冬のモノクローム@ゆーま

お久しぶり。

ずーーっと会って無かったような気がして。どこか気おくれしていたような。
京都に何度か行ったけど仕事だったりしてなかなか会えず。

高校生の頃から撮影をさせて貰っているゆーま。
社会人のゆーまには、初めて会う。

なんか、そんなのに、構えすぎてしまっていたのか。笑
どんなに変わっているのだろうかちょっとハラハラしていたのだけど。
なんだ。全然変わってないじゃん。 笑

なんて。5年くらい会ってない錯覚だった。
さっむい京都の夜に五条烏丸交差点で待ち合わせ。
そのままゆーまのバイクにのっけて貰ってスタバまで走る。

あぁ、そうそう。ゆーま、運転荒いんだよなあ…って苦笑。
お茶して話して、夕飯食べて話して、もう一回バイクで移動。
少しだけ、撮らせて貰いました。
 

特に何も打ち合わせしないで、ただ。撮影させて欲しいとその場で言って。
とりあえず京都駅まで行こうって決めて。

ポートレートを、撮る。

ゆーまの写真はポートレートだと思う。肖像写真。
定点観測として、僕がずっと俯瞰している景色みたいな、そんな写真。

他の人の写真はどうしても僕の世界観で「作品」的になるけど。
彼の写真だけは、そのままの形そのもので留めておきたいと思ってしまう。
 

この時こういう顔をしていたんだなぁ、とか。
あの時の自分の立ち位置はこうだったんだなぁ、とか。

些細なこと。
たぶん、第三者からはよくわからないような、薄氷のふちのような。
そんな曖昧で、あやふやな僕らの関係が、写真になる。

お互いの素性や好きなもの、趣味なんか、聞かなくてもそんなのは要らなくて。

「定点観測」という言葉はゆーまがくれた言葉で。
「ナオさんは俺を定点観測する人だから」と。

あぁ、そうだなぁ。とすごく納得したのを覚えてる。
 

なぜか、ゆーまは被写体になってくれる。

時間を割いてくれる。

理由は聞いたことがないけど、いつもありがとう。って思う。

ゆーまからは、「被写体をやりたい!」とか「表現したい!」とかそういうのは微塵も感じられないのに。笑
被写体をする、となるとカメラチェックもきちんとするし、目線や表情もきちんと運んでくれる。
なんだか、不思議な存在。
 

横顔が綺麗な人が好きで。ゆーまの横顔も、とても綺麗で大好きです。

この写真を撮った時も思わず「あぁ、ゆーまはやっぱり、綺麗だね。」と言ったのを思い出しました。
もちろん造形としても綺麗なのだけど、それだけじゃなくて。
やっぱり内面がとても好きなのだと思う。
 

ちゃんと社会人やって、サラリーマンやってるみたいで。なんか、えらいなぁと思ってしまった。

ゆーまはずっと変わらない。初めて会った時の印象からずっと変わらない。
しなやかに、強くなったとは思うけど。その繊細さと澄んだ眼の綺麗さはずっと変わらなくて。
頭が良いから、きっと、生きづらいだろうけど。なんとかうまくやっているみたい。
 

ほんの数分のその場で即興で撮った写真だけれど。
僕はとてもお気に入りで。良い写真が撮れたなぁ、と思うのです。

撮影させてくれてありがとう。
どうやら新しいバイクが無事に納車されたようなので。
今度は夏に、撮りに行くね。笑
 


それまで元気で。笑

楽しく、生きてて。



 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM