青森撮影旅@二日目


かなり頑張って早起きして美術館へ向かいました。
1月は観光シーズンじゃないので空いてるかな〜?とか思ってましたが。
何処へ行ってもほぼ貸し切り状態でしたよ。
…まぁ、美術館前の雪原は立ち入るヒトがいない気がしますが。笑
綿雪が舞う中で、撮影してきました。
今回の撮影は二年半くらい前から考えてて、形にしたものなのです。
冬の青森県立美術館で撮りたいものがある、と。
秋に行った時に強く思いました。
でも、春も夏も行きたいと思いますよ。
魅力的な土地は何度でも行きたくなります。

今回の被写体は木桃さんにお願いしました。
木桃さんが持っている、深い森のような凛とした空気感と思慮深い目がとても好きで。
冬の青森で撮らせていただきたいと。お願いしました。
きっちりとバックストーリーやイメージを決めて撮影へ行くのは割りと珍しいのですが。
煮詰めて作り上げてゆくのも楽しいですね。
STORY PHOTOにするので細かいことはおたのしみに…!なのですが。
今回は遊牧民のお話です。

最高気温1℃、最低気温-5℃の世界で見たのは。
とても、綺麗な世界でした。

景色というよりも、感情。に近いかも知れません。
感じたものがとても綺麗で、研ぎ澄まされてて。
それを写真で写し込みたいと思って。夢中でシャッターを切りましたよ。

本当に、とても良いものになりましたので楽しみにしててください*
あと。僕もちょっと被写体をさせて頂いているのです。なので、この↑写真。
木桃さんはPhotoCafeでは生徒さんなのですが、撮影の時は一人の表現者、同じ撮影者として対峙しています。
緊張感のある、ファインダ越しの視線の打ち合いがとても心地よく。
寒いという感覚も忘れて…気づいたら3時間近くずっと撮っていました。

そうそう。
午前中に館内散策をしてあおもり犬と記念撮影をしていたら…韓国からの団体さまがいらして(日本人ガイドつき)何故か桃さん撮影会になりました(笑)
あおもり犬よりシャッターを切られる桃さん。笑
最初、『ロシアの方ですか?』と聞かれてしまい二人して爆笑してしまいました。
確かに二人ともそれっぽい衣装ですが。
桃さんがあまりにかわゆいので撮影をお願いしてしまったそうです。笑
僕は笑って見てましたよ。
あおもり犬前が何か違う雰囲気になって面白かったです。
いやー…確かにロシアっぽい格好だけど、どう見ても日本人だよね。二人とも…。笑

青森県立美術館は奈良美智さん作品がたくさん常設しているだけじゃなく、音楽プログラムや、建築、制服もちゅうもくです。
これは、館内の学芸員さんの制服。minaのオリジナルなんですよ…!!
超絶可愛いくて。桃さんは「此処で働きたい…」とつぶやくほど。笑
ホントに可愛いんです。奈良さん×皆川さんて最強な気がします…。

そんなわけで。
開館から閉館まで8時間の滞在でした。
夜になったら超絶寒くてびっくりしましたがね…。
バスを待ってたのですが、あまりに寒くて10分間立ってるのが辛かったですよ…。

バス停で一緒になった男の子がレンジファインダのカメラを持ってたので話しかけてみたら、東京から来たそうで(笑)
まぁ。地元の方はとっくに帰ってる時間ですよね…と。
がたがたしながらお話してました。笑
彼から聞いたのですが、この日は写真家の森山大道氏が来ていたそうです。
めちゃくちゃ驚いたのですが……そういえば僕らが雪原で撮影中になんか観光客っぽくない二人組のヒトがじーっと見てきたなぁ。と。思いだし。(数える程しか来客が居なかったので印象的でしたよ。笑)
あ、あれが大道氏だったのか!と、バス停で思った僕でした。笑

降り積もる音階

昨日は帰って来て夕飯を作って食べて…床で寝てしまったら大変夢見が悪かったですよ…。
やっぱりベッドで寝なきゃ駄目ですね…。
青森二日目の撮影日記は夜に書きますー。

ここ数ヵ月は電車に乗ると記憶が無くなってたのですが(貴重な睡眠時間。笑)今日は日付が変わる前に寝落ちしたので起きてられます。笑
というわけで。iPodとか聞いてますよ。
余裕ない時は全然音が音として頭に入らないのですが、なんかそれも勿体無いですよね。
気持ちを保つ為だけに流れてる音と。
心の中に染み込んで曲になる音と。
あ、全然違うんだな。って。思いました。


去年一年間はかなり必死にすがり付いて、たくさんもがいて。たくさん泣いて。たくさんあがいて。
そんな、一年でした。
だから、今はそれが結晶になって。手の中にあります。

状況が変わったわけではないけど。
今年も頑張ることには変わらないけど。

形を成して、目に見えると嬉しいのです。

少しだけ、心が研がれた感じです。
もっともっと磨いて、削って。
純度を高めて、必要なものをきちんと見つけて、綺麗な結晶にしてゆきたいです。


地下鉄に揺られながら桐島が携帯からお届けしました。笑

何処に居ても綺麗な景色は視れるし、何をしていても頂いた言葉は僕の中に住んでます。
改めて。今年も頑張ろう、と。
思いました。


W:SX‐70

木桃さんのSX-70と桐島のSX-70です。
何度か一緒に撮影行ってるけど、ツーショットは初めてかもしんない。
同じカメラ。同じフィルムなのに、全然違う写真。

二年前と同じ教会で同じカメラで撮りました。
全く違う仕上がりです。

だから、面白い。


また、来たいな。


弘前観光。

今日は早起きして弘前観光です!

奈良犬〜!


奈良さんのAtoZの吉井酒造倉庫の前に居るんです。
氷柱から落ちる水音が、あの日の雨音に似てて。
ちょっと色々思い出してしまいました。

また見れるというのは、とても幸せなことですね。
変わらないということは、凄いことです。


今回の被写体さん。

木桃さんです。

ロシア人ですか?と、真面目な顔で聞かれました(笑)
ロシア+遊牧民なイメージなのです*


青森県立美術館。

白い世界の白い箱。
音の無い世界に降り積もる綿雪。

ふわふわです。
2年ぶりの、県立美術館。
日曜日なのに貸し切り状態(笑)
展示を見ながら撮影中ですよー。


青森市から。

吹雪の青森へやってまいりました*
寒いけど、柔らかい寒さ。
あ、久しぶり。って思う雪国。

夜になって、サラサラの雪になりました。

明日は朝から撮影に行くので、今日は雑貨屋とカフェ巡り。
心からほっこり。
暖かな雪の日です。


猛禽類が好き。


明日からの旅の支度もようやく終わったので、日記でも書いてみようかと。
基本的にこの↑写真がフィルムみたいになっている時はPCから更新で、一眼レフかデジカメの写真です。
下の日記みたいにちっこい写真は携帯カメラで撮った写真+携帯から更新です。
携帯電話についてるしょぼいカメラがなかなか好きで。笑
もう使って2年以上になるのかな?壊れないんで、ずっと使ってます。そろそろヒビが入ってきたのですが…まぁ、大丈夫かな?
130万画素。とか、ゆー感じなんですけど。周辺がぐるぐるしちゃうのも、結構お気に入りで。好きなんです。
なんで、携帯から更新も。増えると思いますー。

さてさて。猛禽類。ですが。
桐島の実家の近く(横須賀)には鳶が非常に多いです。
鴉よりも鳶が多いのですよ。しかし、埼玉に引っ越して来たら鳶が居なくてちょっと寂しい…。
考えてみたら山が無いんですもんね。あの、「ぴ〜ヨロロ〜」って鳴き声が気が抜けて好きなんですが。笑
でも、群れて餌を狙ってるとちょっと恐怖です。ハゲタカみたいな感じでね…。笑
鷹はなかなか見ないんですけど。それはもっと山の方にいかなきゃ居ないよねぇ。
京都にも鳶が多いので、好きなのです。京都と鎌倉って結構似てるよなぁ。似せて作ったからそりゃそうなのかもしれないけど。
でも、京都の方が空気の流れがいい感じなのです。鎌倉はもっと湿った感じで固い感じ。

僕はやっぱちょっと、田舎が好きです。田舎もんなんで。笑
銀座で働いてるけど、けっこう。疲れてしまうんですよね。森とか水とか無いと、パクパクしてしまう。
ド田舎はちょっと…無理かもしんないけど。笑
片田舎くらいがやっぱ好きだなぁ。鎌倉とかね。丁度良いのです。

明日は青森です。どちらかというとド田舎に行ってきます!笑
『冬の嵐です』って天気予報で言ってたけど…遭難しないか心配です。うーん。
とりあえず。あおもり犬に逢ってきまーす**

キリシマ夢日記

見上げるような岩石で出来た道を眺め、暫く途方に暮れた後。
僕は毛の長いリャマのような生き物を借りることにした。
山には無法者が住んでいるので用心棒も雇うことにした。
用心棒は剣客をしていたという、僕より少し歳上の男。
黒髪に黒い髭。実はとても若いのかもしれないと、目を見て思った。
夢の中の僕が住んでいる世界はチベットやアンデスのような土地で。
見渡す限りの岩石と背の低い草原が交互に現れる所だ。
鮮やかな衣服が彩度の低い谷間に映える。
僕の着ている衣服は赤の刺繍が艶やかに施された羽織のような長いコート。
牡丹に似た大きな花がとても綺麗。
雇った用心棒は悪役のような黒装束に革靴を履いて、榛色の馬に乗っている。
高地では光の粒子さえ見えそうなくらいに空気が張りつめていて。肺が痛くなるくらい気温が低かった。
僕は暖かな動物の背の上で手綱を握り締めながら、青い空に染まってしまいそうな渓谷を眺める。
先に進んでいた用心棒が僕を待っているようで、大きな岩の側で此方を見ていた。


僕の、夢のお話。
桐島の夢は鮮やかでお話仕立てです。
続き物になっていることが多いので楽しみだったり。

土曜日から雪国へロケ撮影に行きます。
とりあえず大雪予報なので遭難しないように気を付けます…。


最近のハマリもの。

ビールよりワイン派の桐島ですが、最近は白ビールにハマっております。
ヒューガルデンがとにかく美味しくて。あまり売って無いのですが成城石井にはありますよー。
…で。写真のこれも白ビール。
ヴェディットというやつです。
パッケージ買いに近いんですが。シロクマがかわいくて。
味もフルーティでいい感じです*
ま。真夏の昼間に飲むビールは格別ですがね。笑

地元の駅のルミネに成城石井があるので。
かなり重宝しておりまする。
夜10時までやってる本屋があるのもポイント高いよなぁ。

深夜にポチポチと。
携帯から更新、です。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM