真冬のみどりさんのこと(レオン乱入)

桐島家の大事な住人。たくさんのみどりさんたち。
今年もお正月に薔薇たちの剪定や各種鉢の整備やお掃除をしようと思ったのですが、お正月に動けず(笑)結局この時期になってしまいました。
剪定前のモサモサの薔薇さん。手前はカクテル氏だけど、びょーん、と伸びてるのは昨年のくさぶえの丘撮影の時にお迎したピエール・ドゥ・ロンサールさん。手のひらサイズの格安苗だったのですが。。。
 

葉っぱも何もでかすぎでしょう。。。笑
伸ばすと桐島よりも背が高くなってしまいました。
紅葉が綺麗ですが、さて。。。
 

超スッキリ。

元気な葉っぱをむしりとるのは毎年気が引けるのだけど、葉っぱがあると休眠出来なくて春の為の栄養を蓄えられないのです。
あと、新しく枝がたくさん出るので、枝の整理も。
ピエールさんはふっといシュートが出たのでそのまま1本で横に倒しましたが、手前の細い子はカクテル氏。
 

カクテル氏はほんとに強健な子で…あまりに育ちすぎると困るので、今年は小さな花をたくさんつけてもらう作戦。
小枝を多めにしてみました。
 

薔薇は土作りと日当たりと風通しをしっかりやれば殆ど病気しないと思います。
肥料もうちはそんなに頻繁にあげないし。(液肥すると葉焼けするので天然ものの置き肥だけ)
で、去年植え替えしたから今年は剪定だけ!らくちん。
切って欲しい場所は薔薇が教えてくれます。ここで切って〜。って赤く示してくれるから、そこから切るだけ。
あとは、好み。と、風通しをよくしてあげることと、想像力?
植物と付き合うのに必要なのは時間をかけることや手間や知識でもあるけど、一番大事なのは「声をちゃんと聞く」ってことじゃないかと思います。

クレマチスも「ぼく、ここから生きてまーす!」宣言をするので、その先を剪定。
するとここが先端になってぐんぐん伸びる。
まだ1月なのに、もうみどりさんたちは6月の準備。
 

3月の王様、ミモザもスタンバイOK。金平糖みたいな黄緑が綺麗でしょ。

植物の声を聞くことは特殊能力ではなく、よく観察することと、相手の立場になること。
「交流」や「お互い理解しあうこと」という事において、人間という種族はとにかく「言葉」で判断しがちだと思う。

僕は、どちらかというと社会不適合者なので(笑)仕事では人見知りしないのですが、プライベートでは人と仲良くする、というのがものすごく苦手です。
自分の事を話さなければいけない、相手の事を聞いて受け止めなくてはいけない。という会話によるコミュニケーションが苦手。
それよりも、写真からその人の気持ちを読み取ったり、言葉が通じない生き物に寄り添う方が得意です。
仕事で必要な時は全くストレスも無いし、否だと思った事は一度もないのだけど。
「プライベート」はなんか、ダメなんですよね。(根暗なので。)
 

 
そんなことを考えつつ、、まだ作業中なので諸々汚いですが、、、ベランダに長時間いたら、レオンが珍しく窓辺にやってきました。
(太陽が当たってない時間は窓辺に興味がない)
 

で、目があったらものすごい催促。笑

「おいーーーー!あけろーーー!!何してんだー!」

え?なにごと? 笑
 

まぁ、作業してるだけだし、ちょっと出てみる?と、扉を開けたらこれ。
超、へっぴり腰。笑

さっきの勢いはどこいったー?
 

腰が引けつつ、、、ちょっと探検(その後ろ脚…。。。)

ベランダに出たがらないので初めて出ました。
柵もあるしここ、2階なので脱走はないと思うのですが、一応ね。
もっと温かくなったらリードでもつけて一緒に日向ぼっこしようかね。
 

みどりさんを見て回るレオン。
ヴィオラさんが気になる様子。
薔薇と紫陽花の季節になったら一緒に写真が撮れるかなぁ?

この後レオンは寒くて部屋に戻って行きました。笑
(外出時間1分くらい)



上の写真でレオンと写ってる手前の鉢の剪定をしましたよ。
これはミニ薔薇で、コーヒーオーベーションという品種。
一昨年京成薔薇園で連れて帰った子。植え替えをしようか迷って、土を半分改善しただけで今年も終了。
よく育ってくれているので現状維持。
二重鉢にして温度と湿度を保っています。小さな鉢の子や乾燥に弱い子は二重鉢にするだけで大分変わります。
急激な温度差が緩和されるからだと思うけど。これにプチプチ(緩衝材)をぐるぐる巻くと更に最強なのですが、上まで巻くと通気性が悪くなると土の中の水分が動かないので…(マルチも同じく)我が家はモスを使ったり、一年草を共生させたりしています。




植物や動物、イキモノと暮らしていると自分自身のペースや感情や生活スタイルとは全く関係なく、彼らは生きています。
植物は水を欠かしたら死んでしまうし、夏なんて朝水をやらなかっただけで瀕死になる子も多数。
例えば「今日はそういう気分じゃない」とか「面倒くさい」とか、そういうのとは全く関係なく、やらなくてはいけないこと。として、共生してもらっている、というのが正しいかも。

庭を見ればその人が分かる。と、英国の人がいうように。
自分が乱れていると植物も荒れます。
自分がきちんと出来ていると、植物もとても調子が良い。
鏡をみるように、一緒に暮らしています。



去年、合同展のミーティングの時に連れて帰った子。大きくなりました!

それでも、どうしても我が家に合わない子や、手を尽くしても枯れてしまう子などもいます。
相性、だとか、生まれ持ったもの、だとか。色んな要因があるのだけど。

やるべきことをきちんとする。妥協はしない。出来る限り調べて、実行して、手を尽くす。
そうした上で「駄目」である事も受け入れなくてはいけない事がある。

どれだけ愛情をかけても、相手がそれを返してくれるとは限らない。ということ。
それでも、その愛情は確かなもので、見返りではなく、ただ、そこにあるもの。ということ。



去年8月にPhotoCafeプライベート教室で生徒さんに頂いた子もにょっきりして来ました。
久しぶりに頂いた日の写真を見たらかなりでっかくなっててびっくり。笑

自分に出来る事は限られています。
だからこそ、限られた事くらいはきちんとしたい。
それって片手も無いかもしれないけど、やり遂げたいな、と思った事くらいは自分にやらせてあげないと。



花の種が薔薇の鉢にこぼれてこんなに大きくなりましたレースラベンダー。
今年は花が咲くかな?来年かな?
鉢から、鉢への、旅の途中。



小さな庭だけど。
僕の世界はここで。
守らなくてはいけないものは、ここにあるんだな、って毎日思います。

自分の家。自分の家族。自分の住処。
それが、自分以外のイキモノにとっても快適であるなら。それは、嬉しいこと。

春の準備を進めて。季節が巡って。
また、きれいだね、良かったね、って笑い合えたらいいね。

真冬の庭仕事記録でした。


 

自由な薔薇園@くさぶえの丘薔薇園

いくつかの薔薇園を巡るとその個性が分ってきて面白いのだけど、京成薔薇園が非常にストイックかつ尋常ではない情熱で薔薇を育てているのに対してちょっと違う側面から生かしているなぁ、と思うのがここ。
千葉県佐倉市にある、くさぶえの丘
 

薔薇園、だけど見せる薔薇という側面もありつつ、薔薇文化研究所。とうたっているのも面白くて。
園内を見るとわかるのですが、原種の薔薇の保存や共生植物実験、ものすごく巨大化した子なんかもいて。
ちょっと他の薔薇園とは違うのが分かると思います。
 

薔薇はよくカナブンみたいな虫がつきますが、この子らはハナムグリという虫です。
漢字で書くと花潜りとも書くみたい。背中に斑点があってマットな質感の身体をしています。
薔薇の中に頭を突っ込んでいるのをよく見かけます。
彼らは花の蜜を吸うだけで授粉をしてくれるし土を豊かにしてくれる益虫です。
(でも勢いよく頭を突っ込むので花の形が乱れると…薔薇好きからは嫌われているかわいそうな子です)
よく似た甲虫の光沢がある緑色のコガネムシは花や樹を食べてしまうのでちょっと害虫です…ね^^;
 

この日は5月末だったのですが、非常に厚く…日向に長時間いられないほど。
炎天下の薔薇も凛々しいですが、原種の薔薇じゃないとちょっとしんどそう。
 
この日は被写体で行ったので、空いている時間にEOSMちゃんでちょろっと撮ってました。
薔薇は剣先咲き(中心が尖ってる一般的な薔薇)よりも、こういう牡丹みたいにふわっと広がる子が好みです。
やわらかな色彩が本当に可愛いらしい〜。
 

園内は割と広く本当に珍しい種類の巨大な薔薇がたくさんいます。
この薔薇、5mくらいあります(写真のさくまが150cmなので…)
なんか、遠近法がおかしいんじゃないかと思ってしまうくらい。

こういう子も好きです。一重咲きの薔薇。枝までピンクなのですよ。
日向撮影なのでベタ光ですみません…。
ここにもハナムグリくん。
 

 
園内にはあっちこっちにりんごのような香りがしています。
カモミールの花が満開で。
虫よけや育成のためにあちこちにハーブやカバープランツが植えられています。
そういう薔薇だけじゃない植物たちを見るのもとても面白くて、参考になるのです。
 

レンゲみたいな植物。確か、レンゲじゃなかった…はず。
マメ科の植物はなぜか愛らしい。
蔓が伸びて手を伸ばしている様が可愛いからかも。
 

あと。今年自分でもお迎えした「十六夜薔薇」さん。
山椒の葉のような葉が特徴的な薔薇さん。
その名前に惹かれすぎて苗を探してたのです。

十五夜の次の日の十六夜。少しだけ欠けて、真円にはならない月。
その意味の通り「欠ける」薔薇なんです。
この写真の薔薇も朽ちてしまったわけでも齧られてしまったわけではなく、こういう風に咲くんです。
もう、惚れてしまって。我が家にちーさな十六夜さんがいるのがニヤニヤなんです。
 

品種によってはもう終わってしまって薔薇の実が出来ている子もいました。
原種の子や野薔薇は結構早いです。
来年はもうちょっと早めに行って茂るような薔薇の壁や海を見てみたいなぁ。
 

敷地内には小道に紫陽花もいて。
今年初めて、紫陽花を撮りました。
光に透けるような青が、とてもとても美しかった。
紫陽花はやっぱり青がいい。
寂しくて美しい、深い青色がいいね。
 

本日頑張った人。さくまくん。
この写真を撮った後、このベンチで二人して寝こけてしまいました。。。笑
薔薇園の木陰で昼寝…といえば何だか素敵ですが…不用心!!(^^;)
でも、風が気持良くて良い香りに囲まれて。幸せなうたた寝でした。
 

本日の被写体、桐島はこんな感じ。
前回に引き続き、薔薇の庭師です。iPhoneでさくまくんが撮影したもの。
ちゃんとした写真は、さくまBLOGか9月のさくま個展でどーんと展示されるはず!笑
どうぞお楽しみにー。

 
<おまけ>

そして。薔薇園とは全然関係ないけど。
去年の10月にスタジオの神棚からゴミ箱行きになってしまった榊さんを拾ってきて半年以上…。
なんと!花が咲いたのです!!
 

見ての通りコップに水だけなのに…花が咲くんですねぇ…。ていうか、榊って花咲くのか…。
二重でびっくりです。
我が家が快適なら良かった。
好きなだけ暮らしていってください。笑
 
<夏の蛍撮影旅行開催します!>
↑公式WEBがOPENしました!↑

くさぶえの丘の、薔薇さんたち。

千葉県佐倉にある「くさぶえの丘」というところへ行ってまいりました。
さくまくんの被写体として行って来たのですがー…当初は撮影終わったらフィルムで撮影しようと思ってたくらい楽しみにしてたのです…がー…大雨…orz
当日朝5時に大雨の音で目が覚めて、絶望的な気持ちで雨雲レーダーを見ていたら。夕方には晴れるらしく。昼から出かけて来ました。



雨で落ちた花びら。
雨に打たれてうなだれる白と、散らばる白。
すこし腐って茶色になった柔らかな色彩。
雨に濡れて黒になった地面に、よく映えて美しいです。



今年は薔薇の時期がかなり早かったのでもう薔薇はほぼ終わり。
2番咲きの子の蕾が上がってきてたり太いシュートが出てたりはしたけど、花を見に来た人にはつまらないかも。

今日は時間を貰って被写体の合間に植物をフィルムで撮影しようと思ってたのですが。雨なので断念。約束を優先。
「撮られる」というのは重い事だと思います。
自分が撮るよりも、もしかしたら重いかもしれない。



日程を決めて、そこに合わせて体調を整えて精神を整えてゆく作業は、きちんと自分を作り上げてゆくようで、僕は好きです。
創りだす意味や意図を考えながら、自分がその場でどう在るべきか、考えながら自分を整えてゆく行為。
身体の声に耳を傾けて、少しだけ浄化してゆく感覚。

とても、良い作品になりました。
さくまくん、ありがとう。

そして、撮影が終わったあと少しだけEOSMちゃんで撮ったのが今日の写真。



花は無くとも、葉っぱや茎や棘も、とっても美しいのが、『薔薇』です。
写真を撮る人はとにかく「花」を見るけれど。薔薇の「樹」も美しいと思う。

この子は鮮やかな緑に真っ赤な葉脈と茎が美しい。
マラカイトグリーンにイエローをゆっくり混ぜた緑色。赤はカーマインに茶を少し。



カーマインスカーレットな赤の茎。ほんとに鮮やかで美しいでしょ。
雨に傷んで、赤く染まった花弁が血みたい。
この茎を手折ったら、真っ赤な血が出てきそうでしょ。

この子の葉っぱはビリジアンにロイヤルブルーをぽとり。



この子はパープルピンクの茎!!
比較に桐島の手を入れてますが、ほんとにすごい綺麗な色彩でしょ。

なのに葉っぱは青がかってて本当に幻想的。



この子は細い枝と葉の葉脈と棘がピンク!結構鮮やかな色。
茎と葉はシアンブルーっぽい深いエメラルドグリーン。



この子は古い葉がちょっと体調崩してたのだけど、新しい葉が真紅!!
緋色というのはこの色彩、っていうくらいに鮮やか。
何色の花を咲かせるのだろう。

新芽は赤だけど、時間が経ってくると濃い千歳緑になります。
茎も棘も緑色でした。



あと、これは憧れの日本の野薔薇ハマナスさんの実。
とっても大きくてこぶりの梅くらいあります。
花はピンクの一重咲き。薔薇っぽくない、って言われるけど薔薇の原種は一重咲きが多くて、夏椿(沙羅双樹)みたいな雰囲気の子が多いんだよね。

ハマナスさんと十六夜さんはいつかお迎えしたい品種。
どっちも原種薔薇に近いので大きくのびのび育ててあげたいんだよなぁ…。

そして。
この花蜘蛛に一目惚れ。
透明なライトグリーンに、白十字架。
真っ白な薔薇の中にいるのを、被写体をしている時に発見して。
しばらく見つめあっていたのだけど、花弁の向こうに隠れてしまって。



どうしても撮りたくて、被写体が終わったあとに待ってたら出てきてくれた一枚。
真っ白な花の中に居る時がほんとに美しかったのだけど。
まぁ、それは僕の心の中に留めておきましょ。笑



夕方になるにつれ、急速に雲が晴れてゆき。
晴れました。日差しも出てます。

地面も一気に乾いて、もう一回被写体。

短時間で、雨、曇り、晴れ、と様々な植物の表情を見ました。
本当に美しい場所でした。



京成薔薇園や大きな植物園の薔薇園と全く違う、野放しな感じ。笑
雑草やハーブやこぼれ種から大量に咲いた花が、薔薇の根元を埋め尽くしていました。
薔薇のシュートも伸び放題。薔薇の実も、つき放題。笑

こんなの、ありえない!!んだけど。笑
でも、おおらかで、自然で、のびやかで、いい空気で。
薔薇の根元にカモミールが植えてあるのを、初めて見ました。
実践している薔薇園は初めて。

実生研究を兼ねています、という看板のひとことがとても良かった。
また、行きたいなぁ。と、思う薔薇園でした。

被写体は「孤独な庭師」をしました。
一枚だけ、twitterでも載せてたけど。


<Photo by sakuma from iPhone>

デジタル一眼と、フィルム一眼でも撮りました。仕上がり楽しみ。
さくまくん、ありがとうございました!(^^)




 

6月に写真展開催決定!




にほんブログ村 写真ブログへ登録してみました

skycloverTOPPageへ戻るサイト TOPを別窓で開く(外部来訪者さま用)

JUGEMテーマ:写真


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

桐島寫眞表現研究室

写真教室PhotoCafe

桐島ナオ作品展示HP

 

桐島が写真担当してます

selected entries

categories

archives

recent comment

  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • それは、白よりも白く @blanc.
    桐島ナオ
  • それは、白よりも白く @blanc.
    ミー太郎の母
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    桐島ナオ
  • モロッコ旅の記録1(日本→シャウエン旅程について メモ)
    みこ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    桐島ナオ
  • 九龍暗躍活劇@昼の部
    hkakira
  • 6月のネコサツ!
    桐島ナオ
  • 6月のネコサツ!
    りさりさ
  • 暑中お見舞い申し上げレオン。
    桐島ナオ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM