしたもの。
種の寿命というのはそれぞれの植物によって違いますが、2000年の間じっと地中に眠っていた種子は再び呼吸をし、命の螺旋を組み直し、この世界を見て、何を想うでしょう。



蕾は膨らみ、濃桃色が濃くなります。
花というのは、咲く一歩手前が一番色彩が濃い気がします。
気を、溜めているような、そんな感じ。



雨に濡れる蓮は、本当に美しく、辺りの空気さえもこの透明に飲まれてしまいそうでした。
太陽は出ていないのに、ばらばらと降り注ぐ雨が光を生むように。
雨に触れると、輝きを増していくかのようでした。

「蓮が咲くときに、音がするのを、知ってる?」

そう聞いて、確かめようとして。
子供の頃に、蓮沼(やや畑寄り)に半身が埋まった事があります。笑
蓮の花が咲く時の音を聞きたくて。
ずぶずぶと蓮の側に行こうとして、埋まって動けなくなって。笑


でも、泥の中は温かくて不思議な感覚でした。
砂とも違う、粘土の赤土。
夜更けに眺めた蓮の葉が大きくて、大きくて。

あぁ、ここでずっと蓮を眺めていたいなぁ。。。

と、思ってしまいました。



上野の不忍池でも死体が上がったとか死人が出たとか聞きますが。
こんなに美しい景色で死ねたら本望なんじゃないかと思います。

朽ちた躰の隙間を縫って、蓮が生えて。泥に溶けて還ってゆく。



蓮は3日間咲きます。朝開いて、夜は閉じる。
3日目が過ぎると閉じることなく、開いたままで、ばらばらと花が落ちてしまう。

息が漏れるように落ちる花弁は、其処にあるだけで、本当に美しい。



雨が強くなると花弁をも落とします。
昨日見た子が、今日は花を落としている。

数千年の月日の命の設計図の中の3日間のうちの2日を、僕が共有しているという事実。
それって、本当に奇跡だと思う。

以前、

「花は なぜ美しいか ひとすじの気持ちで 咲いているからだ」

という、ある詩を書いて頂いた事が在って。
帰って来て調べて思い出したのですが、その言葉だけが頭に浮かびました。

花は美しい。
美しいと在ろうとするのは、誰の為でもなく自分の為だけで。
賛辞されてもされなくとも、美しいというだけのこと。
ただ、それだけの事に、一番価値があると、思います。



雨がきらきらと、放射状に並ぶ葉脈。
手で触りたい衝動に駆られます。届かないんですけど。笑

おはじきか、鉱石のように手にとれそうな光。
液体というのは瞬間においては固体と同じ。
形を保っている時間の長さの差という点においては、組織の設計図を組み立てるという行為を「動的」と考えるなら全ての存在は固体という括りにはならないんじゃないかとさえ、思えてくる。



それでも、対象物を測るには基準が必要で。
どうしても、人は自分を基準にするしかないから。

花を儚いと、思ったり、水を流動的だと思ったり、光を、美しいと思ったりするのだと。

思いました。


だからこそ、その基準である自分自身だけはブレないように。
「多数決」や「一般的」な基準に惑わされないように。
もっとより良い、自分だけの、自分の為の基準値になれるように、頑張ろうと思います。

hayanoさん、朝早くにありがとうございました。
ご一緒出来て良かったです。朝ご飯を誰かと食べるって、いいですね。





<しつもんのかいとう>
※写真は全てD300+80-400のレンズを手持ち⇒RAW現像のみ。
現像はPhotoShopCS5で昨日のパラメータと同じです(フォルティア風)
F9くらいが多かったです。SSは1/60〜1/250くらいでした。




にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM