長月裕@秋の海とAlex.

今日はナガツキくんと撮影!
運転手はナガツキくん!笑

…すみません…。
此処で撮らせて!…ここ連れてって!!と、言ったのは桐島です…。笑

いいっすよ。笑

と、快い笑顔で返してくれる優しいナガツキくんです。



そんなイケメン長月くん。運転中。
真っ白レガシィの中は、真っ黒レガシィ。

そして今日は共演者が♪




ひょっこり。Alex。
ナガツキくんのこ。

Alexも一緒に撮らせてもらってもいーい?というお願いに。

いいっすよ。笑

と、やっぱり笑顔で返してくれる長月くん。
初対面。Alex。
最初、吠えるんで…と、聞いてましたが。
すぐ馴染んでくれて。笑
高速乗る頃には桐島の足で寛ぐようになり。笑



大変可愛いのです*
Alexはミニテュアピンシャー。
ちいさいドーベルマン。

でも、なんだかAlexは可愛い。笑
目がくりっとしてて、耳が大きいからだろうね。
あと、しぐさが可愛いすぎる!!





そんなわけで。


撮影、してきました。
茨城県の海まで行ってきましたよ!!






砂丘のような砂の丘と。真っ青な空。
遮るものは何も無い、まっさらなコントラスト。

駆けるのは、一人と、一匹。






美しいシルエット。
この二人は本当に素敵です。
信頼関係が、見て判るから。撮ってて幸せな気分になります。




風車の砂浜。
いくつもいくつも、風車があって。

有機質な空間と無機質な区間の境界線に、二人が居るような。
そんな錯覚。

のんびりスナップショット。
アレックスは、呼ぶ時 アルー! って呼ぶのですが。
遠くに居てもナガツキくんが呼ぶと嬉しそうに駆けてくるのが本当に可愛い。





そして。AlはAlでもうちょっと一緒に撮ったのですが。
それはまた次の機会に。。。







ナガツキくんだけの、撮影。







僕は。この花が似合う人を、待ってました。
ずっと、好きで。
ずっと、撮りたかった花。
キング・プロテア。

遠い遠い国の、大きくて繊細で優しい花。
存在感の強さと繊細な儚さが同居する、素敵な花です。




ダリアで撮らせてもらおうと思ってたのですが。
偶然花屋でプロテアさんたちを発見し。急遽変更。
この花が似合うのは、ナガツキくんしか。いない。

見つけたのは撮影の一週間前。
綺麗なままで、居てくれるかな。
綺麗に咲いたままで、居てくれるかな。
一週間、どきどきでした。



プロテアさんたちは、綺麗で居てくれました。
ナガツキくんに再会するのを楽しみにしてたように。

この花の持つ、雰囲気と。ナガツキくんが本当にリンクしてて。
あぁ、綺麗な存在たちだなぁ。と。
心から思いました。

その場に存在するという事で、その場の空気を変えてしまう事の出来る人。
そういう人は少ないですが、確実に存在します。
勿論、ナガツキくんもその一人で。

この前感じた事は、間違いでは無かった。
この人は、本当に澄んだ空気を纏っている。





花も、人も、同じ。
そう、感じさせる空気感。

ナガツキくんがプロテアさんたちに寄せる心が。
とても綺麗なのだと。思います。

優しく透明な眸。

あぁ、綺麗だなぁ。 本当に、綺麗だ。 と。
ファインダ越しに、僕はそれしか思えず。

しなやかな指先と。
ふ、と。落とす目線。
絡み合う境界線に、触れたようで。

ナガツキくんの深さを。
本当に、ほんの少しだけ。垣間見せて貰った気分です。





其処に、立つだけで。世界を変える力の在る人。
ナガツキくんは、そんな人です。





ハジマリとオワリと同時に存在させるような。
そんな不思議な空間を持ち得る人。

僕は、それを。撮りたい。

そう、思わせる人です。


前回撮影から続けての撮影。
撮らせて頂きありがとうございました。
本当に綺麗で、まっすぐで。凛としてて。
素敵です。


長時間運転も…ありがとうございました。笑 (深く御礼)



*おまけ。笑*




撮影中はAlexにも待っててもらいました*
いい子で待ってるAlexを褒めるナガツキくん。
可愛い笑顔〜*

本当にありがとうでした*

にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

木桃いつな@Re:国立科学博物館

2007年夏に撮影した場所。

同じ場所、同じ服で、同じ被写体と同じ撮影者で撮影を。
桐島のお願いを、聞いてもらいました。

skycloverにもSTORYPhotoとしてUPしている写真の。
焼き直しをさせて頂きました。

あれは、あれで。完結しているものだけれども。
もっと、上手く撮れたはず。
もっと、何か出来たはす。
2年間ずっと考えて。
2年間、建築撮影をあちこちでして。
2年の間に、5回。この場所に行きました。

2年前の桐島ナオを越えられた、かな。
今の写真を見て、2年前の写真が霞むような写真を撮れましたか。
技術も、心も、進歩してます、か?
自分に問いかける。
絶対的に2年前の桐島を叩きつぶせないと、意味が無い。
撮らせてくれた木桃さんにも、博物館にも、意味が無くなってしまう。

完結したものの、再撮。という行為はなかなかに、面白かったです。





前は『孵化』というタイトルをつけさせて頂きましたが。
今の写真は、孵化。じゃないな、と。思った。



数年前、

建築というものを、どう撮って良いか。判らなかった。
だから、建築を撮りまくった。



その場に存在する空気。時間。創られた空間。
自然と建築の違いは、人間の意思が在るか。無いか。
それだけの違い。だけれど、共感するか、飲まれるか、対峙するか、飲み込むか、それぞれ。あって。



交錯する時間や 交錯する感覚 混じって溶けない沈殿物のような遺産。
そういった『空気』を、『溶かさないで』写し込むこと。
僕は、建築を撮ることを、そう。解釈しました。

風景じゃなくて。背景じゃなくて。
その場に意思を持って存在する被写体。

それを撮る為には 目 が必要。
発見し、被写体として認識し、作品へ昇華する 目。

当たり前なんだけど、その『目』が、僕には無くて。
目がない。 という感覚。
悔しかった。



こんなに綺麗なのに、撮れない。
その 目がない という絶望。

じゃぁ、その目が開くまで何度だってやってみる。




生きている間に、また同じ場所で同じ人と出逢えるというのは
とてもとても、ものすごく 幸運な事だと思います。

7月に、京都の明倫小学校で葉子さんと撮影した時も、そう思った。
あれは4年前。4年の時を経て、同じ場所で存在出来る奇跡。

時間は過ぎて、過去は過去になり。
その時と同じでは居られないけれど。
その、時間の経過の中で自分が見つけたもの、手に入れたもの。
相手との空白の時間。隙間の時間。埋めてゆく時間。
そういったもの全てが 凄い事なんだなぁ、と思います。




ステンドグラスがとても好きです。
この数年で、僕は『教会』や『宗教』というものにとても興味を抱き。
人が何かに想いを寄せるという事や、祈る、願う、という事自体に興味を持ち始めました。
祈るだけ。 想うだけ。
それだけ。
それだけで、価値のあるもの。




目に見えないもの。結果が無いもの。
言葉にする必要がないもの。安心するためではない、もの。

生まれた瞬間に霧散する感情のようなものを、
撮ってゆきたい。 撮りたい。

そう、思いました。

お付き合い頂いた木桃さん。本当にありがとう。
2年前の作品も、今の作品も、被写体さん。ありき、です。
心から感謝を。


僕はもっと、頑張らなくてはいけない。
学ぶべきものはたくさんあるから。
必死で、やらないと、見えないものはたくさんある、から。


全てを楽しんで。日々、生きてゆこうと思いました。




にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

木桃いつな@薔薇人形

今年最初の秋薔薇を氷水晶に閉じ込めて
お前の核にしてやるよ。







核 ?

そうさ。
ココロ って意味だよ。







さぁ。 め を開けて。
僕の、薔薇人形。







先日開花した夢香さんを氷づけにして。
撮影させて頂きました。ももたんです。

どうしても、この薔薇で作品撮りがしたくて。
でも、撮影日までは。花が持たなくて。
はらはらと 崩れてしまう前に。どうにか出来ないものかと。

やった事はないけど。綺麗に出来る保証は無いけど。
薔薇を咲いたまま 氷づけにしました。





丁度 小さな心臓のような大きさの氷。
綺麗な透明になって体温で ほろほろ溶けてゆく薔薇水晶。






屋根裏部屋に天蓋をかけて。小さな灯り一つ。
薄暗い中で光を反射する薔薇水晶。

即興的に撮らせて頂きましたが。
ももたんは、僕の思考を先読みして。
自分の中で昇華して。
新しいものとして表現して提示してくれる。
それを、受け取って、僕はまた違う世界を作る。
そんな、感じです。






本当に綺麗で 儚くて 美しい。
夢を、見ているようでした。

物語、として構成して撮ったわけではないので。
こんな物語になるとは思わず。

遊びのような撮影がとても楽しいです。


木桃さん。
急な依頼に応えていただき本当にありがとうございました。



にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

長月裕@秋の東京

ずっと、楽しみにしてた撮影。
初めて撮らせて頂く方はいつも緊張とワクワクな気分です。
長月 裕(ナガツキ ヒロ)さんです。



年上の人を撮る時の目線、というものを。
初めて意識したかもしれない。
何回も年上の人を撮らせて頂いた事はあるけれど。

自分よりも長く生きている。という、彼の世界と。
でも、その世界とリンクしている自分の世界。



撮らせて頂く事が決まってからずっと頭の中にモノクロームの世界があって。
この人は、モノクロが似合うだろうと。思ってて。
モノクロームの眸でずっと見ていました。

やはり。いいですね。
白と黒の対比にひけをとらない存在感。



どんな人なんだろう、と。色々話をしたり、目線を変えたり。
幸いにも、日々の中で結構お話をする機会があるので。笑
少しずつ話を深くしていったり。

その欠片を繋ぎ合わせて世界観を構築する。
そして、その繋ぎ合わせたものから、新しいものを作るべく
織り上げた布を切って。新しいモノを作る。
それが、創る ということ。



長月くんは僕の中では結構男っぽい顔のimageだったんですが。
こうして向き合って撮らせて頂くと。思っていたよりも柔らかい空気なのが吃驚。
あぁ、こういう人だったんだ。と、理解。



端正な顔なのですが、少しだけ無骨で。
一瞬だけ。 ふわり、と笑うんですよね。
あぁ、綺麗な笑顔の人だなぁ。と、思いました。


そして、後半戦。

あぁ。そっか。と、納得の空気感




しなやかさの中の凛とした清浄な空気。
綺麗だなぁ、と。

モノクロームの目が、何処かへ消えました。



忘れ去られたようなこの空間に存在する人。
静かなんだけど。リアリティの在るこの空間にとてもあう。



視線、というものを常に意識して撮っています。
花でもモノでも、被写体という存在が何処を向き何を見ているか。
実際のものを見ていなくて、思考を視ている事もあり。
その先に、何が在るか。 いつも僕は暗い四角い中から見つめています。

だから、被写体=撮影者のまんま、イコールなカメラ目線写真は。
余程の伝えたい事の共有が出来ていないと、つまらなくなってしまう。



そして、伝えたい事が明確に存在しているならば。
カメラを視る事が無くても、その場の空気を撮ることで。伝えられると思うのです。



スポットライトみたいな光。
光を読んで、こういう風にするのがとても好きで。
加工じゃないんですよ。フィルターも使ってなくて。
撮ってそのまま。レンズを通した光。

その光がとても好きで。見つけられると嬉しくなります。



初めて撮らせて頂いて。
色々見えた事があります。色々発見した事があります。

あぁ、そうだったんだ。 あぁ、そうなんだ。 って。
そういう風に発見があるから面白い。
面白い人は、面白い。

長月くん。今日はお疲れさまでした。
色々気遣ってくれてありがとうです。笑







そんなイケメン長月くんの可愛いおまけ。



カフェで子どもが持ってたクリームソーダを見て本気で羨ましそうだったので桐島が2個買ってきたのを、嬉しそうに食べる長月くん。笑
なんて笑顔で食べるんだ。笑

ホントにお疲れさまでしたっ*





にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

2009年度STORYPhoto色々更新済み。



台風と地震が去ってから、急に秋らしくなりましたね。
夜が涼しくて大変快適です(^^)

2009年度のSTORY Photoを4つ、アップしてます。
二つは前にアップして。此処に書いてなかったもの。で。
二つは、此処数日でアップしたもの。です。

初めて掲載する被写体のKもいます。
ちょっと写真を載せた時にすごく反響を頂いて。
本当に、綺麗な子なのですよ。

久しぶりの、ゆーまもアップです。
ゆーまも、たくさんファンがいる子なので。笑
お待たせしました!笑

ももたんの写真も2編。
夜のレアンドロと、紫陽花の。
ゆらゆら、落ちてゆく感覚と。変わらない位置関係と。
どうぞ、ごゆっくり。お楽しみください★



そして。健康診断が終わったので(笑)さっそくビールを飲んでいる桐島です。
ベルギービールはホントに美味しいのです*
パッケも可愛いしね!シロクマかわいいですよ〜。
瓶も、なんだかうにょうにょで面白い。

最愛のヒューガルデンが無かったので、兄弟のヴェデットです。



飲み終わると、透明。
そりゃそうなんだけど。硝子瓶だから。
でも、中身があっても、無くても、綺麗です。

普段はワイン党の桐島ですが。夏はビールが飲みたくなりますね〜。笑
風呂上がりの、ぷはー★が、最高です。(おっさんか)


にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

カノさん@Pooh's CAFE



ようちゃん と きりしまさん は
いい人すぎるけん。
じゅんすい なんね。

と、笑う。カノさん。

僕には、カノさんの笑顔の方が。
何倍も、何十倍も、純粋に。見えます。



優しさって 何だろう? と、思います。
カノさんを見ていると、 強さ。 かな、と。思います。

受け止める事の出来る強さが 優しさであり。
肯定する事の出来る強さが 優しさなのかなぁ、と。



カノさんが居ると みんな笑顔になります。
みんなカノさんが大好きだからだと 思います。

カノさんは 幸せですか?
カノさんを見ていると 勝手に心配になったりします。
けど、幸せな気持ちにも なったりします。



カノさんの周りの空気はいつも柔らかです。
きっと、そう在りたいと カノさんが思っているからでしょう。
そして、そう在れるカノさんだからこそ
みんな、カノさんが 大好きなんです。



カノさん。お誕生日 おめでとうございます。
素敵な一年をお過ごし下さいね。



僕も、素敵な一年を過ごせるように。頑張ります。

カノさんに、背中を押してもらったような気に。
勝手になって。
勝手に、頑張ろう。って、思いました。笑

ほんとうに。ありがとうございました。



にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

葉子さん@京都鞍馬



初夏の京都。
透明な空気の中、それよりも。 透明な葉子さん。

ファインダを覗くと、すぐにあの空気を掴めた。
あの日の葉子さん。
真白な感情。真白な空気。
消えそうなわけじゃないのに、儚い夢の欠片のような。
そんな、葉子さん。



純粋すぎるというのは 特に残酷で。
自分を許す事が出来なくなってしまうこともあるけれど。
そしたら、周りの人が、許してくれるよ。
カミサマが、見ていてくれるし。
チロさんだって、見てくれてるしね。
って、いつも。僕は。思うのです。



変わらないという事は、難しい事なのです。
変わってしまう事の方が、簡単なのです。

ずっと、持ち続けるというのは、難しいこと。

けれど、そうすることで。
変わらないまま、もっと。磨き上げてゆくことが出来る。

葉子さんを、撮らせて頂くたびに。そう、思います。



柔らかだけれど、脆いわけじゃなくて。
透明だけれど、不確かじゃなくて。

ずっと、ずっと。続く、物語のような、繊細さと。
確かに、掴んだものを。離さない、強さと。

僕を、振り返って。笑ってくれる、優しさ、と。

全部、全部が。 大好きなんですよ。
葉子さん。

お誕生日を一緒に過ごす事が出来て嬉しかったです。
ほんとうに、おめでとうございます。



今年も、幸せなことがたくさんありますように。
ずっと、祈ってます。


鞍馬寺と、鞍馬古道で、撮らせていただきました。
本当にありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

LENさん@代々木公園撮影 その2



1月にも、モノクロで撮らせて頂いたLENさんです。
今度はカラーで! ということで。白いスカートです*

是非白いスカートで撮ってください。と、依頼を頂いたので。じゃぁ、芝生で撮りたいなぁ。と。思ったのでした。



敢えて、同じポーズで撮らせて頂きました。
http://photodiary.skyclover.hacca.jp/?day=20090124
ロケーションも、同じ。代々木公園です。

緑が、とても綺麗でしたよー。
人が多かったのだけど…ね。。。



いい感じの木陰を見つけたので、そこで撮ってましたよー。
今日は、ほんとに…。炎天下は溶けそうでした…。。。
肌がちりちり、と。焼けて死んでゆく音がしそうでした。。汗

まぁ、ファインダの中のLENさんはそんな空気を微塵も感じさせない爽やかな方なのですが。笑



やっぱり、カラーだと、柔らかい雰囲気になりますね。

今回は衣装提供だったので、この白いシャツを持っていきました。
実はこのシャツ。前に咲真くんも撮影ん時着ました。笑
Kとのボタニカルガーデンの撮影の時の、です。
http://photodiary.skyclover.hacca.jp/?day=20090527
なんか…このシャツは人に着られる運命なのでしょうか。笑



しかし。
白スカートはいいですね。
なんか、最強の乙女モードな感じがします。笑
ヴァイオリンに、白詰草も。だいぶ、最強ですが。笑

ベタなんですけど。白のふんわりスカートとか。ワンピとか。
僕はとてもとても、好きです。
白って、染まってない、色彩なので。
その人の色が反映されると思うのですよ。

ものすごく、シンプルな格好なのに。個性的だったりお洒落に見える人というのは、その人自身の綺麗さだったりすると、思うので。
身体のラインとか、内面とか。その人自身の個性が投影される服が、好きです。

アントワープ展を見た後だから。余計にそう思うのかもしれません。笑
デザイナさんが作った、芸術品の服は。芸術ですから。
着る人の個性を引き出すというよりは、デザイナの感性を感じる。ような感覚な気がします。
そういうのは、そういうので。とても好きです。

他人の感覚に触れて揺れるのも。
自分自身の感覚を形成して楽しむのも。
大した違いはないのかも、しれませんね。

結局は、自分の一人遊びですから。



LENさん。今日は、短い時間でしたが、お付き合い頂き本当にありがとうございました*

今日は、ぽっかり。空いた休日だったので、色々やってみました。
そしたら、結構色々出来ました。 笑
(LENさんの撮影の後も所用があって千葉まで行ったりして。笑)


人は、自分が思っている以上の事が出来る生き物なのかもしれないなぁ。。。と、思ってみたり。 しなかったり。 笑

そんな。34℃の、どようびでした。

一日に3つも日記が書けるとは思わなかったです。笑

にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

木桃いつな@紫陽花撮影



枯れかけた紫陽花。
何故か、鮮やかに見える。
本当は色彩など。褪せているのに。



今日、午前中に撮影させて頂いた木桃さんです*
非常に暑くて(34℃…。)ちょっとぐるぐるしてしまいましたが…上がった写真はすゞやかだったり。して。

ももたんの、透明な空気が水を連れてきたようです。
撮らせて貰い出した頃は水属性の匂いがしなかったももたんですが。不思議です。
引き出しを、たくさん持っている人というのは。素敵です。



白山神社に行ったのだけど。実は殆ど全部刈られてしまってて。笑
裏手の、公園で。撮影。
本当に、普通の公園なのですけど。盛りを過ぎた紫陽花がひっそりと咲いていました。

実は、こっちのが。嬉しかったり、します。
鮮やかな紫陽花も、もちろん好きだけど。
枯れかけた紫陽花が、一番好きです。



お仕事前の、早朝に。突然撮影を依頼したのに(汗汗)快く引き受けてくれて、本当にありがとうございます…!!
暑い中、短時間で。素敵な写真になりました。
ありがとうございます*

そして。
この写真。見覚えある人居ませんか? 笑



鎌倉撮影会で。おじぞうさんがしてたポーズ。 笑
思わず、大笑い。 ももたん。 笑

にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

木桃いつな@雨の薔薇園

昨日の撮影です。
雨にけぶる。夢の中の薔薇園。

超。早起きして行ってきましたよ。笑



今日は雨がよかったので。
降り出した雨に。にんまり。
でも、そんなに強くなくて、柔らかい雨。



淡い色彩に、透明なビニル傘の不透明さがとても綺麗で。
薔薇の柔らかい香りに包まれて。
本当に。夢の中みたいだったのですよ。



雨の止み間もたくさんあり。
雨上がりの清浄な空気と。薔薇の立ち上る芳香と。

人もそんなに多くなく。

もっさり、茂る。薔薇の小道に。
『秘密の花園』だね〜。笑
なんて笑っていると、おばちゃんが ガハハと笑って通ったり。笑




木曜日金曜日、と。かなり強い雨が降ったらしく。
薔薇が、崩れるようにしてたくさん散っていたのですが。
それも、とても。とても。綺麗でした。
晴れた薔薇もいいけど、雨の薔薇も。最高です。

そしてオバチャンたちは
「拾って帰ってバラ風呂にしたいわね〜!!」
と、はしゃぎながら去ってゆきました。

…それをいうならフラワーバスとかじゃなくて…?

サケ風呂みたいにバラ風呂!バラ風呂!と無邪気にはしゃぐオバチャン達が大変可愛いらしかったです。笑
オバチャンという生き物は。キライではありません。笑
可愛いんだもん。




ここの、薔薇はとにかく大きい気がしました。
出来て50年、て。伊達じゃないんだな〜と。

薔薇は、樹なんだということを、思い知らされた。
普段見ている切り花や鉢植えの薔薇は人間が創り上げたイメージで。
本当は、柔らかく、大きく、咲き誇る。大きな樹なんだよね。



薔薇に触れると薔薇の中にたまっていた雨が つー。 と、落ちて。
手や顔を濡らすんですけど。それも、また。良かったです。

植物は人間が触れると、火傷してしまうと思うくらい熱いらしいのだけど。
それでも、触れると嬉しそうで、優しい。
それは。僕が嬉しいから、なんだろうけど。


園内は音楽会が開かれて生演奏が流れ(曲目は敢えて割愛。笑)
雨の中、ゆるやかな。撮影でした。
被写体も。やって。愉しかったですよ*



そうそう。
今、特別営業日だったのです。

夜の、薔薇園。6時からスタート。



キャンドルの灯りだけの、薔薇園。
蒼い闇に、浮かび上がる薔薇と。
昼間よりも、明らかに。濃い。香り。

キャンドルがない、闇に近い薔薇の道を歩くのはとても素敵でした。
全てがシルエットで、影絵のよう。

常に、薔薇の香りがつきまとって。
本当に。夢の中かと、思うくらいの、千葉県でした。笑



ももたん。
肌寒い中、お疲れさまでした〜!
コサージュネックレス、大変似合ってて良かったです(^^)


にほんブログ村 写真ブログへ登録中。

skycloverTOPPageへ戻るサイトTOPへ(外部来訪者様用)


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM