モロッコ旅の記録8(フェズ アラビア建築)

フェズ編さいごです。

モロッコで楽しみにしていたものの一つがアラビア建築でした。

もともと建築自体に興味がとてもある方ではないのですが(詳しいわけでもない)人が作るものと宗教が色濃く出るもとして建築があるなぁ、と思っていて。

普段イスラム教というものに触れること自体が少ないのでとても楽しみにしていました。

 

 

 

 

イスラムといえばタイル!幾何学模様!のイメージだったのですが実際に目の前にするとくらくらします。

そして、モスクではなくこの記事では「リヤド」として泊まったお宿と利用したレストランをご紹介します。モスクはひとつ前の記事でどうぞ。

リヤドとは貴族の邸宅を改装したもので、アラビア風とベルベル風があります。

ここではアラビア風の建築。ベルベル風建築はシャウエンのお宿です。
 

 

 

 

アラビア風は直線が多く、何も装飾がない空間がないくらいのびっしり、装飾。。。

400年前のお屋敷を改装したお宿と聞きました。とても美しいタイル。

これ、全部一つ一つ手でタイルを割って形を作って埋め込んでいるんですよ…。。。おおおお。。

 

 


 

真ん中の吹き抜け部分を2階から。

フェズのお宿、Riad RcifBooking.com)さん。Booking.comでの評価が非常に高いけど結構わかりにくい場所にあるので迷宮の中に突っ込む気合がないと厳しいかも。

チェックアウトの際にオーナーさんが「高評価つけてね!ね!ね!」と言うので高評価なんだと理解。笑

悪くはないです。普通に利用する分にはとても楽しいしスタッフも親切。万人受けするかというとツアーに慣れている日本人には厳しいかも(立地という意味で…)。オーナー含めスタッフの方々は男性のみ英語OKです。夜はスタッフ無人なので注意。
 

 


 

スマホで失礼。吹き抜け部です。アラビア建築ってこういう正方形がピシッとしている感じ。

植物がもっと多かったらいいのになぁ〜と思いました。(そういうお宿も勿論ありますよ〜)

しかしシングルルームがあるお宿がフェズとマラケシュには少ないので(ドミトリーは今回外しました)とても助かりました!
 

 

 

撮影していると思ってデータをみたらスマホでしか撮ってなくてうーん…となった写真がいくつかありまして。

フェズは昼間出歩きすぎたのかな…。。。^^;
 

 

 

 

ちょっと大きなお宿は夕飯を食べることが出来る場所が多いです。夜に出かけられる場所にないお宿は特に。

たいてい屋上がテラスになっているのでそちらで頂きます。

また壁のレリーフが素敵。
 

 

 

 

屋上からの景色。夜です。星が見えるかと思ったら、日本の自分の家と同じくらいだった。(千葉県柏市)

フェズは結構高低差があります。

実は夕方の景色がきれいすぎて目で見ていたら終わってしまったという罠。笑


 

 

 

 

ぶわーっと空が赤くなって、すーっと消えてゆくのが壮大すぎて。

19時くらいのことなのですが。感動しました。

あまりに綺麗で一眼レフを忘れたという。笑 はは。。

 

 

 

到着したのが18過ぎだったのでお宿でディナーをいただきました。

何気に初モロッコ料理!クスクスタジンです。

後ろにあるのがモロカンサラダですが、これがまた美味しくて!こってりしてないのが良いです。
 

 

 

 

で、感動したのがデザートのザクロ!!

カクテルグラスにザクロが入ってきて感動したのですが、これまた食べたらあまりに美味しくて感動!!

今まで食べてたザクロはなんだったのかと…。。。。
 

 

 

 

そして、こちらはフェズスークの中のレストラン。(前回記事の場所です)

ふらっと入った場所でしたが大当たり!リヤドを改装したアラビア式のモロッコレストラン。

ひとりで食べているのが珍しかったらしく、オーナーさんが声をかけてくれてアラビア建築やモロッコにとても興味があるのだと伝えると建物内を案内してくれました!

 

 

 

お手洗い前は元カスバ(水飲み場)だったのを改装したんだよ、とか。

しかし細かくて美しい!!!

 

 

 

ここは別室でお客さまが待つ部屋だったんだ、とか。

なるほど。だから室内なのに格子窓なのですね。。。
 

 

 

フェズの一級の職人に作らせたんだ!と素晴らしい真鍮細工のランプ。もう、くらくら眩暈がするほど美しい。

壁も全て刺繍で天井も全て木彫りでした。パーティーができるお部屋です。
 

 

 

 

で、びっくりしたのがこの洗面台。

「いいだろ!サハラから持ってきて加工した本物のアンモナイトと化石なんだぞ〜」と。ちょっとスケール違いすぎてびっくり。笑

本物…?!と聞き返したら当たり前だろー!と言われてしまった…。。。す、すごすぎる…。
 

 

 

 

こちらではチキンとレモンのタジンをいただきました。

爽やかで美味しかったです。なんか、肉がとても柔らかくてびっくり。

たぶん、今朝まで生きてた子なのかな…と。(モロッコは生きた鳥やウサギが売ってます)
 

 

 

 

前日のモロカンサラダと内容はほぼ同じ。プラス、マッシュポテト付きです。
 

 

 

 

そしてデザートにやっぱりザクロ!美味しすぎて涙が出そうです。

ほんっと、なんでこんなに美味しいんだろう…気候なのかなぁ???

 

 

 

 

食事をしていたスペースはこんな感じ。

ちょうど奥まった場所で他のお客さんがいなくてのんびりしました。

壁に沿ったソファってなんかいいですよね。

そしてなぜか壁からテレビが生えている…(なんか居酒屋みたい。笑)
 

 

さいごに。

ものすごく感動したのが、三階から天井を見た風景。


 

 

 

 

ひとすじの光が差していて、あまりに神々しくてぼーっと見てしまった。

黒い布がふんわりして、美しすぎて。
モスクよりも、感動しました。どこからか聞こえるアザーン(礼拝)がとても心地よかった。


 

とても親切にしていただき(普段は入れない場所まで入れてくれました)お礼を言って別れ際に「また来ます」と伝えたら「インシャッラー」とあの呪文と笑顔。
そうですね。きっと神が望んでくれたらまた会える気がします。
「シュクラン(ありがとう)と言ってハグをして別れました。

 

迷宮都市フェズはとても優しく穏やかな人が多かったです。
次回は神の国、マラケシュへ!(移動の記録はこちら

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM