京都旅行@1日目後半



鞍馬から、貴船に抜ける山道。
お社があちこちにあって、奥の院と魔王殿を目指す。
とりあず、目標はあるんだけど。そもそも、この山自体がお社みたいな空気。



大きな松の木の根があちらこちらに、生えている。
まるで、沖縄のウタキのようで。
僕は、あれから。樹木の根やガジュマルのうじょうじょした感じが大好きになってしまっているので。笑
金沢の三渓園でも根っこを撮りまくり。京都の鞍馬でも根っこを撮りまくったのでした。笑

人のね。骨に見えたりするんですよ。
白骨、でもいいし。骨張った、腕でもいい。
ピン、と。伸びてしなやかに曲がる腕みたい。
そういうものを見ていると、植物と人って近い存在なのかなぁと。思う事があります。
花のような、人。というのは、居るし。
人のような、花。なんて、あっちこっちに居ます。笑



途中から葉子さんとカノさんはカメラを鞄から出す事さえせずに黙々と歩いていたのですが。笑
僕は、あっちをフラフラ。こっちをフラフラ。
二人の後を、ひょこひょこついて行きました。笑

森の中のお社は、森と同じ空気でした。
壁こそあるものの、境界線が無い感じで。外と内が同じような。
内包されたものこそ、外であり。
外部のものこそ、内包された心理。
なのかなぁ。とか、思ったり…。思わなかったり。笑



整備された森はあまり、声が。しないのです。
木々の話し声や、呟き。
うるさいくらいに、離す。大きな樹木。
彼らの話を聞きながら、歩くのがとても好きです。



声にならない、声。でも、確実に届く、共鳴。のような。
雑木林が、好きなんですよね。
好き勝手。好きなモノ同士。住んでいる森。
緑の重なり合った部分が色濃くなって。影になって。
そこからまた、グラデーションが、生まれる。



ご神木とかじゃなくて。ここが、鞍馬だから、とかじゃなくて。
僕の家の近くにある木と、同じ。
でも、ここの木々はとてもおしゃべり。
単に、それだけなのだけれど。
それだけの、環境で生きて行ける木は、今はとても少ないのです。

可哀想、だとか。環境問題云々ではなく。
僕は、どうしたら。もっと、木々と対話が出来るかなぁと。
ふと、考えながら。歩きました。
根本はとてもシンプルな、答えな。気がします。



対話を、しよう。って、思う事自体が減っているんだと。思いました。
写真て、一対一。だから。
話がし易いと、思います。絵も、そう。
本当は、普通に生きてても、そうなんだけど。
なかなか、出来なくなってしまっているから。
だから、僕は。カメラを持つのかも。しれない。



そんなことを考えながら、鞍馬を下山。
どんどん水の音が強くなってきます。山の声よりも、水のせせらぎが強くなる。
あ、貴船神社が近いんだ、って。思います。
貴船神社は水の神様。
空気が急に、冷たい水のにおいを含んできます。

さっそくお参り…!!の、前に。
山歩きですっかり疲れたからだを癒しましょう。笑
貴船と言えば、川床です!休憩〜!! 笑



達成感の満面の笑みのよーこさん。笑



これ、京都のCMみたいじゃないですか?笑

よーこさんのポーズは、やらせですが…。笑
川床一面全部貸切でした!水が近くてとっても気持ち良かったですよ〜。にしんそばも美味しかった!!



と、いうわけで。貴船神社。有名ですね。ここ。
夕方を狙ってきましたよ。
灯籠に灯りが入っていい感じなのです。



貴船神社は、七夕ライトアップ中なのでした*
ゆらゆら炎に、笹が揺れて。とても幻想的。
あぁ、日本の夏だねぇ…。と、しみじみ。



貴船神社のご神木は「桂」さんでした。
こんな大きな桂さんを見たのは初めてだったので吃驚!!
こんな大きくなるんだねぇ…。と、感心。
本当に。この写真の、10倍くらいでっかいんです。
丸い葉の、桂さん。優しい神様の樹でした。



蛍火というイベントをやってて。竹を切った中に水を入れて蝋燭を浮かべていたのですが。それがとても綺麗で。
なんだか、竹取物語みたいだなぁ。と。
この、炎は。全ての境内の、親火。
二股に分かれて、燃えさかる不思議な炎でした。



短冊の後ろの木漏れ日を天の川に見立てて撮ってみたりして。

短冊にお願いごとを書けるのですが。お願いごとって、別に無くて困る僕です。初詣とかも、そう。
カミサマにお願いごとするのって、無くて。
今回も、勝手に自分の誓いというか。決意を書いて来ました。
それって、結局は希望の形で。願い事って、意味にもならないかなぁと。
叶えて欲しいんじゃなくて、見てて欲しいというか。
頑張るのは、僕だから。逃げないように、見張ってて欲しいのです。笑
そういう存在って、やっぱり。カミサマ、かなぁ。
結局は自分の中の深層、な気がします。が。 笑



とか色々言いつつ。
ミーハーに。水占おみくじをする桐島。笑
水に浸すと文字が浮かび上がってくるのです!
流石水神さま!!!と、感動。(乾くと消えます)

貴船口からまた比叡電鉄に乗って。
半分寝ながら帰った僕らですが。
義経は、修行して、これをまた歩いて帰ったんだから凄いよねぇ…。と、感心しましたよ…。

いやー。現代人には、無理です。 笑

一日目から予想だにしなかったハードスケジュールでした。笑



にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM