鬼子母神手作り市と硝子作品たち。

気持ちの良い秋の朝。
ネコサツ!の前に行きたい場所がありまして。
初めて行きました。鬼子母神。きしもじん、て読むんですね…。きしぼしん、かと思っていた…。
 

 
参道みたいな商店街みたいな、住宅地。
もともとは参道だったのかなぁ?
すっっっっごく、空気の流れが良かった。
 

 
ここの、樹々がとても元気で。
人に、大切にされて、人が好きで。共生しているんだって、わかる。
電線の上にある大きな大きな樹々たちがとてもおしゃべり。
 

 
そして、古い建物も結構残っていて。
學門所???
 

 
わわわ!!鬼平犯科帳!!?と、バシャバシャ撮っていたらさくまくんに「え?好きなの?」と言われ。
いや、池波正太郎なら剣客商売の方が好きだけど!と返したら「鬼平のサービスエリア行こう!」と言われました。
なんか聞いた事はあるけどサイト見たら楽しそう。。。笑
子供の頃時代劇が好きで、父と一緒に良く見ていたのを思い出しましたよ。
 

 
見上げると柿がなっていたりして。
なんか、、、、ここ、東京?
 

 
あ、東京にもこんな空気の流れが良い場所があったんだ。
って。
こんなに思った事はないです。
なんでだろう?すごーーく土地が合うみたい。
 

 
鬼子母神も、とても大きな樹がたくさんあって、とても綺麗な場所でした。
大きな樹がきちんと呼吸してる場所の側で人が楽しく暮らして共生している、というのがとても好きです。
手作り市に来た理由はずっとtwitterで拝見してて実際に手にとってみたくて仕方無かった、作家さんに会うため。
keino glassさんの硝子作品です。
 

硝子の教会の中にある、深い深い森と光。
この、世界観がとても素敵で。
サイトのお写真や雰囲気もとても素敵なのですが、ぜったいに手にとって見たい!と思ってて。
実際に拝見出来てとても嬉しかったのです。
 

 
情報として、見るのと、実際に感じるものは全然違うし、全くの別物です。
特に硝子作品は手に持った質感や、重さもとても重要で。
 

 
画面の中で見た作品たちは実際に見たらもっともっと素敵でした。
どれも、ひとつの物語の中のワンシーンのようで。
ひとつなぎの、北欧神話を読んでいるみたい。


作家さまにもご挨拶させて頂き、桐島だと気付いて頂いて(^^;)すみませんでした…。。。
本当にずっと拝見したかったので嬉しかったです。
全ての作品が素敵で、いくつも連れて帰りたかったのですが、そんな事がいやらしく感じてしまうくらいに。
ひとつひとつを大切に、慈しんでいきたいと。思わせる静かな祈りのような作品でした。
悩んで、悩んで、ずっと憧れていた教会、ではなく。サァカスを連れて帰りました。
 

 
境内は人は多いもののの、喧噪ではなく、少しのんびりした空気。
東京のこういうイベントにちょっと恐怖を抱いている桐島でしたが(笑)大丈夫でした。
べっこう飴を食べるさくま。今日はあったかい日。
こんな、雰囲気の陽射し。
 

 
銀杏の金色も、べっこう飴の金色も透明できらきらで、いいね。
食べ物系はほとんど売り切れていましたが、なんだか美味しそうなにおいがあちこち。
 

 
ぐるっと見て回ろう〜!と、思ったら「アトリエ芳」さんの作品が!!
金沢のギャラリーで一目惚れして連れて帰ったのでびっくり!!
我が家にもいます!!わーーー。
と、お声をかけたら、、、なんと。桐島を覚えててくださって。びっくり…。
前にお会いしたのも2011年で、一度きりだったのです。。。
我が家の硝子玉も元気にしておりますよ〜〜(^^)
東京の展示会などでもまたお目にかかれそうでとても嬉しいです(><)
そして。
帰宅して、連れ帰らせて頂いたサァカスをきちんと撮らせて頂きました。
 

 
柔らかな青。
keino glassさんの作品はどうしても森のイメージ。
蛍石と一緒にディスプレイさせて頂いているのだけど、もっと深い印象かも。
 

 
角度によって十字架が2つにも4つにも見える。
サァカスの森の中に浮かぶ光。
あー。。。もっと、綺麗に撮りたいなぁ…!
写真を編集しながら思ったのですが、keino glassさんの作品はCanonではなくNikonの色のが合うかも…。
(Canonで撮影しております…)
もっともっと撮りたい景色が見えるので、またきちんと時間を作って撮影します!!
この写真たちは朝の光で撮ったのだけど、朝じゃないのかも。
そして、keino glassさんと一緒にブース出展されていたun jourさんの蝋燭。
 

 
静謐な雰囲気がとても綺麗で。
我が家の一番空気の良い場所にいらっしゃいます。
灯すと青い鳥が現れる森のキャンドルも連れて帰らせて頂いたので、灯すのが楽しみです。
 

 
我が家の羊たち(モノとクロ)と、レオン。
硝子は光を透過すると美しいと思います。
シルエットと、光がとてもきれい。
大切な作品を手元に迎えられた事、とても嬉しく思います。
ひとつずつ愛でて大切にしてゆきますので、また手に取るご縁がありますように。

美しい作品がここに在る事に感謝です。
本当にありがとうございました!!

 
↑PhotoCafe生徒達&桐島による写真展今年も開催します!↑

関連する記事
コメント
やんちゃさんコメントありがとうございます★
ガラスのサァカス小屋は毎日眺めてはうっとりしております*とっても素敵です〜!!
さくまもお褒めいただきありがとうございます♪(とっても喜んでおります!)

そしておすすめ市のお知らせありがとうございます!大阪方面は全くわからないのですっ!!(><)
記事の手作り市は名前こそ「手作り市」ですが、審査がとっても厳しくほぼプロ作家のマーケットな雰囲気なんです。
お知らせいただいた市はのんびりしててほっこりしそう!!ぜひ行ってみたいです!!ありがとうございます〜*
  • 桐島ナオ
  • 2014/12/04 1:11 PM
今晩は〜!
素敵な硝子のお家を連れて帰ったんですね〜☆
硝子の世界観って何だかナオ先生とリンクするものを感じます!
私も十字架見たさに覗きたくなる♪

さくまちゃんのキャンディー持ってる顔が
あどけなく可愛いすぎます♪

東京でも手作り市などやってるのですね。
関西でも地域の活性化からか
マルシェや手作り市が勢い良く増えていますよ!

ご存知かもですが、大阪でおすすめは、
毎月第2日曜日に開催されている
『枚方宿くらわんか五六市』です。
大阪の枚方公園駅と枚方駅の間1駅の間で
民家の間にあるスペースや空き地を
利用してお店が沢山出展されます。
ここは、東海道56番目の宿場町。
昔の風情を残しつつ、町家を改装して雑貨屋さんや
お洒落なカフェも増えつつあります。
お写真を撮るのも楽しい♪
脇に出れば淀川河川敷。
季節がいい時は、五六市で食べ物を購入し
河川敷で食べるのも心地よい。

このイベントの魅力は、そこに住んでる人が
このイベントを楽しんでいるし、地域に密着している。
1駅歩きながら楽しめるのも魅力!
…と熱く語ってしまいましたが、
年に数回訪れる私のお気に入りイベントでした!
毎月やっているので、機会があればどうぞ♪
ホームページ→http://www.gorokuichi.net

コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM