雑記、雑感、雑考。@アンドレアス・グルスキー展

六本木に写真展を見に行って、行くならちょっと下がってキャンティでランチを食べたいね、と思って。六本木交差点を下った時、動きがおかしな鳩が目に入った。
上手く歩けないみたいで、排水溝の所で倒れては起きて、倒れては起きている。

僕は思わず鳩に近づいたけれど、鳩は思いもよらず、飛んでしまった。

でも、遠くまでは飛べないみたいで。
さらに、悪い事に、車道の方へ飛んでしまった。
 

「駄目だよ。野生なんだから。捕まえられるわけないじゃん」と怒られる。

そりゃそうだ。でも、飛べないなら捕まえられると思った。
でも、逃げられてしまった。

諦めなきゃ。捕まえらんないよ。 と諭されて、数歩歩く。 でも、気になる。

鳩は車道によろよろ出て、車が立ち往生している。
あぁ、僕のせいだ。と、思った。

「…やるなら、やりなよ。後悔しないように、すればいいじゃん」と言われて。

僕は少しだけ迷っていたけどガードレールを飛び越えて車道へ出て、鳩を抱きかかえた。
よく、覚えていないけれど、たぶん鳩が飛ぶ瞬間に抱きかかえたんだと思う。

鳥は、苦手で。触るのが怖い。
 

でも、今ここで見なかった事にして行く事は出来ないでしょ。
僕のせいだもの。

抱きかかえてみると鳩は、何処か骨が折れているみたい。
興奮していたからかもしれないけど、首が曲がっていて。
よく歩けていないのは頭を打っているからかもしれなかった。

抱きかかえると鳩は勿論嫌がって羽ばたく。
その元気はあるようで、それでも、飛ぶ事は出来ないみたい。

なんか、「あぁ、この子は死ぬのだな」と思った。
 

鳩を抱えて歩道に戻る。
車の往来を止めてしまったので少し頭を下げた。

それでも、鳩が暴れないようにストールで少し巻いて抱きかかえる。
柔らかい感触が怖かったし、強く抱いたら壊れてしまいそうな羽も怖かった。

とにかく、車に轢かれて、ぐちゃくちゃになって欲しく無い。
僕は、そう思って車道から連れ出した。

車の来ない木陰というか、茂みに鳩を降ろしたら、もう飛ぶ気配は無かった。
苦しそうに転がっているので、茂みの奥へ置いた。

仲間が心配して周りに居たので、ここに気付いてくれると良いのだけれど。と思いながら立つ。
腕に、手に、胸に、イキモノの、感触が残っている。


僕はそのまま立ち去った。


グルスキーの「オーシャン」というシリーズを見て泪が出そうになった。

死んでいるものは悲しくないけれど、生きているものは、悲しいね。

写真の紺色の深い海に、自分が写っているのを
僕は、ぼんやりと見ていた。





にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM