君に寄り添うように @aria

緑地での植物との撮影を終えて、大阪城を見て、梅田駅に戻って。
桐島の要望で10年くらい前に行った場所に行きました。本当に懐かしくて。
でも、道なんかばっちり覚えてて。笑
忘れないんです。
 

お城みたいだね、とariaと笑う。
ここで写真を撮った事を思い出す。

この空間に自分は似合わないんじゃないか。
そう、ariaが心配しているのはすぐに判る。
鮮やかな緋色の絨毯にアンティークな金色の眩しい世界。

大丈夫だよ。ariaを包んでいるのは、あの鮮やかな黒だから。
 

八重桜の時の設定と同じだけれど、露出をものすごくシビアに設定して。
コントラストは強く、黒は深いのだけれど。
全ての諧調を丁寧に出したくて。

露出の正解が1つしかない、この写真。
それを見つけながら、丁寧に、丁寧に撮る写真。
 

ariaが背面液晶を見て、とても安心したような表情になるのが判った。

この、色。好きです。
あぁ、本当に。綺麗。
もっと、見せてください。今、ここで。

了解ー…。

僕はカメラを構える。
ariaは其処に立つ。
 

モノクロームの目で見た世界をカメラ越しに見るとやっぱりモノクロームに見える。
この、深くたおやかな黒と、触りたくなるような艶と。
仄暗い、暖かな色彩の空間。
 

上質な生地で丁寧に作られた椅子と。デコラティブな壁紙と。艶やかだけれど、少し暗いシャンデリア。
全てが作り込まれた世界で、唯一の質感を持つ、膚のような。
手の陰影や、椅子の手すりの木のにおいとか、が。

触れられるくらいに、リアリティを持って、其処に存在している。
 

すっ、と伸びた指先。
柔らかく落ちるドレープ。
伏せた睫毛にそそぐ影。

植物と寄り添うariaが好きで。
今日は色んな植物と撮影させて貰ったのだけれど。
最後に、植物の無い夜の洋館で撮らせて貰ったら。

僕は、この場所での写真が一番、しっくりというか、とても好きになった。
ariaも、この「丁寧なモノクロ」がとても気に入ってくれて。

何度も液晶画面を見ていたのが印象的。

写真はすぐに送るよ。と、言っても。

あぁ、でも、今、今すぐここで見ていたいくらい、きれい。

と、うっとり小さな背面液晶を見るaria。
 

この写真が、今日撮った最後の写真。
ariaの骨ばった大きな手が、とても美しくて。
横顔のラインがとても綺麗で。

あぁ、撮らせて貰って、本当に良かった。と、思ったのです。

一日を通して撮影をさせて頂き、色んなお話しをして。
こんなに自分のあらゆる面や技術を駆使した日も、久しぶりで。
とても楽しかった一日でした。
何日も撮影していたような錯覚。

大阪滞在、15時間。
撮影時間、4時間くらい?

モノクロームとariaでした。ありがとう。
また、一緒に世界を紡げたら嬉しいです。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM