永遠の、白。 @ウェディングドレスのハウススタジオ撮影でした

6月の2人展で一緒に展示をしたジェシカが同じ専門の卒業生のみなと服飾のチームを組んでて。
その展示会に関わらせてもらって来ました。
撮影担当です。
ハウススタジオを押さえて、みっちり4体モデル撮影。
そのうち3体はデザイナーがモデルも兼ねるというので楽しみにしておりました。

これはジェシカのドレス。
僕はジェシカの活動しか知らないのだけど、依頼でドレスを作っているようで、みていてとても楽しい。
依頼者のイメージに合わせてから作るから、カタログはないんです。という潔い顔が忘れらんない。
いつも凛としてまっすぐ進むジェシカ。
ちょっと適当な所もある彼女の「作品」を撮らせてもらう事がとても楽しみでした。

メンバー唯一の外部モデルさん。ドレス担当はハマショーちゃん。
ぎりぎりになってイメージ変更で詳しい事が判らないまま撮影に突入してどうなることやら(笑)と思ったのですが…
コンセプトというか、モデルさんとの呼吸がとても気持ちよく。一番時間をかけてたくさん撮らせてもらいました。
たぶん、ハマショーちゃんの「撮りたい絵」というのが「ドレスを魅せる絵」でもなく「イメージ画の通りの写真」でもなく、漠然とした中に浮かび上がる作品だったからかもしれない。
それを、モデルさんも感じて、とても一生懸命被写体をしてくれました。

当日はアシスタントにさくまくんがついてくれたので安心して撮影に集中。9月の終わりといえど結構暑かったのでクーラーをONにしてスタイリング。

そしてこちらはジェシカ。自身の作品の飾り付けをしています。
自分の作品を自分で着て被写体もするのでちょっと忙しい。
イメージを作品にするために色々工夫をこらしております。

イメージラフが一番明確だったユリさん。モデル変更があったので、最初に聞いたイメージとはだいぶ変わりました。
最初は森の中のウェディングだったのだけど、ふんわりした感じじゃなくて被写体の個性でパリモダンウェディングな感じに。
それか、モガみたいな感じ!
現像を、セピア調で依頼頂いていたので調整して現像しています。

ジェシカのスタイリング中のさくまくん。真剣。

チームは全部で4人。
それぞれの個性があって、作り上げる世界は面白いですね。
今回はウェディングをメインにして作り上げたということで、それぞれのウエディングドレスへの解釈やドレスへの考え方や世界観の作り込み方など、全て違ってとても面白かったです。

それでは、撮影作品を一足お先にどうぞ〜。

まずはハマショーちゃん。
ドレスよいうよりもimageありきで、ドレス撮影をしています。
ちょっと陰鬱な花嫁さんの、朝の雰囲気で。と。

モデルさんがとても頑張ってくれて、目線や手の動き。
呼吸までも、シンクロするようでした。
とても緊張していたと思います。初めての撮影のようでしたが、とても綺麗で。

桐島が一番好きなカットはこれ。
skycloverのTOP写真にさせて頂いております。
メンズライクなハットを持つ、というのがストーリィ性があって素敵です。

ドレスはロングにもなって、ビスチェのラインとボーンがとっても美麗でした。
思わず全身を撮りたくなってしまう。

作品は被写体との共同製作、です。
モデルさんがドレスという作品を一生懸命表現してくれました。
初対面で撮影させて頂きましたがとても素敵な表情をありがとうございました!

お二人目はユキさんの作品で、モデルはメンバーのユリさん。
繊細なレースの袖つきのクラシカルなドレス。
その、繊細さが判りますでしょうか。

ややマーメイドラインのドレスの裾にはたくさんの種類のレースがあしらわれていて。
それもとても素敵でした。

ユキさんの撮影はこの場所でこういう絵を!という明確な1枚があったので、とてもスムーズに。
被写体さんにもよく伝わっていたと思います。

背景をちょっと気にして撮影してみました。
ショートヘアにレースというのがモガっぽいのかもしれません!
なんか、レトロアンティークな欧風なのに、どこか中原中也的な感じがしてならないのは、桐島の趣味のせいでしょうか。。。笑
伏せた睫毛が素敵な横顔なのです。

ジェシカの作品は、ジェシカがモデルをしています!
今回は鳥をモチーフにしているという事なのですが…普段は依頼主の顔を見てからデザインを始めるジェシカ。
なので、あえて、顔を出さない被写体です。
な、なるほど…と、そのポリシーと考え方に感嘆。

でも、せっかくなのでジェシカを撮りたくて少しだけ。
チュール越しの表情がカッコイイジェシカです。
こだわりのラインがここ。
流れるチュールにふんわり立ち上がる形がクリノリンみたいでいいですね。

さくまくんいわく「ちょっと怖い」くらいのimage。
なんだか、ジェシカの写真のようで、とても不思議な感覚でした。

アイデンティティが確立されている人は、何を作っても何をしても、その個が表現されるのだと。
だからこそ、まっすぐに自分を真摯に貫く事が何よりも大切なんだと。
ジェシカの撮影をしながら、思いました。

最後は自身のドレスを着たユキさん。
ユリさんのレトロドレスの被写体もしているので2着目のモデルです!
イメージはモロッコとかオリエンタルな雰囲気のビーチウェディング!

ユリさんも事前に明確なimageを頂いていたのでそのラフっぽい感じで、動きのある写真を。
現像はトイカメラ風に仕上げを希望されていたので、桐島の写真では珍しい感じに!

この写真ではみんなのチームワークにより時差を設けて風船を飛ばしております!笑

色々小道具を持参して頂いてスタイリングをして貰っていたので、世界観に入り易かったです。
鮮やかな緑と少しレトロな高い色温度。
どこか、オリエンタルな、乾燥した空気を感じるでしょうか。

肩から袖のラインがシフォンで、とても素敵。
ギリシア風にもなりそう。なんか、彫刻のドレスみたいなんです。
日焼けした肌にも映えそうな珍しいドレスだなぁ!と思いました。

4人の個性がそれぞれ出ている撮影。
同じスタジオ内とは思えないでしょ。笑

4ever作品展 『展示タイトル未定』
11月15〜17日
鎌倉 KAYAgallery


展示は11月です!詳細が決まりましたらまたこちらでも告知致します。

みなさま撮影、お疲れさまでしたー!!
今回撮影した写真はDMや会場に展示されるそうです。是非ご覧頂ければと思います。
展示会、桐島も楽しみにしております〜〜!(^^)



にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM