金魚の日

かれこれ数年来の金魚友人と金魚を愛でて来ました。
といっても逢うのは数年ぶり。夏に逢いたくなる人なんです。
向かった先は日本橋のアートアクアリウム
なんだかんだで1回目の六本木の頃から行っているのですが、年々と混み具合が凄まじく…。今年は台風接近だったというのに入場に60分待ちでした(お盆の日曜日というのもあったけど…)
友人を待つついでに入場列に並び実際には60分も待たなかったけど。暑い日だったらもっとしんどかったかも。
 
今年の家紋みたいなマークが土佐金でとっても可愛いのです。
土佐金もたくさん展示されてたのですが、やっぱりこれは高知県に行きたくなりますね…。
四国は足を踏み入れた事がない未開の地なのです。
 

人は多かったけど入場制限されていたので、待てば見れるし撮れる感じで。
桐島と友人はもう、金魚を語り出したら一晩ではすまない可哀想な人なので…なかなか進めず。笑
 

とりあえず、この上見が出来る金魚の水槽がとても良かったんです。
金魚は上から見る用に作られた子と、横から見る用に作られた子がいます。
らんちゅうは横からでも可愛いけど、上から見るとぼてっとしててやっぱり愛らしい。
 

水泡眼とか頂点眼とか、完全に上から見ることを想定されて作れた子なんかはこの展示がとても似合う。
本人達は迷惑極まりないだろうけど、その為に「作られた」美しさは、やっぱり美しい。
 

横見の代表、琉金。三角のフォルムと流れる尾が美しい。
ライトが刻々と変化する仕掛けの水槽ばかりだったのですが、ふつーのこのクリアな光の時が一番ウケが良かった気がします。
ヴィヴィットな色彩になってしまうと金魚本来の色彩がどんなんだか全く見えなくて。。。汗
 

この展示は今年もとても幽玄でした。
レース越しの金魚。
遊郭の女郎を眺める気分で。なんとも言えません。
友人はこの展示が一番好きみたい。
 

白いレース越しの、白い金魚。が、とても美しくて繊細で。ずっと見ていました。
琉金のツン、とした顔よりもオランダ系ののっぺりした顔が好きだという事に今更気付いたりして。

遊郭の格子から外を見遣る少女のよう。
 

今年は鯉の展示も多かった気がするけど…鯉はあまり好きではないのでちょっとだけ。
大きな魚はちょっと苦手なのです(怖い。。。)
 

今年は花魁水槽ではなく大奥水槽になってしまったので、ちょっと違うよねー。と語り合ってみたり。
金魚はね、姐さんじゃなくて娘さんのイメージなんだよなぁ。
ちょっと歪んだ愛情だとは分かってますよ。金魚って人間に弄ばれた命の奇形だもの。
だからこそ、愛が深くて業が深すぎる。
 

ぼんやり浮かぶうつろな金魚を見て「きれい」と口々にカメラを構える人々。
自分らも例に漏れず。
江戸時代と、今と、何も変わってない狂った人々。
 

パラドックスリウム。
でこぼこの凹凸レンズがアクリルに組み合わさっていて、見ているだけで不思議な世界観。
これもライティングがめまぐるしく変わって、やっぱりクリアなのが一番綺麗だったけど折角なのでレッドで。
 

青の時の青文魚がとても可愛いかったので思わず追尾。
きらきらと光る光芒と金魚の暗さの対比がたまりません。
 

真正面からじっと見つめて来たアルビノくん。
今日は真っ白な金魚がとても気になりました。なんでだろう。
 

中央にあったひな壇の中には鯉系の子がたくさん居たのですが、全体として側面からみると不思議。
水面を下から眺めるのは、好きです。
魚影が鏡のように投影されて、不思議な世界。
 

最近出て来たピンポンパールちゃんたち。
この子たちを最初に見た時ぎょっとしてしまってちょっと無理だったのですが…こんなに大きな子(手のひらサイズ)にまで大きくなると不思議な感じがします…。
最近では一番人気の品種だそうですが…うーーーーん…。どうしてもマツカサ病を彷彿させてしまう…。。。
 

金魚は元々が「奇形」なので弱いんですよね。
金魚を飼ってもすぐに死なせてしまう、とも聞きますし、桐島も過去に何度も死なせてしまっています。
水槽を安定させるのがとても難しくて。
病気になってしまう確立が金魚はとても多い気がします。
 

でも、金魚は人に懐きます。
手から食べるし撫でられるしじっと話を聞きます。

何だか歪んだ関係で、歪んだ愛情表現の極地のような気がして。
やぱり金魚に惹かれてしまうのです。
 

じっと、こちらを見て来る。
じっと、僕も見つめ返す。

エアレーションの光にシルエットが飲み込まれそうになってしまう。
 

ライティングによって印象が全く変わってしまうのは、アートアクアリムらしくて良いと思います。
写真を撮るには不向きだけど。何だか分からない「もの」としての美しさは不思議とあるんです。
 

ゆらり、シルエット。
夜中に見る金魚の影がとても好きで、ものすごい人混みだったのですが、暗い中いつまでも見ていられそう。
 

愛する、ってなんだろう?

と、金魚を見る為に思います。
たぶん、「矛盾」を受け入れる事なんだと思いますが。
それは一方的で、終わりが無くて、悲しいものの延長で。
どこまでも、美しいもの、だと思うのです。
 

幸せ、と、愛すること、は、イコールではないと思ってしまう。
愛されなくても幸せでいられるし、幸せは愛する事では完結しないから。

一つの存在の価値の断片化としてのモデルが、愛。なんだと思うしかない。
 

最後に友人と一緒に見たレモンコメット。二人とも初めて見た品種でした。
「これさ、絶対漢字で書けるよね」
「うん。檸檬流星、でしょ?」と、笑いあう。
そうそう。
数年逢ってなくても何事も無かったかのように、当たり前に笑える関係。
 

時間ギリギリで席がとれた金魚なラテアート。
ラテアートなんて初めて!というおかしな友人に笑いつつ、美味しく頂きました。
すごくたくさんの品種がいたのだけど。なんかメジャーな品種を選んでしまう。
出目金はシルエットが最強に可愛いんだよね…。
 

桐島はらんちゅうを。
らんちゅうが好きになったのは友人の影響です。そして、桜錦の可愛いさも。笑

とーきちゃん。久しぶりに逢えてとっても嬉しかったよ。
性懲りも無くあちこち連れて行きたいので、また声かけます。一緒に金魚の旅をしたいなぁ。
暑いので溶けないようにね。



 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM