又來了!香港的初夏@その3

 

香港の九龍半島で一番言葉にするのが多い「旺角(モンコック)」。
その響きがとても好きで、なんか漢字の並びも好き。旺角は繁華街だけど観光地で地元の人が意外と多くて観光客も多い、つまり、雑多で栄えている場所。
オシャレっていうよりはあの、よくイメージする「香港」に近いかも。
(実際に夜になるとバスで観光するネオンは九龍半島の方です(もうちょっと下の方だけど)

 

 

で、出国日、やってきたのはブランチ。妹記生滾粥品は結構有名なので知っている人も多いかと。
その香港粥屋さんが入っているビルがまたなかなかのいい感じすぎて。笑
決して綺麗(日本的な)ではないしオシャレではないのですが、ちょっと、ハマリそう。
入り口の配管ですでに悶える桐島。。。

 

 

なか、こんな感じ。野菜売り場と、魚売り場と乾き物と、肉売り場と、食堂。
食堂以外は地元の人ばっかり。人が写り込んでいるので掲載しませんが、面白い雰囲気。

 

 

野菜売り場が妙に綺麗な色だなぁ〜!と思ってたら緑のライト!
な〜るほど…。。。オクラに緑のネットをかけるのと同じ…。

 

 

肉売り場。おじさん撮影OKでした(何気にポーズしてくれている)
これ、WBいじっていないんですよ。AWBのまま。
肉売り場、明かりが全部真っ赤なんです。確かに新鮮に見えるような…。
牛豚鳥だけじゃなくて猪とか鹿も売ってました。(ちなみに鳥は生きたまま)

 

 

魚も生きたままが多かったなぁ。大きいのは死んでたけど。
水槽が多くてビチビチしているんだけど...持って帰るのどうするんだろう?その場で〆るのかな?
で、ちょっと引いて撮影していますが…緑のネットの中はびっしり生きた蛙…。

 

 

これを、食べにきました!香港粥。前回はさらっと食べてしまったので。
今回は地元の人も行くようなお店で食べてみたいなーって。
どろどろなんだけど芯があるこのお米の感じとダシがたっぷり入った食べるスープ的なこのお粥、美味しなぁ。味は濃いので病人用のお粥とは別物。コシがある雑炊っぽいかも?

 

 

食堂に猫のカリカリが置いてあって…あ!猫いるんだ!で、見渡したら発見した白黒!
一応ゆっくり近づいてご挨拶したけど全然逃げませんでした。お水もあって快適そう。
ねずみ避けのお仕事だと思うけど、大事にされている感があって。そういう子を見ると幸せな気分になりますね。

 

 

ちょっと雲が多いなぁ〜とは思っていたのだけど、外に出たら雨あがり。
あれー。スコール降っちゃったのかー…とか言ってたらまさに降り出したスコール!

 

 

日本のゲリラ豪雨みたいな感じでしょ?とか思ってたのですが。ぜんぜん違う。
落ちてくる水の粒の大きさが、上からコップで水撒いた?って感じで。
ぽつぽつ…という降り始めではないのです。笑

 

 

一気に、こぼれ落ちた水。

 

どーしても見てみたかった、初めての、スコール。
女人街の、雑多な屋台のビニル屋根をバタバタと鳴らしてあっと言う間に小さな川ができる。

 

 

もちろん香港の人は慣れたもので、商売は一時休止。
ちょうど屋根のあるアーケード側にいたので無事だった桐島はスコール撮影会開始!

 

 

雨は好きだけど、こんな雨は初めてで。
日本のとはぜんぜん違う。
密度っていうか、暖かなビー玉が降ってくるような感覚。

 

 

ゲリラ豪雨とスコールの違いは大気の状態。
ゲリラ豪雨は暖気と寒気がぶつかって積乱雲が生まれて雨が降るから、雹が降ることもある。
スコールはもともと「風」という意味で、ここは熱帯だから「寒気」はない。
暖かな空気と空気が上昇気流でぶつかって暖かな雨が降る。

 

雨の、温度が違う。って、そう言葉で読むと「ふーん」って覚えて終わりだけど。
実際に「暖かな雨」というものが、こんなに密度が高く命が落ちてくるかのような感覚だってことは触れてみなきゃわからなかった。

 

 

段ボールに跳ねる雨。
ぶよぶよになってしまってないから、今朝置いた箱なのかな。
え?濡れちゃうよー。とか心配になるけど、お店の人(おじさん)は撮影する桐島を一瞥してまた前を向く。

 

 

ぼとん、とこんなに大きな一粒。
固形と液体の境目を見ているよう。
シャッターを押す瞬間、スローモーションで見えるクラウンが撮れていて、とても嬉しい。

 

 

クライマックス、指揮者のタクトがふるって音が弾けるような。
ファインダーの中の世界に吸い込まれていく感覚。

 

でも、綺麗な森の中でも美しいお屋敷でもないのがいい。
ここは香港の雑踏の中にある八百屋の段ボール箱の上の劇場。

 

自分しか見えない世界をこうして四角の中に閉じ込めて形にすることができる嬉しさ。
なんか、これは身体の中から鉱石を生み出しているような感覚。

 

 

時間にすると10分もしなかったスコール。
もう青空が戻って傘を畳み始める人々。

 

 

さっきの雨なんか一瞬で乾いてしまいそうな太陽も戻ってきて、そろそろ香港ともお別れだなーと。
最後に、前回も歩いた花街を散歩して。気になっていたカフェに寄りました。

 

 

花粉熱(Cafe Hay)です。お花屋さんの奥にあって、カフェだけの利用ももちろんOK。
外観は青山か代官山かと思うほどおしゃれです。

 

 

ケーキやドリンクもたくさんあるんだけど、コーヒーがおすすめ。
ハンドドリップで丁寧に美味しく淹れてくれるオリジナルフレーバーは美味です。こっくり系。
酸味系が苦手な桐島はとても嬉しい。
BONSAIは、このお店が盆栽を扱っているんですよね。なんか流行っているらしいです。盆栽。

 

 

あつーーーくて溶けそうだったのでカフェラテをお願いしました。香りがいいし、ミルクも美味しい。
アイスで香りがいいのって、心地よい感じ。

 

 

真剣な顔でドリップしているところ。とっても丁寧。
ガラス類は全部HARIOでした。香港で結構見ます。嬉しい。

 

 

 

撮っていい?って聞いて、「ああ、どうぞ!」と快く示してくれたお兄さんが、ペンタコちゃんにものすごく興味を持ってくれて(笑)「それ撮れるの?どこのカメラ?フィルム?」と興味津々だったので「覗いてみる?」と貸してあげたら「WOW!!」と大興奮。
ペンタコちゃんのね、クラシカルなファインダーと、滲んでいくように淡く合うピントって、なんか、中判クラカメを見たことがある人しか分からない、感動…じゃなくて感銘?なんだろうな、不思議な感覚になるんです。
周りの音がきゅーーーって静かになって、世の中に自分しかいなくなる感覚。
ね?いいでしょ?って、言うとニヤーってして。ちょっと、共有してしまった気分。笑

 

 

初夏の香港。スコールで、これで終わり。なんて綺麗なシメ。

 

台湾に初めて行った時からジワジワ南下してきて。
森の中にスコールが、みたくなってしまった…。。。笑

 

 

おつかれさまでした〜。
次の逃亡はスペインです!!

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM