多肉氏の植え替え

多肉植物(トゲの無いサボテンみたいなやつ)を桐島は多肉氏と呼んでます。
なんかクールで達観している感じなんだもん。
ちっこいうちは多肉ちゃん。て呼んでたけど2年くらい一緒に居ると多肉氏になります。笑
そういえば、こういう植物の寿命、ってあって無いようなものだよね。
新芽が出て、古い芽が落ちて、ポキッと折って挿し芽すると増えるんだもん。


何処から何処までが、ひとつの命で。
何処からが違うのか。非常に曖昧な。植物だなぁ。と思います。
でも本当はそういう生命の環っていうのは、曖昧なのかもしれないね。
ひとつの細胞の持っている命の時間というのは生まれた時から終わりに向かうだけで。
短くなることはあっても、伸びることは無い訳じゃないですか。
伸びる、というのはちょっと違う。新しく生まれる事があるかもしれないけど。
それは派生したものであり、そのものの固有のものでは無くなっているわけで。
じゃぁ、「そのものの固有のもの」って何処まで?って定義は曖昧。


森さんの小説で「生きている事とはどういう状態の事を指すか」というテーマがあって。それは明確に、では無いけれど。森世界の共通のテーマになっているのです。
僕が森せんせいを好きなのはその問いかけに答えを出しているからで。
その答えが間違っているとか合っている、とか。そう言う事じゃなくて。
自分の考えで、答えを出す。というのは凄い事だと思うわけです。
そういうテーマって、「これが正解です」って答えが無いわけですから。
答えというよりも選択肢の一つ、なのかな。


で。僕は森せんせいの答えを知って、「なるほどねぇ…」と非常に感心したのですが。今、読んでいる化野凛(あだしの りん)という作家さんも、その問いかけに答えを出しているわけなのです。
勿論全然違って、面白いのです。
化野さんの考え方はゲノムに関係しているわけですが。あぁ、なるほどなぁ。とも思う訳で。
命の枠組みって、曖昧で。色んな解釈があって。
正解もないけれど、間違いもないものだなぁ。と思います。
生きている、って状態に。自ら望んで生まれた命は無いです。強制的に生まれ落ちてしまったから、生きている。という状態に過ぎない。
だから、その中で意味を見い出せ。っていうのも酷な話なだなぁとも、思う訳なんですよ。
逆に、意味なんか後づけでしかなくて。意味がないからって、存在出来ないわけじゃなくて。「理由」とか「意味」とかって。論理という立方体の断片的なひとつの側面でしかないと思うのです。
誰かにとって、意味があっても、他のひとには意味が無いもの、ばかり。
そういうのって、全てにおいて共通で。
本当の答えなんて何処にもないけど。人は。不安だから、自分なりの答えを探そうとしたり、誰かの答えに同意して安心を得ようとするのかな。と思います。
生きてる、って。安心したい、のかな。って。考えてしまった。
うーん。でも、言葉や単語にすると、なんか違う気がする。
言葉は、難しいです。

金沢の旅@夜のレアンドロ

金曜日と、土曜日は美術館が夜の8時まで開館しています。
前回撮影した、レアンドロのプール。
今日は、夜に迷い込んで来ましたよ。


夜のレアンドロは無口で饒舌。
鮮やかなスカイブルーのプールは、夜の蒼に変わりました。
照明が月のように光り、水面は深い海のような群青。
静かな、夜みたいに、深い深いレアンドロのプール。


実は、結構な。人が居たりしたんですよ。笑
昼間はプールが見えない程。
夜でも絶え間なく人が出入り。
僕らは何時間プールに沈んでいたでしょうか。笑
ゆらゆら、水面を見ながら人が行ったり来たり。
楽しそうなひと、うまく撮れなくて悔しそうなひと、幸せそうなひと、本を読むひと。
この、狭い水底で。たくさんの人が水面を見上げて、去ってゆくのは。
何だか、面白く。
時間の隙間をぬって、木桃さんを撮らせていただきました。
夜のレアンドロは、昼間とはまた違う顔で。


光線状況が変わるだけなのに。
変わりゆく気持ちの温度差に、不思議な気分でした。

ホントは。
変わっていってたのは、レアンドロじゃなくて。
僕自身だったのかもしれません。


そんな、弾丸トラベラーの金沢旅行。
長くて短い、旅でした。
たまにはこんなのも良いですね。
木桃さん、ありがとうございました。

金沢の旅@大森さんのこと



大森さんの展示は、22日までだったのですが。
展示をしている事を知ったのが会期終了2週間切った頃で。
びっしり予定が入って居たので行けないかも…と、思ったのですが。
21日に、なんとか。滑り込んで来ましたよ。
本当に、見たかったから。嬉しかったのです。



大森さんの展示というのは、初じゃないかな。
書籍は出されて居ますが、こうして名前で展示をするのは初めてだと思います。
大森さんを知ったのがもう、何年前か思い出せないくらい。
10年以上は昔だった気がします。
大森さんのスタイリングは、見ただけで判ります。
最近は似た感じの仕事をする方が増えて来ましたが…名前を見なくても。大森さんの世界は、絶対的で判ります。



洋服でも、和服でも。雑貨でも、変わらない世界観。
大森さんの世界は、すがりつくような強さと、儚さと、透明感。
乙女ちっくなんだけど、柔らかくなくて。
毒があるんだけど、嫌な痛さじゃなくて。
真っ直ぐに、問いかけてくるような、透明で硬質な世界です。
今回、撮影可能の展示という事で。
僕が、感じた大森さんの世界を撮って来ました。



ファインダ越しに見た世界は、思っていたよりも近くて、人間のにおいがする、世界でした。
キャンドルアーティストの方と連名で展示をされていたのですが、本当に上手く作品をミックスしているな、と。
写真では判りにくいと思いますが、ドレスやレースは、ほぼ。蝋でコーティングされているんですよ。



大森さんの世界を包む、溶けた白い蝋。
硬質な大森さんの世界が、どろりと。変わって。
また、違う世界にもなり。
変わらなくも、あり。
とても、良い展示でした。
行って良かったと、心から思いました。



雑誌にも掲載されているので、作品自体を見る事は出来るけれど。
やはり、何でもそうだけど。実物や、その空間の空気を感じなければ展示というのは意味が無いと思うのです。
特に、作家が生きている場合は、そう思います。
意図があって、やったこと。
伝えたいものがあって、作ったもの。
メディアを通さず、自分自身の目で。見ること。感じること。
それが、とても大事だな、って思います。
演劇を見ることに、ちょっと。似ています。
その場限りの、一期一会。
作家に敬意を払うこと。

僕は、好きな作家さんだったら。日本国内での展示だったら何処でもなるべく行くようにしています。
距離や時間を言い訳にしたくなくて。
やっぱり、見なかったら、後悔する。
目録や写真で見ても、ちょっと。違うんです。
目の前に立った時の、震えるような、感覚。
それは、表現者と対峙している、喜びだなぁ、って。思います。

金沢の旅@近代文学館

石川県金沢市へ日帰りで(笑)行ってきたのですが。ちょっと長くなりそうなので分けて日記書きますね。

土曜日ということもあって。21世紀美術館内は、ご一行様が盛りだくさんで…非常に込み合っておりまして…。
人ごみが苦手な桐島&一緒に行った木桃さんは、午前中は金沢近代文学館へ非難しておりました。
綿雪がふわふわ、舞ってて。空は明るいに、とても不思議な景色。
この前青森へ行った時も、綿雪に光が射して綺麗だったのを、想い出しました。やはり、雪国はいいですね。


近代文学館は、金沢に住んでいる友人に以前教えて貰って来て以来。気に入ってしまって。また、やってきました。
古い、建物は落ち着きます。自分よりも長く生きているからでしょうか。
とても穏やかで。柔らかい空気を包んでいる気がします。
外は雪が舞っていて観光客もたくさんいるけれど、人の居ない館内は時間が止まったようで。暖房器具の音が妙に響いて。
何だか長居をしてしまいました。
紅い絨毯の廊下に、磨き込まれた柱と。月のようなミルク硝子の照明。



数年前にも此処で写真を撮ったけれどあの時とは、また違う目線で。
時間というのは、やはり。刻々と過ぎ去ってゆくもので。
同じに見えても何処か違っていて、止まっていつようでも死には近づいていて。
変わらないものなど、何処にもないと、思いました。
その、速度や変わってしまう距離が、少し違うだけで。



変わらないもの、変わるもの。結局の所、本質は変われないし、それを渡してしまったら、いけないと。思うのです。
だから、我が儘だと言われても、おとなげないと言われても。
僕は、譲れないものは、譲れないし。渡せないものは、渡せない。
それは、形には見えないものだし、欲しがる人も居ないけれど。
いつの間にか無くしてしまわないように、しっかりと自分自身が持ち続けていけなければ、いけないモノ。だと、思います。



僕は。写真を撮ることで、何か確かめたいのかもしれない。
自分自身の心とか、気持ちとか、いろんな、もの。
それは自分にしか見えなくて、自分にしか必要じゃない、もの。
シャッタ音を聴いていると、心音のように聴こえて来るときがあります。
いつも、聴いているけれど、あまり、自分では聴かないもの。
まばたきするよりも、短い時間。
その光の早さの時間を捕らえる事が出来た時にしか、見えないもの、があります。



それは、やっぱり、言葉には現せないのです。
音楽のように、流れて消えてゆくものを、写真という形に捕まえて結晶にする。
その作業が。僕はとても好きで。
あぁ、写真をやっていて。良かったなぁ、と思うのです。
金沢の、此処にまたやってきて。
あぁ、まだ、写真をやっていて、良かったなぁ、と思いました。

影絵遊び。

携帯を新しくして、カメラや写真編集機能も一新され。
色々弄って遊んでますよ。
前に撮った一眼の写真を携帯にDLして、加工してみたりしてます。
最近、『スタンプ』という機能がお気に入り。
要するに、モノクロ2階調化なんですが。
この、適当な画質の荒さが好きです。

版画みたいになるんですが。印象がホントに変わるなぁ、と。
最近、フィルム機を買い足してからモノクロをよく撮るようになったから余計かも。

因みに桐島はネオパン派です。
800とか1600とか。荒いのも好きです。
階調が豊かなモノクロは、何故か不安を煽る気がします。
物凄く丁寧な油彩を見ているような。
階調が繋がり過ぎている、最近のデジタルカメラも。実はちょっと苦手です。
輝度や彩度のキツイものを柔らかく描写するのは良いんだけど…。

なんていうか。
ミヒャエル・ゾーヴァ氏の絵みたいで。
隙が無さすぎて、恐いというか。
狂気的だと。思ってしまいます。
付け入る隙が無いと言うか。

柔らかい、とは。また違うんだよね。
人間よりカメラの方が勝っていることはたくさんあると思いますが。
カメラが人間を越えてしまうのも、ちょっと、違う気がします。
基本的な色作りは鑑賞し、創り手である人間自身に近づけるべきだと思うんです。



…と。なんか変な話になってしまいました…。
今日はとある方とそんな話題で盛り上がっていた桐島でした。
日々の話題は常に光学か工学か、スイーツですよ。笑


シール作ってみました


さくまくんに頼まれて。ぷいんぽのステッカーを作っていたのですが。
ついでに、PhotoCafeのステッカーも作ろうかな〜と。思い立ち。
indexページのフィルムモチーフで作ってみました。よ。

自分用に「Nao Kirisima」の文字でも作ってみたりして。
それはカメラに貼ってます。目印。目印。
フードと、CFカードスロットの蓋に貼っているんですが。
カメラって以外と貼る所ないんだなぁ…と、改めて思ったりして。
曲線というか。無駄な広い面が無いですよね。
そういう意味ではレンジファインダカメラとかフィルムカメラは「面」があるなぁ…と、しみじみ思ったのでした。

土曜日に。急遽、金沢へ行く事になりました…よ!!
日帰り弾丸コースです…!!
だって、絶対見たかったんだもん。写真撮りたいんだもん。。。!!

チェロ弾き。


今日は、桐島がお世話になっているチェロの先生のソロコンサートがあったので、聴かせていただいてきました。

シューマンと、バッハ。
シューマンは、とても面白かったのです。
色を弾く、人なんだなぁ。って、思ったのですよ。

前にチケットを貰った時はオケの演奏だったので。
先生個人というよりかは協奏ですから。
今回は、個人ですから。

先生は、色を奏でる人でした。
優しい音を出すなぁ、と。思ってたのだけれど。

それは、レッスンだから。優しかったわけで。

自分自身と対話し、音を奏でる先生の音色は。
とても、深く。荒く。何か、挑むような。

あ、こういう人なんだなぁ。って、思った。
面白い弾き方だなぁ、って。

僕は、それを。撮らせて頂ける許可を頂いてたので。
出来るだけ、その場の空気や。先生の音を、撮れるよう。
演奏の邪魔にならないよう。シャッターを切りました。

綺麗という言葉では、表せない。
そんな音楽。

心の師匠の、古川さんとはまた違うんだけど。
この人に教えてもらえて良かったなぁ、って。思いましたよ*


今日は半分、お仕事で撮影したので演奏の様子などは後日掲載出来たらしますね〜。先生の為に撮らせていただいたので(^^)

ちょこっと、だけ。
先生の素敵な手を。載せさせていただきます。
タイトルは、「シャコンヌ」です。

木桃さん撮影


超、寒い中。撮影してきました、よー*
ほんっとに…寒かったので。ありがとうなのです。

今回は、無彩色な感じで撮らせていただきたく。
ちょっとダークな印象で撮影imageを伝えたのですが。
急遽、全日の夜にちくちく、したコサージュが活躍し。
当初描いてたimageとは良い意味で違うものになりました。


人の中にある、狂気みたいな部分を。撮らせて頂きたいな、と。
撮影前にお話させていただいて。
今回もヘア&メイク、スタイリングは桐島がやらせて頂いてます。
でも。僕の中のimageを、とても汲んでくださって。
深い深い、底の部分のようなものを撮らせてもらいました。
狂気って、本来。激しいものではなく。
もっと、穏やかな。柔らかいものだと、僕は思います。


攻撃的な部分ではなく、もっと。包み込むような。
超越している気持ち、のような。
人の日常の感情ではない。もの。
だからこそ、人は「狂気」と呼ぶのではないか、と。

うーん。なんかそんな語る必要も無いんですけど。笑
そんな、ことを考えながら撮影させて頂きました。
言葉はあまり、必要ではないと。思うのです。
写真に、写っているものが。全て。
あなたに、感じてもらっているものが。全て。

だと、僕は思います。

木桃さん。本当にありがとうです。

ハメルンの、泡玉吹き、と…



ぼくの吹く泡玉の音色に合わせてコドモが集まる。


何処へゆくのか。ハメルン。


限りない泡玉の夢の彼方へ。


列をなして。




なーんって。笑

ぴょーん。さくまくん。笑

土曜日は、シヲさんと、さくまくんと昭和記念公園で遊んできましたよ*
二人がシャボン玉で遊ぶー。っていうので、混ざってきました。
メインの撮影は、こっち。笑
カラフルさくま。元気さくま。じゃんぷださくま!! 笑
ただいま、BOOK製作中ですので。
ちょっと可愛い感じや元気な写真を撮ろうと思っておりまして。
いつもの、STORYPhotoではなく、自分への課題なので。
個人的な趣味趣向、思考とは全く別物です。笑



今日のテーマは「かわいい あかるい げんき」。
ポップな感じで撮りたかったんだー。どうかなぁ。

僕は、こんな明るくて、綺麗な日に、一番上のハメルンみたいな写真ばっか撮るので…。笑
それはそれなんだけど!
ちょっと、いろいろやっているのですよー*



シヲさんに愛機を見せてもらって、勝手にメンテナンスさせて貰いました。
この二人、仲良さそう。

今年から、ポラロイドフィルム生産復活!!なので♪
嬉しくていっぽん、開けましたよ。
またも。嬉しい色になってくれて。にたにた、しっぱなし。
本当に、おまえは。可愛いやつめ。
僕の気持ちをそんなに汲んでくれなくたって、愛してるのに*


シヲさん。遅くまでありがとーございました*
好き好き五月蝿くてホントにごめんなさい…。笑
懲りずに桐島に好かれてください。笑

さくまくん。寒い中ありがとーでした*
帰りのうんてん。ほんとにありがとー!!

STORY Photo更新しました


引き続き、アップです。『Velvet Butterfly』です。
2008年銀座で撮影した雨ちゃん。良かったらどうぞー。
何かサイトTOP画像に使わせて頂いてたのでたくさんコメント貰ってました。ようやくアップです。お待たせしました!
…が。ちょっと暗めの内容なのと。生々しい蝶とか、苦手な人はご注意くださいね。
あ、これは、白いのが雨ちゃんの足で、黒いのが、桐島です。笑
超シロクロ。


この日は午前中は銀座で撮影して、午後は白金へ移動して撮影…という。
なんとも忙しいスケジュールだったわけです。
お付き合いいただいた雨ちゃん。いつもながら、ありがとう〜。
白金は僕は被写体をやったので、雨ちゃんの写真はスナップしかないのですが。
この日の僕の被写体写真は、雨ちゃんのサイトにアップされてます。好評みたいで恐縮です。ありがとうです。
見て来たよ〜!って、拍手でのコメントもありがとーです。笑
同じ日に撮影したものが違う場所で違うものになっているのは、本当に不思議で面白いですね。


写真、て。脳と直結して見ている画像をそのまま、投影しているから。
その人の見ている世界そのもので。面白いなぁ、っていつも思います。
しかしながら、人物写真は。見ている世界も勿論ですが。見られている人(被写体)の世界観も呑み込んで、また違うものになるから面白いのです。
それが、予期出来なくて、怖くて、おもしろくて、辞められません。笑
カフェラテの、混ぜ始めた瞬間みたいです。
全部、混ぜてしまうとつまらないので。ゆっくり、少しだけ。
絵とか、描いてあるのを、スプーンで壊して。溶かし込む感覚に似ているかもしれない。


表面ではなく、内面を写してゆけたらいいな。って、いつも想います。
見えるものではなく、見えないものが、一番綺麗で。
一番、尊いな。って、想います。

感想とか。よかったらお待ちしてます*
いつもくださるかた、本当にありがとうございます。
無記名の拍手も、とても嬉しいです。ありがとうございます。


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM