6月から7月の京都記錄その4(完全オフ)

続きです。

 

京都にきたら絶対行きたい!と、数年前に約束した時に「伏見稲荷に行ったことがない!」というとーきちゃんの言葉。

え!?民俗学大好き妖怪物の怪大好物のるりせとーきが行ったことないの?じゃぁ行こうよ!と決めたんですね。

 

それから10年は経ってないけど、結構な年月が過ぎて。

伏見稲荷に行って来ましたよ!

 

 

桐島も数年ぶりです。…で、、、人の多さ(特に外国人)にびっくり。

外国人に人気の日本の観光スポットでずっと1位なんですよね…。そりゃ行きますわ…。

(アキバのフクロウカフェがランクインしているのに驚きを隠せませんが…)

 

 

なので前に来たよりも数倍も人が多く、鳥居の写真を撮るグループと鳥居を眺める人とはしゃぐ人で満員御礼状態。

わー。わー。わー…orz みたいな。

 

でもとーきちゃんがはしゃいでるのを見てきて良かったと思う。

 

 

一瞬の隙をついて人がいない写真を撮りました。笑

もはや反射神経と運でしかない写真(^^;)

 

 

一本一本は結構劣化したり新品だったりして、まちまちで。大きさも様々。

なんかでも、こういう整然としていないのがいいんだよね。

 

きっと日本人がリトアニアの十字架の丘を見た時に感じるものと似ている気がする。

見た目にわかりやすい「異国のファンタジー」なんだよね。それってとっても大事なこと。

そこから入って、いろんなことを知ったり学んだりするキッカケになるものね。

 

 

 

で、看板がとても可愛いかったのです。

オリジナルフォントっていうか、書いたよね、って。笑

尻尾!

 

ピカチュウのリュックを背負った大きめの少女が興奮してました。

だよねーー。笑

 

途中までで挫折しましたが、山頂を目指す方々で山道はいっぱいでした。

 

 

可愛い飲み物。

駅前のカフェでテイクアウト。自販機もお稲荷様仕様。

やっぱ自販機ラッピングって可愛い。。

 

 

で、市内に戻ってきて少し北上!

御所の近くにある「微風台南」へ。前に何かで知って素敵な店内だなぁ〜と思ってたら女将が美味しい!と言ってたのでぜひぜひ行ってみたかったのです。

 

なんだか最近台湾づいているので、台湾の味が恋しい桐島さくま。

 

 

店内も台湾ぽい!

 

というか、台湾と昭和日本てすごくよくにているんです。

京都の町家が好きな人って絶対台湾好きだと思うんです。

 

 

美味しかった数々…!!!店員さんが日本語あまり通じなくて、本当に台湾に来たみたいでした。笑

味付けというか、これ、台湾の夜市で食べた味!って感じで。笑

 

 

デザートも大変おいしゅうございました!

 

台湾と京都の共通点は、今あるものを生かしつついかにお金をかけずに可愛いく大事にしていけるか?ってことを考える人が比較的多いところ。

台湾って決して裕福な国ではないですが、みんな親切で街は可愛いくて、元気なんです。

日本の都会の下町の昭和レトロな雰囲気。

そういうのが、好きみたい。

 

でっかい白亜の建築もすごいなぁ〜!と思うし、デザイナーズマンションとかカッコイイなぁ!と思うけど。

自分が暮らすならもっと手の届く安心してごろごろできる場所がいい。

穴があいても埋めればいいじゃん。その前に可愛い花を飾ろうよ!みたいな。

 

自分の身の丈にあった、幸せな暮らしを好きな人とできたら一番幸せだな、と思います。

お金持ちの人は、お金持ちの人にしか分からない幸せがあるし、その人にしか出来ないことがあるのです。

 

 

月屋に戻って女将とゆっくりして、京都駅に戻って来ました。

いつもここから始まってここで終わりの京都旅。京都駅、大好きです。

 

 

次は錺屋に泊ろうね!が合言葉。

 

6月の京都は自分にとって、かなり特別。

この日をみんなで過ごせたことがとても嬉しくて。

 

またね、が嬉しい。 ありがとう。とーきちゃん。

 

また、ね。

 

 

旅の記録は、これでおわり。

 

 

 

PhotoCafe合同展 9月に開催!

 


6月から7月の京都記錄その3(完全オフ)

つづきです。

 

三日目。京都に戻ってきて。今日は着物で京都を散策しよう!と桐島提案。

着物なんか七五三以来だよー!と言うとーきちゃんをレンタル着物屋さんに連れていって。

さくまと三人であれやこれやとコーディネート。

 

 

三者三様の着物コーディネートになりました!

さくまくんは下駄が履けないので自前のパンプス。大正浪漫少女みたい。

 

 

 

桐島さくまこんな感じです。

さくま、日傘も持参。ちょうど和風テイストでお花みたいな感じなんだけど、着物の色とバッチリ。

桐島、羽織は絽の透けるやつを持参しています。

 

 

とーきちゃん。大柄の大正浪漫な感じに金魚!笑

日傘は自前の金魚柄なのですが…。

 

 

帯にも金魚がちらりと。可愛い!

 

そしてさくまくんの帯には猫ちゃん。

 

 

京都の中でもかなり好きな場所。平安神宮の中にある神宮庭園。

有料だからか、桜の時期じゃないからか、このときもかなり人がいません。

木漏れ日が綺麗すぎる。

 

 

中にある市電をバックにさくまくんを撮影するとーきちゃん。

 

今日1日、とーきちゃんがさくまくんを撮りまくってた。笑

「あきみさんが可愛いすぎる!大正浪漫!」を何回も聞いた。笑

さくまくんもとーきちゃん好きなので褒められてうれしそう。

 

 

庭園内にあるお茶屋さんで一息。

塗り盆に映り込む緑が美しい!

 

 

クレジット黒枠がない写真はiPhoneなのですが、結構iPhoneでしか撮ってない写真が多くてびっくり。

今回の旅は撮影ではなく、とーきちゃんと京都を楽しむことが一番なのでカメラを構えるより一緒に笑っている時間が多かった気がする。

 

カメラを構えるよりその場を楽しむ、ということが「良い」とは思いません。

自分にとってはその場を深く感じることが撮影することであり、思いや記憶に刻まれることでもあるので。

それでも、今回初めてカメラを構えるよりも、いいな。と思うことがたくさんあって。

旅というものは自分自身を見つめ直して、作品を作り上げる上で新たな眼を養う時間。だったのですが。

そうじゃなくて「楽しむために旅に出る」、というのはとーきちゃんと一緒だからこそ感じられたのかな、と。

 

休暇を「罪悪感」なしに楽しめるって、楽しいですね。笑

 

 

で、ちょこっとだけお願いしてさくまくん撮影会!

せっかく可愛い着物きてるんだから、残しましょう!と。炎天下の池の真ん中に放り込む。

 

 

遮光性が高い日傘なので顔が暗くなります。いいんです。そのための日傘なので。

でもそれだと顔が暗くなってしまう。

かといって日傘を離しすぎてしまうのもなんか変だし。

 

 

日差しがものすごく強いので池からの反射光をわざと傘の内面に当てて、更にその反射で顔を明るくする作戦にしました。笑

バウンスではないけど平面じゃなく円形からの拡散だからまだ柔らかいかな。

内側に手の影絵が映ります。

 

 

水面のゆらめきが光になって傘の内側に反射するのが美して。

その欠片が顔に少し。

きれい。

 

 

人物撮影にレフ板は好きじゃないから使わない。ストロボも同様。

仕事の撮影は別だけど、自分の作品は嫌なものは嫌。

 

 

超可愛いのにこれ以上大きくするとちょっとピンズレしてるのが申し訳なかった1枚…。うーん。。。

台湾で真面目に使って行けるかも?と思った扱いの荒い10年もののNikonカニツメちゃん。

片ボケ発覚で本日をもってお蔵入り(教材)決定。

 

でも可愛いので載せます。さくま。

とーきちゃん絶賛。笑

 

 

木漏れ日がとてもきれいで。

夏の京都はこういうのがいいよね。

この色合いはスマホでは出ないから撮ってよかったなぁと思う。

最近Nikon率高いです。Canonも使うけど自然物の青味がかったビリジアンはNikonが好きなんです。

 

ホルベインじゃなくてW&Nのビリジアンみたい。

中学生の頃、高くて使えなかった憧れのイギリスの水彩。

 

ビリジアンに、 プルシャンブルーを少しだけ落とした色。

あ、でもちょっとブラウンも落としてるかも。笑

 

 

さくま&きりしま。

風がとても強くて、32℃とか予報だったのですが、池の上にかかった橋の上は涼風でとても心地よく。

あまりにも快適すぎてしばしここで休憩。

 

 

さくまくんが撮ってくれました。

着流しみたいですね…。

(縞が手書きなのでランダムで素敵なのです)

 

 

で、あまりにも誰もいないのでみんなでセルフタイマー撮影。

連続撮影にして何枚か適当に動いて撮影…したのですが打ち合わせなしで奇跡の構図。笑

(ありがとうございます全員レイヤーでした)

普通に三人並んで笑顔のもあるんですがいちおうとーきちゃん顔出しなしなので★

 

 

そして、サクっとタクシーで一乗寺へ。とーきちゃんを恵文社に連れて行きたかったのです…!!

ここはね、やっぱり外せないでしょ。ずーーっと好き。

 

何回も変わってるけど、思うところがあっても、総合してそれでもやっぱりいいと思う。

お客さんのためでもあるけど、一番は自分たちがプライドを持ってやっている店、っていいね。
なんかかき氷の話になり、急遽かき氷のお店を検索し出すふたり。笑
この写真お気に入り。可愛いなぁ。
で、かき氷の前に割と近い場所にある詩仙堂にタクって行ってきました。
ここはね、少し離れているけど、空気がきれいで好きな場所。
「京都」っぽい場所。

 

お庭もきれいなんです。

少し夕方になってきたけど、それでも砂が真っ白になるくらいには強い日差し。。。

 

 

パキっと。青空。夏の庭。

もりもり、みどりさん。

 

 

この苔がもっふもふで可愛いかったです。

思わすそーーーっと触ってしまった。笑

ずーっとここで生きているんだね。

 

 

額紫陽花にキモノサクマ。色合いが素敵。

日本の色合い。

青ぽい緑に透明な蒼。一番好きな色の組み合わせ!

 

 

鉄線も咲いていました。クレマチスともいうけど。

このクラシカルな感じは鉄線といいたい。キリっと美しい。

 

 

そして、絶妙なタイミングでタクシーを捕まえラッキー。

詩仙堂からきゅっと南下して四条へ。かき氷を食べました!!

なんか着物割引でお得だった…なんかいいですねぇ。

 

 

で、夕飯は大好きなIROへ。

早めに予約して良かったー。。。最近人気店のようで(食べログ四条1位でびびる…)嬉しいけど予約しないと行けないので悲しい…いや、でもお店が続くのは嬉しいです!ここ8年くらいお世話になってます!

 

 

わー!お疲れさまーーー!!

 

かき氷食べて満腹!とか行ってたのに別腹でした。。。美味しすぎる。

とーきちゃんが若鮎と結婚してました(鯛を妾に貰ってた)

グルメレポーターにはなれないと思うけど、美味しそうで幸せそうな顔を見るのは嬉しいのでまた是非行こうね。笑

 

幸せだなぁ〜と思いつつ月屋のふかふかお布団で眠りました。

京都にあるおうち。いつも安心して帰って来れます。

女将、いつもありがとう。

 

 

続きますよー。

 

 

 

PhotoCafe合同展 9月に開催!

 


6月から7月の京都〜大和郡山記錄その2(完全オフ)

続きです。

 

二日目。これがクライマックス。メイン。冥土の土産。

 

京都から南下して…行ってきました!大和郡山!!

 

 

 

金魚の聖地!金魚の人(とーきちゃん)が行きたい!というなら行くしかないでしょ。と。

桐島も青文魚や頂点眼を語るくらいには金魚好き。

で、保護者(監督)のさくまくんと、錺屋女将❤︎

今回の旅は全部月屋に宿泊なのです!!とーきちゃんを連れてこれて嬉しい。

 

とーきちゃんが金魚の人なのは毎年金魚イベントで会うからなのです(過去日記これとか、これ

 

 

大和郡山は奈良県の奈良市のちょっと下。

日本で販売している金魚のほとんどを生産しています。

 

で、、、こんなのも名所になってるんです。

 

 

電話BOX(本物)に金魚。。。泳いでますよ泳いでますよ!!!

 

とーきちゃん桐島大興奮!

この日(7/1)の前日に大掃除をしたそうで本当に綺麗でした!

 

 

なんかすっごいシュールです。

受話器から泡が出ています。

 

 

金魚電話BOXはこちら。K COFFEEさん。ガソリンスタンドをリフォームした珈琲屋さん。

カフェってゆーか、珈琲屋さん。

女将、買い物中!

 

 

さくまくん、限定のかき氷を買ってご満悦。ふっわふわ!!

自家製シロップが美味しい!!!

 

 

珈琲、ほんとに美味しかったのです。

hayanoさんに豆をお土産に買ったのですよ。金魚の袋に入れてくれるのが可愛い。。。

 

 

あと。これも可愛いのです。

金魚灯篭。夜は光ります。絵になるなぁ。

 

 

老舗のお菓子屋さん。軒先で食べれる感じがとてもいい!!

ちょっと金沢的な雰囲気。

 

 

お菓子屋さん天井。

ネムノキの花が咲いていて、上にはお菓子の型抜きが大量に!!!圧巻。

 

大和郡山は城下町なのでこういう雰囲気のある建築があっちこっちにあります。

 

 

 

あとは。これ。遊郭跡。

とーきちゃんの赤線好きによりお立ち寄り。

でも桐島もさくまも女将も建築好きで、こういう民俗学好きなので、みんなでうきうき路地裏探検。

で、迫力のこの建物。。。。

 

 

半分以上植物に喰われてます。でも外観は綺麗な木造三階建。

ほんと、綺麗なんです。

というか、植物たちが仲間を還そうとしているみたい。

 

 

隙間から。

 

中はほとんど抜け落ちていて、植物が支えている感じ。

日差しがめっちゃ強い日なので、植物が余計にリアル。

 

札のかかっている部屋もあったりして。なんだか色香のある場所でした。

 

 

 

で、市街地から少し外れると屋根がない!です。

 

女将ショット。

 

真夏の田んぼに水?と思うでしょう?田んぼじゃないんです。。。。

 

 

あぜ道みたいな踏切を抜けて、さらに奥へ。

用水路に小魚がたくさんいたり蟹がいたりしてほんとに水が綺麗。

 

 

到着!!金魚資料館…の、金魚池です!!

 

これ、田んぼみたいになっている池で、、、中にはびーーーーっしり金魚の稚魚がいます。

 

 

あんまり寄るとエグいのでこれくらいで…。この光景が100倍以上続いていると思ってください。

で、この子たちはもう赤いので結構大きくなっている金魚たち。

もっともっと小さいメダカみたいなのとか、もっと小さいのがミジンコみたいにぶわーーーーっている池もありました。

 

金魚って生まれた時は黒いんですよね。で、育て方や資質で色が上がってくる。

 

 

こちらは資料館内の販売用金魚1桶5000匹。

ざわわーーーーって動いてすごい迫力!

 

 

引くとこんな感じ。この単位で出荷しているようです。コメットさん。

 

 

高い子もいますよ。って、東京で買う価格の1/3でしたけど…。。。

 

 

とーきちゃんが大好きな桜錦。

ぷりっとした体が可愛いのです。。。

 

影の濃さで日差しの強さがわかるでしょうか…。笑

 

 

桐島大好き琉金系の子たち。

片手いっぱいサイズ。大きくて綺麗。わっさわさいました。

 

 

らんちゅう系の子もわっさり。

普通は高級魚なのでこんなに野ざらしにいないです…。すごいよなぁ…。。。

 

金魚って魚なので。「動物愛護法案」がないんですよね。植物もそうなんですけど。

犬猫の扱いが悪いと一応お咎め、がありますが。魚はない。

 

金魚って、すごーーーーく闇の歴史の産物なんです。

(すみませんテキストのみですが興味がある方過去日記

 

ゆがんだ愛でも、それでも、愛なんだと思う桐島です。

相手を喜ばせたいって思うのだって、それを見て自分が幸せな気分になりたいだけでしょう。

だったら自分の愛を相手の貌や色に反映させたい!!という正しく狂ってしまった結果。

 

うーん。なんか好きなんです。そういうの。不器用な愛。

とーきちゃんとの金魚語りで金魚好きなダメな文豪のラノベが何本も書けそう。笑

 

アートアクアリウムで特殊な金魚を見る機会がとても増えたのは良いと思うのだけど、金魚ってかなり狂気的なゆがんだ愛の結晶なんです。全部究極の奇形ですからね。気に入らない鱗はピンセットで剥ぎますからね。(自分はできませんが)

 

 

で、全員暑さにやられて休憩したあと(笑)思いついて奈良のくるみの木さんに寄ってみました!

平日の夜になんか行ったことない!!!ので、嬉しい〜〜!

 

 

ちょっと待ちます。でもいいです2組くらい。

テーブル席待ち。他の席は空いてるので、おひとりさまならすぐ入れる感じ。ありえない!!笑

 

…2006年に行った時はすぐ入れたランチが2012年には2時間待ちになり、2015年は諦めて帰りました。

人気店ってすごい。。。どんどん人気になって、今では観光名所。

でも、わかります。ずーっと素敵だもん。こういうお店、今でこそたくさんあるけど、当時はほんとになかった。

 

こういうお店を作りたい!ってお店を出すんじゃなくて、最初の1店って本当にすごい。

 

 

夜に暮れてしまう前の青い時間。

この時間のお庭がとっても好き。

夏至に近い時期の夕暮れって本当に青に染まっていくようで、ずっとみていたいのです。

写真のWBを変えたんじゃなくて、世界がこの色なのです。

 

 

人がいないくるみの木。うそみたい。笑

 

 

 

ここから可愛い女将乱舞です。ケーキを選ぶ女将(可愛い)

 

 

さくまくんと話していて首をかしげる女将(可愛い)

 

 

お料理がきて幸せそうな女将(かわいい)

 

 

くるみの木のお料理って、ほんとにいつ来ても「凝ってる」んです。

どこかのレシピじゃなくて。天才的に料理がうまい友人の家に来たみたいな。

レストランぽくなんです。いい意味で。でも家庭料理ではない。

 

プロが作った普段の料理みたいな感じ。だから、普通はあんまり、食べられない感じ。

 

 

最近お抹茶が食べれるようになっていろいろな抹茶ものを食べているさくまくん。

うれしそうでおいしそう。

 

 

2人以上は団体行動=無理 な桐島ですが(お仕事は別ね)、とーーーっても心地よい4人でした。

 

僕はとーきちゃんが大好きで、女将が大好きで、さくまくんが大好きなんだなぁ。と改めて実感。

この4人でくるみの木に来れるなんて思わなかった。。。涙

本当にありがとう。

 

 

 

ずーっと楽しみにしていたこの旅。まだ続くのです。

 

 

鉄道ではない車窓から見る景色も素敵すぎて、ずっと映画のようにみていました。

 

 

 

PhotoCafe合同展 9月に開催!

 


6月の京都旅記錄その1(完全オフ)

ずーっと前に、一緒に京都に行こうって誘って計画を立てたんだけど。

色々あって行けなくなってしまって。何年か経って。

用事があって久ぶりに電話をして、やっぱり京都行こう!と数年ぶりのお誘い。

 

やっと一緒に行けた。

桐島の数少ない友人。とーきちゃん。

と言っても会うのは多くても1年に1回。金魚の人。

 

 

新幹線はiPadGPSで地図を見てきゃっきゃはしゃいで京都に着きました。

とーきちゃん、新幹線3回目…。京都2回目。

前に来たのは修学旅行だからあまり覚えてないというアレ。

 

じゃー行きたいとこと連れ回したいとこ行こう!と。

着いてお昼は二条の雨林舎さん。京都駅からサクっとタクシー。

 

 

ランチがお目当てでとっても美味しかったのだけど。

みんなで食べたホットケーキに悶絶。

 

 

そして、とーきちゃんと桐島は10年以上の付き合いで。

変な趣味のベクトルが似ています。

こんなとっ散らかった趣味がうまくかぶる人も少ないよなぁ…という。笑

 

 

そして二条から地下鉄乗ってみよう!で、蹴上のインクライン。廃線萌え。

きのこが生えまくっている時期で、桐島はキノコ撮影が楽しく。。。

かすかに写ってる人がとーきちゃんとさくまです。三人旅。

 

 

すごくないですか?流れ出るキノコ。 菌類!

 

 

野次馬精神あふれる紫陽花。

 

 

路地を曲がればお寺さんがあります。

そして、そこかしこにお花が咲いています。

今年初めての蓮。

 

とっても可憐で美しい。

 

 

お寺の格子の向こう側。

きっと立ち入り禁止の素敵な苔のお庭。

ふっかふかなんだろうなぁ…。

 

 

で、歩いてきました。南禅寺。

とーきちゃん行ってみたかった場所その1。

 

はしゃぎすぎて水の発音が出来たヘレンケラーみたいになってしまった(とーき:談)

 

なんか変な言語しゃべってたな…。笑

本当に喜んであちこちちょこまかしてて可愛い。。。。

 

 

とーきちゃんと桐島ツーショ。嬉しい。

 

 

で、南禅寺の入り口近くにある別料金のお寺。初めて入りました。

今回自分的に初も多いです。

 

 

せっかくだから入ってみよっか。 って旅行っぽい。

桔梗の青が緑に映えてとても綺麗。

 

 

なんか、いいなぁ。こういうの。って、思ってしまった。

 

 

 

中が思ったより広くていくつも池があります。お屋敷もでっかい。

睡蓮が咲いていました。控えめで素敵。

もう午後だから眠そうですね。

 

 

森の中を泳ぐ魚。

この場所、魚たちの離宮だよね。とかそういう話しかしてませんでした。。。

夜啼く鳥は夢をみた、も好きです。 夏に読み返す物語たち。

 

 

この前載せたけど、この度で撮影したからもう一回載せます。

 

南禅寺から永観堂に行きたくて歩いてた道沿い。

もうもう。泣きそうなくらい好きな紫陽花。

紫陽花は東京ではもう終わってしまっていたから嬉しかったなぁ。結構元気な子もいました。

 

 

これもその辺で。

オタフク紫陽花の海にダイブするスミダノハナビちゃん。

 

ちょっとシリアスな色味ですが、鮮やかなブルーがほんと好きで。

紫陽花の青はずーーーーーーっとみていて飽きないです。

 

で、永観堂の拝観時間が終わってしまっていて(早いって。。。)仕方ないので、そのまま通過して哲学の道へ!

 

 

ねこーーーー。。。

 

ここは猫たくさんいます。地域猫です。

 

 

みんな人馴れしていてもっちもち。

外国人観光客にも大人気。

 

 

目つきは悪いですが逃げません。

野良だもんね。半分以上野生だぜ。

 

 

でもこちらは休業中のようです。

この画面の中に4匹の猫が寝ています。笑

 

このワゴンで寝ている様子がとても可愛くてみんな写真を撮っていたのですが、この文字と猫が相まって可愛いさ100倍なので、外国人観光客に思わず看板の説明をしてしまいました。

思わずみんな笑顔。そーだよね。そーだよね。

 

そして、しゅっとタクシーで四条河原町へ。

 

 

とーきちゃんをぜひ連れてきたかったお店、ソワレ。

青い喫茶店。土日シーズンはめちゃ混んでますが、シーズンオフの平日。

素晴らしい…。。。

 

 

5月にも食べたけどまた来ました!だって美味しいんだもん。

 

 

今回桐島はミルクセーキを注文。美味しすぎてぐびぐび飲んでしまった…。

 

 

 

そのあとマリベルに行ってチョコ買ってうきうきして。

高島屋の地下でケーキと駅でお花買ってもらって。

 

 

お祝いしてもらいまいした。ありがとう!!

 

京都でこんなに楽しくのんびり過ごせるとは思わなかった…!!

本当に嬉しかったです。感謝。

 

 

そして旅は続きます。

 

 

PhotoCafe合同展 9月に開催!

 


水面の灯り。

お仕事の帰り道。

乗り換えの上野駅のホームから見た夕焼けの最後がとても綺麗で、慌てて改札を出たけど。

まぁ、間に合わず。

きっと、この夕焼けで蓮池を撮ったら綺麗だったろうなぁ…とか。思ったのですが。

 

 

陽が落ちたあとの最後のグラデーションがとても綺麗に葉を透過してくれたて。

ちょっと、待っててくれたみたいでとても嬉しい。

 

 

そして、すぐに紺色の空に。

でも、東京の空は明るいのです。

 

暗い場所を見つけて樹からこちらを見つめている月を。

 

 

夕焼けに誘われて不忍池にやってきたけど。

偶然、今日は上野不忍池灯籠流しでした。

弁天堂が見えるボート池で、蝋燭の入った小さな紙の船が浮かびます。

 

ぼんやりスカイツリーも見えてるけど。

蝋燭の優しい光は都会のギラギラの光に負けてしまって。

あんまり綺麗に見えないのです。

 

 

なんとか。暗い場所を探すけど。

それでも、なんだか、なんだか。うーん。

 

望遠レンズにでかい三脚を立てているカメラマンがどどん、と列をなしていたので有名なイベントだったのだと思います。

初めて、知りました。。。綺麗です。

 

灯りを流している間中、ずっと僧侶たちによる読経が響いて。詠歌かな?

ちょっと、詳しくないのですみません…。

でも、東京で虚無僧(あのカゴかぶって尺八吹いてる人です)を見たのは初めてだったのでびっくり。

本格的な会なのですね。

 

 

あー。もっともっとビルの灯りがなかったら綺麗なのにー。と、思いました。

真ん中で篝火も炊かれていたのですが、やっぱりビルの灯りの方が目立ってしまって。

 

うーん…と思っていたら、隣にいた小さな女の子が「おかーさん!これ、ラプンツェルみたいだね!きれーだね!」と言っていて「そうそう…」と心の中でお返事してたら「え?何言ってんの?ラプンツェルは空に飛ばすから違うじゃん」と…母…。

いや、本質としては同じだし、灯籠の意味も一緒だし。娘さんの方が的を得てるよ!!と言いたくなりました…。

むすめよ…母の言うことよりも自分の感性を信じてまっすぐ育ってね…と念じておきました。

 

 

結局、池をぐるりと一周しました。

そのうち人も少なくなってきて、流れ着いた灯りがぽつぽつと。

岸に近づいている場所を見つけて。ぼんやり眺めて。

 

今日は58mm単焦点1本しか持ってなく。しかもMFだったので、見えない見えない。笑

最初はなんで望遠レンズ持ってなかったの...とか思っていましたが。

結果としてはこのレンズだけでよかったです。

 

 

確かに望遠レンズで切り取ればいい感じに背景が圧縮されて「きれいな写真」にはなるだろうけど、かなりの人がそういう写真をここで撮っているはず。

じゃぁ、自分もそれに習う必要はないかな、と。

 

ぼんやりと、揺れる灯りをみながら、暗がりで、さらに暗いファインダーをみていました。

 

 

ゆらゆら、くっついたり、離れたり。

 

いつのまにか読経は終わって、ぬるり、とボートのおじさんが現れてオールでいくつかの灯籠を沈めていきます。

音もなく消えて、池に沈んでいく灯りをみながら。

 

気持ち良いピントリングのトルクに、じっくりと焦点を合わせて。

久しぶりに「写真」を、撮りました。

 

 

ばらばらと、浮かぶ、灯り。

 

都会の中の黒い池に浮かんで、それで、今日が終わればお炊き上げ。

 

供養、というのは生きている人のためでしかなく。

肉体がなくなればそれまでの記憶や、感情や、想いも、すべて無に還ると思っています。

輪廻や死後の世界はあればいいね、と思っていますが、生きている人のためであると思ってもいます。

 

 

ぽつぽつ、灯りの消えた灯籠に。

寄り添うような灯り。

 

物に気持ちを寄せるのは、生きている人間だけ。

そこに自分の気持ちを乗せて、どうにかして貰ったつもりになる。

どうにも、ならないから、どうにかして貰ったことにしておく。

そうすることでしか、何も片付けられないんだと思うけど、何もしないよりずっといい。

 

 

とぷん、 とぷん、 と。 音もなく溺れるように、池に消えてゆくいくつかの灯籠が、とても綺麗で。

 

きっとラプンツェルみたいにこれが空に消えていったら、どこかに行けそうな気がするのだけど。

池に沈んでいくだけじゃ、どこにも行けなくて。ずっと此処に思念がたまって、澱みになって蓄積していきそうだな、と思いました。なんか、日本的だな、って。

 

生きている間に、美しい物をみて、生きている自分の為に、残すのだと思う。

そうして、記憶を水底に沈めて、ずっと忘れないでいられたら。

死ぬ直前まで、覚えていられる気がしてしまうのです。

 

たぶん、今日の灯籠の美しさは、忘れない。

あなたに、見せたかったな。

 

 

 


今年の、6月の紫陽花。

紫陽花が咲くと、あぁ、一年経ったなぁ。と思います。

桐島が生まれた月が6月だからです。

 

 

仕事場の近くの小さなお寺さん。

ころころ、可愛い水の玉がいくつも。

とっても好きな子。

 

 

紫陽花、って紫って書くけど。学名のhydrangeaの方が好きです。

水の器って、意味。

もう、ほんとう。水をたたえたよう。

 

 

どうしても紫陽花を撮影したくて、白山神社にも行ってきました。

数年前に行ったら紫陽花祭が終わった直後でバッサリ剪定されてたという悲しい思い出の場所(お祭り後だから空いてると思った)。

盛りに来るのは初です。

 

 

梔子と紫陽花の組み合わせ。たまらない6月の世界。

しかも八重の梔子、薔薇さんみたいで豪奢で好きです。

 

 

紫陽花って名所じゃなくてその辺に植えられてるのが可愛いのですけど。

やや都会に住んでるとその辺に紫陽花がいないのですよね…。

横須賀にいたころ、歩行者自転車専用道路みたいなのがあって、そこを毎日カメラを持って花を撮ってました。

 

 

で、そこで花も猫も初めて撮影したと思う。

紫陽花を好きになったのも、その道があったらで。

 

写真て、好きに撮れる自分だけの秘密の場所があるか、ないか、で大きく変わってくるのかも。と思いました。

全然特別じゃない場所で、カメラを持ってるのが不審なくらいでしたけど。笑

自分にとっての、特別。を、見出せるか否か、じゃないかな、と。

 

 

真昼間の紫陽花たち。どうしても闇の中の星座に見えてしまう。

点と点を結んで、何かにつなげたい。

 

よだかの星のお話は悲しみしかないのに、救いだと思うのはなぜだろう。

 

 

ひとつ足りない、ふたつ足りない、輪。

でも、完璧なものなんか面白くないから。それでいいか、って思う。

それよりも、光が落ちてくる美しさに目が奪われる。

 

 

木漏れ日の濃淡、光と影、これを絵で描くなら絶対ビリジアンを入れる。

そう思って、色の設定をいじる。

絵よりも描く時間が短いけど、その分「目」を試されている気がする。

1枚の密度が薄くなってはいけない、と自戒するけど、やっぱりシャッターは押しちゃうんだよね。

 

 

でも、絵筆を握ったらこっちの紫陽花しか描けない気がした。

写真を初めて「青」が好きになった。

なんか、絵を描いてた頃は青がうまく使えなくて。どんどん汚い色に見えてしまってダメだった。

油彩は合わなくて、水彩に逃げたのも、透明度でごまかしたかったのだよね。

 

 

こんなべったりした青。沈んでしまいそう。

ウルトラマリンブルーに、紺色。どくどく、流し込んだみたいな。

 

それでも、息ができるのは、写真だからかもしれない。

一瞬の瞬きみたいに、世界を写し込めるから。

それに甘えてしまうんだと思う。

 

 

細かいレース細工みたいな柏葉紫陽花も好き。

細かく細かく、描いていく気持ちで。

 

 

正方形のはiPhone写真。

テーブルフォト教室の帰り道、次の教室の時間があって急いで駅に向かう途中。

ひどい!!!と言いたくなるくらいに好みの紫陽花がたくさんいて、ほんとに困った…。

EOSMちゃんを出そうかと思ったけど、時間がほんとになかったのでiPhoneでさっくり。

 

 

でも、さっくりできないくらいに素敵に色が抜けている紫陽花がずっと咲いているのです。

ひどい!!ちゃんと撮りたい!!

 

あー、、、この子なんか好みすぎてじたばたしてしまいそう。

でも、大荷物&急ぎなので、泣きながら。

 

 

旬の超綺麗な紫陽花よりも、枯れかけて色が抜けた紫陽花がとにかく好きで。

枯れた花の方が好きなのもあるんですけど。

色が抜けて彩度が低くなっていくのが、意識が薄くなっていくみたいで。

なんとも言えない世界になっていると、思うのです。

 

そんなわけで、素敵な紫陽花を前にじたばたしていた桐島でしたが(時間も遅くて暗かったしね…)…

 

 

6月の最後の最後にこんなに素敵なやや枯れ紫陽花の群れが!!

しかも昼間。京都です。

神様ありがとう。。。。!!

 

 

ひとつが、大人の頭よりもかる〜〜く大きい紫陽花。

ちょっと野良紫陽花っぽいけど、剪定はしてもらってるみたい。

もう、砂漠の薔薇ならぬ、砂漠の紫陽花があったらこんな色だと思うのです。

 

 

思わず駆け寄ってしまった光景。

触ったらパキン、て砕けてしまいそうな色彩の中に、まだ鮮やかな紫陽花も。

撮っている間中、幸せすぎました。

 

 

同じような構図ですけど、自分が見たいので載せます。笑

 

もー。ほんと、ずーっと見ていたいくらい完璧な紫陽花たちでした。

 

 

この、隙間に埋まって死にたい…とか思ってしまった場所。笑

ちょっと、毎年行きたい。。。です。

 

ひとりだったら、ずーっっと撮ってると思います。

大量の紫陽花、漠然とした意識の塊みたい。

 

 

だからこそ、ひとつ、に目が行くのかもしれない。

向き合う、って言葉の上辺だけじゃなくて。

 

自分自身がしたいことはなんだろう?と、思うのです。

 

紫陽花の水無月が終わりました。

夏、ですね。

 

 

 


夢は、信じていれば必ず叶うんだ。

タイトルで察したみなさま、正解です。
春先のシーに続いてランドに行ってきました!
ものすごーーーく久しぶりだなぁ…と思い出して記事を検索してみたら2012年以来でした…(^^;)
4年ぶり…とはびっくり。
シーは年パス持ってた時期もあり、毎年行ってるのですが、やっぱりランドはなかなか行けず。
でもねー。ランドに来ると、ウォルトディズニーアニメーションな世界だなぁ〜!と感動するのですよ。
シーより、ランドの方が元ネタわからないと感動しないと思うのです。
シーはね、雰囲気が海外っぽいし、みたままカッコイイから感動しちゃうのだよね。
ランドはディズニーアニメーションそのものだから、「子供向け」って思うかもしれないけど。ウォルトディズニーのスケッチから飛び出したような色彩がほんとに好き。
まぁ、桐島ナオがディズニー好きなことを知っている友人には「はいはい。。。」な内容なので読み飛ばしても大丈夫です。
そして、ディズニーに興味がない方もテキストは読み飛ばしても問題ないです。
久しぶりにランドに行って、ショーパレみて、フィルハー見て号泣した1日でした。
という、1行で終わる内容なのです。(あれ)
なんで号泣するんだよ、と不審がられることが多いのですが。。。ディズニーに限らず演劇とかコンサートとか。よく泣きます。
その場で生み出される世界に圧倒されるからかなぁ…。圧倒というか、心全開にて全部入ってくる感覚。
写真を撮っていてあまりに美しくて耳が聞こえなくなったり、しゃべれなくなるのに似てます。
子供向けじゃないんだな。大人が真剣に作って、大人が納得するように作り上げた世界。
最近のオリエンタルランドには色々色々色々、、、言いたいことはありますが…。
創設者がいない営利組織の方向性としては「いいもの」を作っていると思う。
ほんとにね、文句や理想を言ったらキリがなくなるけど。
そうじゃなくて、この夢の国は人間が作って、人間が継続してゆくものなんだって。
最近思います。
しぐさが可愛い。。。ベルリオーズ。マリーよりも好き。笑
子供の頃は完全に犬派だったので(猫に憧れはあったけど一緒に暮らしているのが犬ばかりでした)おしゃれキャットよりも、わんわん物語派です。笑
ディズニーはアラン・メンケン時代にもう一度どっぷり浸かりすぎて戻ってこれなくなったのです…。
アラジンが好きすぎて、シーで働いてた時は毎日にやにやしていました。笑
ちょっとイケメン風なアラジン。ジャスミンの腹筋が好きなのですが、見えず...。
ジャスミンの仁王立ちが可愛いのです。
アブー(像)の前髪がなんか可愛いのです。ひょこーん。
アドベンチャーランドがアクラバーの街並みになった時、ワンデーなのに何回も来たなぁ…。笑
好きなプリンセスはベルです。最初にも撮ってるからしつこいですけど。。。
勇気ある女の子が好き。精神的王子さま系。
しかしこのベル、指先の動きが綺麗すぎて着物のモデルさんみたい。笑
本日Dパレは立ち見3列目くらいから。前の人の頭が入ってしまったー。でもベルのこの表情好きなんです。
熱中症予防でショーは始まる15分前からしか待機しませんでした。
ベルが好きなんですが、シンデレラってあんまりイメージ違う人がいない気がします。
なんでだろう?たまたまかな??
ラプンツェル…。めっちゃ可愛いかったのですが(衣装が)ちょっと…ふt…。
アリスもこんな感じだったので未掲載とします。
表情とかしぐさは可愛いのになー。なんでなんだ…。。。
ティガーは本日も飛び跳ねております。
目線ありがとー!世界一の虎ー!!
ピクサーで一番好きなのがスティッチ!
か、か、か可愛い。。。
バズにめっちゃアピールされて、昼のパレード写真終了〜。
今回は春前にお誘いいただいてようやく行けたパークでした。
3月から5月までのぎゅっとしたスケジュールが終わって、6月は少しだけ休日多め。
一緒に行った蒼さんがショー好きでよかった。。。笑
大好きなフィルハー2回も観れたし、ショー多めな日でした。
ファンタジーランドの乗り物は結構乗りましたよ。ピーターパン乗ったらだいぶ満足。
本日のふたり、こんな感じ。
オズワルド、初めて見たそうです。このパスケース、可愛いよねー。
桐島、黒いです。(いつものこと)
で、七夕のパレードも見てきました!おおお。。初めてこの衣装の社長見ました。。。。!!!!
西日がきつくて待っているのも辛く、10分前待機だったのですが、うまいこと隙間から。
なんか目線くれた奇跡の1枚!
と、思ってたらミニちゃんも!!
結構奇跡が起きました。
ちょっと大サービスなんですけど!可愛いー。
ぶりっこポーズがお似合いです。
昔とーきちゃんに「わたし、ミニーちゃんが好きなの」と言われた時に「性格の悪い女が好きなの?」と返して、こいつ…できるな?みたいな空気になって意気投合したのを思い出します。笑
あんまりアヒルカップル撮らないのですがデイジーさん可愛いかったのでつい。
笹持ってます。振り回してました。笑
久しぶりにスモールワールドに乗ったら撮るの難しいのを思い出しました。
そうなんだよねー。良い構図とタイミングが合わない、、、のと。
むかしデジカメで撮った時全敗した記憶があります。笑
肉眼で追いかけているのと、カメラ越しに追いかけるのとではスピード感が違って。
デジカメじゃ無理だわ。。。笑 と、結構真剣に撮って楽しかったのです。
で、結構真剣、、、ではなく、相当真剣に撮影に挑みました。
夜のパレード。Eパレです。エレクトリカルパレード。
もう、子供の頃から何回みたことか。途中なくなって喜んで、復活してもっと喜んで。笑
何回も何回も見たからもういいよーって思ったけど、あぁやっぱり違うんだな、って。
ヴィランズは面白かったけど、ちょっと説明的な部分が多くて。
単純に「わーーー」って、それで終わりになって、魔法が消えない一日の終わりのショーは、このスタイルが好き。
城前座り2列目に待機。周りが暗くなって、あの音楽が聞こえてくると、なんかもう、ソワソワ。
久しぶりすぎて、ちょっと挙動不審になってしまった。笑
きたきた。ブルーフェアリー。
もうね、ブルーフェアリーを気合い入れて撮るんだ!!!!って決めてたのです。
背景にクリスタルパレスレストランのトップが入るこの位置。
なんか、いいでしょ。
闇の中に浮かび上がる夢の宮殿みたいで。ぐわーーって意識が吸い込まれる。
笑顔!
嬉しいなぁ!!画面いっぱいに綺麗に入ってすっごく嬉しかった。
ほんとに、真剣!!!に撮ってます。笑
で、この1枚が撮りたくて何枚か練習してました。笑
夜の闇を引き連れてやってきたようなブルーフェアリー。
この夏至に近い時期だからこそ空が真っ暗になってない、最後の紺色が残ったグラデーションに、夜景に、ブルーフェアリーのシルエット!
絶対素敵だと思ったのでしっかり撮れて嬉しかったのです。
夜の魔法をかけて光を引き連れてくるブルーフェアリーのイメージ。
真闇じゃなくて、紺色の宵がとれて満足!
で、結構満足したので楽しく手を振りつつ撮ってます。
座ってるから目線が低い〜。
ジーニーがいるとパレスがアラビアっぽく見えてしまう罠。笑
ちょっと望遠で寄ると背景も大きくなるので絵になるのです。
可愛いアヒル。
で、すごく見たかったラプンツェルフロート!!
幻想的!!か、可愛い!!
髪の毛が発光しててちょっとスタンドっぽい。。。笑
ランタンの色がころころ変わって幻想的!
この色が一番好きでした。
本当に夜にランタンが浮かび上がっているみたい!!
ちょっと、ぞわぞわ感動。
実際に見てみたいなぁ〜。夏至のポーランドいいなぁ〜〜〜。
Eパレあとは、そのまま城前へ。
さくっと抽選落ちたので結構引いてますが、引いてるからいいことありました。笑
この城のショー、ワンス。実は初めて見ました。
シンデレラ城にプロジェクションマッピング。。。。と気になっていたのですが。
こんなに動くと思わず…。笑
声をあげて笑ってしまいました。
月がですね、本当にちょうど良い位置にいて。
魔法にかかった城みたい。
美女と野獣の一節。もー音楽いいです。ボロ泣き。
…久しぶりにぼろぼろ泣きました。
月と人がとってもいい位置にいて。
魔法を使った瞬間みたい。
花火もなんども上がって。
歓声と一緒にシャッター音も鳴り響きまくり。
何回かファインダーではなく、そのまま両目で見てしまった。
もー。ほんとに、久しぶりに心を洗いました。

一回行くと、またすぐ行きたくなるから困る。

ほんとに、久しぶりに遊びまくった一日でした!

 

蒼さん、お誘いありがとうございました〜〜〜!!!

 


6月のネコサツ!@5000頭譲渡記念!

今月のネコサツ!レポが滞っていて申し訳ないです!!(追い上げて書きます!!)
ネコサツ!とは桐島ナオが主催している月一の猫撮影会。東京キャットガーディアン大塚シェルターの保護猫カフェスペースにて毎月開催しています♪予約不要、参加費1000円が全額寄付になりますので、猫好きさんどうぞお気軽にいらしてください*
 
東京キャットガーディアン×PhotoCafe桐島ナオ 月イチ*猫撮影会

6月のネコサツ!は太陽がさんさんと・・・まるで真夏のような空の午後。
暑くないの・・・??という場所に動かない猫一匹。(通称サボリ部屋)
 

触ると怒るけど(笑)近くにいたり撮影は全く問題なしのようで。
気持ち良さそうにフクフク寝ております。
 

こちらは完全に行き倒れスタイル。暑さに弱い長毛モフシリーズのミケモフ姐さん。
でも去年はこんな風に腹を出して床で寝るとかなかったような。。。
 

行き倒れその2。でも、前足がお客さんの片足を掴んでいるのです!!(萌)
お客さんも困りつつ「動けないですよねー💕」と嬉しそう。笑
 

こちら実は初対面。さんちゃん。
前足伸ばして寝てる子が好きです。
寝てるとバンザイしちゃう人みたいな。。。笑
 

下のフロアの黒ちゃん。寝てます。黒猫は寝てると目がどこにあるか。。。笑
 

今のシーズン、子猫、たくさんいます!!
と、いっても外に出ている子はまだまだ少なくて、非公開シェルターや預かりさんが大変なことになっているようで・・・。
一匹でも大変なのに。。。。子猫は未知の生き物です。。
 

あ。起きてた。笑
カフェスペースの凛々しいタキシード様。ハチワレと黒猫のせめぎあいみたいな子。
 

あ、さんちゃん起床です。
さんちゃんは脚が三本なのでさんちゃん。過去にもさんちゃんがいました。
 

しかしこの子はほんっとに穏やかで、寝てるとこを撫でられても微動だにしないし、お客さんにすり寄っていくタイプ。
 

小さなお客さんのお話しもちゃんと聞いてあげてます。(ちょっと腰が引けてるけど)
ずいぶん長い間、このふたりはこうしていました。
 

脱走犯だった前さんちゃんと比べてとっても穏やかでのんびりな、さんちゃん。
丸顔でとっても可愛いこなのです。
 

さっきお客さんの脚に手を添えてたこの子、あだな決定しました。。ノリシロです。
(耳のところにくっつける場所ありますよね。。。)
 

そして!下のお部屋にハチワレ!!!!
わーー。わーー。
やっと出てきてくれたビビリ!かわいい。。。
 

でもね。。この子、泥棒猫でした。笑
我が家のレオンと同じことをしている。。。(ガーディアンにいたころのレオン
 

わしゃぁ、見とるがな。。。。 と言わんばかりです。
 

真ん中の黒にゃん。起きました。
よし、遊べ。なでろ。
 

カシャカシャするな、なでろ。

この後レンズに頭ごつん、されました。笑
 

撮影もさせてくれるし、なんか色々報告してくれるし、可愛いなぁ。。。
ずーっと喋ってるけど、ごめん、実は猫語わからないんだ。。。笑
 

上に戻るとノリシロが変な格好でねてました。

そ、それは寝やすいの??
 

あと、天使!!
天使が顔を見せてくれました!
 

あざとい!!けど、、可愛い!!!
 

超、可愛い。。。ですね。
子猫って呼吸困難になりますね。。
 

可愛い系の子猫にメロメロしつつ。。。こういう顔の猫が本命です。笑
何見てんだてめー。みたいな。
 

おとなもこどもも、ここはみんな仲良く幸せに暮らせていいねぇ・・・。と、思いつつ。
やっぱりここの子たちは「おうち」がないんです。

保護施設で衣食住を確保してもらえることと、家族に迎えてくれることは全然違う。
そりゃぁ、保健所で処分を待つ子ではなくなったから、幸せなんだろうけど。
 

ノリシロ、起床。
自らブラシをけりけり。

スタッフさんは本当に我が子のように愛情をかけてくれているから、幸せなんだろうけど。
それでもね、おうちの子が一番なんです。
 

名前を呼んでもらってね、抱きしめてもらってね、一緒に寝たりなんかして。
早く運命の人、見つけないと。

ノリシロ。さくまくんにブラッシングされて気持ち良さそう。
 

 
大塚シェルターでは今月25日まで台湾猫村ツアー写真展を開催しています。
猫村、、、ほんとにいいところだったなぁ〜。というのをトークイベントで桐島とれいんちゃまがしゃべっているのでネット公開されたら見てみてくださいまし*
 

君もなんだか落ち着いてきたねぇ〜。ライオンモフ。
この目の上の二本線がとっても可愛いのです・・・。縦眉毛と勝手に呼んでますが正式名称あるのかな。。
 

あとあと。この日から発売のガーディアンオリジナルのラバーバンド!
これ、ハマリます。
 

カメラのレンズフォーカスリング(もしくはズームリング)部分にぴったり!!!
か、か、かわいい!!
 

そして、布教中。。。笑
猫顔はレンズキャップケースです!!勢揃い!

こうして遊びつつ…ネコサツ!は終わって夜が始まるころ。。。
 

サプライズケーキ!!!
5000頭譲渡おめでとうございます!!!!
ガーディアンBLOGのboriさんイラストを実物ケーキにさせていただきました!!(boriさん許可ありがとうございます!)
ケーキ&猫制作は大大大好きな大阪のcocoroさん!!もう、みんなで悶絶しながらいただきました!美味しかったです!

東京キャットガーディアンが創設してから5000頭以上の猫に里親さんが見つかりました!
5000匹ってちょっとすごい。だいぶすごいです。

1/5000がレオンなわけですが。感慨深いですね。
一匹でも多くの猫を救いたい!!という東京キャットガーディアン代表の山本れいんちゃまの言葉が活動を継続させています。

自分が生きている間中に、何か動物や生き物の役にたつことをしたい!と思って始めた東京キャットガーディアンさんとのご縁。
こうして猫と暮らし、猫の保護活動の一環をほんのすこしでも、担っていることが自分の誇りです。
 

ケーキを食べおわる頃はとっぷり夜に。
黒猫は夜が似合いますね。

これからも月イチ撮影会、続けていきます!猫が邪魔する一眼レフ教室も続けて開催させていただいています。
写真を撮ることが猫を助けることになったら、なんて素敵だろう!
そんな思いで始めた、この企画。

あなたの1枚が猫への愛になります。

参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

 

R王子と海と追っかけっこな1日。

なんだか休日記録になっているこっちのBLOGですが、休日が飛び飛びなので記録も飛んでます。笑
GWにとったおやすみ。大好きな凪家に声をかけてもらって海に行ってきました!!
(桐島が海行きたい!ってリクエストしたのです)
 

綺麗な砂。九十九里。初めてきた!!
 

海を見る王子。
波が高くて波打ち際まで行くのもちょっと怖かった様子。

あとから知ったのですが、九十九里って侵食されて砂浜が減っているのですね。。。
(こちらのまとめを参照しました)
 

で、第2王子は生まれて初めて海をみた結果。。。。恐怖!! 笑
りあちゃんから離れませんでした。(ママっこなのです)
 

R王子は桐島を認識して覚えてくれているので「なおーー!!なおーーー!!あのさーーー!」と激しく慕ってくれるのです。
生まれる前から好きな子に慕われるのはうれし〜ですね〜〜。笑
 

一緒に走ったり、遊んだり。
カメラ持ってますが、一緒に走ってます。
日差しが強いけど、風が気持ちいね。
 

そしてカメラCMのような凪くんとR王子。
絵になるなぁ〜!
砂浜、結構白くて綺麗です。神奈川の砂は褐色だからなぁ。。。
 

R王子はパパっこ。
こちらも絵になるー!なんか、いいですねぇ。。。
凪家の家族写真記録班な桐島は幸せを噛み締めながら撮ってます。笑


で、このあと移動して遊んで、、、疲れて車の中で寝た王子と桐島。。。(こら)
凪くんがハーブガーデンに連れてってくれました!!!
 

じゃーん。かっこいいでしょー!!
着替えた服は桐島がロンドンで買ってきたお土産!!ちゃんとコーデしてる〜!似合う!!!
と、思わずサングラスを貸してしまったら大層お気に召した王子様。
 

「なんか茶色く見えるー!!!」で、よーーいどん!!!
 
 

ガーデンの道でかけっこ。
このあと、カフェでランチを食べるまでずーーっとかけっことかくれんぼと、おにごっこをしてました。笑
この写真お気に入り。なんか、雑誌のロケみたい。笑
 

かけっこはハーブガーデンにも続きます。
ここをね、ぐるぐる鬼ごっこして、かくれんぼしたのですよ(焼けましたw)
 

で、もちろんハーブガーデンなので、ハーブや草花がたくさん!
わー!!カモミールと矢車草のコラボかわいい!!と、撮影していると…。
 

「みーつけた!!!じゃー今度はなおが鬼ねー!10数えてからつかまえんだよ?」

と、風のごとく駆けてゆく王子。
「いーーーち!にーーーーーい!!。。。」とカウントしつつ、ファインダーに戻る。
 

青と紫の矢車草の中に、ぽつんとピンクの矢車。
サラリーマンとOLの中に美少女がいるみたい。笑
 

こちらは楽しくティーパーティーしてるみたいな。わいわい、おしゃべりな花たち。

とにかく花がたくさん咲いていて、撮ってもすごくにぎやかで可愛い!
 

「なおーー!?おそいよーー!!!」と迎えが来るのがまた嬉しい。

「ごめんごめん!あっちのさ、ビニールハウス行ってみない?」と誘うとかなり、乗り気。
 

ウィンドウショッピングが苦手なR王子(すごくつまらないそうで、怒るのです。笑)、ここはどうかなー?
ビニルハウスの中はなんだか不思議な感じ。

え?これ売り物?趣味?みたいな感じの植物の奔放さ。
 

お。ちゃんと見てる。見てる。よしよし。

ここで凪くんりあちゃんも合流。

 

このヒメツルソバさん!!!完全に暮らしていらっしゃる。。。。。
びっしりです。まさに絨毯。
 

鉢からこぼれて台の上にも小さな森が生まれていました。
なんていうか、この世界観、たまらなく可愛い。。。。
 

これは売り物ではなかったけど、このままここで生きててほしいなぁ、と思ってしまいました。
株が増えてしまったら、お譲りしてます、的な感じ。
 

奥はワークショップができる空間になってました。
しかし巨大なアロエ。。。ジャングル一歩手前かも。って野放し感。
でも、嫌いじゃないです。好きです。
植物が嬉しそうっていうか、普通な感じ。

このあともいろいろ遊んでたのですが、もはやカメラ構えるよりも普通に遊んでしまいました。
そして、R王子よりも第2王子のほうが頑固でワガママな予感…。
 

ひとまず、凪家と一緒にアメリカのディズニーに行く!というのは決定のようなので楽しみにしてます。笑
これからもずっとずっと仲良くしてください。

なかよくしてくれて、ありがとうね。
またいろんなおはなし、しようね。


なおより。




 

久しぶり、冒険とイマジネーションの海。

唐突にできた休日。何しようかな、そうだ。ディズニー行きたい!
…で、行って来ました。笑

なかなか行けなくて、生ジェラトーニとか。見たいよね。と、いうわけで。
ジェラトーニが出てくるショーを見るわけです。
雨予報だったので春休み中の休日なのに30分前で通路近くの座り席にすんなり。
立ち見最前も行けたけど、まぁここは座ってみましょうと、いうことに(同行のhayanoさんがディズニー初心者なので)

それでもやっぱりショーが始まると本気で撮っちゃいますよね…そうですよね。。笑
猫目当てで行ったのに(ひとまずぬいぐるみ買うくらいには好きですジェラトーニ)やっぱりミキミニの威力はんぱない。。。
 

シーの子たち。揃うと色合いが可愛いですね〜。
この日は雨がふりそうな暗い空だったのですが、和む色合い。
 

なんか見慣れないけど動いてると結構可愛いのです。
でもジェラトーニ、新キャラでアニメーションもないから動きを見ても「ぽさ」が分からないからとにかく「可愛い」としか言えない。笑
可愛いかったです。ほんと。
 

実はシェリーメイも動いてるの初めて見ました。笑
年パ持っていたのが5周年のあたりなので…そこから年1くらいしか行ってないんですよね…(それまで週3だったのに)
女子三人の衣装と動きがとってもいい感じで、初めてシェリーメイ可愛いと思ってしまいました。笑
 

ああーーー。でもやっぱミニちゃん可愛いすぎる!!と、この写真お気に入り。笑
やっぱりミッキーミニーは動きがビシっとしてていいなぁ。今日のミニちゃん、手の動きが可愛い。
 

で、最後はこの3人を望遠レンズで追いかけてしまった始末です。
久しぶりにキャラ撮ると本当に楽しい。。。。
 

で、冷えた体を温めようと。コロンビア号にごはんを食べに乗船。
待ち時間なし。嬉しいなぁ。
hayanoさん、装飾に興奮。
 

アールデコが好きなので色合いも好きなのです。
ここ最近来る度にランチがマゼランズだったのでたまには乗船!
ゆっくりのんびりお話ししながらごはんをしました。
 

そのあと近くのホテルのエレベーターツアーに参加してきました。
相変わらず素敵な天井!
 

で、真ん中で天体観測をして。海底のショーを見て。
 

アラビアでカレーを食べて来ましたよ。
なんかいつも空いてるんだけど、この空間がとても好きです。
 

カレーついでにシャバーン様のFPを取ろうと思ったらアラジンとジャスミン発見。
この日結構寒かったので、ジャスミンさん、お疲れさまです。
アラジンが目線くれてるけどジャスミン欲しかったのだよね…(アラジンごめん)
 

そしてまた天井散策。
アクラバーの夕暮れ時の街並みをお散歩。
シーの中でいちばん好きな界隈。
 

夕暮れ時のこの辺りとか。もう、ずっと眺めてたいくらい好き。
(その次にマゼランズ周辺が好き)
 

こういう感じ、アラビアな感じというのでしょうか。
憧れの世界なのです。
 

これ、桜だよねぇ??とか言いつつ撮影。もしや、これアーモンドの花?で、調べたらアーモンドでした。
アラビアンコーストの入江に大きいのが咲いてます。
コウちゃん曰く珍しいらしい!(ディズニーに咲いてるよ!)
 

で、日も傾いてくると、またこの雰囲気が!いいんですよねぇ〜。
フォトジェニック!
 

ここが日本だなんて思えない。夢の国なんだなぁ〜としみじみ。
ブルーモメントの時間はアラビアが好きです。
 

で、このあと体が冷えたので暖かな地底探検に出かけ、怪物と出会ってきたら。
ちょうどいい感じに夜のショー15分前。
 

正面で待つ体力は無かったので(hayanoさん考慮)サンビーニ横の階段で立ち見。
横からになるけど前に遮るものがないので全体はよく見えます。
特に炎の魔法陣は綺麗に見えます(好き)
 

サーチライトがきゅっと収束すると意識がふわっと持っていかれそう。
あー。ライオンキング見たいなぁ。アラジン見たいなぁ。リトルマーメイド見たいなぁ。とか思ってしまった。
アラン・メンケン大好きなんです。
もう。ディズニーのショーは何をいつ見てもうるっとくる人です。
 

で、ショーあとは早歩でまたアラビアの街へ。
中央広場から眺める花火が格別。

さらに、シャバーン様のキレッキレのトークに爆笑して余韻も満喫しつつ気持ちよくゲートを出ました。
 

帰りにリゾートラインを何本か見送ってジェラトーニ車両乗って来ました。
その時関西からやってきた親子連れさんに「…待ってますよね?(にやり)」「えぇ、待ってます(にっこり)」と主語の無い会話をしたのがなんだか面白かったです。笑
男の子ふたり兄弟で、可愛いかった…。たくさんおしゃべりしてくれてありがとう。笑

久しぶりに遊びに行って楽しかったです。なんか色んな話しをしました。
hayanoさん、ありがとうございました*

 


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM