モロッコ旅の記録3(シャウエン街中スナップ)

シャウエンのお宿、Dar Mezianaダール・メジアーナ)さんの玄関を出るとこの景色。

ぽつぽつと青いポットに、猫。

この子はここがテリトリーのようでいつも顔を合わせてました。

最初に撮ったのもこの子で、最後に撮らせてもらったのも、この子。

 


 

この坂を下りるとスーク。スークは商店街みたいな意味で、メディナの中にあります。

メディナっていうのは旧市街という意味。城壁や門の中にあり、中世からそのままの街並みの場所。

 


 


 

宿への目印の看板。帰る時はこの黄色と緑を目印に。
…と、覚えているけど帰る予定がない時とかスルーすると、その辺のモロッコ人に「君の宿はこっちだよ〜。笑」とか言われる始末。
なぜか顔を覚えられている桐島…。
いやいや、宿にはまだ戻らないよ。散歩してるの。と返すと「そりゃぁすまんね」と笑って返してくれる。
なんか楽しい。
人懐っこくて会話すると和むモロッコのひとたち。シャウエンの人はフランス語よりもスペイン語をしゃべる人が多かった。
オラ♪(スペイン語のハローみたいな軽い挨拶)って声をかけられることがあって、あぁ北部なんだなぁって。


 


 

シャウエンのメディナはあまり大きくなくて、端から端まで20分くらい。
ただ、くねくね路地が多いのと、高低差と階段が多いです。
朝のまだ早い時間(といっても8時くらい)。扉が閉まっていると真っ青です。


 


 

これは夕方撮った写真。(3日間に撮った写真まとめてます)
シャウエンは葡萄の樹が多くてあちこちで葡萄が生っていました。もちろん無農薬だし種あり。
最盛期ではなくて枯れている場所も多かったけれど、それでも植物があるだけでうれしい。
木漏れ日が綺麗だなぁ〜。と思って。朝にも行きました。


 


 

やっぱり朝の木漏れ日ってキラキラしてる。
風に揺られてとても美しい。そして、朝はこの辺とってもいい匂いがするんです。


 


 

この木漏れ日の葡萄の樹の真向かいがこれ。
朝しかやってないドーナツ屋さん!毎日繁盛している様子。10時過ぎるともう閉まってます。お宿の朝ごはんでも出たからみんな朝ごはんに食べるんだなぁ〜。と。男の人ばっかり。
モロッコの男の人は基本タバコも酒も飲まないので甘い物をよく食べてます(そのせいか体臭が気になる人がいない!)
カフェにいるのも男の人だけ。女性はカフェには入りません(家にいます)


 


 

こちらも朝ごはんを調達したおじーちゃん。
年配の男性はほぼジュラバ(このコートみたいなやつのこと)という民族衣装を着ています。
若い人はジュラバと普通の服3:7くらい。女子は年齢問わずほぼ民族衣装。
このジュラバが絵になるんですよね。ほんと。まんま魔法使いなんだもん。


 


 

座り込んでいるおじーちゃん。毎日ここにいました。定位置なのかな。
なんかニコニコしてしゃべっているのだけど、アラビア語が達者すぎて分からなかった…。
ほんと、ファンタジーの世界。これ、中学生の頃夢見てた世界だなぁ…。笑


 


 

シャウエンの街はメディナの中がかなり青くて、メディナの外に出ると割と普通。
やや青が多いかな?ってくらい。
シャウエンがなぜ青くなったか、っていうのは諸説あるようなのですがモロッコって街ごとに色を統一しているところが多くてとても綺麗な印象があります。
で、どこの街にも薬局や雑貨屋にこうやって「染料」が並んで売ってます。なんか好きに買って水で溶いて塗る、って感じ。
好き勝手塗るからムラがあって、重ねまくるからもったりして、いい感じになるんですね。


 


 

ここまでのもったり青にはなかなか出会えませんが、路地裏を進んで行くとたまにこういう場所に当たって、はぁーーーーーってなります。吸い込まれそうな青。深海みたい。


 

ぼんやりしてしまいます。でも、ずっとはいられなくて。ちょっとソワソワ。


 


 

ちょっと浅瀬。
綺麗なのですが、絵になるシャウエンぽい、というのでかなり記念写真を撮る人が多かったです。撮っているうちに必死で「シャウエンぽい場所=青ばかりの場所」を探している人が多く。
ガイドブックで見た場所、インターネットでよく見るスポット、そういう場所に人だかりが多い。


 

そうじゃないんだよなぁ。と。
確かに絵になるし、わかりやすいけど、見たことある景色をトレースしに来たわけじゃなくて、現実に自分が歩いていて感じているわけなんだから。自由に歩いて、自分の心が心地よい場所を探そうと。
シャウエンの街中を端から端まで、何度も少しずつ、てくてく、散歩しました。


 


 

こうして日本に帰ってきて、振り返ってシャウエンをみると他の街を見て総合して比較してみると、やっぱりスペインぽいのかも。瓦屋根が赤いのとか、壁にポットつけて花を飾るのとか、たぶんスパニッシュっぽいんだよね。(スペイン行ったことないので画像でしか知らないのですが…)


 


 

青一色の空間は「シャウエンぽい」のですが、ちょっとカラフルな要素が入って植物があるこういう空間がとにかく気になってきました。
色の組み合わせ方が本当に不思議。たぶん、感覚なんだろうけど、それって無意識で。
やっぱりアジア人な感覚とちょっと違ってドキドキ。
そこに植物があって、光があって、風の抜け道があると、ほんとうに心地よいです。
この一角と、ドーナツ屋さんの広場が特に好きでした。


 


 

色彩感覚、ってやっぱり暮らしている場所なんだと思います。流行りとか好みも勿論ありますが。
モロッコの人がフィルムを作ったらやっぱり極彩色になるのかなぁ〜とか考えてしまいました。パキっとした色が出そう。
日本人は緑と青が綺麗に出るのが好きで(代表:フジフィルム)、その理由は風景を撮影するから。日本の風景は青と緑が多いんですよね。
アメリカ人はオレンジがかった色が好きで(代表:コダック)、その理由は人間を撮影するから。フジフィルムで撮影すると白い肌が不健康に見えてしまうのでやっぱコダック社が好かれます。笑
これってあくまで統計で全体を俯瞰した結果なのですが、国民性が出てて面白いなぁ〜と思うのです。
(現在はフィルムじゃなくデジタルなのでまた各社の考え方が違って面白いですね)
じゃぁモロッコの多くの人が写真を撮るとしたら何にカメラを向けるかな、と。


 

そんなことを考えながら歩きました。


 


 

この中に「買っておけば良かった…!」と思う服があります…。うーん。。。。
写真を撮ることと、人と話をすることと、猫と遊ぶことで力尽きて買い物までまわらなかったのがシャウエン…。
会話が盛り上がって工房を見せてもらって、なんか気に入った絨毯は1枚買いましたよ。もっとお買いものしたかったなぁ…とも思いますが、写真がちゃんと撮れてたのですべてを望んではいけないのかな、と。笑


 


 

シャウエンの服はこういうグラデーションとストライプのが多かったです。
これも地方によって結構特徴が違って面白いんですよね。
色とりどりで、歩いているだけで楽しい気分になります。


 


 

メディナの外の野菜の朝市のようす。
とっても新鮮な野菜が多く、色がハッキリしているように見えました。
虫食いとか当たりが多く形が不ぞろいで、昔にひぃおばーちゃんちで食べた野菜みたい。


 

魚も売っていました。きっと山の向こうのタンジェからやってきたのかな。
魚や加工品(パンとかお惣菜)にはもれなく蠅がたかってます。食卓や食事の場にも当然のようにいます。衛生観念はもちろん日本と全く違うけど免疫力の問題だと思ってしまう…。
日本人は免疫力低すぎなんだろうな…と。腸内環境とか抵抗力とかなさすぎ(で、旅行中調子が悪くなりましたw)。
綺麗好きと除菌しすぎは違うんだな、と改めて実感。


 


 

しかし、歯医者さんは抜くだけと聞いてビビる桐島でした。笑
歯のマークとタイルがかわいい…けど怖い!!!笑


 


 

スークの中の本屋さん。ポストカードとか観光用もあるけど、中は普通の?モロッコ雑誌も置いてありました。
地元の人が普通に買いに来てる感じ。表記はフランス語とアラビア語。


 


 

お菓子やさん。
お店の写真を撮っていい?と言ったら「じゃぁ私はいなくなるわね!」としばらく帰って来なくて買いたいのに困ったのです。笑
そしたらミントティーを入れてくれてたのでした。なんて優しい…。。

 


 

 

ムスリムの女性は写真に撮られるのを嫌がるのですが宗教上の理由(髪の毛を出している人は観光客で髪を隠しているのはムスリムの方)なので、当然みなさん嫌がります。だからお店とかを撮らせて欲しい時は「店を撮りたい」と伝えます。


 

ミントティーを飲みながら「素敵なお店ですね。」と言ったら「祖母の代からなのよ」と嬉しそうに話してくれました。
美味しそうなクッキーを買いその場でミントティーと一緒に頂きました。
お茶の代金を払おうとすると「これは私が飲みたくて入れてあなたにあげただけだから商品ではない」と受け取ってくれないので、「じゃぁこれは素敵な時間へのチップです」と返したら笑って受け取ってくれました。


 

なんだかとてもとても、良い時間を過ごしました。


 


 

しばらく路地裏探検をしながら歩いていると「ねぇ!こっちにいい写真スポットがあるよ!」と声をかけてきた子がいました。英語が喋れる子だったので色々お話ししながらついていくと猫がいました。
猫好きなんだよ〜と言うと「僕も猫が好きだよ」と嬉しそう。ムスリムの人は「猫を大事にしなさい」と言われているのは知っているけど、本当に大好き!って感じで猫を撫でているのが印象的だったなぁ。
じゃぁ行くね〜。というと「僕を撮って」と言うので撮らせてもらいました。


 

モロッコは猫も可愛いけど、人もあったかくてかわいい。
初めての街、シャウエン。色々目が、開きました。


 


さて。街をまとめて載せたので、次は猫をまとめて載せます!


 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM