記憶の雪原@木桃いつな

二年前の同じ日に、同じ場所で撮影をしていました。
http://photodiary.skyclover.hacca.jp/?day=20090115

二年前と、何が変わりましたか?
二年前と、何が変わりませんか?



まっすぐ向き合う。
それは、初めて撮らせて頂いた日から何も変わらない。
でも、しなやかになった気がする。 
  


雪原は変わらない。
けれど、前に見えなかったものが見えるようになった気がする。
前回よりもかなり、低い気温。そして、吹雪。



指先の感覚が無くならないように、カメラを操作出来るように。指をうちつけて、撮影する。
カメラは幸いにも動作良好。
世界が綺麗で。気温も音も忘れてしまう。



ファインダ越しに見る世界は、何故か肉眼で見るよりも鮮明に見えます。
鮮明、というか。自分が居なくなってしまうような錯覚。
意識だけがそこに存在して、肉体が消えてしまうような感覚。
ぼんやりしているようでとても鋭利な脳が見る夢。

写真を撮る。という行為は、僕には息をすることさえ煩わしい、快楽です。

ここまで。デジタル一眼レフの写真。
カメラはCanon EOS5DMarkllでした。
ここから、ネガフィルム一眼レフの写真です。
カメラはNikon F100です。  



使ったのはFUJIFILM PRO400H。
逆輸入のフィルムです。

穏やかで優しい色彩。 



35mmデジタルは、既に35mmフィルムを画質的に越えていると思います。
それでもフィルムを使う理由があります。

取り返しがつかない事が好きで、勝負が好きで、自分の腕を信じたくて。
不安で泣き無くなるくらい心配になることもあるけれど、結局は自分が自分に救われる事を確かめたいから。
だから、好き。なのも、あります。 

 

乳剤の化学反応で感情と記憶を写し込む。
0と1で写し込むよりも、規則性が曖昧な情報。

その、曖昧な隙間に。何かをいれたいと、思うのかもしれません。何か、入ってくれる事を願うのかもしれません。

ここまでが、ネガの写真。
ここから、ポジの写真です。



使ったのはFUJIFILM T64。
タングステン用の蒼いフィルム。
僕がこのフィルムを使うのは3回目。
この、蒼い世界に魅せられて、どうしても欲しい時に使うようになりました。



ISO64の世界。
何処までも沈んでゆくような、蒼の世界。
水の中のように透明で、清らかで無慈悲な感覚がたまらない。

感覚さえ、覚えていないくらいの、世界。



舞う、地吹雪が視界を遮って。
蒼に消えない白を作る。



変わらないものも、あるけれど。
変わったものも、ある。

見えるもの、見えないもの、どっちでも良くて。
誰かに何かを指摘して欲しいわけでも、判って欲しいわけでもなくて。
僕は、単純に。美しいと思う時にシャッタを押しているだけだ。
と、写真を見ながら改めて思いました。


木桃さん、とても寒い中本当にありがとうございました!








にほんブログ村 
写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)



雪原の蒼い教会@木桃いつな(旅の記録込み)

久しぶりの遠征撮影でした。
気合いを入れた遠征撮影はいつぶりだったっけ?と、記憶を巡らせた所、夏前の京都でした。笑

気合い十分。氷点下の、函館。
デジタル一眼レフでの写真掲載です。



いつからか、教会。がとても好きであちこちの教会を見て回っています。
日本にある教会は、異国に迷い込んだようで。
現実か夢か判らなくなります。
  


雪は溶けずに指先についても、結晶のまま。
雪国の夕暮れは、蒼暮れです。



ここは、ハリストス正教会。
(一枚目はカトリック元町教会です)
ロシア系教会。十字架の形が独特。
聖ニコライの肉体の一部が在ります。
なんか、不思議なモノでした。

入った印象がまた不思議で。
教会、って感じがしないんですよね。不思議。
なぜかTV(NHK)の取材に映ってしまいました。笑

聖堂の中は元町教会の方が肌に合います。
鮮やかなベビーブルーに金色の星々。
高い窓から眺める雪景色が本当に、綺麗で。
惚けて見てしまいました。



祈り。は、願いというよりも、決意だったり想いだったりすると思います。
叶えて欲しいもの、ではなく。叶える為に誓いを立てるもの。
カミサマに聞いて欲しいのは、誓いの言葉です。 



神父様は「赦してくださる」と言っていたけれど。
僕は赦して欲しくないと、思う。
償いをする事が、生きる事であると思うし。
痛みや焦燥感が、この身体を動かす糧になると思う、から。

だから、美しいものを、見て。
美しいと、思うのだと思います。



夜の函館も、とびきり美しかったです。
雪の教会は本当に美しい。

 

そして、行ってみたかったCafe mountain BOOKsさんの美味しすぎるマフィンサンドをほおばり、赤煉瓦倉庫まで歩いて海の幸とビールを頂きました。
つぶ貝のお刺身が…!今迄食べたつぶ貝の中で一番美味しかったです(><)さすが函館…!

木桃さん。吹雪の中の被写体、ありがとうございました。











にほんブログ村 
写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)



夜の使者@木桃いつなTestShoot

ちょっと企画をしている撮影のテストショットということで。
木桃さんを撮らせて頂きました。
いちおうテストショットなので、コンセプトなどは無いのですが。
家にある在り合せのものだけで作ってみました。

なので、作品云々というよりは機材とメイクのチェックです。

 

テストショットの理由はシルバーホワイトのウィッグ。笑
いや、どうやっても露出的に難しいかなぁ、と。。。  



室内を予定しているのでタングステン一灯で撮影してみました。
色温度下げきれなくてそれだけフォトショで下げてます。。。
一般的にカメラの色温度最低は2500Kなのですが。
フォトショCS5現像で2000Kまで下げられるのです。
うーん。すごいなぁ。。。其処迄さげることないっしょ。と思ってたのに、ううっかり2150K設定です。 



一灯はライティング云々じゃなくなってしまうのですが。
自然で好きなんです。
本当はメインで一灯、サブで一灯、ストロボバウンス1/125くらいで焚くと陰影が自然に出るのですがあえて、陰影つけてみました。
少しくらい白レフで光起こしても良かったんですが、やめてみた。  



闇に自然に消えてゆくというか、溶けてゆくような肌が良いかも。と。

鳥籠の中にライトを入れているのですが、あまりに強すぎたのでストールをぐるぐる巻いてます。
(長時間巻いとくと火事になるのでご注意ください。。。) 
 



そして。メイク。
うーん。もうちょっと色々やりましょう。。。かね。と、言う事が判りました。
白ヅラは難しい〜!!



ちょっとでも金髪だったらまだ肌色となじむのですが。
完全に白になってしまうと、肌となじまないので非常に困る。
コスプレかV系みたいですが。笑  



テストショットなのに、割と本気で撮ってしまいました。
いい表情をしてくれると、本気になってしまいます。笑



構想2分・撮影場所準備10分・メイク15分・撮影30分でした。
イメージは何も無かったのですが、撮影している最中にちょこっと色々出て来て、それで固まっていった感じです。

蝶は本物。標本が傍らにあったので持ってもらいました。
桐島の部屋の一角が怪しげな空間に変身。笑
でも、これ、ほんとに一角です。



シルクシャンタンのようなストールから漏れる光が。
鳥かごを繭のようにみせてくれて。
それが、非常に綺麗なのでした。



木桃さんお疲れさまでした*
また、本番まで何回かよろしくお願いしますー!

あ、この企画には何人も声をかけさせて頂く予定です。
詳細は本人様に伝えますので、お声かかった方、良かったら聞いてやってくださいね(強制じゃないですよ。笑)



追記。
シルバーウィッグを装着し、思わず「ガガ様じゃね?笑」という会話をしたのは内緒です。笑
ガガ様ならもっと色々盛らなきゃね。。。笑









*もうすぐ最終刊です。*



にほんブログ村 
写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用


断絶と忘却の、記憶@木桃いつな

此処で、6月に写真を撮りたい。
何処かのサイトで見た一枚の写真をずっと忘れられなくて。

何年も、思っていました。 



睡蓮の咲く、宮殿のような。お屋敷。

足元の黒から花開く、音の無い午後。

直前まで降っていた豪雨は俯瞰するように、僕を眺める。

さぁ、どうする?

僕は、見上げる。

さぁ、どうしてくれよう。



繋がらない記憶。

繋がっていると錯覚しているのは、今日の、自分であり。
昨日死んだ自分は、全くの別人かもしれない。

境界線はとうに、越えてしまっていることに。
気づけないのは、自分だけなのかもしれない。

水の繭を纏い睡蓮の香が立つ。
何処か日本的な匂いなのは、きっと水無月だからだ。

そう、思いたい。自分が居るからだ。 




人は、次の日が来ると信じて。
何の疑いも無く、眠りにつける。

明日が昨日と繋がっているものと、信じている。

それは、誰が。教えてくれたこと?
そんなもの、マヤカシかもしれないのに。 



透明に孵化する身体は、きっと断絶されているままだ。
きっと。繋がっているものなど、何も無い。

呼吸が、睡蓮のため息と重なる。
白い大理石の冷たさが、冷えた膚と同じになる。




透明な色彩と。空気を、写したくて。
意識が、睡蓮のようであればいいと願った。

日本風なイメージにしたかったのは。何かの願いなのかもしれない。
何処か、サナトリウムのような孤独感を出せたらいいな、と思った。

健康そう、というのは一種の幻想だ。
不健康そう、というのも、幻想だ。




雨に濡れた新緑は透明で、すがすがしい。
深呼吸をして、眸を閉じたくなる。

木桃さんは、不思議な存在感のある被写体で。
色んなロケーションで撮影させて頂いているけれど、映るものは大抵ひとつの感覚を核として構成されている。

それは、決して柔らかくはなく。優しくも、ない。
割られた鉱石のように鋭く、鋭利で、綺麗な核。
少女らしさ、というと若干語弊が生まれてしまうのだけれど。
良い意味で、公平な残酷さを持ち合わせていると思う。




撮影地は大山崎山荘美術館。
モネの睡蓮と、バーナード=リーチが素晴らしい美術館でした。

個人的には。それより、何より、この小さな空間が。
素晴らしかったです。

動画も撮影しているので、ただ今誠意編集中。
(というかソフトウェアの勉強中。笑)
いつになるか分かりませんが、お見せできればいいなぁ、と思います。

木桃さん。ありがとうございました。








*新刊出てますよー*



にほんブログ村 
写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)


木桃いつな@白薄の意識#3


泡沫の曖昧な春の色彩。
これで、さいごです。

 

同じテーマ同じ衣装同じ季節で、連続写真のように撮る。
それでも、日ごとに人の感情も、在り方も、違う。

当たり前なのに、理解してるだけで、判って無かった。
そんな、春のさいご。




撮りたいものは、境界線。
僕の意識でもなく、木桃さんの意識でもなく、春でもなく。
ジレンマのような、境界線。

どうしても手が届かないような、恍惚。
届いたら終わってしまうから、終わらせないように。
そのまま蓋を閉めた、春の色彩。



人間には眸がある。口がある。手がある。
どんな事で伝える事も出来るくせに。
何も伝えたく、ない。という、意識。

大切な記憶は、他人に触れさせるものじゃあない。

ある人は僕に、そう言った。
その人の記憶の中の僕は、どんな貌をしているのだろう。
ふと、そんな風に思った、桜吹雪。



伝える事に、何の意味があるだろう。
言葉にする事に、どんな力があるだろう。

きっと、何もない。 何も無いから努力する。

何もしなくても、答えは出ている。
その言い訳が欲しいから、人は何かを伝えようとする。

努力して、努力した気になって。
何かを得た気になって、勝手に安心する。

でも、其処には『ほんとう』は何も無い。



白く薄れてゆく、春。意識。記憶。感情。

消えはしないけれど、存在もしない。
認める事は何にも成らないけれど、自分だけが知っていればいい。
だから、必要なものは、何もない。

存在することだけが、唯一の答えで在るように。
願う、春でした。



2010年木桃いつな『白薄の意識』はこれでさいごです。
木桃さん、被写体ありがとうございました。






*新刊出ました*



にほんブログ村 
写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

木桃いつな@白薄の意識#2

前回の続き、のような。
全然違うような。
でも、同じような気が。する。

そんな、世界です。夢の続きのようです。
東京の桜で撮影させて頂きました。2回目の『白薄』木桃いつなさんです。

 

前回と同じ衣装で、お願いしました。
短時間の撮影だったのと、寒かったので、ね。笑
今日は日差しが気持ちよく、とても穏やかな朝でした。




真っ先に咲いた上野公園の桜はもう半分以上散ってしまって。
赤い穂先のような星がたくさんでした。
満開も、好きですけどほとんど散ってしまった桜も好きです。



今回も衣装はフランシュリッペ。
ぼんやりシリーズです。色合いがとても可愛い。
前回はビーチシリーズだったのですがとてもダークな感じだったので。笑
今回はふんわりです。



白く塗り込められてゆくイメージ、というのは。
きっと、判らないのですが。
意識の変化が、どう在るのか自分では判りませんが、
前回よりも、柔らかな温度の春色な気がします。



八重桜は満開。
ふんわり、新芽も芽吹いて。
温かな春の朝。

柔らかなのは、意識じゃなく。世界でした。



白く、白く、消えてゆく世界は眠りに落ちるようで。
でも、夢から覚めてしまうような。曖昧な境界線。

夢と、現実。
どっちが『真実』か、なんて。誰にも判りません。 



そんなの、どっちでも良いじゃないですか。

と、また。どちらかに、融けてゆく意識の欠片で掴んだ世界のような。
そんな、春の色彩でした。

木桃さん、2回目の撮影も。ありがとうございました。
こういう変則的で計画的持続型の撮影方法も面白いですね。笑






*新刊出ました*



にほんブログ村 
写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

桜の季節の七五三。

 

土日は撮影に行ってきました。お仕事の撮影なので写真はなし、というか。
ほんとにちょこっとだけ。。。

大切な人の記念写真を撮らせて頂けるというのは本当に嬉しいことです。
桐島に、その世界と時間を切り取らせてもらえる権利がある、ということです。

本当に、きらきらで温かな素敵な時間でした。ありがとうございます。
これから編集作業に入らせて頂きます。
それも、本当に楽しみです。



笑顔と、優しさ。たくさんの幸せ。が、全部、全部、此処にありました。
本当に穏やかで素敵な時間でした。

あぁ、いいなぁ。素敵だなぁ。と、僕も笑顔でシャッタを切りました。
「ナオさんは本当に写真が好きなんですね」と、笑顔で言って下さって。
それもそうなんですけど。
本当に、素敵なご家族だなぁ、と。自然と笑顔になってしまったんです。

こちらこそ、ありがとうございました。
 





*新刊出ました*



にほんブログ村 
写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

木桃いつな@白薄の意識

    


今朝の、東京の桜です。
朝の空気。凛とした色彩。

張りつめた温度と、何処か曖昧なままの意識。




木桃いつなさんを撮らせて頂きました。
今回は「白薄」が、テーマでした。

薄い、溶けてしまうような色彩。
白に融けてしまう前の、色彩の輪郭の最後のひとつ。

じりじりと、せめぎあう境界線。



春は、不安になります。
色々動き出さなくてはいけない気分にさせられます。

本当はまだ、冬にしがみついていたいのに。
春という理由だけで、走らされるような、そんな不安感。



それでも景色は色づき、花は香り、美しい色彩が在ります。
存在することが美しく、そこに理由なんかは無く。

己の意識に苛まれて、結局は春の所為にしたいだけ。
美しいものは、美しい。

感情なんか、ちっぽけだと。 思い知らされます。



見つめる先の、感情が何処へ向かっていようと。
それは、個人の意識。
見つめているのは、自分の意識。

向かい合おうとも、背中を向けようとも。
一生交わる事はないでしょう。

だから、他人である意味が生まれる。
それを、大切にしたいと。思うのです。



桜霞に攫われて。
意識も境界線も、白く白く白薄に塗り込めて。

きっと、透明水彩にみせかけたアクリル。
気がつけば色彩など塗り込められてしまって。 



最後のひとつ。
投げかけた目線が、刺さる。

木桃さんの、虚を突く意識がとても好きです。
恐怖とも近い、震える意識の共鳴。

柔らかいのは色彩だけで。
べたべたと塗り込めた春の意識。

#1でした。
桜は、まだまだ。咲き誇ります。

木桃さん、寒い中被写体ありがとうございました。






*新刊出ました*



にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

咲真NUDE@モノクローム

 

唐突に、「撮らせて」と言い。
撮らせて貰いました。

なので、またちゃんとセッティングして撮らせて貰います。
でも、作品なので。記録。 咲真くんのNUDE.



別にNUDEで在る必要は無いのかもしれない。
けど。
衣装、というものが無い、個人という被写体として。
NUDEというものはとても面白いと、思う。
昨年度、セルフNUDEを撮ってて。
光線状況とかライティングとか色々実験したので。笑
今年は被写体として他人を撮りたいっ!! 



光溢れる、屋根裏。  ライティングは一つだけの、白熱灯。
もっといいカットはあるのですが。
それはまたの、機会に。。。 

人の四肢というのは、いいですね。
身体というパーツが好きです。

今年は身体を撮りたい、と。思うのでした。
方々で約束してるので、楽しみ!

咲真くんほんとにありがとう。





*新刊出ました*



にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

栗田りあ@凝結するモノクローム

 



りあ姫撮影の、モノクローム分です。

あまりに雰囲気がが違うので、別枠で掲載します。笑

翠の方は透明感ある感じで。初夏なのに、此処は冷たい冬の巴里のよう 。



俯いた貌。

何故か冷たいタイルの床が似合います。



古い石造りの建築に大きな並木。

あぁ、そうえいば。春の直前、だったなぁ。と、想い出します。





映画のワンシーンのようです。

これだけレフ板当たっているようですが(笑)

実は桐島の背面にある硝子のビルが夕日を反射しているのです。

なので、逆光なのにこんなに光が在るという…。

桐島はレフ板もストロボも使わないので。

こういう光線状況は面白いなぁ、と。思います。

仕事の撮影ならレフ板も使ったりするのですが、個人的な作品には使いません。

自分が見ている綺麗な光景が、世界の全てであり、美しいものだから。

その場に在る、光を読んで光を回す事を考えます。
露出だけで、出来る限りの事をしてみたいと。いつも思います。

もちろん、上記のような特殊な状況も全て、含めて。です。笑 




此処は、綺麗なアーチがいくつも連なる場所。

遠くに見える出口が、ほんとうに遙彼方のようで。

こういう表情のりあ姫は、カッコイイなぁ。と、思うのです。
 

媚びない。って、難しいと思います。
人に好かれる事と、好きになって貰う事は違うように。


当たり前の事を、当たり前に。自分の信じるように出来る人って。

なかなか、少ないんじゃないかな。って、思います。
誰かに、「良いね」と言って貰う為じゃなく「認めて」貰う為じゃなく。

自分が良いと思うから「良い」

雑誌を見れば何処も「モテ服」で。恋愛話を聞けば「好かれるには」で。

媚びない綺麗な人、というのは。本当は少ないんじゃないかな、と。思います。





大きすぎるくらいの楠木。大きな枝が石造りのベンチに伸びて。

さぁ、どうぞ。と、声を掛けているようです。

なんか、フェアリーティルみたい。笑

さしずめ、ここは英国でしょうか。

季節も時間も国も、何もないただの、「写真」という世界。

凛としたりあ姫でした。

強風の中被写体ありがとう*






*新刊出ました*



にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM