モロッコ旅の記録12(港街エッサウィラの城壁と猫事情)

どこの街に行ってもそうだけど、猫は猫のテリトリーがあって。

何日か滞在してると何回か同じ場所で猫に出会う。

犬のように繋がれているわけじゃないから(と言ってもモロッコでは犬は大抵繋がれていない)、その子の生活範囲に暮らしている気がしてとても嬉しい。

 

 

エッサウィラのお宿の前の路地にいつもいた白猫親子。毎日挨拶しては、こうして子猫を見せてくれた。

ご飯をねだられていたのだけど…例によって何も所持しておらず…。

が。エッサウィラでは猫事情が今までの街とはちょっとだけ違っていました。

 

今までの街は猫は「その辺にいる生き物」であって、ペットのように可愛いがりはしないけど、ご飯が残ったらあげるし駆除したりはしない「共生」という捉え方だったりするのかな、と思いました。

「こいつは自分の猫だ」という事はあっても特別何かをしているわけではなく、猫もそこをねぐらにしているだけのような。

それがモロッコの当たり前なんだと思ってたんですね。

エッサウィラに来てびっくりしたのが…猫がでかい。笑

明らかに大人、シニア、デブ。笑

あれ?ここモロッコだったっけ?というくらいの猫の幸福度が高い気がする。

 

 

エッサウィラはリゾートで、なんかヨーロッパ風な雰囲気の場所も多いです。カフェもおしゃれ。

この子は3日間ずーっと毎日ここで寝てました。笑

 

 

この子もずっとここにいたなぁ…。

でもそれはモロッコのどこの街でも一緒。猫をどかしたりはしません。

 

 

店の入り口の絨毯のど真ん中に猫がいても誰も気にしません。

またいで通ります。笑

 

 

これは絨毯屋さんの絨毯で商品なんだけどちょうど光が当たっててねぇ…あったかいねぇ…と。

幸せな気持ちになるのです…が!!

ここで猫に注目!

ここ。

 

 

耳カット!!!え!?え?

猫の耳カットは世界的に「去勢・不妊手術済」の証。

まさか!と思ったのですが帰国して調べてみたらエッサウィラの猫は手術済みの子がいるという話。

 

 

別の子。

この子は靴屋さんちの子と思われ。

 

 

やっぱり!!!水平カットしてる!!

画像拡大したら結構猫が手術していました。いや、なんか嬉しいです。

猫を「処分」することなく、「見殺し」にすることなく、一緒に命を全うしていると知って。

どんな人がこの活動をしているのか非常に興味があります。。。

 

 

街の真ん中から歩いて城壁のそばへ行きます。この写真にも2匹猫がいる。。。

本当に街のあちこちに猫がいるのですが、エッサウィラの猫はでかいです(太っている猫を見る安心感!!!!)

 

 

このおじさんのターバンが気になってしょうがなかった…。

よく見ると掛かってる服がかわいいし、ストールも素敵なのですが…この時の桐島に余裕なし。笑

割と冷や汗べったりでサクサク歩いてます。

 

 

ハッサン五世広場。ここまで来たら間の前!

滞在中に絶対行きたかった場所があって、ですね…。

 

 

なんか地元みたいな感じ!!(城ヶ島…)海ーーー!!!

わー!わー!わー!

 

大西洋を見たかったのです!!!そして絶対見たい景色が!

ちょっとテンションあがって元気になる桐島。

 

 

見ていると次々飛び込む子供たち。

「やるー?」と笑顔で聞いてくるので丁重にお断り。笑

 

通りすがりのスペイン人に指をさされて「クレイジーモロカンキッズ…」と苦笑されていました。笑

まぁ、気温25度くらいだし暑い日ではなかったからね…。。。

 

 

この写真は夕方16時くらいなので船が戻ってきています。

午後イチに船は戻ってきて魚が水揚げされるそうな。

エッサウィラのシンボルカラーのマリンブルーの船が綺麗。

 

 

 

 

お昼過ぎにはここが満杯だったんだろうなぁ〜。

いっぱいもらえた??と聴きたくなるような絵になる白猫。

 

 

城壁に!登ります!

17時にクローズなので結構ギリギリ。

城壁の上には大砲が。世界遺産ぽい。

 

 

日没は19時半なので太陽はまだこんなに高いです。

なんかね。ここはロードス島戦記みたいな雰囲気だと勝手に思いました。

やっぱり日本人のファンタジー感覚って中世ヨーロッパとかアラビアなのですよね。。。

 

 

きたーーーーー!!!

 

これです。これ。

この景色が見たかった!!

青い海に青い空に白い街と城壁!!

エッサウィラといえばこの景色が有名ですが、本当に美しくずっと見ていられました。

ジブリの背景みたい。。。

 

 

 

城壁でだいぶ元気になったのでマーケットを見てみたらまだ魚があるお店がいくつかありました!!

全然ないお店もあったので結構差が。。。

 

これを見ているとめちゃくちゃ声をかけられます。笑

久しぶりに必死な客引き。

海老が食べたいの!!と返答し続け、海老多いこのお店に決定!

 

 

焼いて欲しいものをチョイスするとその場でグリルしてくれます。

サラダとフランスパンと飲み物がついて65DH(100DHを値切った)

 

 

ちなみに、食べていると猫の行列ができます。笑

白身魚を少しあげました。ちゃんと焼いてくれたからよし。

 

オーダーする時に「ウェルダンで焼いてね!」と言ったら「インシャッラー♪(神様が望めばね)」と軽く流されたので(流石モロッコ人…)ちょっと不安でしたらちゃんと焼いてくれてました。笑

ちなみにこの屋台で買っている猫は白黒の子です。手前のはその辺に住んでいる猫らしい。

エッサウィラの人は猫を名前で呼んでいる人がとても多く、レオンのレンズキャンプを見せると「なんて名前の猫?」と名前を聞いてくれる人がとても多かったのが印象的。

 

今までの街が「猫は好きだけどそれ以上は何もない」というスタンスだったのに対し、明らかに安心する扱いを受けているように感じました。

去勢して家の中だけに閉じ込めているのが猫の幸せなのか?と言ったら、きっと猫にしかそれは分からないと思うし、その猫の性格や周りの環境にもよるのかもしれないけど。

少なくともこの子たちは飢えて苦しんだり、子猫を殺されたり、凍死するような感じではないのだと。

勝手に嬉しくなってじーんときました。

動物や植物が大切に思われていると、とても嬉しいです。

 

 

ちょっと元気になったので帰りにパティスリードリスで小さなケーキをひとつ買いました。

エッサウィラでは一番人気のケーキ屋さん。有名店です。

モロッコではどれもパンとお菓子が美味しかったけど、ドリスのは確かに印象的な美味しさだったなぁ。

 

…長くなったのでお宿を分けます!!!(^^;;)

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM