3月の石の湯ロッジ。

2月の記事から続けての記載ですが…1ヶ月近くは経過しているのですよ〜。
2月末は確定申告に追われていて色々出来ず…でございました。。。今年も無事に終わってホッとした心が緩んでしまったのか…石の湯ロッジに行くこの日の朝の新幹線に全く以て乗り遅れました…。。。凹
うーん。気を緩めるにもほどがあります。。。反省。
(結局全部買い直して向かいました^^;)

そんなわけでちょっとばかり抜け殻の桐島。

雪景色の石の湯が温かく迎えてくれました。
本当に、こうして帰って来れる場所が在る事がとても幸せです。

佐藤シェフが今日は不在かと思いきや!!本日もいらっしゃる!とのことなので…ディナー撮影になりました!
料理撮影しないと油断していたのでちょっと機材が違う装備です…が。

こんな感じになりましたよー。
暖炉の暖かな雰囲気。でも料理の色彩はそのままで。。。

お肉料理。
もうほんと、とろける美味しさです…。
佐藤シェフが作るお料理は素材のひとつひとつが立っててホントにすごいです。

翌朝朝食スナップ。
前回も頂いて悶絶したあの、フレンチトーストがまたも朝食メニューにあったので洋食にしましたよー!
(朝食を和洋から選べるのです)
朝から贅沢に満腹。
石の湯に来るとホントに食べすぎてしまうのです。笑
でも食べないなんてもったいなさすぎて出来ません。。。

今回はさくま被写体のロケ撮影をするつもりで機材を準備していたのですが、撮影時間以外この日はピアノを弾いて過ごすさくまでした。(ホールにピアノが置いてあるのですよ〜)
リベルタンゴ。初見で弾けるさくまくん。やっぱ尊敬。

なんか楽譜ないですか?で、出して頂いた譜面は外国語が混じっていたりして不思議な世界。
桐島も、一緒にリベルタンゴ弾けるくらいまでチェロを頑張りたいものです…。

やっぱ持って行って一日弾いてる日があってもいいよね。
贅沢すぎるけど、ホールに響くピアノがとても良い音です。

で、さくまくんがピアノを弾きまくっているので、桐島は持ってきた花束のミモザの一部でリースを作ろうと思ったのですが…いやリースはなんか単純だなぁ…と思ってオブジェを作る事にしました。
外から枝を拾ってきて、薪をひとつ頂戴して…

さて、糸でミモザを括ろうかな〜と、お借りした裁縫箱に刺繍糸を発見。

なので、フラッグも作ってみました!
白布も、「なんか布ないですか?なんでもいいです!!」とか泉水さんに急に無理を言って「あ、これなら〜♪」と頂いた被れたシーツ。

Welcome Ishinoyu Loageに、ミモザを刺繍してみました。
刺繍枠使わなかったのでちょっと緩いけど。。。
数色組み合わせの一束の刺繍糸から縫ったので、ミモザは糸を混色しています。
刺繍とか10年ぶりくらいにしましたが(^^;)集中して手を動かすのはとても楽しいです。

石の湯ロッジはお昼ご飯の提供は無いので(みんな昼間はスキーに行きますからね…)どうしようかなぁ〜と話していたら支配人が「美味しい釜焼きピッツアに連れて行ってあげるよ!」と連れて出して頂きました。

石の湯の谷を昇ると一面の草原。
冬は雪原になります。
真っ白で、動物の足跡がかすかに残る白の世界。
思わす、空を見上げたくなる美しさです。

パっと見、動物の気配がないように思えますが1月2月には聴こえなかった鳥の声があちこちから聴こえてびっくり。
あぁ、春が近いんだなぁ…と思いました。暖かな日も多かったように思います。
 

車で数分。連れて行って頂いたピッツアのお店はなんと、注文を受けてから目の前で生地をこねて作って頂けるスタイル!
ふわふわの生地が丁寧に伸ばされて、スタンバイされた釜にイン!

釜の中を見せて頂きました!!
す、すごい〜〜!当たり前ですが、ほんとに火なんですよね。

こっちでは、薪ストーブや暖炉が一般的で。どこも外に薪が積んであります。
炎って、本当に柔らかに温かいのです。

石釜のピッツア!出来上がりました!
カリッカリさくさく!香ばしくてもっちりチーズ。。。。

思い出すだけで美味しいです。。

そう。薪と言えば。
この写真は石の湯の暖炉の写真なのですが。
乾燥しきってない薪を燃やすと水が沸騰するような音がすごいするんですよね。

石の湯の薪は白樺が多いのですが、この日は頂き物の梅の木で。
それがまた、すごく良い音を出すなぁ。と思ってたら、切り株から水分が沸騰してました。
燃えている反対側で薪から水が染み出て沸騰している光景は。
頭では理解出来る自然現象なのですが、なんだかとても不思議で。

暖炉で炎を見ているといつのまにかうとうとしている事もあり…。

毎晩暖炉の前に自然に人が集まり談笑するのですが、眠る前には火を崩します。
あー…勿体ないなぁ…と思うのですが。
真っ赤に燃える炭の欠片を見て支配人が「綺麗だねぇ!…そうだ!電気消したら綺麗じゃない?」と提案。

消したら、この光景。

みんなで感嘆の声です。

ちらちらと赤く光る鉱石のような、炎の欠片たち。
夏の志賀高原で見たヒカリゴケを思い出しました。

なんだか、ファンタジーの世界にやって来たような錯覚を毎回覚えます。
本当に美しいものは本の中でも画面の中でもない、この世界にあるんだって。
最近特に思うようになりました。
特別なものじゃなくて、特別な場所じゃなくて、こうした暖炉の崩した炭の欠片や。
ちらちらと舞降る霧氷の天使の羽根。
当たり前に存在しているものや、小さな気付きからの、世界の広がりは本当に心地よいです。

今回石の湯ロッジのオリジナルキーホルダを買ったのでちょっとカスタマイズしてみようと思います!
銅で出来てて星空に煙突の煙が昇ってて。素敵なデザインなんです。
金属製というのも、なんだか愛おしくて。
次行くまでに出来るかなぁ…。と色々考案中です。

今回はスノボセットを持参したのに結局1回も滑りませんでした。笑
ふっかふかのパウダースノーを妄想しながら…イメトレに励む事にします。。。



 
東京キャットガーディアン×PhotoCafe桐島ナオ 月イチ*猫撮影会  
↑次回は4月20日(日)↑
にほんブログ村 写真ブログへ

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM