栗田りあ@翠の時間

 



何年ぶりか判らないくらい、久しぶりに。りあ姫を撮らせて頂きました。

実は本当に久しぶり。会うこと自体が2年ぶり?
たぶん、幼なじみです。笑

彼女は、昔から変わりません。

ちょっとづつは変わっているのだけれど。
ほとんど変わらない。

でも、シャッターを切ると。「あぁ。同じじゃないんだな」と、いつも思います。 。



りあ姫と対峙すると「どう撮ろうか」悩みます。

撮り始めないと絵が浮かばないのです。

いつもは何となくのコンセプトは決めてゆきます。

imageは漠然となんですがこの前の木桃さんなら「季節の狭間で世界を見つめる傍観者」だとか、長月くんなら「雨の中で祈りを捧げる人」だとか。

そういう世界観的なimageは被写体に告げて、共有出来るものはなるべくしたいと。思うのです。

でも、彼女の場合はその場その場で織り上げてゆく感覚です。

何も無い所から、即興で作り上げる。言葉もあまり必要無く。過程も必要無く。

地から芽吹いて一気に花が咲くように。
なんだか、偶然の産物のようで。
実は確信に近いような。不思議な感覚です。



勿論。織り上げてゆく感覚の共有というのは、どの被写体さんにも在る事で。

その感覚が快感だったり、難しかったり、出来なかったり、するのですが。

撮影者と被写体が縦糸と横糸になって、ちょうど良いバランスでないといけない。
どっちかの力が強すぎても、綺麗な生地にはならないのです。

りあ姫とは、麻布のような。とてもざっくりした生地のような気がします。

太い糸と、糸。糸の間には隙間があるけれど、強い、生地。

今回撮っていて。そんな事を考えました。





とても風が強い日で。綺麗な楠木と出逢い、鮮やかに舞うワンピース。

木漏れ日が、初夏のようで不思議な錯覚。

あれ?今。此処は、何月の国だっけ?と。笑




りあ姫は、とても可愛い顔をしています。

なのに笑った写真が少ない事に気づきました。笑

とても「媚びない」彼女の、そんな表情が。僕は割りと好きだったりします。

斜めの目線の先の、その向こう。

何を見ているのか、僕は聞かないけれど。

聞く事に意味は無く、答えを知っても何も変わらない。

そんな、距離。





大きすぎるくらいの楠木。大きな枝が石造りのベンチに伸びて。

さぁ、どうぞ。と、声を掛けているようです。

なんか、フェアリーティルみたい。笑

さしずめ、ここは英国でしょうか。

季節も時間も国も、何もないただの、「写真」という世界。

凛としたりあ姫でした。

強風の中被写体ありがとう*






*新刊出ました*



にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

長月裕@雨に祈れば





昨日より気温がぐっと下がった日曜日の午後。
長月くんを撮らせていただきました。
カフェでお昼中の長月くん。
鮮やかなブルーのニットがなんか可愛い。笑

そして。今回の撮影は、かなりな地元。
いつも電車から眺めている風景です。。



車窓というのは不思議なもので。
実際にはその場に一瞬でも、自分は存在しているハズなのに。
地を踏みしめていないから。
どこか夢の中のようです。

この日初めて自分の足でここに立ちました。

でも、そこは、やはり。夢のような景色で。
ぼんやりと美しい、世界でした。



ちょっとソフトフォーカスなのは雨のせいです。笑
傘は差してないのでずぶ濡れで。レンズが曇る&雨粒が…!笑



しかし撮らなくては勿体ない光景。
長月くんの傘を出ると、音は消え。

僕は、雨の中で景色のひとつになります。




そして。雨の中、存在する綺麗なものを、撮るだけのイキモノでした。





長月くんを撮ると音楽が聴こえる事があります。
音楽というか、音階のような。



写真を撮っていると世界は無音に収縮してゆくのですが、その無音の世界に微かに響く、確かな何かがあります。
長月裕という被写体の魅力は、僕はその音階だといつも感じます。



雨と共に降り注ぐ、静かな音階。
それは降り注ぐいくつもの祈りのようで。

天を仰ぐ長月くんは、いつも。とても美しいと思います。



これだけ、トリミングしてます。
大きな水溜まり。何処かの国の湿原のようで。何故か懐かしい感覚です。

長月くん、雨の中本当にありがとうございました。
風邪をひかないようにしてください。笑(←僕もね)




*そろそろ新刊出ます*



にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

木桃いつな@雨の庭と傍観者

雨の土曜日。
降り始めはいつだったか。もう、覚えてなくて。

いつの間にか、僕を包み染み込む雨。 




木桃さんを撮らせていただきました。



ヘッドドレスは桐島作。
紫陽花プリザーブドフラワーを、珈琲染めしたガーゼ布に手縫いで留めて。
花の王冠のよう。

見上げた空に雨雫。
芝生には消える音もビニル傘には鮮やかに響いて。*



世界は誰の為に存在するのか。

ヒトは結局は一人の物語の主人公でしかないと言う事実を、ぼんやりと考えます。
それは脳を誰かと共有することが出来ないのと同じこと。

誰かと生きても誰かの為になっても、ひとつとひとつが糸で繋がるだけで。
同一には成らないという、こと。

誰かの夢を共有した気になって、誰かの物語に入り込んだ気に成る錯覚もあるかもしれない。



けれど、それはひとつづつの物語の交錯にすぎない。
そして、その交錯さえも。見つめている眸が在る。

そんな、境界線上の住人。



干渉するという事は、残酷さでもあり。
干渉しないという事は、優しさでもある。

勿論、逆も在る。

降り注ぐ光は、僕を照らす為に存在しているわけではないけれど。
僕は、勝手に恩恵を受け。勝手に感謝をしている。

そうして個個が繋がることだけが、世界を構成しうる事実で在るけれど。
真実はまた、別の世界に、世界の数だけ存在しているね。



共有しているという錯覚もまた真実。
同じ意識にアクセスしているという、意識。

意識は自分の中にしか存在しないハズなのに。
事実と真実。は、別の世界の住人のようです。

それは、君と僕。あなたと彼のようで。
酷く美しい世界が存在しているように、見えました。

雨の中、ありがとうございます。
とても美しい雨の中でした。




*そろそろ新刊出ます*



にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

蒼の思考に沈むシリーズ。

 今、拍手のお礼画像になっている花のシリーズですが。
定期的に撮り続けています。 

連れて帰って、2、3日してから撮影することが多いのです。
なんとなく。お互いが分かってからの方がいいかな、というか。
それくらいのタイミングが、2、3日なのかもしれません。




このシリーズは継続的に撮ろうと思っていますが、いつからいつまで撮る!とか、何回くらい撮る!とかは無いです。
拍手コメントで、素敵な言葉をいただき。喜んでおります。ありがとうございます。
出来れば一年くらいはたくさんの花を撮ってゆきたいなぁ、と。思っています。

最近日中に個人的な写真を撮ることが難しくなってしまったので…ベランダの緑さんの世話も朝の水やりくらいしか出来ず…うーん。。。本当は温室を造りたいのですが。笑
…なので、夜にライトを出して作業することにしました。笑
結構明るいやつで。丸い硝子の玉なんですけれど。
満月みたいで、なんだか可愛いんです。手元に満月。みたいな。



2月の日記がなかなか書けず…すみませんです。
みんなでスノボー&スキーに行ったり、出張PhotoCafeに行ったりしてましたよ。
出張はスクラップブッキングのサークル?みたいな集まりで。
たくさん質問頂いて。僕も楽しく授業させて頂きました*
スキーの写真はもう作ってあるので…時間を見てアップします。



このシリーズはいろんな花はもちろん、いろんなカメラでいろんなレンズで撮っています。
この3枚だけでも、上からCanonEOS5DMarkll+EF100LMacroISでラナンキュラス。
NikonD300+AF28-153Macroでコデマリさん。
CanonEOSKissX3+EF-S60Macroでチューリップです。

もうちょっといろいろやってみようと思っているので、またアップしたいと思います。ね。



*そろそろ新刊出ます*



にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)


年越し京都奈良の旅@一日目 ゆーま撮影

京都に来たらゆーまに逢いたいなぁ、と。
いつも思っているのですが。今回も逢ってきましたよ。
何だか色々とりこんでたようですが。笑
無事でなによりです。うん。



今回は漠然とイメージを考えてたのですが。
本当に漠然と、しか。考えてなくて。
ゆーまの撮影の時は大抵そうかもしれない。
撮ってみて、その場の空気とかで、決める。

今回はモノクロームです。
なんかゆーまと話してたらモノクロの方がいい感じだったので。
僕を生かしてくれるのは、紛れも無い、この、痛みで。
僕を駆り立ててくれるのは、どうしようもない、この、焦燥で。



冬は、モノクロが似合うと思います。
彩度が低いから、というのもあるけれど。
閾値が低いというか。抑圧された中の見えるものというのが。
明確になる気がします。

モノクロって、色情報が無くなるから。
単純化されて、余分なものがそぎ落ちて。
本質的なものや美意識だけが、残るのです。



だから、モノクロは心の質量が重い人じゃないと、いけない。



撮影地は大学の構内。教会です。
なんか罰当たりな格好してますが。笑



ゆーまは、綺麗です。
佇まいというか。

顔が綺麗、なのはもちろんだけど。
空気が綺麗。清浄な綺麗さじゃなくて秩序的な綺麗さです。

す、っと。
芯が立つ瞬間というか。



凛とした、という表現が似合う。
それでいて、色があるから、狡い。笑
色は、「イロ」じゃなくて「シキ」。

当たり前の景色が、ゆーまが居ると、当たり前じゃなくなる。
「流れ」が、生まれます。



今回も、バイク乗っけてもらいました。
ありがとーです。



なんか、パリみたいだね。笑



そうそう。髪の毛パーマかけたんスよ〜。
と、言われてすっごく楽しみにしてたんだけど。

かわいかった。笑
まんま、おんなのこみたいな写真とか、あってかわいい。笑


前にヌードを撮らせてもらう約束をしてたのですが。
ゆーまはガンガンそのつもりで今回の撮影を引き受けたらしく。笑
「ぬーどじゃなくていいんですか?」と言われました。笑
「うん。だって、寒いでしょ?」と、笑顔で返したり。
「野外っすか!?」と、ビビられました。笑
いや、別に野外…でも、いいけど。笑

an-anのヌード特集バリなぬーどを希望してくれたので。笑
次回のゆーまはぬーどです。笑

ゆーまファンのみなさま。ご期待ください。

僕も期待してます。笑




さっむい中ありがとう。笑

明日の京都は雪らしいです。
雪の京都で年越しかぁ。





*2010年カレンダー販売中です*



にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

咲真@おもちゃの二眼レフ



大人の科学のふろくの、二眼レフ。
だいさんに買って来て貰ったので(桐島の分も…!)使ってみた咲真くん。
それを撮る桐島。桐島のはまだバラバラなのです。

二眼レフなのに35mmフィルム仕様なのでちっちゃいのです。
普通、二眼レフはブローニフィルムという120mmのフィルムなので2倍くらいのおおきさ。



夕焼けの河川敷。
ドライブがてら千葉を横断。競馬牧場を通り抜け単線路を越えて河川敷へ。
金色の景色。色温度は4600K。



咲真くんの髪の毛をまたちょっと切らせてもらいました。
この前は赤ずきんイメージで目の上ギリギリで揃えたので。
眉毛ちょっと出るくらいでぱっつり。



かわいいです*

あたまについてるのは桐島のコサージュ。笑
クリップ付きなのでヘッドアクセにしてみた。



夕焼けの金色。
逆光の金色。
ふんわりした色彩。
柔らかな色彩。

きっと、5年前には撮れなかったなぁ。なんて思う。
こういうのも、撮れるようになったんだね。
撮るように、なったんだね。 お互い。

カメラとレンズは赤ずきんと同じEOS5DMark2とEF85mmのF1.2Lllです。
今日は全てF1.2で撮ってます。ふわふわです。でも、シビアです。笑

髪の毛の感じとか、すごく描写が綺麗なんです。
もっと大きくしても、綺麗。

あぁ…このレンズのいいとこを見たなぁ。って、感じです。




空気感、てよく言葉にあるけど。

空気の感じ。って、見えないものを感じられるということ?

それって、不思議で。魔法みたいだ。

でも、確かにこのレンズは空気も、写してしまう。





2回目にして、ようやく。掴めた、かも?笑

じゃじゃ馬レンズ。癖が在りすぎる。

だからこそ。試されてる気がして。笑
とても楽しい。

咲真くん。綺麗なまつげ。
下向きの顔も好きです。

今日の写真を現像してもらうのが楽しみです。
どんな風に撮れているのでしょうか、ね?


久しぶりにフィルムカメラでも撮りました。
NikonF100に50mmF1.4オールドニッコール。カニツメくん。
僕の現像も楽しみです。

デジタルカメラもいいけど。
久しぶりの巻き上げの音に、腰が砕けそうでした。笑
…なんか、色っぽくて。笑

…あーー。。。F100いいカメラだなぁ。笑

にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

咲真@赤ずきん撮影



咲真くんで童話シリーズを撮りたいと思っています。
なんていうか、オリジナルっぽい感じで。
なので、タイトルはなんとなく。の、雰囲気です。

髪の毛を、(桐島的な)赤ずきんちゃんのイメージでカットさせてもらいました。
僕的にはぱっつんボブのイメージです。
それか、おかっぱちゃん。



まっすぐに切りそろえた横髪が綺麗に入りました*
片目のさくまくん。



レンズは初めて使うEF85mmF1.2Lllです。
久しぶりに使うEOS5DMark2の感覚に戸惑う桐島。笑
1DsMark3に慣れてしまったという愚か者…。。。
シャッターのタイムラグに泣く。笑

半逆光で撮るととてもクリアで透明感のあるさくまくん。



このレンズ、完全逆光だとAFが全く動きません。笑
なので、MFに切り替えしてるのですが…。

フレアの入り方がとても好きです。
ゴーストもハレイションも。なんか、すごくいいんですよね。



こういうのをレンズの持ち味と言うのだろうけど…。
じゃじゃ馬すぎて使いこなすのが難しい…。笑

さくまくんは本当にきれい。だから、それを撮りたくて。
斜面がとてつもなく急なので頑張って撮ってたりしました。笑

ちなみに、こんな斜面…を、登ってたんですよ。二人して。。。笑



勾配自体はそんな急でもないんだけど枯れ葉と腐葉土のふかふか&ツルツルで滑る滑る。笑

…赤ずきんは森の中は歩くけど斜面は登らない…ですよね。。。笑



冬のハジマリの、森。

そして、もう一人の赤ずきん。



少年、赤ずきんです。笑
金髪さくま。ひさしぶり!



さくまくんとは初対面が金髪だったので(笑)何だか馴染みが深いです。笑
いや、あの時は僕も金髪だったんだけど。。。笑

少年さくまの、魅力は、この高圧的な表情だと、僕は思います。



ふん。

みたいな、見下した目。笑
ジルベール的な高貴さがあると思うんですよ。

少年というと、枠にハマってしまいますが。
まぁ、少年て言わなくてもいいんです。
中性的というか、無性的というか。未分化のまま完成したような。
そんな、さくまくん。



少年にも、少女にもなれる、さくまくんは素敵です。
きっと、どっちにも、なろうとしていないから、なれるのだと思います。

そういう「枠組み」にハマろうと思ってないから。
だからこその、個性なんだと思います。

「少年」から「少年」をとったら何も残りませんが
さくまくんから「少年」をとっても、何も減りません。



なので、さくまくんを撮り始めて7年目。
今年になって初めて「少年」というキィワードを使い始めました。
そうやって単語で人を括る事が好きではなかったので使わないようにしてたのですが、括っても括りきれない個性の人には、意味が無い意地のような気がして。笑

あえて、今年から「少年咲真」を撮っています。

そして、その中で少年という枠を越えた、咲真を撮りたいのです。



ちょっと不完全燃焼だったので。また撮らせてもらう予定。

色々思考はしますが、写真を撮っている時は何も考えません。
思考は感情に融けて。感情は、時間に融けて。
時間はファインダの暗さに消され。

写真は、ただの、写真です。

さくまくん。寒い中ありがとう*
また、よろしくです♪


撮影地は山梨県の森の中でした。



にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

木桃いつな@franchelippee



ちょっと前の11/8に撮影したきたものです*
木桃いつなさん@franchelippeeです!
りっぺちゃんが好きで好きで仕方ないので、手持ちの洋服全部持って撮影しよう!という大人げない大人の撮影会でした。笑

全部で50枚近くあるのですが、fotorogueとmixiフォトに全体公開でUPしています*
りっぺちゃん好きな方、ももたんのファンの方。
良かったら是非どうぞ*

あ、しろーもたくさん出てるので。笑
しろーファンの方も是非。笑



撮影地は横浜の某ホテルのとても良いお部屋です。
壁紙が薔薇の紋様でとっても可愛いくて。
壁紙とソファで決めました。笑

撮影は6時間に及び…初めて多灯ストロボで撮影したので二人ともちょっとぐったり。笑
途中、休憩入れたのですが大変充実したステイでした。笑


にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

咲真@21世紀美術館



空の夢を見た後は、何の夢を見ましょうか。
さくまくんとは、久しぶり。僕は2月ぶり。
金沢の21世紀美術館へ行ってきました。

此処へ来るのは3回目で。そういえば、そんなに来てたかなぁ…と。思案。
何時来ても全く違う顔を見せてくれる場所です。
変わらないけど、変わってる。そんな、場所。

今日は午後から大雨だったので、夜のレアンドロも、雨でした。
水底から見る暗いソラ。波紋と雨粒が無限の連鎖をして。
閉館時間になって最後まで残っていた僕らはずっと、動けないで居ました。
雨の夜のレアンドロは、今月出る11月と12月の物語の誌面上で掲載します。
この、さくまくんのメイン写真も。そっちに載せます。

此処は、真っ白な空間。
地下、なんです。

地下の真白な空間て、何故か世界の果てみたいです。
誰も居なくて、音も無くて、柔らかな静寂というか。
時間が、見えてしまいそうな。空間でした。

今のSTORYPhotoの入り口の写真の、地下です。
あれがメインの写真。オブジェなのですが、灯りが消えた、後です。

タイトルが何だったかなぁ。と、倦ねいてたり。笑
「夢の終わり」とかそんな、感じだったような…。。。うーん。



そして。階段を降りてゆくと、地下に出るのです。
いくつかの部屋があるけど、誰も居ない空間。

不思議です。

さくまくんは、何処に居てもさくまくん。
それって、すごいことだと思うのです。
力が在るんだけど、支配するような力じゃなくて、染まらないだけ。
周りの空気が寄り添うような、力。
だからさくまくんは何でも似合うんだと、思う。
力、って。魅力だと思います。

流されないのって、むずかしい。
自分の意思で立つって、むずかしい。

流されてしまったほうが、他人の意見に応えた方がラクだから。
変わらないでいることと同じ。

「世間一般」なんて、誰の何処の、世界の法律でしょうか。

幸せのカテゴリィは自分だけのもので、在るべきです。



…なんて。真面目な話みたいになってしまいましたが…。

撮影中の可愛いさくまくんをお披露目。笑
あまりに可愛いすぎて大反響です。笑



さくまくんは今日もじろーと一緒です。

しかし…。





割りとすっぽりハマったらしいです(←助けない桐島…。)



あまりに可愛いので助けずに撮ってしまいました。笑



にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

咲真@秋絨毯



前にもこんな写真を撮ったね。 と、言葉にする。

言葉にする、というのはチカラが必要な事だ。

口に出してしまったら、勿体ないコトバというのもある気がする。

鮮やかなる世界。 懐かしい。

あぁ、そういえば。 僕はこんな世界も知ってる。





綺麗な眸を見るとファインダの中から見つめてしまいます。

空を反射して、蒼が輝く眸。

ぴりぴり するのは感覚ですか。時間ですか。

きっと、答えを求めている人達には判らない。
それだけが、答えじゃないから。

僕らの事は 僕らが知ってればいいと思うよ。

だって、僕らでさえ、こうして交わさなければ判らない。



判ってしまうのが、勿体ない。とも、言えるこの世界。

変わってない。けど、変わった。

変わらないものなど、何もない。

変わってないように見えるのなら、それは気のせい。
変わったように見えるのなら、それは思い込み。

本当はどちらも同じこと。


綺麗なものは、綺麗。
僕はそれを撮りたい。
ただ、それだけ。

さくまくんは本当に綺麗。
感情の鋭敏な先端に触れたようで。
突き刺さる。
その、感覚が本当に綺麗。



かなり、かなり。

暗かったのです。笑

シャッタースピード1/5で手持ちとか。笑
ISOは1250だとか。笑
ジャングルジムの上から撮ってるとか。笑

山の中の17時。



実は、月が出ています。
満月に近い月。

でも、月はいつだって、満月なんです。
欠けているように見えるのは地球から見ているから。

見えるものが全て、ではないし。
真実は一つではない、し。

真実 なんて ほんとう は。
何処にもないのです。



鮮やかな秋色
久しぶりの色彩でした。
コンパクトデジカメで撮ったみたいな鮮やかな色彩。



カメラはいつものD300なのでした*
手を伸ばしてぱちり。得意技。笑

さくまくん。ありがとうございました*

今回で非常にイメージ作ってしまったので。笑
も、別件撮影も。よろしくなのです♪


にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM