お正月のお仕事と言えば。。。

あけましておめでとうございます。桐島ナオです。
本年もどうぞ宜しくお願いします!
 

おせちは食べないのですが、なんとなくお正月ぽくしてみました。
 

めで鯛!とりあえず作った白玉と一緒に入れてお雑煮に入れてみました。ちょっと可愛い。。
 


そして、お茶。台湾で買ってきた凍頂烏龍茶
濃いめに入れても美味しい。

さて。ブランチが終わったらお正月休み中のお仕事です。今年は元旦からスタートしてみました。
それは。。。
 

薔薇の剪定と枝の整理…!!!これをしないと春に花が咲かないのです。
こんな感じで5月に咲かせてくれる為には真冬の剪定が必須。
剪定によって咲き方が変わるので、どんな風に剪定しようか毎年楽しみにしているのです。
 

秋に追肥をしたので12月から咲き始めたカクテル氏がまだ咲いてくれています。
でも、終わりかけなので赤に近い色に染まってます。
またこのしっとりした感じが好きで。
 

 
葉っぱの色も季節によって全然違うのです。
新芽の鮮やかなグラデーションもとても美しいけど、この晩秋(むしろ冬)のエンジ色に染まった感じもとても綺麗。
ビリジアンがエンジによく映えていいなぁ、と思うのです。シックな色彩。
5月は透明感あるエメラルド色なだけに、この色の変化はすごいなぁ、と思うのです。
生きているってすごいね。
 

今年初めて結実させてみましたロズヒップ。こんな感じになりました。
爪の先くらいの大きさだけど、いい感じ。
無農薬栽培ではないので食べれませんがビタミン多そう。笑
 

今年の記録が5月以降なくてちょっと反省…。。。
twitterに投稿して終わってしまわないように。来年はもうちょっと細かく記録を残してあげよう。
必死すぎない程度に日々をしっかりと。新年度、自分を鑑みて頑張ります。
 

と、いうわけで剪定スタート!
しようとするとレオンが「なにしてんだー」と窓から顔を出します。
で、開けてあげるとでてくるのですが。
 

チラっと巡回して暖かい部屋に飛んで戻りました。
そうね。寒いもんね。。。笑

で、このあとがっつり剪定、終了。
薔薇たちの植え替えは今年はなし、かな?
 

さっぱり。
このアーチは蔓薔薇のカクテル氏とピエール氏なのでがっつり剪定。
 

こんな感じ。
枝の先をあまり多く残すと細い枝がでてしまうので、今年はしっかりさせたくて。
カクテル氏はほんとに強い薔薇で、だいたい適当にしてもきちんと咲いてくれる良い子です。
 

 
ピエール氏も初心者向け!と銘打っているだけあって、成長が早くて大きな花をたくさんつけてくれます。
もう新芽(赤いやつね)をつけてくれてるので今年も期待しちゃいます。
棘もしっかりしてきてます。嬉しいなぁ。
 

こちらはミニ薔薇のコーヒーオーベーションさん。
枯れる寸前で投げ売られてたのを連れて帰ったわりにはよく成長してくれて。
去年植え替えしてないので今年はしてあげようかなぁ。。。
一応二重鉢にして暮らしているので快適なんです。
 

で、3年目のスタンダード仕立てのマザーさん。
毎年1本大きなシュートが出るのだけど、そうじゃなくて細い枝をたくさん伸ばしてほしいんだけどな。。。
まぁ、元気があるのはいいこと。
鉢の表面には乾きを防ぐため&彩りの為にミントや季節の花をポットで置いてます。
(肥料をあげる時とか植え替えの時に移動が楽なので植え付けないのです)
 

紫陽花の新芽もしっかりしてて安心。
毎年枝だけになるから心配になるのです…。
でもやっぱり地植えの勢いには勝てないなぁ…。いつかこの子たちを地植えにしてあげたい。
 

ふわっふわの綿毛。これはクレマチスの種。
たんぽぽみたいにこの綿毛の根元に種がついてるのです。

冬に元気なのは毎年ヴィオラさんたち。
パンジーよりも小さくて可愛いヴィオラさんが好きです。
ちょこちょこ顔を見せてくれるのが嬉しくて。
 

植物と一緒に暮らしていると光とか、色とかに気づかされれます。
それは特別な花や場所ではなくても良いのだけれど、切り花の一瞬の美しさではなく、その花が季節をまたいで一緒に呼吸するような「生きている」植物の場合。
ふいに見せる表情や、強さ、そして弱さに気づかされます。
 

鮮やかなグリーンの葉っぱとブルーの花が可愛いくて買ったアメリカンブルー。
花が終わって、冬になったら赤みがかってくすんだ色彩になった葉の質感がまた素敵で。
寒さに反応して色が変わってゆくのが美しい。

そして、病気になってしまったり枯らしてしまった時の喪失感と罪悪感。
できる限りのことを「したか、していないか」で、自分の心が変わってゆきます。

水をあげるのを忘れたのか、肥料のタイミングを間違えたのか、日照時間や気温の把握ができていなかったのか。
あと、「植物の声」をちゃんと聞けていたかどうか。
ちゃんとコミュニケーションを図らないと植物は応えてくれない。
してほしいことを、植物は発しているから。それを受け取らずに与えても植物は応えてくれない。
(その会話がし易いのが桐島は薔薇と紫陽花。エアプランツなんかはほんと会話が出来ない…)
 

そんなこんなの要因だったら自分の怠惰とスケジュール管理不足が原因。
改善すべきことがわかりやすい。
そうじゃなくて、ぜーーーんぶちゃんとやってたのに、なぜか枯れてしまう場合。
ダメだった場合。

「そういうものだったんだ。って受け入れることも、必要なんです。」

って、英国の有名な薔薇師の人が言っていたのが印象的。
そう受け入れる事ができる人は、やるべきことを全てやっているから。
あとは植物も生き物だから。って自然に向き合うことができる。
それが出来たら、「ちゃんと受け入れられる」って。
 

ざっくり剪定したので大きな枝はそのままお部屋に。
もうちょっと一緒に暮らしましょう。
一緒にティータイム。花の香りのマルコポーロ。
 

レオンはずっとヒーター前を占拠。
当たり前だろ!って顔。笑


今年も日々を大切に、どんなに忙しくても生き物の声を聞く余裕を持てるように。
呼吸を深く、生きていたいと思います。

本年度もどうぞよろしくお願いいたします!

   
好評販売中!桐島は写真を担当してます!
 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM