静かな2月の青森。

ふと、思いついて。なんとなく空いた週末に。
遠くへ、北へ行きたいなぁ、と思って。
ふらっと、青森県へ行ってきました。

桐島の「青森」といえば、青森県立美術館。2006年7月13日に開館なので、まだ若い美術館なのですが。
2006年9月に初めて行ってから。もう、惚れこんでしまい。
毎年行っています。
特に、この雪の時期は最高に美しく。桐島が行くのは何故か1月が多い。だから2月は初めて。

青空の中の青森県美。この景色を見ると、あぁ。青森にやってきたなぁ!と思います。
青森は晴れの日が少なく、この日もすぐ吹雪になったのですが。
この瞬間はしばらく青空が気持よく。

ようこそ!!!って、言われてるみたいで嬉しい。

青森県美の白い壁は煉瓦。
白い煉瓦じゃなくて、普通の煉瓦の上に白を重ねてる。
だから、均一じゃなくて、ぼってりしてて。とても、深みがある白。
ここの空気を肺いっぱいに、吸うと、浄化されるんです。

はーーーー。。。。。。。。

って。ふかーく、息を吸って、吐く。
言葉にしなくても、全部大気に溶けてしまうような。

今回は取材で来たわけではないので、館内写真はここだけ。
一年前の1月が懐かしいです。その前の1月も、その前の前の1月も懐かしい。

すべてが大切な記憶で、同じ姿で迎えてくれることが本当に嬉しい。
建築の良さ、というのは。
変わらぬ姿で、自分を受け止めてくれることではないかと、思うのです。
写っているのは唐突な弾丸ツアーのお誘いに快く乗って下さったhayanoお嬢様です。
初青森上陸。連れまわさせていただきました。笑

展示は、冬のコレクション常設展だったのですが、大好きな工藤甲人さんの絵がたくさんありました。
普段弘前の美術館にある絵たちも並んでいてずらーーーっと甲人さんの世界が並んでいて。
呆けてみてしまったくらい。笑

この方の描く「普通の」植物と、やさしい目線、どこかアルカイックな世界観と、深い深い蒼と藍が大好きで。
絶筆の、未完成の絵がとても穏やかで美しかったです。
額装されていない木枠の絵。
筆の跡がやわらかく、絵の具の運びもおだやかで。
あぁ、本当に良い絵を描く方だなぁ、と思いました。

外はいつのまにか大雪。
館内は地下部分の方が広く、上がり下がりがたくさんあって遺跡を探検しているみたいなのですが。
ふと、外の景色が見える場所がいくつかあって。
現実との境界線が、程よいのです。
ガラス越しですが、雪に、ピントを合わせてみました。
ふうわり、ふかふかの雪の塊が落ちてきています。

ガラスの水球をぐーーーーーーーっと拡大すると雪景色が写っています。
そういうのをただ、ただ、見つめる事が大好きで。
写真を撮っていても、撮っていなくても、見る事が好きなのです。
何度も紹介しているのと、有名な場所なのでご存知の方も多いかと思いますが。
館内の目につくものすべてがデザインされていて。
「意思」に包まれているようで気持ち良い緊張感があります。
人の作ったものというのは、意思があります。
だから、壁の文字や案内板、ごみ箱や壁の質感まで、ぜんぶが一人の意思で生み出されたとしたら。
もう、それはその人の夢や思考の中に迷い込んだのと同じじゃないかと。

ふうわり、館内を旅していました。

館内のレストランも大好きな場所で。いつ行っても本当に美味しい。
県内産のものを使っていて、お味もデザインもセンスもいい。

ふんわり、カプチーノ。

今日は、ふんわりする日みたいです。笑

アンチョビの美味しさがしっかり入ったペペロンチーニ風パスタ。
キャベツも甘くて幸せな気分になるのです。

外に見える八角堂に雪が積もるのを見ながら、ぼーっとしていると。
あぁ、遠くに来たんだなぁ。。。としみじみ思います。笑

県美の夕暮れもとってもきれいなのですが、青森駅の近くの港公園で素敵なものがあると知って。
夕暮れを待って、行って来ました。

ブルーに染まる空と海と雪の中に温かい灯。
ちいさなねぷた。あおもり雪灯りまつりです。

りんごの木箱のトンネルの中には可愛いらしい丸いねぷた!!
浮かんでるみたいで幻想的。

桐島はこの、海の青みたいな子が可愛いかったです。
外にいたから、ほんとに青い。

あと、小さな雪だるまみたいな子たちがずらーーーーーっといて。
カラフルな色彩がとっても可愛い。

こんな感じで湾内をずーーーっと取り囲んでいるんです!
か、かわいい!!

マトリョーシカ発見!!身体に日本が描いてあるー。

ぜんぶ、手作りで。子供が描いたんだろうな〜っていうのもたくさん。

あ!グラフちゃんみたい!!って思ったら猫でした。笑
でもかわいいーーー。

撮影するお嬢様。
とっぷり暮れてしまう直前の、このブルーモメントの時間が一番世界が美しく見えると思う僕です。
身体も眼も、全部深い深い、蒼色に染まってしまう。

その中に灯るカラフルな子たちが、なんともおとぎ話みたいで。
凍りついてツルツル危険な道を(何度か滑りながらw)楽しくお散歩してきました。

そして、Quadrilleと、チャロ文具店を巡り、ご挨拶とお決まりのお買いものをして。笑
quatre cafeでおゆうはん。閉店が19時に変わっていて慌てていただいたのですが。。。
今度はまたゆっくり昼間にもお伺いしたいです。

チャロ店主に「桐島さん、よくこんな時期に来ますよね(^^;)」と言われるのですが。
ほぼ、どこへ行っても貸切ですもん。笑
こんな素敵で美しい時期に来ないって、おかしーですよ。ほんと。

ちなみに、寒さ体感は雪が降っていなければ東京の方が寒いと感じます。
青森の冬は湿度が高いのでほっこりな寒さ。深呼吸したくなる、冬の大気です。

二日目に続きまーす!!

(よろしければ去年の県美もご一読ください*夜も素敵なのですよ!)


 
東京キャットガーディアン×PhotoCafe桐島ナオ 月イチ*猫撮影会   「白銀の魔法の森へ!PhotoCafeTravel!2014winter! in志賀高原石の湯ロッジ」
 
にほんブログ村 写真ブログへ

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM