それは、白よりも白く @blanc.

 

夜明け前の、空が一瞬明るくなり始めた時間がとても好きで。

まだ、陽がでない仄暗さと黒から透明な紺色になってゆく空に、細い三日月が引っ掛かっている。

 

そこにいるのは人のような、人ではないもの。

 

 

目で見た景色を残したいのではなく、美しさではないものを撮りたいと思った。
プラスの感情ではないけれど、マイナスの感情というわけでもない。
なんか、ただ、そんなものがそこにあるような。
名前のない、存在。

 

 

この被写体には名前はあります。blanc.くんです。友人です。
初めて被写体をお願いしました。変な人です。

 

 

緩やかな色彩と光と水面の反射。
肩からの流れに光が落ちて滑るのが美しくていい。

 

 

衣装は全部彼の自前&スタイリングなのですが、打ち合わせなしでこの世界観はいい。
テーマとか、何も伝えずただ、撮らせて貰ったに近いのですが。

 

自分の中ではあって。
撮りながら滲んでいけたらいいな、とか。

 

 

「狂気」について撮りたかったのです。

 

正しいとされているもの、狂っているとされているもの。
見た目なのか、精神なのか、その判断はどこで誰がするのか。

 

 

美しく整ったものに、狂気を感じる。
数式とか、建物とかもそう。不規則よりも規則に狂気を感じる。

 

でも、それって「正しい」ものではないのか。
正しいものが良いものではないけれど、美しくないものは、いやだ。

 

 

表面上狂っているように見えるものと、上辺は普通にして生きているものの違いはどこにあるだろうと。

 

そして、両者の差はなんだろうか。

 

 

インターバル連続撮影しています。桐島、入ってます。

 

海の色と空の色が変わってきて、太陽が昇って人間の気配がしたら、「朝」が終わってしまうような感じ。

 

 

何も生まないものがいいし、存在するだけでいい。
植物のような美しさがあるといい。
触れたらそこから火傷するくらいでいいのだと思う。

 

 

その眼は、この眼は、何を見ているのか。
撮影することで知りたいとは思わないけれど、入り込んでくる思考はある。
それは、どんなものでもシャッターを押したいと思う。

 

プラスとか、マイナスとかは関係なく、感情が動いているということ自体に価値があると思う。

 

 

どっちが狂っているなんて、ある側面でしかなくて。
幸せかどうかなんて、定義をどこに置くかでしかなくて。

 

でも、幸せになりたい。とは、思ってないんだな、と。思った。

 

 

死神みたいなblanc.くんでした。
また次回の撮影予定も決まっているのでよろしくお願いします。

 


コメント
桐島さん、お返事いただきありがとうございました。
ネコサツのリンク、見てみました。最初に出てくるコアラ柄のネコさん、覚えてます!!なつかしいです。
それにしても、 アビちゃん、ホントにあの頃からフォトジェニックですね!!そして今は本当に幸せそうな、「おうちの子」のお顔です。ヨダレもいまだに健在とのこと、ほほえましいです。
今後もtwitterでレオン君を見るの、楽しみにしていますね☆ レオン君がいつまでも元気で長生きしますように、お祈りしております。
  • ミー太郎の母
  • 2018/05/22 12:46 PM
はじめまして。桐島ナオと申します。
「野良猫の拾い方」、読んで頂きありがとうございました!
TCGからのご紹介で掲載させて頂いたのですがまさかのレオンをお世話してくださっていたからのコメント!ありがとうございます。
拝読していてちょっとうるっと来てしまいました。

「アビ」に初めて会ったのがこのネコサツです(http://naokirisima.skyclover.hacca.jp/?eid=699
夕方から出てくるチームだったのでちょっとしか遊んでないのですが、印象に残る子でした。
なんというか訴えてくるような。

レオンは今日も元気に家中を走り回ってヨダレが出てます。笑
レオンのお世話をして頂き本当にありがとうございました。
ほぼ毎日twitterにレオンの写真をアップしているのでたまに見てやってください。

書き込み、本当にありがとうございます。
  • 桐島ナオ
  • 2018/05/18 4:51 PM
桐島さん、はじめまして。「野良猫の拾い方」拝読しました。(関係のない記事へのコメントをつけてしまい申し訳ありません。一番最新の記事に、と思いまして)
実は私も、東京キャットガーディアンからネコさんを譲渡していただき、今一緒に住んでいます。2011年9月に、生後5ヶ月のミー太郎を引き取り、今7歳です。TCGには本当に良くして頂き、その感謝の意味も込めて、一時期、2014年夏から半年ほど、週一回ほど、TCG大塚でお掃除のボランティアをしていました。(体調を崩して、その後やめてしまったのですが) ボランティアをするにあたり、TCGにはいろいろなルールがあり、お掃除中ネコに話しかけたり触ったりしない、というものもありました。そんな中、あるアビシニアンのネコさんが、ある日(私が初めて会ったのは8/14です)入ってきました。最初はケージの中からこちらをにらみ、シャーシャーの連発。お掃除をする際にも、こちらがけがをしないように、トイレの容器で手元を保護しながら、恐る恐るでした。また、その子のケージは、最初いつも布で覆われていました。難しい子なんだな、という理解でした。 ただ、毎週一回通う間に、その子の評判がだんだん変わってきました。常勤のスタッフさんは、当然毎日来ているので、その方から私がいない間の様子を聞くのですが、どうやらこの子はめちゃくちゃ甘えん坊であると。(デレ、とかいう単語も出てきたように記憶しています)シャーシャー言ってるのも、どうやら意味を間違えて使っているようだと。そう言われて、お掃除の最中に、ちょっと触ったりすると、本当に甘えん坊であることがわかりました。話しかけたりしてはいけないというルールはありますが、スタッフさんも黙認で、その子は特別OKという感じになりました。ケージのお掃除の間、外に出してあげると、その子がよだれをだらだら垂らしながらぐいぐい頭をこすりつけて甘えて来たりして、とっても気になる存在になってきました。スタッフさんと、「アビ」って呼んでました。
そんな中、10/12にボランティアに行った時、「アビは昨日おうちの子になりましたよ」と聞きました。さみしい思いもありましたが、良かったですねー、とスタッフの方と喜び合いました。自分にとっても、印象に残る子だったので、その辺のことが手帳に書いて残っていました。
そして昨日、「野良猫の拾い方」で桐島さんの記事とレオン君の写真を見た時、もしかして????と思い、検索したら、2014/10/11に里親になられたと知り、ビンゴ!でした。アビちゃんのその後を知ることができ、あまりの感動で、こんなに長い文章を書いてしまいました。ご迷惑でしたら申し訳ありません。。。アビちゃん、本当に幸せになれて、良かったですね。本当に嬉しく思います。
これからの桐島さんとレオン君に、幸多かれと願っています。
  • ミー太郎の母
  • 2018/05/03 10:12 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM