9月のネコサツ!

ネコを撮影する月イチの撮影会だから、ネコサツ!
毎月開催して2年目になりますが、ここ最近はネコが邪魔する一眼レフ教室も開催しているので、結構いい頻度で大塚シェルターに出没する桐島です…。
とうとうスタッフさんに「桐島先生はここに住んでるって噂ですよ」とか「どのケージですか?」とか言われる始末。笑
 

今日は机は使わないので、アメショおじさんの寝床になってます。笑
日向ぼっこいいねー。
 

こっちでも新人が寝てます。なんか面白い柄…。
 

お。起きたかな。
子猫は瞬時にスイッチ入って瞬時に切れるのでほんとせわしないですね…(^^;)
 

カメラ、35mmのフルサイズです。こんなに寄っても動じない子猫…。大物になりますよ。。。
 

そしてこっちはこの体勢で寝てます…。かわいいけど…よく落ちないなぁ…。
(もっと溶けてるネコもいますけど)
 

すぴー。
 

あ、目開けた。笑

この子、なんかレオンに似てます。顔が三角形…。そして小柄。
日本猫っぽくない雰囲気。歩き方がちょっとおぼつかない?時があって、くろにゃを思い出します。
元気にしてるかなぁ。。。
 

ちょっと怪しかったお天気が良くなってきて。大塚シェルターは気持ちいい午後の時間。
猫は、寝子と言うのが語源だという説があって。
まぁ、よく寝る子が多いという…。笑

この3匹は月齢が近いのか体格が似ていて、これに茶白(↓こいつ)が入るともう、大混乱運動会。
 

でも、茶白はれいんちゃま(ガーディアンの総裁です)には容赦なくがぶりするという不思議な子。
この青いセーターはハル。さん。やっぱり懐かれてる…。笑
 

下のお部屋にも若者が多くなってます。
何かと賑やかな雰囲気。ちょうどこの三毛様がケージに戻される時間でした。
 

で、代わりに放牧されたのは、はじめまして、だよね?
黒猫くん。
 

おまえ、はじめてみるぞ。。。

じりじり近づいてくる黒猫氏。
一眼レフで撮っているのですが、ノーファインダーで適当に撮ってます。
きっとシャター音と絞り羽根の開閉が面白かったんだな…(釘付けで見てました)
 

この子は黒猫氏と同じケージだったので兄弟だね。
二人とも片目が曇ってる。
 

おまえ、なんてなまえなんだ?

もう、興味深々。笑
片目でも部屋中を飛び回ってました。笑
そして、懐っこくてかわいい…。子猫独特んぐんにゃり感。
 

そしてこちら、某パイセン。
ぐんにゃりを通り過ぎて、もっちり感がたまりません。
 

うむ。くるしゅうない!

パイセンは全身が低反発素材です。素晴らしいさわり心地。
もっちもち。
 

ここの猫たちは「保護」されている猫たちです。だから、「家族」を待っています。

だからって、「可哀想」なわけではないです。桐島は「可哀想だなぁ…」と思って撮ったことはないです。
(善意から「可哀想に…」と呟く心優しい方は多いです。でもその3倍くらい「かわいい!」と口に出す方が多いです(^^))

片目が無い子は比較的多いし、両目が無い子も、治療中の子もいれば、四肢が欠けてる子もいる。
それぞれが事情を抱えて、ここにやってきています。
それは、紛れもない事実。でも、「可哀想」かどうかを決めるのは人間ではないと思うのです。
 

じゃぁ、この子たちは「幸せ」か?と聞かれたら、ちょっと難しい。
快適な空間で、寝床があって、ご飯が出てきて、体調も管理してくれて、優しい人間もたくさんいる。
それはこの子たちにとって「安心出来る場所」ではあると思うのです。
 

人間恐怖症だったり、よほど怖い目に遭った子なんかは、人と目を合わせるだけで錯乱して暴れてしまうこともあります。
そういう子たちを「里親さん」と一緒に暮らせるよう、社会復帰出来るようにゆっくりじっくり、愛情を持って接しているのはスタッフさんであり、ボランティアさんです。
そうして愛情を注がれた子たちはいつしか人間をもう一度信頼してくれるようになってゆきます。
もう一度だけ、信じてみよう。と、思ってくれる。
 

その手を、つなぐことの出来る「場」であるとは思います。
だから、「可哀想な猫」がいる場所ではない。「可哀想な猫」を作らないように助ける場所なんです。
 

スタッフさんの言葉で印象的な言葉があって。

「この子たちは一度家族を無くしている子なんです。だから、二度とそんな思いはさせたくないんです」

と、いう一言。静かにしっかりと響きました。
 

全部の猫を引き取る事は出来ないし、一匹だって迎える事が出来ない人の方が多いから。
だからって、この子たちに出来る事がないわけじゃない。

今回もたくさんの方がネコサツ!に参加してくれました。本当にありがとうござます。
参加費は全額がこの子たちの保護活動費になります。

月を見つめるアメショおじさん。
少し物思いにふけっているよう。
 

暖かな月の光が君たちに幸せの道を示してくれますように。
少しづつ、出来る事をみんなでしていけたら、みんなが幸せになれるね。

ネコサツ!に参加してくださった皆様、ありがとうございました!
毎月開催していますので、ぜひまたどうぞフラッとお越しください*


 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM