水面の灯り。

お仕事の帰り道。

乗り換えの上野駅のホームから見た夕焼けの最後がとても綺麗で、慌てて改札を出たけど。

まぁ、間に合わず。

きっと、この夕焼けで蓮池を撮ったら綺麗だったろうなぁ…とか。思ったのですが。

 

 

陽が落ちたあとの最後のグラデーションがとても綺麗に葉を透過してくれたて。

ちょっと、待っててくれたみたいでとても嬉しい。

 

 

そして、すぐに紺色の空に。

でも、東京の空は明るいのです。

 

暗い場所を見つけて樹からこちらを見つめている月を。

 

 

夕焼けに誘われて不忍池にやってきたけど。

偶然、今日は上野不忍池灯籠流しでした。

弁天堂が見えるボート池で、蝋燭の入った小さな紙の船が浮かびます。

 

ぼんやりスカイツリーも見えてるけど。

蝋燭の優しい光は都会のギラギラの光に負けてしまって。

あんまり綺麗に見えないのです。

 

 

なんとか。暗い場所を探すけど。

それでも、なんだか、なんだか。うーん。

 

望遠レンズにでかい三脚を立てているカメラマンがどどん、と列をなしていたので有名なイベントだったのだと思います。

初めて、知りました。。。綺麗です。

 

灯りを流している間中、ずっと僧侶たちによる読経が響いて。詠歌かな?

ちょっと、詳しくないのですみません…。

でも、東京で虚無僧(あのカゴかぶって尺八吹いてる人です)を見たのは初めてだったのでびっくり。

本格的な会なのですね。

 

 

あー。もっともっとビルの灯りがなかったら綺麗なのにー。と、思いました。

真ん中で篝火も炊かれていたのですが、やっぱりビルの灯りの方が目立ってしまって。

 

うーん…と思っていたら、隣にいた小さな女の子が「おかーさん!これ、ラプンツェルみたいだね!きれーだね!」と言っていて「そうそう…」と心の中でお返事してたら「え?何言ってんの?ラプンツェルは空に飛ばすから違うじゃん」と…母…。

いや、本質としては同じだし、灯籠の意味も一緒だし。娘さんの方が的を得てるよ!!と言いたくなりました…。

むすめよ…母の言うことよりも自分の感性を信じてまっすぐ育ってね…と念じておきました。

 

 

結局、池をぐるりと一周しました。

そのうち人も少なくなってきて、流れ着いた灯りがぽつぽつと。

岸に近づいている場所を見つけて。ぼんやり眺めて。

 

今日は58mm単焦点1本しか持ってなく。しかもMFだったので、見えない見えない。笑

最初はなんで望遠レンズ持ってなかったの...とか思っていましたが。

結果としてはこのレンズだけでよかったです。

 

 

確かに望遠レンズで切り取ればいい感じに背景が圧縮されて「きれいな写真」にはなるだろうけど、かなりの人がそういう写真をここで撮っているはず。

じゃぁ、自分もそれに習う必要はないかな、と。

 

ぼんやりと、揺れる灯りをみながら、暗がりで、さらに暗いファインダーをみていました。

 

 

ゆらゆら、くっついたり、離れたり。

 

いつのまにか読経は終わって、ぬるり、とボートのおじさんが現れてオールでいくつかの灯籠を沈めていきます。

音もなく消えて、池に沈んでいく灯りをみながら。

 

気持ち良いピントリングのトルクに、じっくりと焦点を合わせて。

久しぶりに「写真」を、撮りました。

 

 

ばらばらと、浮かぶ、灯り。

 

都会の中の黒い池に浮かんで、それで、今日が終わればお炊き上げ。

 

供養、というのは生きている人のためでしかなく。

肉体がなくなればそれまでの記憶や、感情や、想いも、すべて無に還ると思っています。

輪廻や死後の世界はあればいいね、と思っていますが、生きている人のためであると思ってもいます。

 

 

ぽつぽつ、灯りの消えた灯籠に。

寄り添うような灯り。

 

物に気持ちを寄せるのは、生きている人間だけ。

そこに自分の気持ちを乗せて、どうにかして貰ったつもりになる。

どうにも、ならないから、どうにかして貰ったことにしておく。

そうすることでしか、何も片付けられないんだと思うけど、何もしないよりずっといい。

 

 

とぷん、 とぷん、 と。 音もなく溺れるように、池に消えてゆくいくつかの灯籠が、とても綺麗で。

 

きっとラプンツェルみたいにこれが空に消えていったら、どこかに行けそうな気がするのだけど。

池に沈んでいくだけじゃ、どこにも行けなくて。ずっと此処に思念がたまって、澱みになって蓄積していきそうだな、と思いました。なんか、日本的だな、って。

 

生きている間に、美しい物をみて、生きている自分の為に、残すのだと思う。

そうして、記憶を水底に沈めて、ずっと忘れないでいられたら。

死ぬ直前まで、覚えていられる気がしてしまうのです。

 

たぶん、今日の灯籠の美しさは、忘れない。

あなたに、見せたかったな。

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM