6月から7月の京都記錄その3(完全オフ)

つづきです。

 

三日目。京都に戻ってきて。今日は着物で京都を散策しよう!と桐島提案。

着物なんか七五三以来だよー!と言うとーきちゃんをレンタル着物屋さんに連れていって。

さくまと三人であれやこれやとコーディネート。

 

 

三者三様の着物コーディネートになりました!

さくまくんは下駄が履けないので自前のパンプス。大正浪漫少女みたい。

 

 

 

桐島さくまこんな感じです。

さくま、日傘も持参。ちょうど和風テイストでお花みたいな感じなんだけど、着物の色とバッチリ。

桐島、羽織は絽の透けるやつを持参しています。

 

 

とーきちゃん。大柄の大正浪漫な感じに金魚!笑

日傘は自前の金魚柄なのですが…。

 

 

帯にも金魚がちらりと。可愛い!

 

そしてさくまくんの帯には猫ちゃん。

 

 

京都の中でもかなり好きな場所。平安神宮の中にある神宮庭園。

有料だからか、桜の時期じゃないからか、このときもかなり人がいません。

木漏れ日が綺麗すぎる。

 

 

中にある市電をバックにさくまくんを撮影するとーきちゃん。

 

今日1日、とーきちゃんがさくまくんを撮りまくってた。笑

「あきみさんが可愛いすぎる!大正浪漫!」を何回も聞いた。笑

さくまくんもとーきちゃん好きなので褒められてうれしそう。

 

 

庭園内にあるお茶屋さんで一息。

塗り盆に映り込む緑が美しい!

 

 

クレジット黒枠がない写真はiPhoneなのですが、結構iPhoneでしか撮ってない写真が多くてびっくり。

今回の旅は撮影ではなく、とーきちゃんと京都を楽しむことが一番なのでカメラを構えるより一緒に笑っている時間が多かった気がする。

 

カメラを構えるよりその場を楽しむ、ということが「良い」とは思いません。

自分にとってはその場を深く感じることが撮影することであり、思いや記憶に刻まれることでもあるので。

それでも、今回初めてカメラを構えるよりも、いいな。と思うことがたくさんあって。

旅というものは自分自身を見つめ直して、作品を作り上げる上で新たな眼を養う時間。だったのですが。

そうじゃなくて「楽しむために旅に出る」、というのはとーきちゃんと一緒だからこそ感じられたのかな、と。

 

休暇を「罪悪感」なしに楽しめるって、楽しいですね。笑

 

 

で、ちょこっとだけお願いしてさくまくん撮影会!

せっかく可愛い着物きてるんだから、残しましょう!と。炎天下の池の真ん中に放り込む。

 

 

遮光性が高い日傘なので顔が暗くなります。いいんです。そのための日傘なので。

でもそれだと顔が暗くなってしまう。

かといって日傘を離しすぎてしまうのもなんか変だし。

 

 

日差しがものすごく強いので池からの反射光をわざと傘の内面に当てて、更にその反射で顔を明るくする作戦にしました。笑

バウンスではないけど平面じゃなく円形からの拡散だからまだ柔らかいかな。

内側に手の影絵が映ります。

 

 

水面のゆらめきが光になって傘の内側に反射するのが美して。

その欠片が顔に少し。

きれい。

 

 

人物撮影にレフ板は好きじゃないから使わない。ストロボも同様。

仕事の撮影は別だけど、自分の作品は嫌なものは嫌。

 

 

超可愛いのにこれ以上大きくするとちょっとピンズレしてるのが申し訳なかった1枚…。うーん。。。

台湾で真面目に使って行けるかも?と思った扱いの荒い10年もののNikonカニツメちゃん。

片ボケ発覚で本日をもってお蔵入り(教材)決定。

 

でも可愛いので載せます。さくま。

とーきちゃん絶賛。笑

 

 

木漏れ日がとてもきれいで。

夏の京都はこういうのがいいよね。

この色合いはスマホでは出ないから撮ってよかったなぁと思う。

最近Nikon率高いです。Canonも使うけど自然物の青味がかったビリジアンはNikonが好きなんです。

 

ホルベインじゃなくてW&Nのビリジアンみたい。

中学生の頃、高くて使えなかった憧れのイギリスの水彩。

 

ビリジアンに、 プルシャンブルーを少しだけ落とした色。

あ、でもちょっとブラウンも落としてるかも。笑

 

 

さくま&きりしま。

風がとても強くて、32℃とか予報だったのですが、池の上にかかった橋の上は涼風でとても心地よく。

あまりにも快適すぎてしばしここで休憩。

 

 

さくまくんが撮ってくれました。

着流しみたいですね…。

(縞が手書きなのでランダムで素敵なのです)

 

 

で、あまりにも誰もいないのでみんなでセルフタイマー撮影。

連続撮影にして何枚か適当に動いて撮影…したのですが打ち合わせなしで奇跡の構図。笑

(ありがとうございます全員レイヤーでした)

普通に三人並んで笑顔のもあるんですがいちおうとーきちゃん顔出しなしなので★

 

 

そして、サクっとタクシーで一乗寺へ。とーきちゃんを恵文社に連れて行きたかったのです…!!

ここはね、やっぱり外せないでしょ。ずーーっと好き。

 

何回も変わってるけど、思うところがあっても、総合してそれでもやっぱりいいと思う。

お客さんのためでもあるけど、一番は自分たちがプライドを持ってやっている店、っていいね。
なんかかき氷の話になり、急遽かき氷のお店を検索し出すふたり。笑
この写真お気に入り。可愛いなぁ。
で、かき氷の前に割と近い場所にある詩仙堂にタクって行ってきました。
ここはね、少し離れているけど、空気がきれいで好きな場所。
「京都」っぽい場所。

 

お庭もきれいなんです。

少し夕方になってきたけど、それでも砂が真っ白になるくらいには強い日差し。。。

 

 

パキっと。青空。夏の庭。

もりもり、みどりさん。

 

 

この苔がもっふもふで可愛いかったです。

思わすそーーーっと触ってしまった。笑

ずーっとここで生きているんだね。

 

 

額紫陽花にキモノサクマ。色合いが素敵。

日本の色合い。

青ぽい緑に透明な蒼。一番好きな色の組み合わせ!

 

 

鉄線も咲いていました。クレマチスともいうけど。

このクラシカルな感じは鉄線といいたい。キリっと美しい。

 

 

そして、絶妙なタイミングでタクシーを捕まえラッキー。

詩仙堂からきゅっと南下して四条へ。かき氷を食べました!!

なんか着物割引でお得だった…なんかいいですねぇ。

 

 

で、夕飯は大好きなIROへ。

早めに予約して良かったー。。。最近人気店のようで(食べログ四条1位でびびる…)嬉しいけど予約しないと行けないので悲しい…いや、でもお店が続くのは嬉しいです!ここ8年くらいお世話になってます!

 

 

わー!お疲れさまーーー!!

 

かき氷食べて満腹!とか行ってたのに別腹でした。。。美味しすぎる。

とーきちゃんが若鮎と結婚してました(鯛を妾に貰ってた)

グルメレポーターにはなれないと思うけど、美味しそうで幸せそうな顔を見るのは嬉しいのでまた是非行こうね。笑

 

幸せだなぁ〜と思いつつ月屋のふかふかお布団で眠りました。

京都にあるおうち。いつも安心して帰って来れます。

女将、いつもありがとう。

 

 

続きますよー。

 

 

 

PhotoCafe合同展 9月に開催!

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM