リースの作り方と日々の緑さんのこと

雨降りの今日です。
雨の日が一番好きかもしれない、と最近気付いた僕です。
特に、雨の夜が一番いいですね。偏頭痛を差し引いても、雨がいい。

ちょっと前に撮った写真なので晴れの日の写真たちなのですが。最近のみどりさんの記録と、リースの作り方です。
ちょこちょこリースは作るのですが、SNSなどで「作り方教えて」と言われる事が多いので行程を載せてみます。
ただ、桐島流の作り方でものすごく適当です…。完成品を見て、こんな程度のものは、こんな感じで作ってるんだなーくらいに軽く見て頂けると幸い(^^;)


まず、我が家のミモザさんを剪定したので。その時出た枝をつかいます。
用意するのはリースの土台。(だいたい100均で売ってますが今回はダ●ソーのもの)
あと、普通のハサミ。花ハサミがあると尚良いです。


ちゃんとお花屋さんで買うともっと使いやすい枝がとれますが、我が家のミモザさんなので剪定も弱くて。
こんなしょぼい枝でも作れるよーという感じで紹介します。
切った枝はこんな感じ。もっさもさ。


それを、これくらいの一房まで切ります。
今回は土台がある小さ目のリースにしたいので切りますが、土台が無い場合や大きくしたい時はちょっと違うのでまたそれは別件で…。

小さくした枝先をリース土台の隙間(矢印のところ)にぎゅっと差し込みます。
指先でぐいっと拡げて閉じるイメージ。
今回は適当に作るので差し込むだけです。しっかり作りたい時はグルーガンを使いますが、面倒なのでほぼ使いません。
 

続けてもう一房。
土台の流れに沿って近くにぎゅっと入れます。
入れる時に花が邪魔になるなら少し落とすと差し込む部分が多くなるので、安定します。
 
差し込む時に花の向きとリースの向きを揃えていくとと綺麗に仕上がると思います。
 

で、一周ぐるっと適当に刺すとこんな感じ。
小さな房だと時間がかかるので、最初の剪定前のでかいのも少し刺してみましたが…適当に刺しただけなのであちこちモサってます(矢印のとこ)
 

矢印の部分を切ったらなんとなく円形になったのでよしとします。
これで完成。ミモザのリースです。
製作時間は写真を撮りながら10分。
 

これは2月に作ったものですが、同じ要領でユーカリの葉をリースにしたもの。
向きを揃えることと、なるべくひとつづつの花のパーツの大きさを揃えると見た目が美しくなると思いますー。

ホントに簡単なのでさらっと紹介してみました。
ローズマリーとかラベンダーとか、紫陽花なんかでも綺麗にドライになるのでお勧めです。
特に誰にも習ってなく本とかも見てないので、色々間違っているかもしれませんが…桐島はこんな風に作ってます。
 

日当り良い我が家は植物たちがいつも気持良さそう。
剪定した日もとても気持良い天気でした。
 

雨降りが一番好きだけど、春は日差しがなにより嬉しそうな君たちを見ているとまぁ、晴れもいいかな、って思います。
鮮やかなブルーのアネモネ。
でも君は湿気っぽいところが好きみたいね。笑
アネモネって、ギリシャ語で「風」って意味なんです。
そうだね。君みたいに、風のように居たいね。
 

前回の記録から1週間ちょっとの写真ですが、ずいぶんモッサリしました。カクテル氏。
あと1ヶ月もしたら満開の薔薇が咲くはず。
 

新緑は、ほんとうに綺麗なんです。
柔らかくて、鮮やか。
毎年これが生まれてくるなんて、ほんとうに凄い。
今年の花は、僕を覚えてるかな。
薔薇特有の5枚葉がきれいだね。
 

お水をあげたら紫陽花の鉢の苔の絨毯がとても美しく水を抱いていたので慌ててマクロフィルタをつけてみました。笑
びっしりと紫陽花を守るように生えた苔の絨毯。
どこからやってきたのか判らないけど、いつの間にか共生してる不思議。
 

お花屋さんではもうシーズンが終わるけど、我が家のコデマリさんはようやく莟がつきました。
コデマリさんて薔薇科なんですよね。びっくり。オオデマリさんはビバーナム科なのに。
でもコデマリさんは剪定しちゃ駄目だから、薔薇にも色々あってむずかしーです。
 

うわさのオオデマリさんの仲間。ビナーナム・スノーボール氏が今年初めてお花屋さんに居たので連れて来ました。
よく紫陽花と間違えて売られている事もあります(お花屋さんでもよく間違えられてます。。。)
我が家にも居ますがまだほんとに新芽が出たばかり。
葉っぱを見ると紫陽花とは違うってわかるんですけど。
育て方とか見た目が似てるからかなぁ??
 

確かに紫陽花っぽいですよね。ころりん。
 

莟の時の緑の鮮やかさが好きです。
咲くと白い玉になるんだよね。
 

よくパンケーキ(ホットケーキ)を作っているので得意だと思われている事があるのですが…逆です。
パンケーキは作るのが苦手なので色々工夫をこらして修行中なのでよく作るんです。。。
得意なのは、パンペルジュ!バケットを使ったフレンチトーストです。
これはホントに得意で美味しいのでおすすめ。笑
この日は島根の昔ながらの製法の大山バターに、三重の平飼いの卵、放牧ブラウン・スイス牛の牛乳に、三温糖、フォションのカンパーニュバケット。すっごく美味しかったです…。
ボールに牛乳、卵、砂糖を混ぜて切ったパンをしみ込ませて(最低3時間以上)、バターで焼くだけ!
アイスクリームや生クリーム、フルーツをトッピングしても美味しいですよ。
 

そして、我が家のブルーベリーも、目を覚ましたようです。
 

もう莟がついたのですずらんみたいに可愛い花が咲きます。
きっと昆虫たちがたくさんやってきて受粉してくれることでしょう。。。
 

ぐんぐん伸びているふさふさの莟はクレマチス。
なんか可愛いんです。
わーい!って見えません?笑
 

最後に、満開になったアネモネとラベンダーとカレンドュラを切ります。
待ち構えている莟に栄養をあげるために、咲いたら切ってあげるとどんどん咲いてくれます。
 

もう少し、一緒に暮らそう。
そういう気持ちでお部屋にお招き。

アネモネやチューリップは昼間開いて夜は閉じます。ちゃんと寝てて可愛いんです。
切り花になってもそれは同じで、ちゃんと眠るから、可愛いんですよ。

季節は変わって、春が進んで、初夏に向かっていきますね。
薔薇と紫陽花の季節が四季の中で一番好きなので、今年は丁寧にたくさん撮りたいと思います。
 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM