人魚のむすめ。@Lilyちゃん

ナオさん、人魚っていると思いますか?

見た事はないけど、ネバーランドとかにいるんじゃないかな。

え?ネバーランド?

知らない?ピーターパンに人魚、出てくるじゃん?
 

こっちの世界の海と、どこかで繋がっててさ。自由に行き来出来るんじゃないかな。
ほら、ピーターパンみたいに。

そっか。だから、わたしのおかーさん、どこの海にもいるんですね。
 


初めて撮影させていただきました。Lilyちゃん。
「わたしのおかーさん、人魚になって海で泳いでるんです」
被写体面談の時聞いた、その一言が忘れられなくて。水族館で撮らせていただきました。
 

クラゲを、アプリで飼ってると聞いて。笑
じゃぁ、ほんもののクラゲを見にいこう、と。

ホンモノの海じゃないけど、それでも海水で、海の生き物がここで生きている。
青い世界に染められた瞳がとてもきれいで。

実は1枚目に載せた写真が、今日最初の方に撮れてしまったお気に入りの1枚で。
この場所はとても好きなのだけど、そういうのを抜きにして、とても良い写真だと思う。
シルエットが美しくて。なんていうか、海に抱かれているみたいで優しい写真になったなぁ、と。
 

水族館は暗くて人間が多くて。
それでも、人間以外の生き物がいる。

人間と、人間以外の生き物を隔てるものはそこにあるけど、それは心には関係ないから。
心はどこへでも行けるし、何にでもなれる。
 

リアリティ、ってなんだろう。と思う。
ひとの気持ちはリアルだから、生きてるということだけど。
じゃぁ、嘘をついたらリアルじゃないかな、とか。
現実、って意味はちょっと違うけど。

制服って、ゲンジツですよね。

と、ちょっと自虐的に言うLilyちゃん。
それが、彼女の現実だから、リアルになるんだと思った。
 

暖かな春の光。
穏やかな海。

なんだか、綺麗な写真になりました。
 

高校生に戻りたいとは思った事はないけど、Lilyちゃんと話していると、素敵だな、と思います。

今は、誰でも「今」しかないのは、同じ。

それに言い訳しても仕方ないし、向き合って歯向かうことしか出来ない。
諦めてしまったら、そこでゲンジツに負けてしまうから。
 

でも、そこに柔らかな光と暖かなものがあってよかった。

海はどこにでも繋がってるから。
日本が海に囲まれた国でよかった。

だって、抱きしめられているみたいだよね。
 

Lilyちゃん。
被写体、ありがとうございました。

暖かで、穏やかな春の日でした。

 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM